babygrand

babygrand

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

郊外の某爆音上映で観たが、本当に爆音上映がぴったりの作品だった。

ある設定によって映画の最初から最後まで音楽が大音量で鳴りぱっなしでも全く不自然じゃない〜!!(°∀°)

エンディング近く'ふむ、果
>>続きを読む

ロボコップ(1987年製作の映画)

4.1

爆音リバイバル上映で鑑賞。

盲目的に昔の映画はいいー!じゃないけど、
本当に面白い映画は時代を超えるな。

ポール・バーホーベン監督のやり過ぎ感がちょうど良い。

ターミナル(2004年製作の映画)

4.0

トム・ハンクスが悲しげな表情で遠い所を見詰めているポスターから想像するになんか暗そうな映画だな…
と中々手が伸びなかった映画でしたが、お盆休みということで鑑賞。

鑑賞後、何で今まで観てなかったんだー
>>続きを読む

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016年製作の映画)

4.3

休みの日に早起きして鑑賞した甲斐があった。
ハリウッド製の映画ではなくチェコ・フランス・イギリス合作の映画のようだが、暗殺映画・戦争映画として一級品だった。

歴史の本で大まかなあらすじは知っていたが
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

最近マーベル系映画は話しが大きくなり過ぎて若干どうでもいい感がしなくもなかったですが、
今作のスパイダーマンはストーリーがしっかりと地に足が着いた感じがして好感持ちました。

やはり自分的には悪いヴィ
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.1

(少し誇張して)100年以上もある映画史のベストシーン100連発!みたいな映画。

映画ファンなら観て得した気分になれる作品。

「音楽」主体の映画だから自宅じゃなく音環境の良い映画館で観れて本当に良
>>続きを読む

ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男(2016年製作の映画)

3.9

エンタメ的にはそんなに面白くはない作品かも知れませんが、アメリカ史の勉強になりました。

「自由」は勝ち取るのものだなと改めて思いました。



※そういえば、よくアメリカの民主党=リベラル、共和党=
>>続きを読む

ローマの休日(1953年製作の映画)

5.0

子供の頃からテレビで何回か見たことあるが、映画館で観たのは初めて!
陳腐な表現ですが、スクリーンだと感動が桁違いました。 (;ω;)

去年観た「トランボ」のこと思い出したり、大分昔からヨーロッパでは
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.7

2年前映画館で観たが、かなりの部分覚えてないことにショック!

実況向けの映画だな、ある意味テレビ放送の方が楽しかった〜 (先週ジュラシック・パーク観ておいて良かった)

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.1

成功と供に長く連れ添った妻を捨てたり、真の創業者であるマック兄弟を裏切り店の権利を強引に奪い取ったり、ハンバーガー帝国を築いたレイ・クロックを非難するのは容易いこと。

しかし心の底には彼みたいに目標
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

4.0

近年のコーエン兄弟作は大抵観たが、やっと代表作が観れた。

絶対上手く行かないだろうな〜と思いながらも常に予想の斜め上へ行く感じでドキドキハラハラ面白かった。

おそらくアメリカでは低予算の部類に入る
>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

4.0

本当にボクシング映画にハズレなし。

主演のマイルズ・テラーは少しクセはあるが良い役者だと思った。あと「ハドソン川の奇跡」に続いてアーロン・エッカートが最高のパートナー役を演じている。

しかしそれに
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.9

正しく映画館で観るべき映画。

身動きが中々自由に取れない空間で怖い映像を観させられて、周りみんな知らない人なのに一緒に同じ空間で同じ映画を観るという不思議な感じを存分に味わえる作品。

共同体から孤
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.0

良い評判も悪い評判も聴いたので半信半疑で観に行ったが割と面白かった。

何より2時間ずっと緊張感を持たせる展開にスクリーンから目を離せなかった。

好みが分かれそうな例の結末も端からこの映画に「ゼロ・
>>続きを読む

パトリオット・ウォー ナチス戦車部隊に挑んだ28人(2016年製作の映画)

4.0

あまり期待せずに映画館へ行ったが、戦闘シーンのクオリティ高さにビックリ。

最後の戦闘シーンだけなら、最近観た「ハクソー・リッジ」の戦闘シーンと比べて引けを取らないくらい良かった。
特に迫って来る敵戦
>>続きを読む

ブリーダー(1999年製作の映画)

3.8

ニコラス W.レフン監督のドキュメンタリーを観てついでに鑑賞。

今や世界的な大スターのマッツ・ミケルセンがビデオショップの店員役で出演。
うだつが上がらない映画オタ役でもマッツさんはやっぱりカッコい
>>続きを読む

マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン(2014年製作の映画)

4.0

数年前、「ホドロフスキーのDune」をきっかけに「映画」の映画が好きになって、それに大好きなN.W.レフン監督を撮った映画ということもあって鑑賞

映画好きで監督業と映画が完成するまでの過程に興味があ
>>続きを読む

オンリー・ゴッド(2013年製作の映画)

3.5

「マイ・ライフ・ディレクテッド・バイ・ニコラス・ウィンディング・レフン」を観る前に予習として鑑賞。

(予想した通り)よく分からなかった。
しかしどのシーンも撮影美しかった。
嫌いにはならない映画。
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.2

自宅のソフトで何回か見ましたが、今回初めてスクリーンで観てやはり映画館では感動の大きさが違うなぁと実感しました。いい映画です。

今まであまり気にしなかった助演のケイシー・アフレックも「マンチェスター
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

3分の1時点までは話しは鈍重、所々前作の二番煎じに見え「悪い続編」の典型かな…思った。
が、しかしローマへ着いてから展開がスピーディーになり以降、怒涛のようなアクションのつるべ打ちだった。

映画の設
>>続きを読む

コーマン帝国(2011年製作の映画)

4.0

映画愛に満ちた映画ドキュメンタリー
なんだかんだで最後ジャック・ニコルソンの涙が全てを語る

コーマン先輩の数え切れない映画界に対する功績に感謝!

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.4

観ていて面白かったけど、何が面白いのかよく分からない不思議な映画でした。

去年ヨーロッパのあらゆる映画祭で賞を総なめ・・した割には(日本の)レビュー点数はさほど高得点ではない、、、のも分かるような気
>>続きを読む

エド・ウッド(1994年製作の映画)

3.8

今までジョニー・デップはちょっと苦手だったけど、超はまり役で凄く良かった。
映画撮るなんてホンマに大変だな〜。

映画愛に満ちた愛しい映画。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.1

映画冒頭父のDV、最後主人公が聖人になって昇天・・・メル・ギブソン監督の私生活と信仰に密接に関係が深い作品だなと勝手に思った。

前半ドラマパートはテンポよく進んでダレることなく観られたし、後半戦闘シ
>>続きを読む

ワルキューレ(2008年製作の映画)

3.6

戦争映画として衣装、美術はほぼ完璧。

しかし'この作戦はどうせ失敗に終わるんだよな、トムクルーズがいくら活躍してもな'的な心理状態が続いて映画にあんまり乗れなかった。
特に終盤は観ていてストレスが溜
>>続きを読む

マンハッタン(1979年製作の映画)

4.0

NY憧れの自分には堪らない作品だった。
ランニングタイムは割とタイトな方だが、色んな形の恋愛を十二分見させてもらった。

鑑賞中、時々ウディ・アレンの実人生がよぎってそれを映画と切り離すのに大変だった
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.9

映画「メッセージ」解説ポッドキャストでうっかりネタバレされて、結末は大まかに知っている状態で観たはずなのに、最初から最後まで画面に打ち付けられた。

本当に変な映画だったw(良くも悪くも)

ドゥニ・
>>続きを読む

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(2016年製作の映画)

4.0

この映画嫌いとおっしゃる方々の気持ちもよく分かります。僕はマダム・フローレンスの音楽への純粋な愛情に感銘を受けました。

一番グッと来たシーンは、フローレンスが不自由な手でコズメと一緒にショパンを弾く
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

3.7

予告編見る限りワン・シチュエーション物だし、最後まで持つかなと若干心配したものの案の定、中だるみしました。(正直、90分も長く感じました)

しかしこの映画は音楽で例えると小曲集のようなジャンルの映画
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.3

実は1ヶ月前に鑑賞。信頼できる映画通からは絶賛の嵐が絶えない作品だったが、自分にはイマイチ良さが分からず(モヤモヤした気持ちを晴らすため)予備知識を付けてから今日もう一回鑑賞。

いや〜いい映画でした
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.1

二年前映画館で観て'超よく出来ている映画だが普通だな'と思ったが、テレビで見返して二回も泣いた。

本当脚本がよく出来ている映画だなとつくづく思う。

セールスマン(2016年製作の映画)

4.0

確か今年のアカデミー賞で絡んだ気がして何の予備知識なしで鑑賞。

最初15分くらいまで退屈でちょいと眠気に襲われたが、話しが動き出したら眠気などぶっ飛んで面白さが加速していった。
多分主人公が演じる演
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.8

「ボーダーライン」が超好きで期待いっぱいで「メッセージ」を観に行きましたが、SFに疎いせいなのかイマイチピンと来なくて
この「灼熱の魂」がドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の最高作だという声が多かったので、今更
>>続きを読む

>|