ぱんださんの映画レビュー・感想・評価

ぱんだ

ぱんだ

なんでも見たい

映画(492)
ドラマ(6)

キャスパー(1995年製作の映画)

4.0

キャッツがメカに強いのか強くないのかハッキリしなかったところだけ気になった。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

繊細な設定のAV見てるみたいだった。
女体賛歌っぽくもある。

持ってる芸術性が高次元じゃないとこの映画の良さはわからないのかも。

永遠に美しく…(1992年製作の映画)

3.0

子供のころ見たときは面白かったえど、今観ると女性への偏見が詰まった地獄のような映画。

でも当時は面白かったんだろうなぁ〜

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.0

仕事で詰め詰め疲れた大人の息抜きムービー

ユアンマクレガーの声がいつもの声じゃなくて萎えた。
イーヨーとディンガーとルーのママはアニメと同じ声だった。

幼稚園のとき友達のお母さんが違法ダウンロード
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.0

中学時代に観た時はとても面白いと思ったのにいま観ると序盤(女優が一般人の見ず知らずの男の家にシャワーを浴びに行ったり突然キスしたり)が安直に感じる。
「映画だから」としか片付けられないのでご都合主義で
>>続きを読む

抱きしめたい(1978年製作の映画)

5.0

最高すぎました。
ロバートゼメキス監督のデビュー作。
女子高校生4人組が来米したビートルズに会いにエドサリバンショーのスタジオに潜入しようといろんな人を巻き込みながらドタバタする話。
現場に到着するま
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

作品の中では女性が多かったけど実際作ってる人は男ばっかりなのちょつとがっかりしたから最後の「こんな風に作ってますよ〜」って映像入れて欲しくなかった

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.5

みんなドヤッてて良かったけどその中でも賢く立ち回ってるサラポールソンがめっちゃ良かった。

ラスト詰め込み気味だったけど「さすがにうまく行きすぎじゃない?」って言うご都合主義にならないような終わり方に
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

面白かったが女性人権家のメタファーみたいなの揶揄されてる風に描かれていたから古い監督が作るとそうなっちゃうのかなと思ったり

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.8

恐竜との戦いというより人間と人間との戦いって感じになって来てて話的にはそんなに面白くなかった。でも画が凄いから4dxとかでみたら楽しそう。

レディ・バード(2017年製作の映画)

4.6

ケンカしながら「あんたにいくら使ってると思ってんの」って文句言ってもプロムとか大事な場面でではちゃんとお金出してくれるとことか何でもかんでもお母さんのせいにしたりとか思い当たるところがありすぎて胸に沁>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.5

24才にしてはゴリゴリの大人すぎるのではって思ったけど、17才からしたら24才ってめっちゃ大人に私は感じてたし、17才のエリオットからみた大人の男性としてのオリヴァーが表現されていたのだろうか。

>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

3.5

ドリューバリモアのNetflix版の吹き替えの声がちびまる子のよしこちゃん?みたいな声で変だった。
最初B級映画みたいだったのに後半から良くなったけど全てがうまくいき過ぎている。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.4

B級映画としてみてれば楽しい
ステレオタイプなジェンダー像は壊そうとしてて良い

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.6

え、、すご…
めっちゃ詰まってる

でもおじさんの過去の話にもう少し焦点当ててくれても良かったかも

インセプション要素あった

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

斜め前のおじちゃんが泣いてた。
私も泣いたよ。

藤木直人感つよめ
やや鎌倉のものがたり感あり

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

話はそんなだけど、アリシアさんのキャラクターがカッコいい。卑弥呼時代の人々があんな建造物つくれないのでは??ってついていけなかった

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

最後女の人が魚人になるけど、元々女の人は魚人で呪いが解けたんだと思う。孤児で川のそばに捨てられてたって言ってたし首のところに3本引っ掻かれた傷があるけど拾われた時にエラがあったのをちぎられたのではない>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

終わった事件の話だから中だるみとかするんじゃないかと思ったけど人間の描かれ方とか展開とかめちゃめちゃ濃くしっかりしてて面白かった。
出てくる人がみんないい人。

メメント(2000年製作の映画)

4.5

クリストファーノーランとその弟はめちゃ賢い。
時間軸の最初に戻って行ってるのにそれが結末になるという素晴らしさ。
記憶は重要だけど曖昧。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.0

古典映画とか芸術映画系の映画。
キモかった。受け入れがたい。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

茶を汲むだけの女と男に煽られる賢い女が描かれてて苦手だった。

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.5

松岡茉優が圧倒的に良かったけど出番がなさすぎてガッカリした。

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.0

普通に良かったけど臭い演出と臭い演技がやはり苦手。
てかなんで千早が部長じゃないのかがわからん。

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

良いって言う人多いから期待してたけど思ってたほど、ではあった。

>|