JJさんの映画レビュー・感想・評価

JJ

JJ

映画(190)
ドラマ(0)

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.9

突然襲ってきた悲劇を過剰に演出するのではなく、受け止めきれない悲しみのなか、淡々とリアルにこなさなければならない現実があり、日常があり、そこを丁寧に丁寧に描くことがこの映画の強い意志というか、核なんだ>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

-

ルイがハゲ散らかしてゴダールを熱演しててウケる。ステイシー・マーティンが超絶可愛い。ゴダールに深い思い入れがあるわけでもないので、想像通りのお人柄って感じでさらっと楽しめた。

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.7

前作ニンフォマニアックのテイストを踏襲したポップなトリアー作品感満載なんだけど、テンポがイマイチな気が。。久々にウトウトしちゃう感じだった。期待値高すぎたかな。このラストでエンドロールの曲を"Hit >>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.1

厳寒の大雪原、どっからどう見ても閉塞感、手詰まり感バリバリの地、ウインド・リバー。緊迫感と哀愁が常につきまとうなか、目が離せない語り口と展開で見応えがあった。サスペンスとヒューマンドラマのバランスも絶>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.4

ふむふむ。うん、そうだよね、と感情移入できるところは多々あったけど……。全体的にみると懇切丁寧というか、説明的というか、こんなに行間とか余韻とかなくていいの…?ってなり、わたしには映画的快楽が感じられ>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

4.2

エモい!!!
フランス人の気質が際立つ議論のシーンや抗議のシーンは迫力あるしとてもリアルでかっこいい。太く短い彼らの生き様に胸が熱くなった。

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.9

猛スピードの電動車椅子で爽快に駆け抜けるデート最高。偏屈だけど憎めない、ホアキン印のキャラハンの人生は、まさに皮肉の効いた彼の作品そのものなんだね。アル中のままだったらもっと早死にしてると思う。
とに
>>続きを読む

最高殊勲夫人(1959年製作の映画)

3.8

オープニングのタイトルバックがおしゃれ〜。なんだかマリリンモンロー のロマンチックコメディを彷彿とさせるような。日本の昔のロマコメもかわいいね。

ワイルドツアー(2018年製作の映画)

3.7

フったり、フラれたり、友達に抜け駆けされたり、、リアルすぎる小さな初恋たち。かわいいなぁ。。。
わたしもDNA採取しに行きたいよね。

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

4.0

このある意味勤勉でさわやかなサイコ親父のキャラクター描写がユニークなせいか、明るく狂ってる感じがおもしろい。謎解きではない、人間の弱味を突いてくるとこがなんともいやらしくてよく出来てる。執念と好奇心に>>続きを読む

救いの接吻(1989年製作の映画)

4.0

妻と夫、女優と監督、実人生と映画、それらを実のガレルファミリーで演じてるのがすごいし、複雑に入り組んだ構造で愛を議論しまくるわけで。こんな映画なかなかないのでは。なんだか必要以上にドキドキしてちょっと>>続きを読む

ギターはもう聞こえない(1991年製作の映画)

4.1

ニコに捧げている映画なだけあって、二人のあいだにあった愛の軌跡をガレルらしい距離感と簡潔なシーンで見せていく。
フラれて男友達に愚痴るシーンが可愛くて好き。
"ただいま&おかえり"のように、よりを戻し
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

4.7

JRといえば、ワタリウムでの展覧会で自分も巨大ポートレートのポスター作ったし、彼のアート作品が素晴らしいのはわかってたけど、アニエス・ヴァルダの感性と彼のマリアージュがこんなにも素晴らしいとは!最高す>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

4.0

愛するBeautiful Boyがどんどんボロボロになって堕ちていく姿を見るのはもうね、身を引き裂かれる思いだよ。つらすぎる。完全に父ちゃん目線になっちゃう。。
心のこもった迫真の演技、丁寧に描かれて
>>続きを読む

ル・アーヴルの靴みがき(2011年製作の映画)

4.5

久しぶりにどっぷりカウリスマキの世界に浸れて最高でしかない。希望のかなたより好み。やっぱり監督引退は寂しすぎる。。

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.2

噂どおり見事によくできたストーリーだわ。ミスリードの展開が上手すぎてあっぱれ。失踪モノの傑作だね。

青空娘(1957年製作の映画)

4.0

なんだ!なんだ!この眩しすぎる若尾文子は!健気でめげない素晴らしき和製シンデレラちゃん。軽快なテンポ、ポップなカラー、ミヤコ蝶々、いろいろ素敵すぎる清涼ムービー。

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

-

骨太社会派なギドク作品。あついぜ。だけどやっぱり徹底的に救いのない苦しさはギドク節だね。南北統一される日は来るのだろうか。。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

-

15歳で出逢ってしまった忘れられない大切なひと。切なすぎる人生。

127時間(2010年製作の映画)

-

最強サバイバー。生きたいという本能に圧倒される。痛い!すごい!

海を駆ける(2018年製作の映画)

3.8

日本の若者とインドネシアの若者の国際交流のNHK番組を見ているような雰囲気なんだけど、いちいちどのショットもカッコよくてきまってるし、やっぱりロメールも感じる。

海を駆けた。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

浅野忠信にはやっぱり平凡な役は似合わない。完全にミスキャストだろ。クレイジーな彼が見たい。

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

ソウル・トレインなブラザー&シスターがいっぱい出てきてめちゃかわいい。
ラストのシーンって必要なのかな…なんか急に映画の世界から覚めちゃった。。

オアシス(2002年製作の映画)

3.9

この映画が好きか嫌いかは置いといて…。醜さと美しさのコントラストが強烈で、生々しさを通り越して、突き抜けてる感じに衝撃を受けた。イチャンドンがすごいことはよくわかりました。。

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

4.3

丁寧に丁寧にこだわり抜いてつけられた音たちは、その空気感や匂いまで伝わってきそうだし、まるで色が付いてるような繊細なモノクロはどこまでもやさしくて美しい。
幼少期の大切な想い出をこんな風に愛の映画にす
>>続きを読む

>|