yさんの映画レビュー・感想・評価

y

y

映画に附帯する思い出を大切にしています。
ロマンチストを自覚しています。

映画館で働いています。

映画(924)
ドラマ(1)

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

水の音と、黒木華の声が、心地良かった。
歳を重ねることを、怖いと思っているわたしにとって、素敵な歳の重ね方を魅せてくれる映画って、とても重要で、とても沁みる。

なにかを、大事にしたいなって、思った。
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.8

好きだった。
サイラスはとても良い奴そうで、ラストの引き寄せる腕がとても優しくて、ぐっときた。

スマートに面白い会話のできる素敵な女性になりたいね。



「幸せになっていいんだぞ」
わたしも誰かに
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

ぎゅっとまとめられたサスペンスが好きなんかも。
面白かった。
んでさ、まさか泣かされると思ってなかった。

展開のスピード感、伏線の回収の仕方、うまかったなあ。

これは面白い。おすすめできる。

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

大前提として、わたしはやっぱり青春映画が大好きだ。

バンドはカッコつけたいからモテたいから始まるのが最早正解みたいな気がしちゃう。
お兄ちゃんが最高に素敵で、彼の幸せを心底願った。
エイレンが絶妙に
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.8

相変わらず、哀愁漂うアクション映画だった…素敵。
アクション映画だけど、その他の部分がとても良い。好き。Mr.マッコールの日常も最後きちんと回収していくのがいいよね。ぐっとくる。

久しぶりにしっかり
>>続きを読む

輝ける人生(2017年製作の映画)

3.7

後半、ヒロインが体裁も格好の良し悪しも気にせず踊ったり走ったり自転車漕いだりするのがさ、全力で、かっこ悪くてとても好きだった。かっこ悪いのが、素敵だった。


ティモシーポールの喋り方って好きだな。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.4

ちょっと期待しすぎちゃったかな。ラスト直前まで、いまいち響かないところもあって、んんん。でも、最後にかけては泣いてしまった。
んでも、ラストにぐっときたかと言われると、んんん。

俳優さんたちの演技は
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.8

「よくわかんないけど」
「うまく言えないんだけど」
それがこの映画の全てだって思った。

主演の3人とも、とても良い。魅力ってこういうことだ。その中で誰に目が行くかなんてのはもう、趣味嗜好の問題。わた
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.8

良い映画だなって、思った。
わたしは勉強もしたいし賢くもなりたいけど、忘れたくない穏やかも、幼少期の宝物みたいな思い出も、はっきりとある。

とにかくね、プーが可愛くて可愛くて仕方なかった。。
わたし
>>続きを読む

海辺の家(2001年製作の映画)

3.8

久しぶりに見た。

「家」はわたしの夢。
都合が良いと思ってしまう部分もたしかにあるんだけどさ、人は突然変わることもあるって、わたしもそう思うんだ。

いつもさ、最後にはうわあって何かが込み上げてくる
>>続きを読む

大人のためのグリム童話 手を失くした少女(2016年製作の映画)

3.7

なんやかな、やたら鳥肌がたった
引き込まれながら見てたけど、エンディングの歌がまた…最後まで引っ張り込まれた。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

事前情報はほぼ入れず、見た。
声出して笑いなからもさ、映画って凄いな、愛だな、大好きだなあって、なんだかぼろぼろ泣けてしまった。笑いながら、泣けてしまった。

映画が好きだ、大好きだって思った。
そん
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.7

フリダの声は好きだけど、なんとも言えぬ嫌悪感の正体は、幼少期の自分の可愛げの無さに似通ったものを感じてしまったから。お陰でわたしも、祖父母にはでれでれに育ってしまった。

最後、気づいたらわりとぼろぼ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

ドレスが綺麗で、とくにリアーナがガラッと服装を変えてドレスで階段を下りているシーンに惹きつけられた。

かっこよく歩きたい。
サンドラブロックと、ケイトブランシェットの歩き方を、目標にしたいななんて、
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.9

どこまで頑張るんだトム。
かっこいいトム、イーサンも好きだけどさ、わたしはサイモンペグが、ベンジーがとても好きなんだ。

相変わらずかっこいいオープニング。テンションが上がってしまう。
長さは感じない
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.0

「ああ、アオヤマくんも森見さんの本の主人公だ」
と、すぐに思った。わたしは森見さんの本が好きだし、森見さんの本に出てくる主人公が大好きだ。んだけど今作の原作は未読。それでも、アオヤマくんは確かに森見さ
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

歪んでる。でも、狂ってるとは思えないから、わたしもたぶん、ちょっと歪んでる。

なんかなあ、笑ってしまうんよなあ。
歪んでんな〜って、笑ってしまう。
狂気を感じたのは寧ろ、あの母親の幻影のシーン。わた
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.0

素敵な映画だった。素敵なふたりだった。
「ふたり」って、素敵だ。

きっとさ、いろんなことを乗り越えてきての今なんだなあって、いろんなことを乗り越えてきてこその、今の穏やかさなんだなあって。

レビュ
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.4

冷たさ、不穏さ。
これまたさ、『聖なる鹿殺し』みたいに、音からくる不安感が凄かった。あの映画ほどじゃないけど。

避難指示アラームに何度も起こされた昨日、流石に眠くて途中意識が遠のいた。
それでもセカ
>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

本編を見てから、ここへ来て、予告を見て確かにこれは…と思った。出てくる文も放たれる言葉もペラペラに聞こえてしまった。

とても良い映画だった。だからもし予告が少しでも本編への興味を妨げているのなら、本
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.8

あんまり評判良くないように聞いてた&わたし自身そんなに前情報入れずに予告もまともに見ずに見たんだけど、楽しめた。
良くも悪くも?誰でも楽しめる映画かなって思った。それこそ、今までスターウォーズ見てこな
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.8

痛み。

貧困を突きつけられていても、ヘイリーのことは、少しも好きになれなかった。
放火の後、スクーティーの様子に気づいたアシュリーと、ムー二ーの様子に気づけないヘイリー。彼女たちは全然同類じゃなかっ
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.7

リチャードリンクレイター監督の作品だと知らずに見た。でもなんか、エンドロールで頷けた。

感想はうまく言えない。
訴えたいことはこれってひとつじゃなくて、静かに余韻を残していく映画に感じた。
少し遠く
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

いろんなことを感じた、いろんなことを考えた
勝手にいろいろ思って、涙が時々止まらなくなりそうだった



やりきれない

わたしが今まで見た是枝さんの作品の中では、1番好きだと思った

キャストも最高

ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

出てくる人たちの表情がとても、とても素敵だった。
ファンのパーティーのシーン、ファンのお父さんかな、なんて素敵な笑顔なんだろうって、凄く好きなシーンだった。

ただ微笑むだけだって、あの笑顔はさ、わた
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.7

ヨシヒコ大好きで、銀魂に笑えなかったわたしも、今作は笑えた
人と一緒に見たからかもしれない

脚本というかさ、山田孝之のダイスケのキザな話し方がわたしはわりと好きだった。そして山田孝之の声がね、好きな
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.3

あー、だめだ、これじゃ完全に声が泣いた後の人だ。

好きな瞬間ってのがある。ぐっときてしまう隙間みたいなものがある。友達になる瞬間みたいなのだったり、一瞬感じる切り離せない寂しさだったり。
うまくいっ
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.0

寝不足で、少し寝てしまったこと、後悔。
だけど後半にかけてうわあっと上げてくる映画ではあるよね。

予想以上に面白かった。というより、予想以上に好きな映画だった。
何かぐっときてしまう、泣いちゃった。
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

不安になって、つらくもなった。
よくできるなって思った。

なんか、うまく言えんな…

クリストファープラマー、この人も役によって全然纏う空気が違う。凄い。

演技に惹きつけられた。音楽がとても効果的
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

小松菜奈のスタイルが良すぎた素敵すぎた憧れた

部活してた頃を思い出した

戻れないからちょっとつらくもなった



んんん、んんん
距離を置いて見てしまう、というかだんたん離れてしまう?

モリのいる場所(2018年製作の映画)

3.8

「生きることが好きなんだ」


大前提に、わたしは樹木希林に弱い。樹木希林が大好きだ。
山崎努も大好きだし、加瀬亮も好きだけど、樹木希林はもっともっと好き。

2人が並んで話しているだけで、なんだか沁
>>続きを読む

ボストン ストロング ダメな僕だから英雄になれた(2017年製作の映画)

3.9

パトリオットデイを見た時、すごく凄くしんどくて、でも目は逸らせなくて、そして愛と強さを感じた。
そしてそれらは、今作も同様に。

ジェイクギレンホールはさすがだった。



お母さんにはただただ苛立っ
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

3.8

これまた、わたしのなかではまだ消化しきれないというか、言葉にはとてもし切れない。
マーリアがとにかく綺麗だった。カメラワークも好きだったし、使われてる家具や小物が素敵だった。そして雪の森の鹿のシーン、
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.7

この映画に限らずだけど、戦争映画を見る度、何が正解か分からなくなる。そして、家族を感じる。故郷は国であって家族なんだよなあって。
わたしには、国が故郷という感覚が薄い。日本人の多くがそうじゃないかなっ
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.7

めちゃくちゃ笑った
あんまり日常が明るくない時にみる、振り切った愛すべき馬鹿たちの映画はもはや救いだね
いっぱい笑った、やたらと笑った

溢れ出るB級感。でも主演2人以外にもアイスキューブでてるしちょ
>>続きを読む

>|