天狗さんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

天狗

天狗

★1~ おらぁなめとんのか レベル
★2~ 自分にはあいませんでした レベル
★3~ まあまあええやん、観れば~ レベル
★4~ おすすめ、観なくてもいいけど損しますぜ レベル
★5  お墓に一緒に埋めて レベル

映画(1472)
ドラマ(0)

サリュート7(2017年製作の映画)

3.2

「スペースウォーカー」というロシアSF が良かったので本作も期待して観賞しました。

これまで多くのハリウッド宇宙ものを観てきましたがアメリカが辿った宇宙開発はソヴィエトにも同じようにあったということ
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

2.5

正直言っておじさんお腹一杯になってしまいました❗

ぎょーさん出てくるのでもう負ける気もしませんしどんなダメージ食っても怪我もしないし「ほんで?」みたいな感じでしょうか。

バットマンの金持ち自慢は笑
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.1

イギリス人はやっぱりアメリカを馬鹿にしてるわ。ステイツマンって酒屋やし(笑)

オフィシャルな場でもカーボーイハットかぶってくるたわけの国。

なぜかそのスタンスは応援したくなる。ドラッグも酒も、人類
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.6

ジェシカ・チャステイン凄かった❗オスカーものでしょ、この演技。

「先見」が如何に重要なのかがわかります。観るものすべてをも騙すクライマックス。

ハリウッドはやっぱり我々を楽しませてくれますね❗
>>続きを読む

ドローン・オブ・クライム(2017年製作の映画)

2.8

ショーン・ビーンが主役ということなのでそこそこハードル下げてましたから❗

戦争×ドローンものは好物なのでこれまで観た作品におけるイーサン・ホークの苦悩やヘレン・ミレンの葛藤を思い出しつつ、ショーン・
>>続きを読む

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

2.9

ムービー43でアニメ猫に溺愛されてた俳優が主人公。

日本で言えばベトナム戦争報道を巡ってTBS を退職した連中が立ち上げたテレビマンユニオンみたいな方向に行くのかと思いきや、ま反対に行ってしまった主
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.8

ベルリンが舞台ということでは観ないとあかんということで。

壁はCG だと思いますが思い出のある場所が出てくるので懐かしさもありましたが、内容はかなり凝りすぎの感がありそんなんは「裏切りのサーカス」に
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

2.7

「人を裁く」という「神の行為」を代行する司法制度の現状構造に対する監督なりの問題の投げかけ、てなところなのでしょうか?

しかし是枝監督は邦画界の「勝組」なので、邦画界の錚々たるキャスト、ちょい役まで
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

3.3

本当は「アメリカにはめられた男」の実話ベースの物語。

実物はトム・クルーズとは全く違う風貌です。予告編の煽りでアクション満載を期待していたのですがそういう作品ではありませんでした。

相変わらずにや
>>続きを読む

ディストピア パンドラの少女(2016年製作の映画)

3.0

あ、これゾンビものやったんかいな!と思いつつ、やっぱりジェマ・アータートンの体つきが気になってしょーがなかったのです❗厚手のセーター着てたのですがそれでもやっぱりボヴァリー婦人に悶々としたパン屋のおっ>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.8

やっと観れました。

①これはあれやね、S.スピルバーグの「A.I」。自分は生まれたのか造られたのかを問う旅路系

②でもしっかりブレードランナーの世界は再現されており、「強力わかもと」ちっくな情景に
>>続きを読む

スペースウォーカー(2017年製作の映画)

4.0

おー、最近観た「ドリーム」の「対」となる作品!

「ドリーム」ではソ連(C.C.C.P!)に先を越され地団太を踏むNASAが描かれていましたが、本作はソ連がその「先を越した瞬間」を緻密に描いています。
>>続きを読む

オペレーション・クロマイト(2016年製作の映画)

3.3

朝鮮戦争の戦局を変えた端緒となった仁川上陸作戦。
あかん、自分は朝鮮戦争のことほとんど知らんかったと今更ながら気がつき反省。こんな近くであった戦争やったのに。

リーアム・ニーソンがマッカーサー元帥役
>>続きを読む

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(2016年製作の映画)

3.0

クリムゾン・リバー(フランス)、特捜部Q(デンマーク)に続くどろどろ犯罪を追う刑事バディもの(スペイン)。

でもこの二人がとても特異で。片やぶちギレたら同僚を半殺し、もう片方はトラウマによる吃音症、
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.0

自分的には2箇所のクライマックスがありました。

①NASA内トイレ看板の器物破損罪の無罪放免
②州検事贈収賄(嘘)からの裏口入学(嘘)

この作品のハイライトだったと思います。

働き方改革が巷を賑
>>続きを読む

エル ELLE(2016年製作の映画)

3.8

期待に胸膨らませて観賞。

やっぱり面白かった❗

まず、フランス人って笑えます。勿論フランス人十羽ひとからげはダメなのでしょうけど。社会に接する個人を取り巻く膜?のようなものが極めて薄い❗日本人はそ
>>続きを読む

チェイサー(2017年製作の映画)

2.8

少し頭が疲れているような時にはこんなんがちょうどええかも。

極めてシンプル。
愛する息子を目の前で連れ去られそうになり母親必死で追跡。
途中は
・携帯なくす
・ガソリンぎれ
・警察無能・とろい
のハ
>>続きを読む

奴隷の島、消えた人々(2015年製作の映画)

1.4

このレビューはネタバレを含みます

面白そうなタイトルとパッケージだったので借りて観たのですが。

韓国のきったない漁村を手ブレ画面で延々と見せられギブアップ。
内容がほとんど頭に入らず、あれれみたいな結末。

エドワード・ノートンの『
>>続きを読む

タワーリング・ダウン(2017年製作の映画)

-

いやいやいや、とんでもない作品。

これ、やばいわ。

クレア・フオーラニは出演断ることができなかったんやろか。生活苦しいんやろか。

なんかもうなんと言って良いのか分からないくらいへんてこな映画。監
>>続きを読む

スクランブル(2017年製作の映画)

3.0

まず、結構面白かったです。尺も短いしさくっと楽しめる作品です。特にフェラーリとかクラシックカーマニアなら尚更楽しめる作品だと思います。

とはいえ、なんで崩落しつつある橋渡るのにタメ作るんですかね。て
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.1

観たかった作品。

マクドナルドは不動産業であるというのが目からウロコ。

でも実は予備校ビジネスもそうだ。駅前の一等地にビルを構え客(予備校生)を呼べる(売上を上げられる)講師は実はテナント。客数が
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.4

①弾100発で95人は殺しとるやないか〜い
②ニューヨークって殺し屋ぎょーさんおりすぎるやないか〜い
③犬の扱い、はしょりすぎやないか〜い

てなことを感じつつ、ひたすら殺しまくるジョン・ウィックを堪
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

2.6

うーん、微妙。

①飛沫感染?はあかんやろ。尺稼ぎか。
②キャサリン・ウォーターストン、インヒアレンス・ヴァイス以来やけどショートカット全然やん
③リスク・マネジメント全然やん。
④やっぱりエイリアン
>>続きを読む

グレイハウンド(2017年製作の映画)

2.9

こないだ観たエスケイプ・フロム・イラクはトルコの国威発揚映画。そしてこれはスペイン。

映画としての完成度はイマイチなのであるが、トルコといいスペインといいかの中東で若者を多く失っているわけである。ア
>>続きを読む

サラリーマン・バトル・ロワイアル(2016年製作の映画)

2.0

何事にも目的があり達成のための費用対効果を考えた上で実行に移しますが、これはそれが無茶苦茶でした。ビルを閉鎖し何十人も殺すこととそれによって得られることの利害得失を無視し過ぎ。

こういうのは好きでは
>>続きを読む

ラスト・クライム 華麗なる復讐(2017年製作の映画)

2.2

すっかりアクション・コメディでした。

特にフランス語で女子がピーチクパーチクしゃべるので終始イライラしました(ジャン・レノと同じ気分です)。

雰囲気は007シリーズでのスキーリゾートが舞台の作品(
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

とても観たかった作品。

エイリアンものだとは全く想像してませんでした!

隔離工学?というものにとても興味を覚えました。多層的な隔離パターンを事前に準備し、それを実行する。

ま、リスクマネジメント
>>続きを読む

エスケイプ・フロム・イラク(2016年製作の映画)

3.4

いやー長かった。あと30分短くして戦闘シーン中心に編集し直して欲しい。

軍隊という最高レベルのチームビルディングのプロセスを回想シーンとして挿入するのであるが、そんなんわかってるわ!!と思ってしまい
>>続きを読む

兵隊やくざ 殴り込み(1967年製作の映画)

3.4

とうとう終戦。

本作では有田と大宮のからみが少なく、また迫真の銃撃シーン?もふんだん。

有田の影が薄くなり、大宮のモテモテ映画になっている感じですけど。

でも最後はやっぱり有田と大宮がキスするの
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.5

めっちゃ見たかったやつ。

イタリア人やからよーしゃべるわ。
月食で皆が狂気に憑かれ、携帯オープンゲームしてしまい、まぁややこしいことになりますわ。

ま、ても月食終わったら皆もと通りでめでたしめでた
>>続きを読む

弁護人(2013年製作の映画)

3.8

ずいぶん骨太な弁護士もの。はじめはチャラい金目当ての弁護士が、世話になったおばちゃんの一人息子の不当逮捕に敢然と立ち上がる!!

ラストシーン、いいですね〜 結局この人大統領になったんですよね。

>>続きを読む

愛の嵐(1973年製作の映画)

4.9

申し訳ありませんがレビュー対象は『新・愛の嵐』です。でもフィルマークスにもないのでこれでレビューさせて下さい。

とんでもない作品でした。

原作はなんのことのないハードコアポルノ。youtubeで検
>>続きを読む

もっと猟奇的な彼女(2015年製作の映画)

2.7

続編としての映画評は皆さん散々で、自分も前作ってこんなおちゃらけコメディやったっけ??と思ってしまいましたので、まそういうことですが、2つの発見がありましたのでご報告します。

①ビクトリア
 中国人
>>続きを読む

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2016年製作の映画)

3.1

ピルジェという韓流映画ではこれまた珍しい名前の主人公(元刑事、今は弁護士ブローカー)。昔の宍戸譲みたくほっぺがぷっくりしてますがな。

仁川を牛耳る一大財閥を支配するおばはんやその手下相手に頑張る話。
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.0

①うわ、この監督の作品5本も観てたわ(全然知らんけど)
②これはあれやね、この事件のFBI陰謀説を打ち消して欲しいという政府筋からのオファーがハリウッドに来たんやな
③嫁役のミシェル・モナハン、相変わ
>>続きを読む

アンフォゲッタブル(2017年製作の映画)

3.0

確かにアンフォゲッダブルやのに予告で観たストーリーと全然ちゃうやんと思いながら気がついたら終わってた。確か予告では何千人に一人かの症状で見たものを全て完全に記憶して忘れられなくなる女性刑事の話やと思っ>>続きを読む