mmmさんの映画レビュー・感想・評価

mmm

mmm

映画(354)
ドラマ(1)
アニメ(0)

Nighthawks In Bangkok(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

関根光才監督特集にて

この作品は10年ほど前のものらしい。

タイの食堂兼酒場で母と店を切り盛りする女

店が暇になった彼女は、なぜここ来たのかと
たどたどしい英語で問うが、男は上手く返せない。
>>続きを読む

彼女が夢から覚めるまで(2021年製作の映画)

3.9

関根光才監督特集にて


カフェで働く聾者の女が客である吃音の絵描きに恋する話。
彼女は、ひとに触れると、その人の中に入ってしまうという。

これまた不思議な話。
舞台となるカフェも夜道も、絵描きのア
>>続きを読む

ZENON(2021年製作の映画)

3.6


関根光才監督特集にて

ゼノンが唱えた連続性に関するパラドックスを
一組の男女(夫婦)に落とし込んだ作品。

↑は後調べで、なんのことやら、不思議な話でしたが、
追いかけても追いつけない不条理みたい
>>続きを読む

LOVE LIFE(2022年製作の映画)

4.1

矢野顕子さんの曲からインスピレーションを
受け、長い構想期間を経て制作された作品。


深田監督というと、人間の隠しておきたい
本質的な部分を、淡々と炙り出して
いくようなイメージがありますが、
それ
>>続きを読む

LAMB/ラム(2021年製作の映画)

3.9

filmarksさんの試写会にて

ネタバレなしで何を書いたらいいやら……

「lamb」というタイトル
マリアやアダといった登場人物の名前
あらゆるところに宗教的なものや
人の傲慢さに対するアンチテ
>>続きを読む

よだかの片想い(2022年製作の映画)

4.0

原作は島本理生氏の同名小説・未読

顔の左側に大きな痣があるアイコ(松井玲奈)
心許せる学校の先輩や後輩、担当教官など
学生生活は穏やかに過ごしているが、
恋にはどこか消極的になっている。

とあるき
>>続きを読む

神田川のふたり(2021年製作の映画)

3.8

神田川って言ったら、かぐや姫のあの名曲
(リアルタイムではない)を思い出してしまうわけですが、
こちらの作品に出てくるのは高校2年生の男女

中学のクラスメイトの葬儀帰り、
久々に再会した2人が神田川
>>続きを読む

スワンソング(2021年製作の映画)

4.1

かつてヘアメイクドレッサーとして活躍してきた
パトリック・ピッツェンバーガー
通称:ミスター・パット(ウド・キアー)
現在は、老人ホームで余生を送っている。

そんなパットの元に、元顧客であり親友リタ
>>続きを読む

ゲキ×シネ「狐晴明九尾狩」(2021年製作の映画)

-

劇場でも見たのですが、新感線独特ののテンポ良さと情報量!
かつ後方席だったので、役者さんの表情まではいまいち追えず…
1度で全部を把握するのが無理だったので、1年越しで補完。

この化かし合い…なんだ
>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

(※ネタバレというより、内容を含んだ感想です)

予告だけ見て勝手にパニック映画かと
思っていたらホラーの括りだったんですね。
同監督さんの他作品は未鑑賞だったので、
まさしく未知との遭遇でしたが、怖
>>続きを読む

セイント・フランシス(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

予告で気になっていたのと、時間が合ったからみてしまえ!
ってことで鑑賞
公開記念の先着プレゼントがナプキンって、なかなか粋。

---------------------
ブリジット(ケリー・オサリヴ
>>続きを読む

ほとぼりメルトサウンズ(2021年製作の映画)

3.9

とある冬の日。
かつて祖母が住んでいたという空き家にやってきたコトは
庭に段ボールハウスをみつける。
そこには見知らぬ老人が生活していた。
名前はタケさん。
タケさんは、日常の中の音を収集し“音の墓”
>>続きを読む

裸足で鳴らしてみせろ(2021年製作の映画)

4.1

偶然出会った直己と槙、そして槙の養母・美鳥
繊細な心と他者に明かせぬ心の傷をもった者達の出会い
美鳥のために、世界の音を集める旅をする2人

少しずつ心の距離は縮まっていくようにみえるし
笑い合ったり
>>続きを読む

ぜんぶ、ボクのせい(2022年製作の映画)

3.5

児童養護施設で暮らす少年が、偶然母親の居住地知り、
施設を抜け出すところから始まる話。

先に書きますが、親からの虐待やネグレスト、
いじめ問題などに敏感な方にはフラッシュバッグの
可能性があるのでご
>>続きを読む

プアン/友だちと呼ばせて(2021年製作の映画)

3.9

余命宣告を受けた青年・ウード
彼は、NYでバーを経営する親友・ボスに連絡をとり
ある頼み事をする。
それは、元カノを訪ねるためドライバーになってもらうこと。

父の愛車と軽快なラジオトークから始まるロ
>>続きを読む

アプローズ、アプローズ! 囚人たちの大舞台(2020年製作の映画)

4.0

予告をみて楽しみにしていた作品。

順風満帆とはいいがたい役者人生を送ってきたエチエンヌ。
服役囚のワークショップの臨時講師を依頼され
演劇を上演することになる。

選んだ演目はサミュエル・ベケットの
>>続きを読む

夜明けの夫婦(2021年製作の映画)

3.9

舞台に映画にCMに幅広く活躍されている山内ケンジ氏の新作映画


少子化問題は今に始まったことではないが、
二世帯住宅に住む一組の夫婦と旦那側の父母と
周囲の人達の“子作り”にまつわる話。

義理母か
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.0

ドラマーであるルーベンが、突如難聴を発症し、
難聴者のコミュニティの中で現実と向き合っていく話。

あまりに唐突に自分を襲う現実に動揺が隠せない主人公の姿を
映像だけでなく音響によって疑似体験できる演
>>続きを読む

ビリーバーズ(2022年製作の映画)

3.8

原作は山本直樹氏の同名漫画・未読

とある宗教のプログラムとして孤島で生活(修行)をする3人の男女の話。

互いを「議長」「副議長」「オペレーター」と呼びあい、俗世の汚れを浄化し、安住の地を夢見て日々
>>続きを読む

わたしは最悪。(2021年製作の映画)

3.3

人生いろいろ
男もいろいろ
女だっていろいろ 咲き乱れるの

いまいち消化できない帰り道で、突然の島倉千代子…

---------------------

序盤の、やりたいことが定まらない、
投げ
>>続きを読む

こちらあみ子(2022年製作の映画)

4.1

原作は今村夏子氏の同名小説・未読

広島に住む小学5年生のあみ子と周囲の人達の日常を描いた作品

インタビューなどもほとんど読まずに鑑賞したが、
原作とは少し違うアプローチをされているらしい。
それぞ
>>続きを読む

三姉妹(2020年製作の映画)

4.0

男はつらいよ、女もつらいよ…

ソウルに暮らす三姉妹の話。
長女・ヒスク(キム・ソニョン)
次女・ミヨン(ムン・ソリ)
三女・ミオク(チャン・ユンジュ)

三姉妹はみな家庭をもっているが、家庭内は問題
>>続きを読む

スープとイデオロギー(2021年製作の映画)

4.0

朝鮮総連の熱心な活動家だった両親。
3人の息子を「帰国事業」で北朝鮮へ送り、
夫の他界後も借金してまで仕送りを続けてきた母だったが、
自身も体調を崩してしまう。
そんな時、ふと口にしたのは、今まで語っ
>>続きを読む

神は見返りを求める(2022年製作の映画)

3.9

人数合わせの合コンで知り合った、
イベント会社で働く田母神さん(ムロツヨシ)と
全く人気のないYouTuberのゆりちゃん(岸井ゆきの)

田母神さんが、ゆりちゃんの動画作成を手伝うことになり、
何で
>>続きを読む

恋は光(2022年製作の映画)

4.0

原作は秋☆枝氏の同名漫画・未読

恋の光が視えてしまうゆえ恋を避けてきた大学生・西条(神尾楓珠)と3人の同級生
北代(西野七瀬)宿木(馬場ふみか)東雲(平祐奈)3人が「恋を定義する」
文学系哲学恋愛映
>>続きを読む

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

4.1

原作は鶴谷香央理氏の同名漫画・未読

漫画が好きで内向的な高校2年生のうらら(芦田愛菜)と、たまたま購入した漫画に魅了されてしまう老婦人の雪(宮本信子)

ひょうんなことから出会った2人の共通項はBL
>>続きを読む

PLAN 75(2022年製作の映画)

4.0

満75歳になると自らの生死を選択できる制度が
施行された日本を描いた作品

同タイトルの短編(キャストも異なる)が
2018年にオムニバス映画の一篇として公開されていますが
この作品が早川監督の長編デ
>>続きを読む

犬王(2021年製作の映画)

3.4

周りの評判が良かったので鑑賞。
(もともと予定はありませんでした)

琵琶が四弦だからベースかと思いきや、
たまにギターになっていたり(…?)
そして、ウッドベース(仮)とドラム(仮)
ってリズム隊し
>>続きを読む

リコリス・ピザ(2021年製作の映画)

3.9

1970年代のロサンゼルス・サンフェルナンドバレーが舞台

子役として活躍、自信家でビジネスにも手を出している
ゲイリー・ヴァレンタインは15歳の高校生
将来が見えぬまま、漠然とした不安カメラマンアシ
>>続きを読む

はい、泳げません(2022年製作の映画)

4.0

大学で哲学を教える小鳥遊雄司は、泳げない。
そんな彼が奮起して水泳教室に通う中で、自分と向き合っていく話。
(ざっくり)
----------------
原作はノンフィクション作家である高橋秀実氏の
>>続きを読む

リンゴをかじる女、風を売る男(2022年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

※ネタバレというか、演出が特徴的なため、
一応ネタバレ設定にしました

---------------------------------------
大きな橋の下。
リンゴを持った一人の女、Y(清水
>>続きを読む

日曜日、凪(2021年製作の映画)

4.0

離婚を決めた夫婦のとある1日の話
ひょんなことから、夫の友人を連れ立ってビリヤード場に向かうことになる。
-----------------------
色の綺麗な映画だった。
凪を象徴するかのごとく
>>続きを読む

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.9

“(not) HEROINE movies”=ノット・ヒロイン・ムービーズ(◆)
第一弾公開作品にして、舞台演出家・劇作家として活躍されている
加藤拓也さんの初長編作品。


とある大学生カップル(カ
>>続きを読む

ハケンアニメ!(2022年製作の映画)

4.0

原作は辻村深月氏の同名小説・未読

夢をかなえるべく、公務員からアニメ作品の
監督に転職した主人公と、
デビュー作からヒットをたたき出した
人気アニメ監督が、それぞれ同じ時間帯の
作品を監督することに
>>続きを読む

辻占恋慕(2020年製作の映画)

4.1


鳴かず飛ばずのロックデュオのボーカル信太と
シンガーソングライターの月見ゆべし
ライブハウスで偶然知り合った二人の
夢と現実の狭間に揺れる日々の話(アーティスト編)


好きなことをやっていきたいけ
>>続きを読む

流浪の月(2022年製作の映画)

4.1

雨の降る夕暮れ時の公園で出会った文と更紗
2人にとっては穏やかな日々であったが、
対外的には誘拐された少女(被害者)と犯人(加害者)として
その時間は突然絶たれることになる。

長い日付きを経て、邂逅
>>続きを読む

>|