esuranさんの映画レビュー・感想・評価

esuran

esuran

映画(348)
ドラマ(0)

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.1

これ好き。
男の先生は愛嬌あるし、女の先生は可愛いし。僻地の水上学校で、学年違いの生徒が一つの教室で学んでいる設定も好印象。

タイトルのまんま、ダイアリーを介してすれ違う二人を軸に物語は展開。

>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

家族愛、家族の大切さ。
いつまでも忘れないでね。

何も考えずまんまとミスリードされてみたりしたので、ストーリー自体はすごく楽しめました。

原題が「COCO」なんだね。

さすがピクサー。
素晴らし
>>続きを読む

ジェーン(2014年製作の映画)

3.3

静かな西部劇。

ナタリー・ポートマン演じるジェーンが銃を手に、馬に乗る。彼女がなぜ戦うのか、何を守るのか。

ナタリー様が綺麗だしかっこいいし、西部劇の舞台に溶け込んでいるのを楽しむ作品だろうなこれ
>>続きを読む

ローン・レンジャー(2013年製作の映画)

3.0

西部劇特有の「予定調和」で「ご都合主義」なものを求めて鑑賞したつもりなのだが、なかなか変化球な作品でございました。

凸凹コンビで、半分ぐらいまではワクワクして観れてたんだけど、やや冗長だった印象。中
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

3.9

壮大なスケールのSF映画と思いきや、根っこにあるのはヒューマンドラマだったのはポイントが高い。

ダースベイダーとルークの関係、レイアとルークの衝撃の事実、レイアとハン・ソロの恋の行方。三部作のラスト
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.7

衝撃作。

とにかくオープニングの音楽がヤヴァイのとダース・ベイダーを象徴するあの音楽がもう本当にヤヴァイ。

ハン・ソロの片頬あげる笑い方もかっこよく思えてきたし、レイアとソロ、ルークの似非三角関係
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.5

初観賞。

誤解を恐れずにいうならば、名作がゆえにハードルがあがっていた感は否めない。しかし、1977年に公開された映画であることを踏まえると、この先に与えた影響は計り知れないのだろう。

音楽のかっ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

5.0

映画の日にこれ見れてよかった。
ちょいちょい泣いたわ。


文句なしによかった。
説明不要かな。

素敵な家族。
素敵な仲間。
太陽だね。

デリケートな話でシリアスかと思いきや、最高だったよ。
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.5

CGって凄いなぁ。
とにかくCG凄い。

動物好きだから、
楽しめた。

その反面、
シア・カーンがそれほど「悪」に描かれているとは思えず、シア・カーンの最後には複雑な気持ちでした。決して天の邪鬼なわ
>>続きを読む

トゥモローランド(2015年製作の映画)

2.8

最初は面白かったんだけど、徐々に置いていかれた感じが否めない。自分SF耐性がないのかな?、と弱気になるぐらい、わけがわからなかった。なもんで、途中から何をしてるのかまったくわからなくなった。

まあ、
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.5

号泣した。
とにかくオスカー君には泣かされっぱなしだった。

父と子の映画を探していて、手にとった。

「大好きな父親を911のアメリカ同時多発テロで亡くした少年が、父親の残した鍵の謎を探るべくニュー
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.5

ハッピーになれるおすすめ映画!でよく名前があがっていた作品。大好きなノッティングヒルの恋人の脚本家が監督?だしハッピー率高いヒューグラントだしハッピーを探すべくいざ観賞!

男女19人の群像劇!

>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

4.0

原作未読ですが、なかなかよかったです。

大泉洋演じる45歳のファミレス店長に恋をする小松菜奈演じる女子高校生。この年齢差。

これ、クサイだのキモイだの言われながもくたびれた感あるおっさんが登場する
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

クリント・イーストウッドの映画はいつも「人生とは何か?」を教えてくれているような気がする。

イーストウッド、冒頭からスッと観客の心を掴む。導入部の強さとでもいおうか引きつけて離しません。展開もテンポ
>>続きを読む

ルディ・レイ・ムーア(2019年製作の映画)

3.8

King Of Party Recordsとも呼ばれる黒人コメディアンのルディ・レイ・ムーアが70年代に制作した伝説のブラックスプロイテーション映画「ドールマイト」の撮影舞台裏をエディ・マーフィー主演>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.6

ボストンマラソンの爆破テロの被害者ジェフ・ボーマンを演じるジェイク・ギレンホールの演技力が光る。事件前の素朴な感じも、足を吹き飛ばされてからの苦しみも辛さも、自暴自棄になって彼女にあたるクズぶりも、さ>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

今まで見続けてきたマーベル作品の集大成。フィナーレへ向けての頂上決戦。仲間たちが続々集結していくさまと、あの作品のとこの作品が繫がって、あれよあれよという間にあのキャラとあのキャラがはじめましてをして>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

ワカンダ素敵。

新キャラが濃い。特にオコエ好き。妹のシュリもいい。てかワカンダという国が末恐ろしい。

マイケルBジョーダン出てきてびっくり! 全体的に笑い要素が少なく、ストーリーはシンプル。架空の
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.1

アベンジャーズ関連は情報遮断してきてる甲斐があって、キャストさえわからず観ていた。だからケイト・ブランシェットが登場してうぉーってなったし、テッサ・トンプソンが登場してはほぉーってなった。おまけに緑が>>続きを読む

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

単体で見ないで、MCUの順番通りに見ておいてよかったー、と心から思った。単体でも面白いのかも知れないけど、アベンジャーズを知らなきゃわけがわからないことが多いような気もする。

また、サムライミ-トビ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

めちゃよかった~。
前作を低評価にしてごめんなさい。今作は全部響きました。むしろ前作の土台があったからこそすんなり入れてるのだろうけども。

笑いあり涙あり。

ド派手なアクションはユーモアを絡めるこ
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.0

物凄い映像表現。
歪む~。酔う~。
って凄いのはわかったけど、私は何を見せられてるんだ? 何を見てるんだ? と頭をかしげること数回。3Dで見た方がいいやつ?


魔術でございます。
魔術…。

でも、
>>続きを読む

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.5

アメリカのハロウィンの仮装で多いのはお父さんはキャプテン・アメリカ、息子はアイアンマン。なんとなくわかる気がする。

シビルウォーのキャプテン・アメリカのかっこよさはたまらん。自己を犠牲にしてでも親友
>>続きを読む

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.9

「得意料理はフレンチトーストです」
これを見たお父さんたちはフレンチトースト作りがち!っていうのは知ってたけど、なるほどフレンチトーストは主役級の活躍なわけだ。

公開から40年たって、「家庭」や「女
>>続きを読む

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.7

スパイク・リー監督×デンゼル・ワシントンにジョディ・フォスターとクレイヴ・オーウェンの共演。

銀行強盗と警察の心理戦。本当の目的にたどり着けるか? 

とにかく銀行強盗の手法・トリックには騙される、
>>続きを読む

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

3.6

痛快アクションバディムービーってとこでしょうね。凸凹なコンビのチグハグ具合を楽しんで、ジョークとユーモアと無駄話で楽しんで、アクションを楽しんで、ってとこでしょうね。

アクションシーンでBGM入れて
>>続きを読む

恋の予感?! ~ホテルリノベ奮闘記~(2019年製作の映画)

3.0

なーんにも難しいこと考えずにサクッと観れちゃうラブコメを求めてる時に最適なやぁーつ。

適度な恋模様なかなかよい。ニュージーランドに興味がわく。しいていうならリノベーションするところもうちょい掘り下げ
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

4.2

面白かった。
単体としても良作だしMCUの一つとして捉えればさらに評価があがる。

仕事も家庭も失った冴えない男スコットがまたいい味出してる。

小さくなるなんて、子供の頃憧れたような世界をそのまんま
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.0

冒頭からお仕事してるアベンジャーズの面々。やっぱ全員揃うとそれだけで胸アツ。

メンバーそれぞれの関係性にも微妙な変化があり、今後につながる伏線もちりばめられていたのかな?と、思わせられるシーンもあっ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.3

キャラクターをどれだけ愛せるか? なんだと思う。キャラクターもの得意じゃない人には不向きではある。マーベル映画でそれいうのも野暮いけど。てかドSF不得意な人にも厳しいかな。マーベル映画でそれいうのは酷>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.8

キャプテンかっこいいよ。正義感とかヒーローっぷりが最高。

アクションが素晴らしいし、ファルコンの登場で視覚的な効果が倍増した。まあキャプテンはもともとアベンジャーズの他の面々に比べて肉弾戦が多くて派
>>続きを読む

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.8

面白かった。
アスガルドの世界は正直あんまり得意じゃないんだよなーとか思いつつも観だしたらどっぷりはまりました。ジェーンの二発と一発とがツボったし、ロキが変幻自在に変身するくだりあたりからワクワク感し
>>続きを読む

アイアンマン3(2013年製作の映画)

4.2

トニー・スタークの魅力とは。
どこか軽薄なのは否めないがユーモア、ワイズクラックがハードボイルド特有のそれでして、逆境でも冗談を飛ばすさまがかっこよすぎるところ。3Dホログラムディスプレイを駆使してい
>>続きを読む

ホーンテッドマンション(2003年製作の映画)

3.0

ディズニーのアトラクション発の映画化作品とのことです。
ストーリーは可もなく不可もなく。
屋敷とか調度品とか小道具はなかなか凝っているしビジュアルはさすが。でもって、「飽きさせない」ところがディズニー
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.0

原作ニコラス・スパークの映画といえばジャケがなんか似てるよ?でお馴染み「きみに読む物語」や「親愛なるきみへ」とかがあります。

びっくりするぐらいひねりのない、恋愛ものです。

後半3分の1で加速度的
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.0

ノーラン三部作の最終章。

マッドマックスみたいなマスクのヴィランをトム・ハーディーがやってるってんだけど、えげつなく強い! てかシリーズで一番ハイテクなはずなのにやたら肉弾戦を好むという、やたらステ
>>続きを読む

>|