ばくとさんの映画レビュー・感想・評価

ばくと

ばくと

頭を使う映画と、なにも考えなくてよい映画。

映画(316)
ドラマ(0)

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

-

めっちゃ面白かった。
色々なところに生き抜くための知恵というかは転がってるのかもしれない。
ラティカの服の黄色が特徴的だったけど、なにやら宗教的に意味があるらしい。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

映画館でみるべき映画。
話はそういうもんかくらいだった。
ライブ映像を大画面で見るイメージ。
最近のQueenのライブは行ったことあるけど、フレディのライブも見たかった。

スノーデン(2016年製作の映画)

-

ネット社会だからこその問題提起。
英雄とは思わないけど、啓発者ではあるな。
日本のインフラとめちゃうシステムはまだ残されてるのかな?

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

-

え、これで終わり?っていうのと、スーツださくね?っていう感想。

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

-

Oasis一番好きなバンド。
古い映像も、本人たちの本音も、なんかゾクゾクする。
帰ってくることをずっと待ってる。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

-

刑罰論について考えさせられるかもしれない。
難しい話抜きにして、結構面白かった、そんな分かりやすいストーリー。

トゥー・ダスト(2018年製作の映画)

-

え、これ大丈夫なの?って感じの映画。

#東京国際映画祭

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

めっちゃひっくり返された。
話は定番って感じもしたけど、面白いし、画面使いも斬新でよかった。

レオン/完全版(1994年製作の映画)

-

キャラクターがとても魅力的。
言動とか仕草が人間味を強調してたような気がした。
ストーリーはいたって普通で、少しチープさすら感じさせる。

愛と法(2017年製作の映画)

-

とても良い映画だった。
二人の人柄の良さが溢れてたし、自分の考え方とかも含めて、考えさせられる。
自分が小学生だった頃、ネパールからの留学生が好きじゃなくて、意地悪なことしてたことを思い出して、反省し
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

-

途中まで面白かったのに、後半から急に安い話になって残念。
リリー・フランキーの演技はやっぱり好きだな。

西北西(2015年製作の映画)

-

鳥と沈黙が印象的。面白くはないが素晴らしい。
今だからこそ、これからこそ、観たいし観るべき映画。

セブン(1995年製作の映画)

-

え、そういう終わり方なのかってボディブローみたいに効いてくるバッドエンド。
けっこう好きだな。
なんで、Envyがその人なんだろ。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

-

敵が少し地味だけど、やっぱりバットマンかっこいい。

ドリーム(2016年製作の映画)

-

いい話。頑張って結果を出せば認められるけど、それにはやっぱり理解者がいることも大切。

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

-

未来の新宿とかってこんなになってそうだなって思った。
原作知らないけど、知らないからか、楽しめた。

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer(2000年製作の映画)

-

ドラマはspecに通じてる感じがあって面白かったけど、これはよくわからなかった。ドラマの特別編みないといけないのかな。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

-

過去と現在と、過去からみた過去とっていう話。
どの時代を良いと思うかはそれぞれだけど、描かれているのはどの時代もそれぞれ美しかった。

セトウツミ(2016年製作の映画)

-

高校の頃はいつも直帰してたから、こういうのちょっといいなって思う。
マンガとは違った良さがあった。

ターミネーター:新起動/ジェニシス(2015年製作の映画)

-

4観てないからまったく話分からんかった。
まあ、シュワちゃんはハマってていいよね。

>|