中山公园さんの映画レビュー・感想・評価

中山公园

中山公园

J’aime beaucoup le cinéma.

映画(688)
ドラマ(27)

最初の晩餐(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

父の思い出の食事をきっかけに回想へとつながる構造が映画的で巧みだった。見終わった後、無性にソーキそばが食べたくなった。
出演者に関しては、シナリオ上やはり窪塚洋介演じるシュン兄が最も印象的。

反面、
>>続きを読む

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

-

腹ぺこのスクリーンが、うっかり近付いた観客の食欲と性欲を、歪な指で綺麗に掻き出し、むしゃむしゃと音を立てて平らげてしまった。

エンジェル ウォーズ(2011年製作の映画)

-

高1か高2の時渋谷で友達と見た。
女の子可愛いだけで、くそつまんなかった。笑

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

-

今回も死霊犬、死霊花嫁、死霊船長といつにも増して賑やかでした。💮

ただ一言だけ言いたい。

早く電気付けろよ!!!!!!wwwwww

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

初期作のようなガン決まりなシーンがこれでもかと味わえる幸せな2時間半。長尺だけど、エンドロールまでずっと心地良かった。🍹

P.S.「シャロン・テート殺人事件」については読んでおいてから見た方が面白い
>>続きを読む

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

-

長い割に演出もあまりさえず、少々退屈でした。

が、二階堂ふみ(胸)と、小栗旬の『カリギュラ』の時ぽい台詞(「残酷な神になった気分だ」?)は個人的に良かったです!!

こないだの『ダイナー』が良かった
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

-

初 三谷幸喜。
思ってたよりは面白かった。
伏線の回収が見事。

慎吾ママ出てたんだね。
あと西田敏行は体張りすぎでは?

アス(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

1本目の『shadow』に続き、分身モノでした〜👭


ぶっちゃけ訳分からなすぎて書けることがないんだけど、笑
金持ちになっても別荘は持ちたくねーなーとだけは思いました。🏡

SHADOW/影武者(2018年製作の映画)

-

陰と陽。沛と炎。刀と傘。主と影。

美術センスえげつなかった。ぜひ。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

-

手触りを感じる映画。

美味しいコーヒーを淹れて、あつあつのおにぎりを頬張りたくなる。🍙

ビーン(1997年製作の映画)

-

記録。学芸員という設定がしっくりくる。あっぱれ

トールキン 旅のはじまり(2019年製作の映画)

-

映画というより民放の特番ドラマみたいな感じ。もう少し指輪物語に触れて欲しかったなーという印象。💍

ワーグナーのオペラから着想を得てたとか、言葉の響きの面白さ(ゴンドール、エレンディルetc)とか発見
>>続きを読む

鉄道運転士の花束(2016年製作の映画)

-

脱力系クストリッツァ。

サーカスみたいなのを求めて行ったら、寂しい見世物小屋がポツンと一軒立ってるだけだった。

昨日に引き続き、不完全燃焼でござい。。🛤

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

-

ケーキに顔面つっこんで終わる映画初めて見た。😮🎂

なんだかな〜〜煮え切らない内容(笑)

TOURISM(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

映画は良かったけど、前の席のおっさんが雑音ヒステリック野郎で途中からそれどころじゃなかったw

まじであいつ二度と映画館来ないで欲しい!!!!!

帰り道声かけてきたガールズバーのメイドに癒されすぎて
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

5.0

これは大金星。よく撮ったな!
ぜひとも皆さま劇場で。


P.S.終盤の大事なとこで右目のコンタクトなくしたのが悔やまれる。。

ズートピア(2016年製作の映画)

-

ピクサーかと思ってたらディズニーだったのね。差別を描きたいてのは分かるんだけど、あまりにその描写にシーンを割きすぎてる気がして段々もういいよ、て感じになってしまった。

同じ動物モノなら断然、『Mr.
>>続きを読む

>|