babygrandさんの映画レビュー・感想・評価

babygrand

babygrand

ベストムービーは2017版です。

映画(445)
ドラマ(0)

リュミエール!(2016年製作の映画)

4.2

120年以上前に撮られた映画って果たして面白いのか?と半信半疑だったが、評がそこそこ良かったのでレンタルして鑑賞。

すいませんナメてました!
今まで「リュミエール兄弟」という名前は映画教科書などで時
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

ジャケ写が白黒モノトーンで構成されていて‘おしゃれ狙いかな’と思ったら、まさか全編モノクロ映画だった!

でもニューヨークの街並み(+ NYのマンション)は、白黒モノトーンと本当に相性がよい。(あとO
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.4

地上波 初放送の記念として。

公開当時、忙しい合間合間に劇場で3回鑑賞した作品。
もちろんブルーレイも購入しました。
(ディズニーさん、頼むからDVDセットとか要らないし500円安くてくれ!)

>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.8

評判はイマイチだったけど、リンクレイター監督とメインキャスト3人が好きだから観た。

・・・ふーむ、心に響くものはあんまりなかった。でもやはり「安定感」が凄かったな。

米軍の戦死者の遺体の詳細な受け
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.4

これでやっと今年のアカデミー作品賞ノミネート作品 全制覇できたかな?

年頭 S.スピルバーグ監督がこの作品について激賛したので、ずっと気になった作品。(しかし公開規模が思ったより小さくて観るのがちょ
>>続きを読む

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

4.3

作品の存在は知っていたが、やっと観れた。
(評判通り)これは良い映画、観てよかった!

「東ベルリンから来た女」などで、東ドイツの政府が政権維持のため一般市民から芸術家まで秘密裏に盗聴を仕掛けて監視し
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.9

個人的に上半期の公開作の中で必ず観る作品リストに◎を付けた作品。

、、、超一流の美術品みたいに素晴らしい出来の作品だったけど、自分的にはちょっと乗れなかったのが正直な感想。

でも後半の展開は結構好
>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

4.0

この映画のジャンルを分けるとしたら<恋愛映画>もしくは<ラブコメ>に入るだろうが

▪️トト: ドイツ人男性で今はホロコーストの研究をしている。トトの祖父は実は元ナチス親衛隊員。

▪️ザジ: ユダヤ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

昨日観た「万引き家族」に引き継き、<疑似家族>映画だった。(最近映画界の流行り?)

脚本陣は前作とほぼ一緒で、今作では以前「ジョン・ウィック」と「アトミック・ブロンド」を手がけたデビッド・リーチ監督
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

土曜の朝 東京郊外のシネコンで鑑賞。
まず年齢層が超高いことにビックリ!
是枝監督の作品って元々爺さん婆さん世代に人気だったのかカンヌで受賞した影響なのかはよく分からない。

家族の意義を問う(血縁・
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.9

ちょっと変わった形の殺し屋と少女物

凝った映像となるべく説明を省く演出などがニコラス・ウィンディング・レフン監督の「ドライヴ 」と雰囲気似てた。

効果音なのかBGMなのか境い目がよく分からない音楽
>>続きを読む

マスター・アンド・コマンダー(2003年製作の映画)

4.0

思ったより悪くなかった。つーか、ディテールはめっちゃ好み!

近年、個人的に大航海時代・海賊・私掠船・壊血病などに興味を持つようになったから、
この作品を通じて当時イングランド海軍の人員構成、長い航海
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.1

とにかくウェス・アンダーソン監督の独特の美的センス炸裂!

明らかにパペットなんだけど、芸が細かく犬達の仕草が超愛くるしい、所々出てくる悪役で出てくる猫達も可愛い。

英語、英語表記、日本語、日本語表
>>続きを読む

エンド・オブ・ザ・ワールド(2012年製作の映画)

3.6

3週間後に地球滅亡100%確定、ズルい救命宇宙船とか無しで、世界の皆んな'平等'に死ぬのよ?!

映画序盤、地球滅亡が決まった瞬間 人々が実際に取りそうな行動の描写とか映画的な設定は面白いかつそこそこ
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

口コミでの評判が非常に高かったのでハードル高めに設定して鑑賞。

・・・期待を超えることはなかったが、普通によく出来た王道のスポ根映画。
特にレスリング試合のシーンだけならば100点満点の出来!💯
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

映画全編 昭和の香りがプンプンして、目を伏せたくなる痛い描写のオンパレードだったけど、次の展開が気になって堪らなかった。
日本映画も面白えー!!
というか、こういう日本映画が観たかった。

松坂桃李、
>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.2

「 ナンシー・ケリガン襲撃事件」も覚えてないし、フィギュアスケーティングというスポーツにこれっぽっちも興味のない自分でもかなり面白い映画だった!

とにかく編集と音楽がキレッキレで、
迫力と見応えのあ
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.1

最高に泣けるディズニー・ワールドの観光映画だった!(半分嘘)

どこかドキュメンタリータッチで、これといった起承転結もないのに最後まで面白く緊張感持たせるストーリーテリングが斬新だった。

前評判通り
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

4.2

TV地上波にて。
公開当時3D鑑賞、そのあと豊島園でリバイバル4DX・立川で爆音上映など…計4、5回は観たが、
最新作「アップライジング」と比べると、前作ってやっぱり超宇宙名作だな〜!!w

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.3

前評からみて良作に間違いなさそうだけどテーマが重そうだから、ちょっと避けていたがやっと観れた。

感想は…映画作りと脚本的がものすごい完成度が高い訳ではなかったが、映画が扱っているテーマとそれを見事に
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

切ない「初恋」の映画(相手がたまたま同性なだけの)

ものすごい感覚的で官能的な作品。

別に4DXとかじゃないけど、映画に没入して夏の香り・美しい日差し・砂利道を走る自転車の感覚などが掴みとれそうだ
>>続きを読む

DOPE/ドープ!!(2015年製作の映画)

4.0

何となく「ムーンライト」的な、スラム街に住む黒人少年達が厳しい現実に突きつけられた暗くてシリアスな展開の作品だと勝手に想像して観たが、予想とは違って結構明るいテイストの映画だった。

次の展開が全く読
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.1

マーベル映画はさほどファンじゃないが、一応話題だから一通り観てはいる程度。

途中中だるみはあるものの、全編ハイライトのような映画だった。

こんなに個性的なヒーロー達がいっぱい出ているのに全員それぞ
>>続きを読む

フィツカラルド(1982年製作の映画)

4.0

やっと巨匠ヴェルナー・ヘルツォークの代表作が観れた。

後半は、密林を切り開きドデカい蒸気船を川から陸に揚げて山越えして別の川に浮かべる…という正にクレージー!そのもので、
想像を絶するジャングルで撮
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.4

イントロのJUMPから最高!
最近では久々に映画を観てドキドキしたー。

よく立川の爆音上映の際には上映後に拍手が起こるが、東京郊外の閑散な映画館で拍手を聞いたのは久々だった。

冒頭、初めてVRに入
>>続きを読む

潜入者(2015年製作の映画)

3.8

「ブレイキング・バッド」が好きだから借りて観た。

潜入調査映画は本当に胃に悪い。
(正体がバレたら即拷問&考える限りの酷い死に方決定)

潜入調査している捜査官ってマジ生きている気にならないだろ!
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.7

「レディ・プレイヤー1」が始まる前に観ておかなきゃと思い、急いで映画館へ。

ふーむ…、面白くないわけでもないけど、ちょっと物足りなく感じた。(好みの問題が大)

前作から10年後の設定だから仕方ない
>>続きを読む

オマールの壁(2013年製作の映画)

4.0

いい映画だった。出口が見えない辛い映画だったけど…。

最初はちょっとした青春物っぽいところもあったが、イスラエルの分離壁に別れたパレスチナ自治区に住む若者達の話だから映画全体的に不穏な雰囲気がずっと
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.2

大好きなスピルバーグ監督の硬派な社会派映画。
時代背景の知識が乏しいせいと、会社の株式公開(IPO)などよく分からない話しで、最初から置いてきぼりになりかけたが、
話しが進むに連れて徐々に話にドライブ
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.9

色々「雑」だったが、映画として面白かった。

ハリウッドが作ったロシアスパイ物で、'そんなことできる訳ねぇだろ!'などドンでも設定も多かったが、これはハリウッド製作ならではの思い切りの良さだと思う。
>>続きを読む

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界(2014年製作の映画)

3.8

H.R.ギーガーの晩年を写したまともなドキュメント映画で、派手で凄い面白い内容ではなかったが、不思議にも最後まで退屈せずに観れた。

絵を描く工程が見れてよかったし、特にエアブラシ捌きが見事だった!
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.3

完全に自分好みの映画だった!

まず画面構成が凄く映画的で、劇場の大画面で観て正解。

自分は善人で皆んな愛されるヒーローが大活躍する映画よりは、
皆んな嫌われているかもしれんが、頑固たる意志で何かを
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.2

国際線の機内サービスにて。
(適当な)前知識では障害を持つ子供を持つ家族の愛情がテーマの映画?くらいだったが、意外と子供同士の友情物語であった。

何よりも色んな人々のさまざまな視点を、映画でならでは
>>続きを読む

アナと雪の女王/家族の思い出(2017年製作の映画)

3.6

観ている間、時々日常を忘れて多幸感に包まれた気がしたので、まあまあアリだったかな。

そこそこ尺あったし、今年観た映画の本数に数えてもいいのかな...?

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.3

近年ピクサーの作品の中では1番良かったかも。

この世とあの世と境界を崩す、一見難しそうな話を無駄のない脚本で短いランニングタイムに上手く収めた手際と、死者の国のビジュアルイメージが圧倒的だった。
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.9

これは聖書からの引用かな?今のセリフと意味ありげのカット割りの真意とは?と頭をフル回転させながら監督の意図を汲み取ろうとしてる時、
「ダンケルク」の例の少年が「これは暗喩なんだ!メタファーって分かるだ
>>続きを読む

>|