milaboさんの映画レビュー・感想・評価

milabo

milabo

映画(92)
ドラマ(11)
アニメ(0)

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.1

もはや何も語る事がないくらい名作。ノーランっぽさがふんだんに有り、とてもよく練られた重厚感のある厚いシナリオ。CGを多用しない実写へのこだわりがあるからこそ、10年前の映画とは到底思えない高級感と満足>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.5

言葉に出来ない程良い映画。力強いテーマがある素晴らしいストーリー、ろうキャストによる真実味のある演技、そしてエミリアジョーンズの素敵な歌声。愛くるしくて好きなシーンがたくさんあって私の映画人生の素敵な>>続きを読む

バーバリアン(2022年製作の映画)

4.1

恐れ入った。カメラアングルや演出、予想外のシナリオ、どれをとってもとんでもなくセンスがある。本作の脚本・監督ザッククレッガーは俳優としてのキャリアが多いみたいなのだが本作で真の才能が爆発したか。第二の>>続きを読む

ポゼッサー(2020年製作の映画)

2.4

設定や装置のデザイン等はユニークだがストーリーが全くハマらなかった。とにかく分かりづらいしテーマも何だったのかよく分からない。
私が理解するには少し前衛的過ぎた。

X エックス(2022年製作の映画)

3.3

A24にしては珍しく良くも悪くもオールドスクールなホラー映画。ベタベタな展開もテキサスチェーンソーの様な古くささをあえて大事にしている故か。70年代ファッションのビジュアルは良かった。
どう見ても一本
>>続きを読む

TITANE/チタン(2021年製作の映画)

2.1

終始痛々しい、不快な映画だった。この作品の良さも有るのだろうが私には理解出来なかった。
中盤の設定も少し無理がある様に感じる。

哭悲/The Sadness(2021年製作の映画)

4.7

ホラー映画ファンとして生きてるうちにこの様な映画を観れた事が奇跡。完璧なパニック映画。
完膚なきまでのリアリズム、無駄の無いBGM、完璧なロケーション、説得力のあるシナリオ。非の打ち所がない。
ロブジ
>>続きを読む

オカルトの森へようこそ THE MOVIE(2022年製作の映画)

3.4

筧美和子と堀田真由の演技がとても良かった。
CGに関しては相変わらず国内映画はとんでもなくショボイが、序盤の展開、ストーリーの発想やクライマックスシーンの見応えが有り面白かった。
途中何度か馬鹿馬鹿し
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.7

巷での評価はPart 1より低いが結構好きな作品。1の畳み掛ける様なホラー演出こそ減ったものの良質なドラマが楽しめる。
個人的にはジェシカチャスティンはあまり好きでは無かったのだがこの作品で奮闘する姿
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

少年時代の葛藤、ホラー描写、80年代の後半の田舎町の雰囲気、全てがハイレベルにミックスされている。
畳み掛けるようなホラー演出とあの容赦ない血糊を見るとアンディムスキエッティやるわ…、ってならざるを得
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.7

色合い、ファッション、装飾等の美術面がとにかく素敵な映画。1960年代のロンドンの街並みやネオンが美しい。
トマシンマッケンジーの演技も素晴らしく感情移入しやすい。アニャは相変わらずの貫禄のある演技を
>>続きを読む

ソー:ラブ&サンダー(2022年製作の映画)

3.4

脚本云々よりもソーのコスチュームがApexのスキンみたいで絶妙にダサかった。そっちにばっか気がいってしまった。
一本の映画として観ると少し微妙なシナリオかもしれないがMCUとしては普通に楽しめた。
>>続きを読む

ガンパウダー・ミルクシェイク(2021年製作の映画)

2.2

カレンギランやその他俳優陣のキャスティング。衣装等の美術面は素敵だった。
ただしアクション映画としては見せ方が平凡で凝った演出もなく非常にのっぺりしていた。
ストーリーにも驚き所は一切無かったので退屈
>>続きを読む

モービウス(2022年製作の映画)

2.0

ベノム2よりはまだ観れたがそれでもやはり面白くない。脚本はありきたりでキャスティングも個人的にはあまりハマらない。
ポスクレシーンがあるからまだそこの価値で観れるものの、それが無かったら本当に観る価値
>>続きを読む

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ(2021年製作の映画)

1.8

ソニーのMarvel映画は絶望的につまらないです。なんでこんなありきたりな脚本なんだろう?

1はそこまで悪くなかったが今作は脚本も平凡で展開もある程度の予想を裏切ることなく終わってしまう。かなり退屈
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.9

この作品の凄い所は何本も撮ってる映画監督の様な脚本、カメラ演出。初長編でこのクオリティに仕上げるとは相当な才能の持ち主だと思います。
そして、キャリーマリガンの卓越した演技が何より堪能出来たのが良かっ
>>続きを読む

ラプチャー 破裂(2016年製作の映画)

2.1

物語のコアな部分は興味深く悪くは無かった。
ただし、ストーリー展開やオチが非常に弱く見応えが無い。もう一捻りあるか、もう少し壮大なテーマの一部であるとかにして予想を裏切って欲しかった。ベタにB級路線に
>>続きを読む

クレイジーズ(2010年製作の映画)

4.0

昔レンタルで観たがBlu-rayを購入した為改めて視聴。

やはり面白い。
面白い映画は開幕10分で掴むと言うがこの映画は5分でその雰囲気に持っていかれ画面に釘付けになる。さらにこのティモシーオリファ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.2

真の俳優による真の演技。もはや芸術の域にまで達している。

アクアマン(2018年製作の映画)

3.9

以前配信で観たが4k Ultra Hdを購入したので改めて見直したのだが、これが最高だった。
色の深み、迫力のある音響、鮮やかな水表現。
この映画はUHDで観て初めて本当の意味で全てを観たと言えると思
>>続きを読む

プレデター:ザ・プレイ(2022年製作の映画)

2.7

プレデターシリーズを続けてくれてファンとしてありがとうを言いたい。
ただ、時代設定やプレデターのデザインは斬新で良かったものの、直接的な暴力表現の少なさやストーリーの弱さが目立った。ここはアクションや
>>続きを読む

カモン カモン(2021年製作の映画)

3.6

大人が思うより子供達は思考し、そのアプローチは違えど自分の考えを持っているなと気付かされた。幼いからと押さえ付けコントロールする事で子供がどういうリアクションをするのか、とても人間味がありリアルに描か>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

フランシスマクドーマンドを始め、サムロックウェル、ウッディハレルソン等、出演俳優陣の演技がとにかく素晴らしい。観た後には数々の賞を受賞しているのを疑いようもなく頷ける。

ゲット スマート(2008年製作の映画)

3.5

気軽に観れるコメディ映画。とにもかくにもアンハサウェイが素敵!ドレスを着てダンスをするだけで画になるし、作中の衣装がとても可愛くて素敵です。

オーヴァーロード(2018年製作の映画)

4.2

無茶苦茶オモロい。ワイアットラッセルが最高過ぎるし世界観も良く暴力表現もパンチが効いている。この手の作品大好きです。

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.8

もの凄い丁寧かつ重厚な仕上がり、ドゥニは完全にリドリースコットの才能、そして意志を引き継いでいる。現ハリウッド、特にSF作品において最重要人物だなと改めて思いました。画(CG)に頼りすぎない所もこだわ>>続きを読む

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット(2021年製作の映画)

3.9

元CM監督だけあってCMみたいなショットが多くアマゾネスのシーンはほぼ『300』だった。スローモーションも多用しており、いわゆる"ザックスナイダー節"がふんだんに効いた作品。

2017年版のジャステ
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.0

ゲームをプレイ済みの身からするとベタベタのベタな展開で全く面白くなかった。全てのシーンに既視感があり過ぎて…
映画としてもストーリー自体が面白くなくて観るに耐えなかったです。
面白い映画と面白くない映
>>続きを読む

ゴールデン・チャイルド(1986年製作の映画)

2.6

20数年ぶりに観たがチャールズダンスが出てた事に驚き!
子供の頃観た記憶があったので改めて観たが今観るとそんなに面白くなかった…笑
ただし、エディーマーフィーのSFアドベンチャーものという事で珍しくは
>>続きを読む

THE BATMAN-ザ・バットマンー(2022年製作の映画)

4.1

とんでもなく重厚なヒーロー映画。暗くて重い、こんなバットマンを観たかった。音楽の使い方がハイセンスでアクションシーンの見せ方がとても上手い。俳優陣の演技も相まって完璧な完成度の映画に仕上がっている。>>続きを読む

>|