天狗さんの映画レビュー・感想・評価

天狗

天狗

★1~ おらぁなめとんのか レベル
★2~ 自分にはあいませんでした レベル
★3~ まあまあええやん、観れば~ レベル
★4~ おすすめ、観なくてもいいけど損しますぜ レベル
★5  お墓に一緒に埋めて レベル

映画(1484)
ドラマ(0)

天空の蜂(2015年製作の映画)

2.7

CSにて鑑賞。

東野の原作なので「チョーあり得ない、ご都合主義の偶然」によるストーリーなのだろうという先入観で鑑賞しました。東野ファンの人、すみません。

やっぱり、でした。三菱重工製超大型ヘリの就
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

2.9

『女神の見えざる手』で、すっかり嵌まってしまったジェシカ・チャステインを拝むために観賞。

正直言って女神の方が単純で解りやすかったし、人間性もクリアに理解できた。モリーの波乱万丈な半世?が彼女の人間
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

「アウトかレイジかビヨンドか知らんけど、東映なめとったらいかんぞ」

冒頭、東映のお馴染み波濤のタイトルバックに、上のメッセージを読み取りました。

ま、○暴バディモノ、なんですが、あまりに無茶苦茶で
>>続きを読む

ゲーム・ナイト(2018年製作の映画)

2.8

久しぶりにレイチェル・マクアダムスが観たくなりまして。

もしアメリカに鹿児島県があったら、この人絶対薩摩の人やろなって思ってたらカナダ生まれやないかー。

ま、そんなことはどーでもいいのですが、ゲー
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

2.8

ボヘミアンの余韻のなかでなんで借りたのか忘れた作品だったけど、尺が短くサクッと観れそうだったので。

①キャストが豪華やん❗
②眼鏡のおばちゃん何者なん?
③え、これもLGBT もんやったんかいな
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.8

実を言うとQUEENは現役時代は聴いていなかったのですが、長男の音楽教育上、色々なロックを聴かせるうちに長男がQUEENを気に入り、その影響で自分も聴くようになりまして、あらゆるCD、(当時は)ビデオ>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

2.9

想像ですが母親役のM.ウィリアムスのしゃべり方ってかなり「(わざと)訛り」入ってませんかね?

良くも悪くもM.ウィリアムスの映画だと思うのですが、母親ゲイルの人となりが今ひとつ理解できず、最初は彼女
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.0

①オープニング、結構力入れてるやん!
②あ、髑髏島とちゃうんや。
③ロックとゴリラの手話、まったく違和感ないんですけど。
④ゴリラ、なんちゅう下品なジョークするねん!!
⑤巨大企業やのに社員2人なんか
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.5

騎馬隊なんかあるわけ無いやろ!と突っ込みつつ観賞。

あ、移動手段が馬しかなかったんか。ハンヴィーは運べんかったっちゅうことかいな。

あ、でもブラック・ホーク・ダウン並のリアル戦闘シーンはびっくり。
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

2.8

上、下観てからからかなり時間がたってたからなのか、これまでの怒濤の勢い、みたいなものが感じられず残念。

受験という現実的な課題を絡めるなら東大理Ⅲなどというあり得なさではなく、もう少し現実的な話にし
>>続きを読む

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

1.8

CS で。

吉岡里帆ってめっちゃブスやった(前半)。地がブスなんや。

それはいいとして、ま、この手の作品は映画としてどうこう言うべきものでもなく、登場人物間のギャグ的な会話のみ切り出して楽しむべき
>>続きを読む

渇き(2009年製作の映画)

3.2

「悪女/AKUJO」を観て気になっていたキム・オグビンが脱いでるとかで。(はい、結構脱いでやってました。)

なんかいやーな雰囲気の映画。伝染病+韓国の教会+信者の集まり+教会系の病院。

でも途中か
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

あ、クリント・イーストウッドの息子やん。は、もう一人はデンゼル・ワシントンの息子?(違うと思う)

ジェニファー・ローレンスの娘?(激しく違うと思う)も出てるやん❗

というような感じでした。

正直
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.1

①あの家族!ミリオンダラー・ベイビー思い出したわ!
②ヒロイン役の女子、ちょっと田舎臭い二階堂ふみちゃんやな。
③ジェイク・ギレンホール、あんな若い役出来るんや。恐ろしい役者になったもんや。

とはい
>>続きを読む

アンダーカヴァー(2007年製作の映画)

2.3

CS にて。

アンダーカバーなんていうタイトルなものでインファネル・アフェアとかディパーテッドみたいなヒリヒリする内容を期待したのですが全然違った。残念。

アンダーカバーではなく、転職ですやん、こ
>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

2.5

地球環境問題、食糧問題など地球規模の課題解決のためのベスト・ソリューションは人間を小さくしてしまうこと。

この着想を得た関係者は色めきたったのではないか。映像的コンテンツとして面白すぎる!映画もそう
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

3.1

CS にて。

①阪神淡路大震災で被災した谷川名人(本作ではちょろっとだけ出てくる)は、被災後、将棋のさし方が変わったと言ってた。そのことを彼は「大局観」と呼んでました。生死に関わる経験をしたものだけ
>>続きを読む

まともな男(2015年製作の映画)

2.9

なんかしょーもない展開やのについつい観てしまった。

家族の反対を押し切って上司の娘なんかスキーに連れて行くからあかんねん。

身から出た錆っちゅうやつやね。

酒も気をつけよっと。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.8

どなたかも書かれておられましたが、前半がかったるい❗ただ、中盤から後半、エンディングまでは流石‼️おもろい❗

ダニエル・クレイグってやっぱりボンドの英国イメージが強く、バリバリのアメリカンな世界にフ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

1.8

うーん、惜しいというかそれはないやろ、あかんやろ、というシナリオでした。

舞台となる大学(恐らく慶応義塾大学)ですが、どこの私学にも内部・外部のコミュニティは存在します(教え子の私学女子大社会学部の
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.9

面白かった!

とかくジャンルという意味のない枠組みに入れて評価する傾向が自分にもありますが、本作はジャンルなんて飛び越えてます。

異形×ミュージカルということでグレイテスト・ショーマンを思い出しま
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

2.6

ディープ・スロート

あの名作ポルノ映画が1972年、ウォーターゲート事件も1972年か。

どっちが先に言い出したのか気になる。

主人公役のL.ニーソンですけど、自分は何となくですが、もうスティー
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

2.5

え、え、え、クリステン・スチユアート脱ぎまくってこんなことまでやってるんやと途中まで思ってました。違いました。

さすがに監禁しながら通常の生活続けるんは無理でっせ。どっちかに集中せんと。

男の方、
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

3.8

インド版アニマル浜口物語。

インド人の女性の社会的地位の低さをスポーツでの活躍を通じて俯瞰する作品としては、「ベッカムに恋して」に通じるところもあるが、本作は徹底した「父娘」物語。

国内大会レベル
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.5

1がとても面白かったので。

2は1よりもエスカレートしまくりで、グロ度上げてきましたね‼️

あえてアボカド顔も出しまくりで観てるほうがもうアボカドが普通みたいな感じになります。

採用面接シーン→
>>続きを読む

エクソシスト(1973年製作の映画)

3.1

たぶん本作のレビューをディレクターズカット版に書いてしまっている模様。

高校生の娘が観たいとか言うので部屋の奥のDVD ラックの「あ」の段を探したらディレクターズカット版があったので娘と観賞。

>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.1

①あと10数年もすれば、「かつて地球上には”新聞”というメディアがあって」みたいな会話がされる時代が来るはずで、スピルバーグはその”新聞”というものを世界遺産化したかったのではないか、と思ってしまった>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

「音楽はタイムマシンなのだ‼️」

本作の主題は、これ。

「家族讃歌」のように思えるが実はこっち。その意味では、本作と似て非なる作品は「セッション」。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.3

やっぱり、すごろくドンドコドンではなかった!!

前作との繋がりはほとんどないが、今回は1996年からジュマンジが再開した設定。でも主舞台は現代やけど。

すごろくではなくて今回はRPGっちゅうやつっ
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

2.0

設定がめちゃめちゃ大きいのですが、少年目線でストーリーが進むので、なんかアンバランスさが際立ってしまってその分残念でした。マシュー・マコノヒーの役もモチベーションがよくわからなくて今一嵌まれませんでし>>続きを読む

コールド マウンテン(2003年製作の映画)

3.8

CSにて。

途中までブロークバック・マウンテンと勘違いしており、この後ジュード・ロウとヒース・レジャーが恋仲になって、N.キッドマンどないするんやったっけ??と思ってた。ジュード・ローひどすぎるよな
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

ロブスターの監督ですか。

なんか奇妙で不安な雰囲気むんむん。ちょっと上から目線のカメラアングルや一点透視図法的絵作りは、人智を超えた存在の視線でしょうかね。

コリン・ファレルって若いころはアメリカ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

めっちゃ面白かった。

多少辻褄あわんけど、こんな世界面白い。
脇を大物役者が固めているのはやっぱりスピルバーグやし。

ガンダム出てるし!!

お薦めです!ってもう皆さん観てますよね...

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

2.1

最近の邦画のタイトルは似たものが多くておっさんには覚えられないのです。
・君の肝硬変を治したい
とか
・心不全が治りたがっているんだ
とかなんか病気系のタイトル多くないですかね?

あ、これもどっかで
>>続きを読む

絶海9000m(2017年製作の映画)

1.9

なにが9000mなんやろか?

ちょーどんくさい人たちのお話。
クルーザーから海に飛び込んだはええけど梯子かけ忘れてて登られへんやん!どないすんねん!!

鮫出てけーへんやん!

って最初からそこ登れ
>>続きを読む

孤高のスナイパー/ザ・シューター 孤高のテロリスト(2013年製作の映画)

2.7

政府のエネルギー政策転換に異を唱えるジャーナリズムと国民とそして行き過ぎた?環境保護派との絡み。

ジャーナリズムをうまく使おうという意図はわかりますが、自分の思い通りにならないとすぐに「狙撃」してし
>>続きを読む

>|