mさんの映画レビュー・感想・評価

m

m

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

3.0

映画としては好みではなかったけど、生活保護というと不正受給ばかり注目され、捕捉率の低さはスルーされるこの自己責任論社会で、こうしたテーマを扱うこと自体にとても意味があると思った。今もコロナ禍で災害時と>>続きを読む

逃げた女(2019年製作の映画)

3.6

「はちどり」のヨンジ先生と「お嬢さん」の秀子様の共演は私得すぎた。ありふれた日常会話だけで素敵な映画撮れるんだな〜!
フラフラしてて周りの言動に流されがちなガミが今後何を思いどう動くのか気になる。 も
>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

4.3

最初から最後まで衝撃的。テーマから映像美術まで、めっちゃ好みの作品だった。タブーを躊躇なくぶち破っているところに潔さを感じる。
本人の苦しみも周囲の偏見も、ピンクやラベンダーで統一された非現実的な美し
>>続きを読む

君は永遠にそいつらより若い(2021年製作の映画)

4.5

決してキラキラした青春では無いけれど、こんな学生生活も憧れる。同じ大学生として、このグダグダ感も、全てが中途半端に上手くいかない感じも、全部分かるよ!と心の中で叫びたくなる。ホリガイとは希望する職種も>>続きを読む

この世界の(さらにいくつもの)片隅に(2019年製作の映画)

5.0

一見別々に見える1個1個のエピソードがすずさんや周りの人に影響し、それがさらに他のエピソードに影響してと言うような形で物語のひとつの核が作られているような作品だから、「リンさん」というたったひとつのエ>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

3.3

いかにも外国人が好きそうな日本〜て感じだけど、そういうステレオタイプな日本の演出って普通にかっこよくて私も好きなので純粋に楽しめた。ストーリーよりは映像重視な感じだけど、強い女×女物語に仕立て上げられ>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.5

ホラー大嫌いなのに恐る恐る観てみたら、私の苦手な類いのグロさではなかったので思ったよりいけたものの、ずっと頭痛くなるような胸につかえるような生理的に受け付けない気持ち悪さがあってしんどかった。ただあの>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

やっと噂の金田バイクを観れた!
とにかく映像と世界観と音楽がクセになる…。
当時見たらものすごい衝撃だったんだろうと思うけれど、何せ現代のドラマやアニメ、映画に影響与えまくってるせいで、今見るとむしろ
>>続きを読む

朝が来る(2020年製作の映画)

4.5

原作が大好きだったので映画の方は少し身構えながら観始めたけれど、ドキュメンタリーのような空気感や演出、光がふんだんに使われた映像が作品によく合っていて、むしろ原作超えでは?と思うほどの完成度だった。過>>続きを読む

夜明け(2019年製作の映画)

3.0

人と人との結び付きやそれぞれの感情の動きが生々しくて好きだった。
ただそれぞれのバックグラウンドやテツさんとシンイチの関係性の変化をもう少し深堀りして欲しかった…。
周囲を信頼できないのは仕方ないとし
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.0

ストーリーが二転三転して面白いのはわかる。わかるんだけど、やっぱり韓国作品特有の大袈裟な演出や演技が苦手だった。特に貧困の描き方があからさまだし、人物の感情や行動、その動機もあまりに単純、わかり易すぎ>>続きを読む

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

2.5

精神病棟という設定やジメジメとした空気感はすごく好みだったけど、、。
前提として閉鎖病棟の割にセキュリティガバガバなのが気になりすぎて、この映画の本テーマについてどうこう考える段階まで至れなかったのが
>>続きを読む

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

4.2

うーん難しい。
登場人物たちはまだ10代なのに、ほんのひと押しで簡単に命を落としてしまえるほど限界状態にあって、それも何人かは大人にいいように扱われてきた被害者であることがとても闇深い。ここまで壊れて
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.0

赤髪の江口のりこがタイプすぎて、途中からすみれさんに気に入られてるテルちゃんいいなーとか思ってどんどん共感できなくなってしまった笑
マモルもクズだけど、それよりもテルちゃんのホラー並みの執着心が際立つ
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.2

今どきの学園モノって感じでめっちゃ好き!ちょっと「sex education」と同じ匂いがした。
「glee」みたいなはっきりしたカーストがないのが新鮮で、イケてない子も個性強すぎる子もそれぞれ学校内
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

5.0

人生で一番好きな映画をスクリーンでしかも4K版で観ることができるなんて…。泣きすぎて考えすぎて放心状態になってしまった。
戦争や日本軍の狂気性だけでなく、人間の弱さと優しさ、文化の違い、武士文化、人生
>>続きを読む

僕が跳びはねる理由(2020年製作の映画)

4.8

本当に観てよかった。
東田さんの言葉を通して、様々な文化圏で暮らす自閉症の方々の世界を想像することで、文化が違えど共通する部分があることとそれだけでは一括りにできないそれぞれの個性があること、そしてそ
>>続きを読む

彼女(2021年製作の映画)

1.5

邦画はマイノリティを扱うことの意味を真剣に考えてほしい。もやもやが収まらない。原作は評判いいのでそっち読むべきだったな…。ところどころいいセリフ、いいシーンもあったけど酷い部分が多すぎた。
まず主人公
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

5.0

久しぶりに沼る映画に出会えた。もう好きが止まらない…。
過激さやエロ、ドロドロした騙しあいやどんでん返しの面白さという要素に純愛、そして男性社会からの女性の解放という社会的なテーマが融合した新感覚の映
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.0

アリシアヴィキャンデルとデインデハーンは、顔の系統とか雰囲気が似ているからなのか、とにかく2人並んだ時の画面の美しさが半端なくて見とれた。
まず「チューリップバブル」というものがあったことを知らなかっ
>>続きを読む

ミスエデュケーション(2018年製作の映画)

4.0

この作品は、同性愛をテーマに扱った作品にありがちな、ドラマチックな演出や悲劇的な演出がほとんどなく、淡々とドキュメンタリーのように施設での生活やそこでの人間関係に焦点を当てているのが良さであり、反対に>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.7

今監督作品の中で一番怖いと聞いていたので、ビビって観れてなかったけど、なんというか怖さよりも悲しさや切なさが残る作品で、個人的にはパプリカと並ぶくらい、もしかしたらそれ以上に大好きな作品だった。なぜも>>続きを読む

ロッタちゃん はじめてのおつかい(1993年製作の映画)

5.0

小さい頃大好きで、今も細部まで鮮明に覚えてるくらい狂ったように何度も何度も観てた映画。
北欧映画でしかもクリスマスと復活祭が舞台になっているので、インテリアも服装も豪華で全部が可愛い💭
当時はロッタち
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.7

本気で女の子を落としにかかるケイトブランシェット様は恐ろしいってことを証明する映画ですこれは🤦🏻‍♀️私的にはケイト様とルーニーちゃんっていうキャストだけでもう100点満点です◎
個人的には、「美しい
>>続きを読む

Cowspiracy: サステイナビリティ(持続可能性)の秘密(2014年製作の映画)

4.4

もちろん誇張されている部分はあるにしても、大筋は事実なんだろうと思う。
畜産に限らず、私たちが普段様々な商品を安価で大量に手に入れられる背景には様々な犠牲があることは誰もが何となく分かってはいるものの
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

4.5

「on fire」というタイトル通り、タバコ、ろうそく、暖炉、焚火など、火が二人の心情を象徴する役割を果たしていたのが印象的でした。この作品に出てくる火は恐ろしさや危険さを忘れるほどに美しく、特に二人>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.4

これをみると「君の名前で僕を呼んで」はかなり特殊な環境だったことに改めて気づく。2人ともそれなりに裕福で、生活にゆとりがあり、両親の理解もある。さらに時間と空間が限られているために二人の間に邪魔が入り>>続きを読む

Daughters(2020年製作の映画)

4.3

こういう女×女作品を欲してた。男と結ばれることだけが女のハッピーエンドじゃない。こういう作品もっと増えてほしい。
まずなんといっても映像美に心奪われる。色使いも構図も撮り方も全てがどタイプすぎた。アー
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.7

日本のLGBT作品は価値観が古いのも多くてなかなか安心して観れないけど、これは期待を裏切らない作品だった!
CMBYNに通ずるものを強く感じる。
ラブシーンも腐女子ウケを狙ったものではなく、2人の心情
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.8

圧倒的"観る麻薬"。なんでか分からないけどとにかく大好きで崇拝してる作品。インセプションもみたけどやっぱりパプリカが好き。映画館で観れて大感動だった!
この大胆な色使いと頭がやられるような世界観が中毒
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

3.9

今敏監督にしては、毒がなくて優しい作品と言われてたけど、ほんとにその通りだった笑 ほかの今敏作品みたいに狂気的なシーンがないのがなんか不思議な感じ。
メインの3人はホームレスというだけでなく、過去にそ
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.2

一見親切で常識的な家族に見えるが、物語が進むにつれ「何かがおかしい」という違和感を抱かずにはいられなくなるような演出がおもしろかった。
特に黒人の女メイドさんの演技がなんともいえず不気味で、登場シーン
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

4.0

やっぱり今敏×平沢進の作品が大好きです。
色んな映画の場面にコロコロ切り替わっていくから、どこからが千代子さん本人の話でどこからが映画の中なのかがわからなくなってくる感じがたまらない。平沢進の不思議な
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.2

ヨンジ先生があまりに素敵すぎました。最初のタバコ吸ってる後ろ姿をみたらウニじゃなくても惚れてしまうんじゃないかってくらい。出演シーンはそこまで多くないし、大事なキャラクターでありながら「漢文塾の先生だ>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.8

観ると元気になれる大好きな映画。
音楽は人を救い、人と人を繋ぎ、人を変える事が出来る。改めて音楽のパワーってすごい!と思える。街で演奏するシーンも、2人で音楽聞きながら夜の街を歩くシーンも大好き。何気
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.6

もっと明るい気持ちになれる系かと思ってたけど、意外と考えさせられる。
自分がまだ10代なのもあってあんまりピンとは来なかったけど、フランシスの謎の能天気さとポジティブさに元気もらった。フランシスの恋愛
>>続きを読む

>|