ベニトカゲさんの映画レビュー・感想・評価

ベニトカゲ

ベニトカゲ

ビバリウム(2019年製作の映画)

2.5

なんなんだこれ、の托卵映画。
エンドロールの音楽も変。
気持ち悪くて不気味だけど、設定と雰囲気を楽しむ感じかなあ。

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんかみんな可愛かった。
特に娘たち頼もしくて可愛くて最高。

しょーもないけど笑
シリーズで観てないのが悔しいな。

元バンドメンバーの死神(ベーシスト)と仲直りするところ良かった。
ジミヘンとモー
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.0

いいぞー!やっちまえー!という爽快感。
テンポ良く楽しかった。
往年のホラーのテンプレを踏襲しつつ、「今」の映画。面白かった!

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

3.0

楽しくて愛しくなる映画。
80年代のレコードのジャケみたいだなあと思ってたらパパがおんなじこと言ってた。
ファービーのところと、ママ覚醒のところ大好き。
ちょっともたれるけど。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.0

楽しい!
ゲームあるあるの面白さもありつつ、小ネタも多い。オープンワールドのゲームのモブの背景という着眼点の良さ。
映画の楽しいところをうまく詰め込んでたと思う。詰め込みすぎともいう。

ヒルダと山の王(2021年製作の映画)

3.4

トロールたちが何故トロールバーグの山から出て行かないのか、なぜトロールバーグの街に集まるのか、その答えが見事に明かされ綺麗に収まった。

相変わらず美しい色合いとキャラクターの可愛さがたまらない。
>>続きを読む

ただ悪より救いたまえ(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

(「新しき世界」が大好きです)

ファンジョンミンとイジョンジェのタッグ再びと聞いて期待感もりもりで観ました。

だからー子供は綺麗なふわふわした温かいものに包まれて美味しいものをたらふく食って欲しい
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

3.5

ああーもうそうだ、トリニティーの物語なのだ。
私も顎を砕いてやりたい。

同窓会的な展開から虐げられた者のエンパワメントへ。
ウォシャウスキーはいつもその時その時の先端をいく。
それを好ましく思わない
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.0

ちょこちょこお茶目なバイオレンス、ビンタで人が吹っ飛ぶのはもうマドンソクさんの持ちネタになってるね。

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

3.6

強烈な皮肉と風刺。凄いスピード感で撮ったな。出てる俳優陣、ベテランから若手まで皆んな良かった。
エンドロール後は蛇足かな。
その前までの終わり方は思わず笑っちゃった。

やれやれ、人類とは愚か。とても
>>続きを読む

マー ―サイコパスの狂気の地下室―(2019年製作の映画)

2.3

雑なサイコパス像。サイコパスというか気の毒な復讐劇。
はあ、ほんと大人になってよかったなあってつくづく思う。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.0

アメリカの美しい自然と人生の絆と孤独。
人の営みの在り方を静かに描いていた。映画だけどドキュメンタリー。
大抵こういう映画寝ちゃうのに、寝なかったのは映画としての力が強かったんだなあと思う。

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

3.5

ご近所SF好き。
上手く纏まってて、クスクス楽しかった。

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ポンジュノなのにこんな善悪しっかり分かれてるもんかね、と思いながら見ていたけど食事のシーンを淡々と映すラストで、ああ、そうかと納得。
社会風刺と問題提起の仕方がさすがと言ったところ。上手いけど、好きな
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.0

結末ありきであれこれこちらのミスリードを誘おうとしてくるのが気になるけど、それなりに面白かった。

悪魔を見た(2010年製作の映画)

2.5

殺人鬼のマトリョーシカ。一番外側はイ・ビョンホン。
哀しげな瞳で地獄のピタゴラスイッチを完成させる。

暴力、胸糞の悪さ、画面の汚さ、パラメータが振り切ってて真円になってる。
というか、殺人鬼多くない
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.0

ジェイクギレンホールの俳優の良さが出てる。
オリジナルよりも丁寧に説明してたな。良くも悪くも。

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.0

ラドクリフはいつも大変そう。
なるほど、こうしてスイスアーミーマンができたのか。

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

2.8

ルパンでインディジョーンズでなんか色々見たことあるやつ。
いい俳優がわちゃわちゃ出てきて画面は豪華だけど、うっっっすい話。
何にも考えない気楽さ良かったよ。

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.3

デビルズメタルも好きだったけど、これも面白い!
ニックス最高に好き。
画面とキャラがいちいち決まっててずっと楽しい。画面うるさいくらいだけど。

クソリプと荒らしはみんなこうなるといいね!

悪人伝(2018年製作の映画)

3.3

なんだかんだいいドンソクさんしか見てなかったから、こういうの観たかったんだよねー!という感じ。
人をサンドバッグに詰めて殴る登場シーン最高だった。

はあ、ほんとロック様かマドンソクか範馬勇次郎になり
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

2.0

やりたいことはわかるけど、途中から恥ずかしくなってきて「んんんんーーー!」って薄目で見てた。

燃えよ剣(2021年製作の映画)

3.9

中学の時に出会った「燃えよ剣」
もうボロボロになるほど読み込んで、部屋に土方歳三のあの写真を飾り、毎年5/5と5/11に花と水をあげて手を合わせていた。思春期に出会うとこうなる。それくらい、司馬遼太郎
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 3: 1666(2021年製作の映画)

3.5

ネトフリにしては丸投げエンドじゃなかった。悪魔は案外律儀な契約社会だからね、ああいう終わり方も納得できる。
3作通して全体的に見やすかった。その時々の年代の音楽かけるのもとても良い。オフスプリング、オ
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 2: 1978(2021年製作の映画)

3.2

よくみるやつー!湖畔のサマーキャンプ、そこでセックスをするやつは殺されるのだ。
その土地に根付く呪いの話好きだからどんどん見ちゃうな。

というか、デビッドボウイ使っちゃうのかーと思うなど。曲がいいな
>>続きを読む

フィアー・ストリート Part 1: 1994(2021年製作の映画)

3.3

えー!面白いー!
色んなキラーオマージュで、楽しかった!見たことあるー!の連続。殺人鬼のベストアルバム。
3部作だけどここから遡るのかーどう繋がるのか続き早く見たいな。

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.6

ヴォーォォォォン…鳴ってたね、ヴィルヌーヴ!
映画館で見るべき映画。
肝心のストーリーはわかりやすいと思う。この作品特有の固有名詞で呼ぶからわかりにくいだけで。
ヴィルヌーヴ監督の重く静かな展開、でも
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.2

(ガイリッチーのファンです)
めちゃくちゃ渋いじゃないの!!
え?どうしたの!!!??
ポットカバー被せた上から殺して「寒かったんじゃねえの?」とか言わないの!?
「あちゃー」みたいな顔しないの!!?
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.5

丁寧な映画。ともすると勢いだけになりがちなのに、きちんと理由づけしていて、まあそれが少し中弛みにつながるかもしれないけど、それがこの映画独特のリズムになってて私は好きだった。
殺し屋の映画なのにほっこ
>>続きを読む

スカイライン −逆襲−(2020年製作の映画)

2.5

なるほど、全然ストーリー思い出せないけどストーリーわかりやすいな!
なんか、「ああ、ビームとか出ちゃう感じか」と半笑いになってしまった。
ちょこちょこかっこいい肉弾戦あったけど、2の方が面白かったな。

スターダスト(2020年製作の映画)

3.0

高校の頃、デビッドボウイ大好きでね、よく聴いてました。
というか、あれだけ色んな映画に使われてて、一番使ってほしい映画に使われなかったのは辛いけど、それらしい音やリフっぽいので何とか体裁を保ってる。よ
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

2.3

強烈かつ、なんか変な映画。なぜ少しコミカルなのか。そこが物凄い違和感を感じて目が離せない。
劣等感と天まで届くプライドの高さ…それが同居する。いるよね、こういう人。
居てたまるか、と思うけどよくいる。
>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

3.0

(ガイリッチーのファンです)

なるほど、これを洗練させたのがジェントルメンなのね!と思うなどした。
snatchやロックストックほど「ハマり感」がなく、いつものガイリチだけどキマリ切ってない感じ。
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

4.0

元々丁寧な映画だけど、ディレクターズカット版の方がより丁寧に説明されてる気がする。
1枚1枚が美しい構図、でもそれが本当に不気味でいい。不気味なんだけど、要所要所で笑ってしまうんだよな。そこかアリアス
>>続きを読む

サラブレッド(2017年製作の映画)

2.9

ダウナー系殺人。
命が軽い映画ばっかり見てたから、新鮮だった。
大人になりきれていない少女の、幼い殺意。わかったようなわからんようなことを言って深刻になりたい時期あるよね。

>|