苦労人バーグさんの映画レビュー・感想・評価

苦労人バーグ

苦労人バーグ

二〇一八年より、再鑑賞も含めた備忘録

映画(420)
ドラマ(0)

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

-

シャマランが常に描いてるあるテーマを今回はこれまで以上にわかりやすく提示している

こんなアプローチでこんな感動作に仕上げちゃうのすごい ご褒美だよね

温かな傑作だと思います

聖なる酔っぱらいの伝説(1988年製作の映画)

-

恥ずかしながらオルミは初

撮影も演技も素晴らしいね
随所にある、光が差し込んでるシーンが印象的なのだが、なんとも幻想的で夢のよう

多分夢なんだなあ

ジーパーズ・クリーパーズ(2001年製作の映画)

-

ホラー好きだからといってなんでもいいわけじゃねえんだわ

がっくしくるラストは見もの

28週後...(2007年製作の映画)

-

やはりサントラがカッケえ
なぞにキャストがビッグネームだらけなのもいいね

ザ・フライ2/二世誕生(1988年製作の映画)

-

数年ぶりに再見

フランクダラボンが脚本に参加と特殊メイクの凄みが相まって、大傑作に仕上がってる

ラストがエモすぎる 大好き

近松物語(1954年製作の映画)

-

磔の刑のマジ怖演出があってこそ、ラストが恐ろしく、切ない

ノスフェラトゥ(1978年製作の映画)

-

なんと官能的で美しい映画だこと

やっぱイザベルアジャーニ綺麗だけど怖いわ
ヘルツォークの画ってNHKぽいよねえ

>|