実験4号さんの映画レビュー・感想・評価

実験4号

実験4号

映画(171)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.9

陳腐な表現で恐縮ですが、英国版大奥、ですね。
怖くて美しくて面白かった。

最初はアビゲイルに感情移入して観ていたのに、終わってみると、サラに肩入れしてしまっている。自分の感情を監督に手玉に取られてい
>>続きを読む

ヴィクトリア女王 最期の秘密(2017年製作の映画)

2.9

面白かったけど…やっぱりそこは顔なのか!
にしても、こんな小説みたいなことが実際にあったのか、と。

一緒に行ったインドの人は可哀想すぎた。そりゃインドに比べて、イギリスは寒いよね。

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

3.0

(個人的にこの間行ったばかりの)シンガポールが舞台で、えー!あの場所でこんなことが!!!的な見方ができて興味深かった。知っている場所がいっぱい出てきて楽しかった!
怪盗キッドが登場するストーリーは個人
>>続きを読む

Extreme Job(英題)(2018年製作の映画)

4.5

機内で見るのに適当に選んだつもりが、超面白かった。
なんなの、これ!
全然情報なくて見たんだけど、じわじわおかしくて、すごく楽しかった!!!
韓国で興行ナンバーワンなんですね。
日本で公開されるとした
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

2.0

全然乗れなかった。
建物とか景色とか好きだったけれど、主人公も含めてビルナイ以外の登場人物誰一人好きになれなかった。
田舎の村社会本当に嫌い。
あんな意地悪な片田舎に固執する必要もなかったし、本当に理
>>続きを読む

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

3.4

ドイツは絶対に通りたくない、ポーランドという国名は口にしたくもない。想像を絶する体験がそこにある。

過去の辛い出来事を差し引いても余りある偏屈なオヤジだし、娘には変に意固地になっちゃったりしているの
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.5

面白かった(と言ってしまうのはためらうけれど。背景にあるのは戦争であり、内容は非常に残虐さを伴うのだから)。

馬子にも衣装というか、人は外見で作られる、というか。
そもそも、主人公は度胸があって、頭
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.2

超豪華な俳優陣、キレッキレのオカダのアクション、楽しめました。
でも、前半はちょっと長かったかな。途中飽きた。

オカダのネイティブの関西弁が聞けたのは嬉しかった。

ちょっと安田顕が美味しすぎる役だ
>>続きを読む

オンネリとアンネリとひみつのさくせん(2017年製作の映画)

3.7

絶対の安心に包まれた映画。
オンネリとアンネリがすっかり大きくなっていた。二卵性の双子か?と思うくらい同じような大きさになっていることにびっくり。どちらかがものすごく背が高くなっていたり、どちらかがガ
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

4.1

すごくよかった、というわけではないのだけど、すごく大切なことを改めて教えられたという意味で、とても大切になりそうな作品です。
一日一日を大切に、一期一会、人と過ごす時をどんな時も雑に過ごさないようにし
>>続きを読む

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.0

熊谷守一が好きなので楽しみにしていました。
ちょっとファンタジーになってしまったのは、うーん、ちょっと残念。そういうのを望んでいたわけではないのだけど。

冒頭の昭和天皇、まさか昭和天皇と思わず、観な
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.4

遅ればせながら観ました。
ヒットしただけあって、やはり面白かった。

ただ、冒頭のカメラワークには酔った。(観た方はおわかりでしょうが、魅了された、ではなく、文字通りのカメラ酔いです。)

何を書いて
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.0

女優 安藤サクラがすごい!という作品でした。

概ね面白かったけれど、もう少し尺が短くてもよかったような。
中だるみ(失礼!)したあたりに池松壮亮が出てくるのが一服の清涼剤です。

是枝監督はカメラワ
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.6

可愛いピカチュウ観たいだけで行きました。
もー可愛さ最高すぎる!ヤバいでしょー。
ライムシティに住んでピカチュウをパートナーにして暮らしたいです。
いい大人が何言ってんだって感じかもしれないけど。
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.8

この物語がある程度実話であり、なおかつ、結構な最近の出来事であるということに驚いた。

生理用品の進歩は(少なくとも)日本国内においては、めざましいものがあると思っていたし、お隣韓国の生理用品だって日
>>続きを読む

Mermaid Unlimited(英題)(2016年製作の映画)

-

韓国版『あまちゃん』というか『ウォーターボーイズ』というか。
普通に面白かった。

英語字幕で見たのでスコアなし。

怪しい彼女(2014年製作の映画)

-

各国でリメイクされたヒット作のオリジナル版。ベトナムリメイク版を観ていたので、展開はわかっていたのに、機内でありえないほど号泣してしまった。
もう、なにもかもがいい!!!!
見てない人は絶対に見て!
>>続きを読む

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

2.9

まあ、想定内に収まるストーリー展開。
芸達者な役者さんがいっぱい出ているのでそれなりに面白いけど、映画館で観るよりは機内でちょうどよい感じ。
退屈はしないです。短いし。

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

-

ものすごくエンターテイメント性の高い作品なのにこの重さは何だ。歴史の一部分を切り取った作品だからだろうか。
あっと驚く展開は韓国映画ならではの疾走感なのかも。

英語字幕で見たのでスコアはなし。

リンドグレーン(2018年製作の映画)

-

リンドグレーンが大好きなので、機内でこの映画を見つけたときにはちょっと震えました。
大好きを公言してるくらいですから、彼女のこの過去は知っていました。
でも、事実を知っている、ということと、実際に起こ
>>続きを読む

Intimate Strangers(英題)(2018年製作の映画)

-

イタリア映画の『おとなの事情』の完全リメイク。殆ど忠実なリメイクで、返って、リメイクした必要あるんだろうか?とちょっと思ってしまった。
まあ、イタリア人より韓国人が演じている方が同じアジア人としては感
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

2.9

テレビドラマシリーズがとても好きだったので、劇場版もコンプリートできてよかった。

職場での結婚式シーンは、こんなに大勢が一気に中抜けしていて仕事大丈夫なのか?とか無駄なことを思ってしまった。

消去
>>続きを読む

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

2.7

普通に面白く見れました。
機内で見るくらいがちょうどいい感じ。

マスターは結局、近未来でも独り身なのかしらん、とか余計なことを思ってしまった。

悪い人が一人も出て来なくて、この不思議な仕組みがあた
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.3

観に行こうと思っているうちに上映縮小になっていて時間が合わなくなってしまったので、機内で拾えてよかった。

観に行こうと思っていたのはニノが好きだからで、内容的にはあまり期待していなかっただけに、面白
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.0

原作を読んでいたので、観たかった一本。
原作より踏み込んでいるし、設定はちょっと盛り込みすぎている気はした。

気持ちはわかるけど、実際には人としてやってはいけないことってある。それを眼前(スクリーン
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.6

めっちゃ怖かったけど、超面白かった!!!!

松坂桃李ってこんなかっこよかったっけ?って見惚れてしまった。好きになっちゃいそう。いやー、悪役もできるし、いい奴も熱い奴もできるし、ダメだったり弱かったり
>>続きを読む

家族のレシピ(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

今月末にシンガポールに行く予定なので予習のつもりで観に行った。斎藤工×シンガポール+料理の話、くらいの知識だったので、松田聖子が出てきたときは本当にひっくり返りそうなくらいびっくりしてしまった。
記憶
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.0

面白かったけど、もっと軽いノリの映画だと思っていたので、観終わったらがっくり疲れていた。
途中のハラハラドキドキ感はシャレにならないし、登場人物たちの環境の違いによるそれぞれの抱える事情など結構シリア
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

2.9

うーん、面白かったけど、まあ、想定内だった。

ダコタ・ファニングがすっかり大人になっていて驚いた。

『スター・トレック』を知っていたら、もっとずっと楽しめたと思う。
(自分は登場人物の外見くらいし
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

3.2

先に観た友だちがみんな「寝た」と言うので全く期待しないで観たら(失礼!)存外面白かった。

サリンジャーはそれこそ10代に読んでその時は全くピンと来なかったクチだけど、こんな風に傾倒しちゃう人がいっぱ
>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2017年製作の映画)

3.6

原作が伊坂幸太郎ということで(未読ながら)着地点は大体わかっているので安心して観れた。
日本版を観ていないので、ぜひ、観て比較したい。

冷静になってあとから考えると何人もの人が理不尽に亡くなっている
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

全てPCの画面内で起きている出来事として見ると、ものすごく非現実的で、例えそれが悲劇的な出来事でもいくらか薄くなって見えるという不思議さ。

斬新な発想の映画だけれど、事件は二転三転してゆくので、アイ
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.3

このところ、アメリカの法廷モノのドラマばかり見ているけれど、あれは超都会での洗練された毎日で、同じ国の中でこんなにも環境の違うところがあるのか、これがアメリカなんだなあ、と改めて思う。
以前に観た『ペ
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.2

ものすごく面白かった!
ただ、自分はレバノンのことを知らなすぎた。現状も歴史も民族も宗教も全部知らなすぎた。
それでも、この国や地域に生まれて、説明のつかない、自分でもどうすることもできない感情がそれ
>>続きを読む

運命は踊る(2017年製作の映画)

2.9

思っていたより面白く観れた。
ヘブライ語とはわからず、時々ドイツ語が混じったりしたので(単に似た発音の単語があるだけ?ドイツ語もよく知ってるわけではないので、その辺はわからないけど)何語で話しているん
>>続きを読む

君の結婚式(2017年製作の映画)

-

気軽な学園ラブコメと思いきや、結構長い期間の2人の季節を描いたほろ苦くてせつない作品。
こういう韓流ストーリーもあるんだなあ、というのが正直な感想。
日常を描いた作品なので、映画館の大スクリーンでなく
>>続きを読む