けーごさんの映画レビュー・感想・評価

けーご

けーご

映画(115)
ドラマ(0)

レナードの朝(1990年製作の映画)

4.1

静かだけどいい映画。
多くを求めてしまいがちだけど、当たり前に毎日を生きることって素晴らしい。

相手を思う、優しい笑顔が多くて印象的だった。

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

4.2

お化けなんかよりも歪んだ愛とか衝動を抱えた人間が一番怖い、ハッピーハロウィン。

顔の超ドアップが多い映画で、閉塞感生むためとかたぶんいろんな効果があるんだろうけど、とにかくグザヴィエドラン美しすぎた
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.5

泥とか灰とか血の匂い、もはやしてたんじゃないだろうか、というくらいの体験。

あの空間にいたら猫も杓子も2人を応援して、固唾を飲んで結末待っちゃうでしょ。

映画館で観れてよかった、これに尽きる。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

街やそこで暮らす人々など、色彩豊かに描かれた映画だっただけに、お母さんが最期に着てた服の青が余計悲しく感じた。

ジョジョとその友達は可愛すぎる。

ターミナル(2004年製作の映画)

4.1

あくまでも フィクション、物語 としてみれば良いものだと思う。
実際に母国語が通じない環境で困った経験がある自分みたいな人には特に。

大事なのは言葉じゃなくて、国でも規則でもなくて、人が人を思う心や
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.5

何もないところからこれを考えて作り上げるってことがもはやテネットだわ。いやテネットって結局何ー!

もう一回どころではない。
部活で試合の映像見る時みたいに、何回も止めたり巻き戻したりなんなら仲間と話
>>続きを読む

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

4.1

普通の人間なんかいないし、いなくていい。
と焚き火の前の二人を見て改めて思った。

あと、昔からイケメンたくさんみるの大好きなんですよね自分。

リバーフェニックスとキアヌが最強なのはもちろんだけど他
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.4

宝石みたいに綺麗な青い目をした主人公が、衝動と欲望むき出しで悪の限りをつくす冒頭30分くらいで完璧に引き込まれた。
後半の車椅子おじさんの目も最高、夢に出てきそう。

どこかポップでクラシカルな色彩や
>>続きを読む

>|