baraさんの映画レビュー・感想・評価

bara

bara

映画(121)
ドラマ(11)
  • List view
  • Grid view

ウォルター少年と、夏の休日(2003年製作の映画)

5.0

荒唐無稽なおじさん達の昔話。最後の最後でキレイに伏線が回収されるのがいい。
偏屈なおじさん達が少年と仲良くなっていく過程も素敵。
とっても大好きな映画。

真夜中の弥次さん喜多さん(2005年製作の映画)

4.5

長瀬と七之助のキスシーンに衝撃を受けすぎて当時何度も映画館に行き、DVDを予約した記憶。

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

4.3

挿入歌「そばにいて」が名曲すぎて何度聴いても泣ける。
こんなおとぎ話もアリ。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.0

過去へのタイムトリップ。出会えるはずのない小説家たちとの出会い。
パリはどの時代も美しい。

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

妻のために生理用品を手作りして、さらにインド全体の女性を救った夫。
ちょっと研究熱心すぎてデリカシーがなくなっちゃってるけど、それだけ純粋で公平な目を持ってたってことなんだよね、主人公は。
でも周囲の
>>続きを読む

KESARI ケサリ 21人の勇者たち(2019年製作の映画)

3.8

意外と前半は、笑える部分とか、チームとしての絆が出来ていくみたいな部分があって、おどけるシーンもあってよかった。ちょっと踊ってくれたし。
後半のアクションシーンが熱い!
スローになった時の、どこで止め
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(2019年製作の映画)

4.6

本当に面白かった!
ジオウのまとめとしても、平成ライダーのまとめとしても大満足。
コメディ要素の詰まった前半と、ジオウの真相がわかる後半、そして胸熱クライマックス。
自分が生きた平成という時代をも肯定
>>続きを読む

シークレット・スーパースター(2017年製作の映画)

4.5

とにかく少女が歌うごとに泣き、曲がかかるごとに泣き、母との絆に泣いた。
歌手になりたい少女。その夢を叶えるだけの天才的な歌唱力もある。認めてくれる大勢の人たちがいる。なのに、その夢を阻むたった一人の存
>>続きを読む

パドマーワト 女神の誕生(2018年製作の映画)

4.9

美を浴びるという表現がこんなに似合う映画はない。
映画館の大画面で、壮絶なまでの美を浴びる。

プロメア(2019年製作の映画)

5.0

最高に決まってるでしょ!!!

グレンラガンもキルラキルも見たことなくて大丈夫!!隠しキャラとかいないから安心して見に行って!!
グレラガとキルラキル見たことある人は「いつもの監督と脚本家の作品だわ」
>>続きを読む

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

普通のインド映画だと思って見に行ったら英語話し始めたので、あれっ?と思った。
インドの発音の英語は、ダ行の発音が目立つ気がしてかわいい。

アジャが、これは悲劇だと言って語り始める。
でも最後はマリー
>>続きを読む

ルパンレンジャーVSパトレンジャーVSキュウレンジャー(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久々に見たラッキーのスタイルの良さにびびった。背が高い足が長い……。
あと、「あさかけいいちろう」とフルネームで呼び続けるラッキー可愛すぎでは?
ゴーカイからまさかのジェラ!
ルパパト勢もひたすら全員
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

5.0

最高に楽しくてかっこよくてカワイイ!!
実写トランスフォーマー見たことがない人にオススメ。
あくまでもバンブルビーと人間の少女の心の交流がメインだからストーリーがわかりやすいし、出てくるトランスフォー
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

5.0

笑って泣ける最高のロードムービー。
バジュランギの真っ直ぐさ、嘘がつけない正直さにハラハラすることもあるけど、その生きづらそうな性格こそ大切なもので、人を動かす力だった。
インドとパキスタンの対立って
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.7

音楽が最高によかった。特に英語の方のエンディング曲。
キャラクターとしては、イエスが見た目も性格も吹き替えも最高!!

スターダスト(2007年製作の映画)

3.3

音楽に合わせた戦闘シーンは、キック・アスとかキングスマンにも引き継がれてる気がする

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

80年代!!
流行りの代表として流れる曲も、主人公たちが作った曲も良い。
お兄ちゃんの存在が凄くいい。

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

5.0

やさしい世界。
プーの言葉がすべて大切に感じる。とにかく最初から最後まで泣きどおしだった。
映画を見る前でも後でもいいから、『くまのプーさん完全版』見たほうがいい。

SING/シング(2016年製作の映画)

4.0

ラストのコンサートシーンで最初から泣いてしまう。みんなよかったね!よかったね!

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

3.0

静か、という意味で大人向け。
ちびっこがおとなしく見てられないのも当然だよね…。
それはそれとして、ラブアンドピースに泣かされました。

>|