shinjiさんの映画レビュー・感想・評価

shinji

shinji

映画(89)
ドラマ(0)

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.8

結構面白かった!
最後まで何が嘘で何が本当なのかわからず、楽しめた。
ただ火炎瓶の威力が腑に落ちない。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.2

久しぶりの再鑑賞。
最新作ジョーカーを観て、もう一度観たくなって鑑賞。

やっぱり面白い。
ヒースレジャーのジョーカーはやっぱり最高だと思う。

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

素敵な映画だった。
キーラナイトレイの歌声も綺麗で素敵だった。
恋愛的な要素の落としどころは曖昧でよく分からなかったけど、全体的に気持ちの良い雰囲気に包まれている。
音楽ってやっぱり素晴らしい。
音楽
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.8

狂気の映画。
ホアキンフェニックスの演技と迫力に圧倒されっぱなしだった。
音楽・音響・効果音が最高に良くて、この映画を形作る重要な要素になっていると思う。

新たなジョーカーの誕生。
まさにその通りだ
>>続きを読む

ブリムストーン(2016年製作の映画)

3.8

悲劇の映画。
見入ってしまった。
あっという間の2時間半。

第1〜第4まで、4つの章に分けて構成されていて、過去を遡るように物語が進められていくのがまた良かった。

面白かった。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

たいして期待しないで観たけどめっちゃ面白かった!
自分の感想や言いたいことは他の方が書いていたので省略したいと思います。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

何を書いていいのか…
まぁ最後の15分くらいに詰め込んだ感じ。
個人的に期待してた分ちょっと残念。

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.2

普段忘れがちだけど、今日を生きたくても生きられない人達がどれだけいることか、それを思い知る。
ずっと死と隣り合わせで生きてきて、自分の死を目前にしても、やりたいことすら出来ないのはとてもつらい。
偽善
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

ちょっと重い内容になってるけど、面白かった。
前作を観ていなくても楽しめると思う。

ビリー・リンの永遠の一日(2016年製作の映画)

3.0

兵士もまた戦争の犠牲者であると感じる。
戦争によるPTSDや悩みなど、ほとんど戦争とは無縁の日本人には理解できないものだと思うけど、これが現実に起きてる問題なのだと思う。

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

4.2

最後のポール・ウォーカーの回想シーンは本当に泣ける。

see you again はやっぱり名曲。最高。

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.6

面白かった。
カーアクションを含め、全体的に勢いがすごい!シャーリーズ・セロンとトム・ハーディがカッコイイ。

ハートビート(2016年製作の映画)

3.2

青春ダンス映画。
内容的には、コンクール大会に出場して賞金獲得を目指すという、ありきたりなストーリー。
駅のホームでいきなりダンスバトルが始まったり、パブで急にダンスが始まったりするところは常識的に考
>>続きを読む

ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン(2005年製作の映画)

5.0

50centの半生。
ヒップホップ界のカリスマ“50cent”の劇的な人生を映画化した伝記。

大好きなhiphopアーティストのひとり。

hiphopや50centを知らない人でも普通に面白いと思
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

2.5

ゴジラが気持ち悪い。
エヴァンゲリオン色が強すぎる。
昔のゴジラ映画の面白さとは比べられない。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

話題になりすぎて敬遠していたけど、面白かった。伏線の回収も見事。

新しい映画の形。

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

映像美、カメラワークに感動した。
そしてディカプリオの演技と大自然の映像の迫力に圧倒された。
台詞が少ない印象。その分、映像にすべてが詰まってるような感じ。

これはアカデミー賞でも納得。

フューリー(2014年製作の映画)

4.5

戦争映画の中でも、珍しく戦車での戦いを中心に描かれた作品。
メインとなる5人がそれぞれ個性的で、存在感が際立っていた。個人的に戦争映画の中でもかなり上位にくる程の面白さ。
マジで好きな映画。

悪の教典(2012年製作の映画)

2.5

原作小説の方が数倍面白かった。
映画化されたことはいいと思うが、原作に劣るので残念。

アバター(2009年製作の映画)

3.5

10年ほど前のクリスマスに何故か男2人で映画館で鑑賞した思い出の映画。
当時最新の3Dで観ましたが、上映時間も長く正直疲れた記憶が。
でも映像は綺麗だし、面白かったです。

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.8

歌はとてもいい!
ただ、内容的には少し物足りなさを感じた。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

2.8

元々ミュージカルは苦手なのですが、世間からの評価が高いので観てみました。
でもこの作品はフルミュージカルすぎてダメでした。全然内容が入ってこない。残念。

>|