Bさんの映画レビュー・感想・評価

B

B

映画(169)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 169Marks
  • 17Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

女系家族(1963年製作の映画)

3.5

ブラックコメディなんだ?!
えげつな!こわっ!がめつ!
という感嘆が何度も頭に浮かぶ。
きい強い女やなぁなんてレベルじゃなかった。
そして、上手、うわてが現れて、どんでん返しもありでかなり面白い作品。
>>続きを読む

二十四の瞳(1954年製作の映画)

3.3

かなり長編でかなりゆっくり。
歌もすごく多くてフルコーラスなのもゆったり、というか、ゆっくり過ぎて何日にも分けて観賞してしまった。

戦前戦中戦後と小豆島の田舎の教師大石先生の切なく長い半生。
前半は
>>続きを読む

耳をすませば(1995年製作の映画)

3.6

こちらが、こっぱづかしくなるほど甘くて純な雫と聖司の初恋ストーリー。

雫の団地の家の中とか雰囲気とか、お姉さんのしっかりしてるのにこうるさく見られてしまう損な役回りとか、坂の街、電車、図書館、猫なん
>>続きを読む

夏物語(1996年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかったやつ。
えっ!こんなラスト?!

ずっと海辺をウダウダくっちゃべって、島に行く行かないだののダラダラ散歩に付き合わされてきた。
そんな優雅な時間の映画。

私的には、どの女子も好きじゃ
>>続きを読む

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(2008年製作の映画)

3.7

コーラスラインも観たことなく、どちらかといえばミュージカルがあまり好きでは無かったけど、この映画はほんと良かった。
感動して連続観賞。
私が観たドキュメント映画の中でも一番グッときた作品かも。

他の
>>続きを読む

ウェイバック 脱出6500km(2011年製作の映画)

3.2

思ったほど悪くなかった。
実話ということで視聴意欲が湧く。

収容所からの脱走以後は飢えと乾きと寒さの過酷な旅がずっと続くが、仲間内での卑劣な裏切りや、途中から加わった女子へのレイプや、山賊に襲われた
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.2

初期の頃の作品とは毛色が違ってきた。だいぶ。脚本家が変わってるんですね。
子供が観て面白いかな??と思った本作。
私なら子供に薦めない。
おもちゃたちが愛に飢えた孤児達の様で暗くて楽観的なリズムじゃな
>>続きを読む

フリー・ウィリー(1993年製作の映画)

3.4

群れの家族から引き離され遊園地へと売られ、大事にされていないシャチのウィリーと、母親に捨てられた少年ジェシー。
設定がしんどいので観る気になれなかったが、結果的に観てよかった。
ラストはウイリーもジェ
>>続きを読む

アルフィー(1966年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

有名な名曲なんでしょう、そしてアーティストのTHE ALFEEの語源なんだそうですが、このしっとりした名曲に全くそぐわない人間的に厚みも何もない胸糞男アルフィーの話。

容姿スマートなマイケル・ケイン
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.3

えっ!これで終わりなんだ、というエンディングだった。
シュール過ぎるんだけど、これコメディ?家族の感動ドラマじゃないよね。 

フレンチアルプスの高級リゾート地なんで、絶景と素晴らしいパウダースノーの
>>続きを読む

ケープ・フィアー(1991年製作の映画)

2.9

なんだかラストに近づくにつれてどんどん浅いb級映画感が。
デニーロだから観たし、デニーロだから猟奇犯も品が損なわれなくて物足りない。

ヒッチコックみたいな独特な不穏さもなく、ドクターレクターみたいな
>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.3

実際の銀行強盗事件を元にした作品で、エンドロールでは数々のその後が記されていて興味深かった。
なかなか面白いサスペンスドラマではあった。
最後にいきなりアクションシーンが無理矢理はめこまれた感があった
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.4

モーガンフリーマンが演じ、実話に基づいているから良い。

南アフリカ元大統領マンデラさんの歴史的な事が分かるので興味深かった。
逆に言えは、南アフリカや、マンデラさんのことをある程度知っていないと駆け
>>続きを読む

10日間で男を上手にフル方法(2003年製作の映画)

3.3

乗り気なしで見始めたけど、意外と最後まで楽しめたのはケイト・ハドソンとマコノヒーがキュートだったからかな。

男に嫌われる女を演じるケイトと、なんとか10日間は恋人関係を維持して大口の仕事をものにした
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

うーん、残念。
中途半端でリアリティに欠ける箇所が多い。って言うかほとんど。
パワハラ、自殺っていうリアリティのある社会問題を扱ってるのに、そこをもっとちゃんと掘り下げて欲しかった。

ケチばかり付け
>>続きを読む

花嫁の父(1950年製作の映画)

3.6

これはカラーで見てみたい!
この映画は、もっと評価高くてもいいと思うし、リメイクのコメディ映画「花嫁のパパ」より私は断然スペンサー・トレイシーのこっちの方が好きだ。

品のないコメディは全然無し。
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.2

ペンタゴンペーパーズからウォーターゲート事件で最後終わっていく感じ。 
はっきり言って、その辺の歴史はほとんど知らなかったが、スピルバーグだからか、トムハンクス、メリル・ストリープだからか、最後まで興
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

韓国映画って救助隊長の様な正義感熱いおじさんキャラいるなぁ。
この救助隊長しか、本当に救助しようと行動を起こす人が、映画内でも現実でもいないんじゃないかと思った。

感動ものでもなく、熱いヒューマンド
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

あー、なんかどんどん興醒めしていった。
厳しい女子目線のネタバレレビューです。

最初は老化したプロレスラーの、別に悲惨でも過酷でも可哀想でもなく、悲哀と孤独な生活を淡々と見せてくれ、しょぼくれ具合が
>>続きを読む

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

3.2

スコアが意外に高くないのが不思議。 万人受けしそうな映画だから。
少年マークと、特に母親もうざくて二人とも可愛げないのが、いまいち感傷にひたって観ることが出来なかった。
スーザン・サランドンがいい味出
>>続きを読む

レインマン(1988年製作の映画)

3.5

これ見よがしな感動も、派手な結末もないのがまた良い。これこそ良質な映画だなあと。
ちょっと古臭いのがもったいない、現代版を制作したらまた当たりそう。

やんちゃなチャーリーはハンサムなトムクルーズにピ
>>続きを読む

ボビー・フィッシャーを探して(1993年製作の映画)

3.3

実話。
ボビー・フィッシャーその人の写真が度々織り込まれるのが絵的にちょっと見辛かった。
全く知らないから。ググってみると、IQずば抜けてるわ、日本人の内縁妻がいたり、両親ユダヤ人なのに反ユダヤとか失
>>続きを読む

君のためなら千回でも(2007年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ映画なんだ。
地味で華はないが、日本から遠く離れてるアフガニスタンやそこの人種について感慨にふけさせる、なかなか良質な映画。

前半は子供時代の複雑な様相をじっくり見せてくれ、後半はタリバンも
>>続きを読む

サイダーハウス・ルール(1999年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

最初は孤児院の描き方が悲壮感出さずで、見やすい異質な映画だなあと。あとトビー・マグワイヤののほほんぼんやり感もストーリーに興味を持たせてくれた。

でも中盤位からどんどん違和感が出て、登場人物達に嫌悪
>>続きを読む

とらわれて夏(2013年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

ケイト・ウィンスレットの不安定で無表情で、人を避けてる頑なさや、脱獄犯は実は良い人かも?だけど凶悪さが出てくるのでは?と思わせる不穏な冒頭出会いの静かな始まりは非常に良かった。
しっとりして情緒的な物
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

これは製作側は毒親とヤングケアラーだとしっかり認識して作ってるんだろうか。
もし、ハンディを背負った家族の愛としてただ放出してるんだとしたら神経疑う。

観賞中フィクションである事でなんとかきを落ち着
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のハイテンションからもう無理で、おばさん3人のアバを見なくちゃダメかなと。
シングルマザーとその娘をこんなにコミカルにおちゃらけて描くことになんか賛同しづらい。
白馬に乗ったかのごとく会ったことも
>>続きを読む

ミュージック・オブ・ハート(1999年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ハーレム、子供たち、未経験のバイオリン、カーネギのラストと感動要因満載のはずなのにいまいちだったのは主役ロベルタに魅力感じなかったから。

厳しい、スパルタは習熟していく上でのスパイスになるけど、彼女
>>続きを読む

ザ・コミットメンツ(1991年製作の映画)

-

スコア高いんだなぁ、私にはついてけないノリだった。途中からBGMとして流し見

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

2人の名前と映画のタイトルだけは何かしら聞いたことがある。
実在のボニークライドの所業を映画を通して知り観たわけだけど、一体どういう気持ちで観ればいいのやら。
私が10代だったら怖いものなど何もなく世
>>続きを読む

牛泥棒(1943年製作の映画)

3.6

とても心にズシンと響く映画。

"人間から良心を取ったら何も残らない。
法とは正義や善悪についての人間の英知、人間の良心そのものであり、良心がなければ文明など育たない。"
そんな事意識して考えた事もな
>>続きを読む

ドリーム ホーム 99%を操る男たち(2014年製作の映画)

3.3

サブプライムローンで破綻した家庭をマイホームから退去させる。
不正な事も行いドン底から這い上がって立場を逆転させ、枕を高くして寝れなくり、精神的に追い詰められていく主人公。
ガーフィールドの終始憂いを
>>続きを読む

戦場にかける橋(1957年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

ラストあんな曲で終わっていいの?
すごい虚しさの溢れたラストなのに、
元気いっぱいって曲で締め括られたから拍子抜け。

日本の捕虜になって、過酷な支配下で橋を作らせられるイギリス捕虜。
軍人らしい姿勢
>>続きを読む

ドリフト 神がサーフする場所(2012年製作の映画)

3.6

これはなかなか良い!!
海とサーフィンの絵がとにかく素晴らしい。
そして、兄弟のイケメン顔と兄弟愛とサーフィンがまたカッコイイ。
サーフィン、貧乏、トラブル、流れ者DJの存在感、大麻等
実話に沿ったス
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ルース・ギンズバーグの半生だと楽しみにしていたのに、はっきり言ってつまらなかったかな。
申し訳ないが、脚本とフェリシティ・ジョーンズがあんまりかな。ナタリー・ポートマンを起用したかったそうだけど。
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

-

オチを知って、低評価レビューを読んで私もダメだろうなと思って途中でやめた。