バヤシさんの映画レビュー・感想・評価

バヤシ

バヤシ

何か良いところを挙げるのが目標です。
評価基準は3.5が普通、4.0以上が面白いです。

映画(165)
ドラマ(0)

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.2

原作は未読。
ミステリーでは無い東野圭吾だった。

(今は出来ないのかもしれないけれど)出来そうだよなって技術でそれらしく話作るの上手いよなーと思う。

孫が脳死になったのは自分のせいだと思っている祖
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

アマプラで初見。

設定が凄く魅力的だった。
どこかで聞いたような設定な気もするけれど、元々がこれなのかもしれないなーと思った。

トゥルーマンよりメイン級の出演者達が大変だよなと思った。ギャラいくら
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

アマプラで初見。

入り方が凄くよかった。
なんでそんなことしてるの?これから何か起こるの?って期待感がめちゃめちゃある。

あとは犬の演技とモンスターの造形がよかった。
CG無いのに今観ても全然問題
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.8

前編に引き続き鑑賞。

義理の姉との距離感が気になったけれど、結局原作だとどうなったのだろうか?

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.7

アマプラで初見。原作はちょっと読んでいる。

倉科カナが結構ハマり役かなーと思った。
後はまあ無難な感じだった。
原作好きがどう思ったのかは少し気になるところ。

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

3.8

アマプラで初見。

内田有紀をまともに初めて観たような気がするけれど、よかった。
あとあんまり好きじゃないけれど、蒼井優がよかった。
ドレッドが似合っていたから?笑

そしていつも通り大竹しのぶは凄く
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

初見。

ドリスの成長の方が顕著に見えるけれど、フィリップの方も段々柔らかくなっていくのがにやにやさせられた。

最初の朝の散歩のカフェのシーンが好き。

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.5

普通に観れるレベルではあった。
配役がちはやふるっぽかった(福井だし)

ただドメスティックな感じで外野が全然出て来なかったので、さくっと全米制覇した感じに見えてしまった。
尺の問題もあるのかも?

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.7

難しかった。
四隅が丸い四角い画面とか特徴的な長回しとか少ないセリフとか雰囲気は凄くよかった。

幽霊視点てのもあんまり見ないし面白かった。
しかし最後の方はどう解釈していいものかわからない。

曲がれ!スプーン(2009年製作の映画)

3.8

ヨーロッパ企画の他の作品に比べるとパンチ弱いと思ったけれど、まあまあ面白かった。

他の作品を観てから観るとニヤニヤ出来る箇所が増えて良いかもしれない。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.3

QUEEN詳しく無いけれど凄くよかった。
むしろ先入観無く観られてよかったかもしれない。

劇中に流れるのは流石に有名な曲が多かったから大体わかった。

最後のライブエイドのシーンは凄かった。

教授のおかしな妄想殺人(2015年製作の映画)

3.6

初見。
たんたんと進んでいく感じは好きだった。

ただ頭良くてモテて何がそんなに不満なのかなーと思ってしまった。
悩みがあまり共感出来なかった。

GODZILLA 星を喰う者(2018年製作の映画)

3.5

シリーズ通して消化不良な印象で終わった。
個人的には最初の無くしてもう1つ作って欲しかったかなー。

よかったのは、とあることでやっぱあれは伏線だったんだなと思えたこと。
それゆえ続編あってもいいのに
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

4.0

初見。原作未読。
「藪の中」っぽいなーと思いながら観ていた。

中々いい感じの嫌ミスだと思う。

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.7

原作未読。
カツ丼が食べたくなる映画だった笑
犯人は別に驚く感じでもないしミステリとしてはそんなでも無かった。

古書の蘊蓄と聞くのと主人公の祖母の若い頃の恋の話を観る映画だと思う。

自分は字だけの
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

全編PC画面で進むのは以前に「アンフレンデッド」で観たので自分は目新しさは感じなかった。

色々な方法でそれこそライブ感ある感じでPC画面上で話が進むので観てて飽きなかったけれど、わざわざPC画面のみ
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.6

バカリズムのこいつやってそう...感が凄かった。
この手の作品ではいつもそうなのだけれど、ITが万能に描かれ過ぎな気がする。

北川景子の恐怖の表情が全部同じで微妙に感じた。

犯人がやっていた、スマ
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.6

単独で観られる感じだったのはよかった。
ヴェノムってなんとなく極悪なイメージだったけれど、最後の方ある程度飼い慣らされてかわいくなってた。

Cパートがあるのを最初に教えてくれる親切仕様だった。

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.8

マルホランドドライブ観たときの気分とちょっと似てるかな?と思った。
(あちらよりは幾分かわかりやすかったけれども。)

はっきりわかったのは、スカンクは相当臭いんだろうなってことかなー笑

色々伏線ら
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

4.1

天才のカンニング映画。
カンニングシーンが曲も凄く良くてこっちもドキドキしっぱなしだった。

STICに馴染みが無いからどれだけの試験なのかわからないけれども、とりあえずすごいことしてるのは伝わった笑

告白(2010年製作の映画)

4.0

Amazonプライムに追加されたので久々に鑑賞。

改めて松たか子の演技が良いなと思った。
あと木村佳乃の弱めの母親も凄く良い。

能年玲奈がどこで出ているのかはわからなかった笑

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

3.6

初見。漫画は少し読んだ。

実際こんなもんだろうけれど、もう少し救いがあってもいいなぁと思った。

サカサマのパテマ(2013年製作の映画)

3.7

初見。
たびたび上下が入れ替わるのが面白かった。
落ちも中々よかった。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.2

大根監督は割と好きだけれど、微妙に世代外れるし、女性でも無いのであまり観るつもりなかったけれど、ファーストディで他に特に無かったので鑑賞。

思いの外面白かった。
世代外れてはいても曲はわかったしあま
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.5

初見。
設定は怖い。
でも観ている分にはあまり怖くなかった。

物理で倒せそうな感じもどうなの?って感じてしまった。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.0

終始緊張感が半端無かった。

でも隣でポップコーンぽりぽりしながら少し喋られたので少し雰囲気壊されたなー。

家でヘッドホンで観たい映画。

正直モンスターの弱点はこんなに人類減る前に誰か気づかなかっ
>>続きを読む

幕が上がる(2015年製作の映画)

4.0

初見。

いきなり台本に「ウィンタータイムマシーンブルース」って書いてあるのにニヤッとした。
その後しばらくしてうどん煮ていてまたニヤッとした。

天竜は出てくるだけで面白かったし、ムロツヨシも安定し
>>続きを読む

ファング一家の奇想天外な秘密(2015年製作の映画)

3.5

初見。
つまらなくは無かったけれど、特別面白くも無かった。

一応兄弟の自立の話って感じなのだろうか?
自分でもあの父親は嫌かな笑

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.2

初見。
噂通り長時間を感じさせない面白い映画だった。

やはりアーミル・カーンはイケメンだなー。

ポーカーナイト 監禁脱出(2014年製作の映画)

3.5

初見。
まあまあ面白かったけれど、物凄く面白いわけではない。
時系列が前後するわりにそこまで関係あるか?という感じ。

犯人がsawのジグソーっぽいといえばぽいかも。

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.6

初見。
公開時はビビって劇場で観なかったけれど、思っていたよりはグロく無かった。

割と内容もあった感じ。
「食人族」も機会があれば観ようかなと思うけれど、あまり積極的には観る気はしない笑

フローズン(2010年製作の映画)

3.7

初見。

こういう本当に起こりそうなシチュエーションが一番怖い。
ゲレンデの証明が消えたときの絶望感はヤバイと思う。

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.8

初見。
ホラーコメディは珍しいと思う。
面白かった。

コメディが強いせいか自分がホラー見馴れているせいかホラーっぽさはあまり感じなかった。

タッカーがあまりにと不運過ぎてかわいそう笑

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

3.5

たぶん初見。
原作は読んだはずだけれどあまり覚えてない。

自分も猫が消えたら嫌だなぁと思う。
ある物が消えたらそれに伴う思いでも消えてしまうのに延長1日はなーと思った笑

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

4.0

初見。
「孤狼の血」と被るしあちらの方が面白かったけれど、監督同じだし仕方ないかなという感じ。

実話ベースとの事だけれど、こんな世界もあるのねーと不思議な気分になった。

アキハバラ@DEEP(2006年製作の映画)

3.5

初見で原作未読。

ちょっと昔の作品なので内容に目新しさは無かった。
キャラは個性的だけれど、尺の問題かあんまり掘り下げて無かった。

有料の検索エンジンなんていらないなーってのと、ラスボスが余りにも
>>続きを読む