Takujiさんの映画レビュー・感想・評価

Takuji

Takuji

NO MOVIE, NO LIFE.

映画(398)
ドラマ(0)

RONIN(1998年製作の映画)

2.9

組織に属しない凄腕たち、つまり浪人が金で集められある作戦に関わる。
二大スター競演で、話も練られてはいるんですが、いかんせんテンポが悪い。
中盤でのカーチェイスとかまではいいんですが、ラストに向けての
>>続きを読む

リベリオン(2002年製作の映画)

3.9

人間の感情が悲劇を生むという思想から、感情を抑制して生きる近未来。
感情こそ生きる価値とするレジスタンスを取り締まる主人公。
徐々に感情を取り戻し、怒りという感情を爆発させてからの怒濤のアクションは必
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.0

引退したいのにさせてもらえない可哀想なキアヌを堪能できますw
今回は前作以上にノンストップアクションなのでそこは満足なんですが、殺し屋の組織ルール重視するわりに、結局誰か殺したら狙われるので、そもそも
>>続きを読む

バレット・オブ・ラヴ(2013年製作の映画)

3.4

死者のメッセージに導かれ異国の地に降り立つというスタートの設定が好き。日本人には難しいだろうから憧れる…のかな。。
敵役の二人が豪華すぎてなかなかの絶望感w 出し方がもったいないというか、もっとこの二
>>続きを読む

エイリアン・プラネット(2011年製作の映画)

1.9

ツッコミどころしかないクソB級。
政府絡みのヘンテコな実験から異世界へ。登場人物みんなドジで次々異世界生物に殺されていく。
登場人物のダメさにイライラしたので負けた感はあるw このタイトルだといろんな
>>続きを読む

バトルフロント(2013年製作の映画)

3.4

安心安全のステイサムムービーw
今回はシングルファーザーで、娘も強いw
ステイサムムービーの良いところはただのアクションに終わらず、ちゃんと物語に伏線などがあるので観ていて飽きない。なお、どれがどれだ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

家族愛、仲間の死、そして月面着陸。様々な要素を入れたせいで全体としては薄い印象。
アポロ計画については様々な憶測もありますがw 確かにこの映画観てたら月への有人飛行なんて嘘だっていう人の気持ちもわかる
>>続きを読む

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

5.0

人生の目標的映画。
とにかく愛が深い。好きな女性にあれだけ積極的かつサプライズできるストレートさと、戦争という不孝から息子を守る強靭な愛情。
こんな男性、こんな父親に憧れます。
どれだけ厳しい状況にお
>>続きを読む

ジーア/悲劇のスーパーモデル(1998年製作の映画)

3.3

若い頃のアンジーの体当たり演技。この時の彼女のビジュアルは最強すぎる。
物語的には一時期を駆け抜けたスーパーモデルのサクセスと転落ですが、お金や名声ではなく、愛が欲しかった彼女が生きていける世界じゃな
>>続きを読む

プレデター2(1990年製作の映画)

3.2

一作目で地球人の外敵として描かれていたプレデターさんですが、この二作目でのちのキャラ付けが確定されたと言ってもいいでしょう。
プレデターは男気溢れる戦士で、無差別に殺戮するわけではなく、あくまでも戦え
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

3.3

日本でも忘れないと呪われる系の怖い話ってありますが、それを実写化したって感じ。
その名を言うと呪われて、考えるとそれが徐々に近づいてくる。妄想を見せて人を殺そうとするんですが…つかこいつ何者? ってと
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.6

実話映画は多いけど、まだ記憶に新しい&実際の映像を使うというのはすごい。それが出来たのもボストンという街がテロに打ち勝ったっていう自信からでしょうね。
とはいえ…亡くなった方や、手足を失った方もいて、
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

3.2

男性ストリッパーっていう特殊なお仕事で、表向きは華やかだけど社会的信用とか将来考えるとう~んっていう…内容は意外とシリアスだったりします。
けれど肉体美とダンスシーンだけでも観る価値あるかと思います。
>>続きを読む

アンストッパブル(2010年製作の映画)

3.6

ピンチはチャンス!!
無人の暴走機関車を止めろ! 会社の命令無視して自らの判断を信じて行動する二人がカッコいい!
列車連結させてからの緊張感が素晴らしい!
ピンチを命懸けで乗り越えれば、そのあとには希
>>続きを読む

ハイジャック(1972年製作の映画)

2.6

これは残念なハイジャックw
まず緊張感が一切ない。犯人間抜けだし、乗客も楽器引いたりタバコ吸ったり出産したりとやりたい放題www
最後のチャールトン・ヘストンの見せ場も無理矢理感満載で…古い映画がす
>>続きを読む

ヴェンジェンス(2017年製作の映画)

3.2

事件はそもそも胸糞ですが、あんな裁判あるか!? ってくらい加害者寄りで、犯人はもちろんだけど、弁護士も裁判官もどうにかしたれ!と思いましたw
また復讐はわかるが、それがろくに捜査もされず闇に葬られてる
>>続きを読む

フッテージ(2012年製作の映画)

3.4

一家惨殺事件を追う作家が、実はそれが連続事件だと判明し、その連鎖に自らの家族も巻き込まれていくというお話。
まあそもそも作家魂とはいえ、一家惨殺のあった家に引っ越すという時点で自業自得感ありますが、そ
>>続きを読む

幸せをつかむ歌(2015年製作の映画)

3.2

メリル・ストリープにバンドのボーカルやらせて、実娘も共演させちゃおうぜ! くらいのノリで作ってそうだけど、それをきっちり成立させちゃうメリル・ストリープ!!
家族の状況複雑にしまくってるのに、なんか最
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.5

旧作は観たんですが、痛い、叫び、意味不明くらいの感想しか覚えてませんw
からのリメイクを観たわけですが、ザックリした感想は近いものがあるなと。
旧作ではなぜそんな事件が起こったのか記憶になく比較できな
>>続きを読む

許されざる者(1992年製作の映画)

3.8

西部劇で成功したイーストウッドが、老いたガンマンの復讐劇を監督&主演するっていう時点で名作w
従来の西部劇とは違い、殺人という行為が非常に重く描かれている。悪役保安官のジーン・ハックマンが非常に素晴ら
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

3.0

あまりアニメ観ないんですが、新感染の序章にあたるということで観てみました。まあ全然繋がるストーリーじゃないし、感染の原因も語られないんですが…。とにかく韓国映画というのは、人間の闇にひたすらスポットを>>続きを読む

ダーク・ハーフ(1993年製作の映画)

2.5

ホラー界の巨匠同士のタッグでしたが…うーん、どうにも設定のパンチが弱い。
小説家が作り出した登場人物が現実に現れ連続殺人を行うんですが…まあ無理があります。まだ悪魔に魂売るとか、ドッペルゲンガーとかの
>>続きを読む

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.3

凶悪犯にCIA諜報員の記憶を埋め込み、世界的テロを阻止しようって話。
凶悪犯が凶悪すぎて、そこまでの人間でも記憶を共有できれば感情移入できるものだろうか? 普通に怖いわwww
超豪華キャストがケヴィ
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.0

ナタリー・ポートマンももうベテランなんだなー、というのが最初の感想。
夫であり大頭領を、目の前で射殺された大頭領夫人の告白…ってだけの映画でした。もう少し暗殺後の彼女の人生を追ってほしかった。結局のと
>>続きを読む

PAN ネバーランド、夢のはじまり(2015年製作の映画)

3.8

ピーターパン誕生までの物語。
これは素晴らしいファンタジー! ピーターパンを子どもの頃観てたのでキャラクターの出会いとかネバーランドの再現とかワクワクが止まらない!
ルーニー・マーラは出てきた瞬間タイ
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

2.7

とある工場内でのワンシチュエーションガンアクションってことなんですが…薄闇っていうわかりずらい色の中で大勢がバンバン撃ち合って、ひたすら名前叫んでなんかしようとするも、登場人物の把握が追いつかないし、>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

2.8

人間オールスターvsプレデターなんですが…選抜がそもそも。。最強軍隊とかのほうがまだね。
つかプレデターは最近も新作でましたが、エイリアンとの戦いがキャリアハイだと思う。他に戦わせる相手も見当たらない
>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.7

ウディ・アレンの映画はほとんどが人生=恋愛なので平和だなぁって気持ちになるw そしてヴェニスの街並みが素敵すぎる!
病院で重病人が踊ったり、なんなら幽霊も踊ったり、人生は最後の最後まで楽しめるって希望
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.2

より大きな悪を倒すために悪を利用するが…実際は全員が自分の利益のためにしか動いていないとうw
事実を基にしているので、現実はこんなもんかって思ってしまった。
もっと地元の繋がりの濃い描写とかあると違う
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.6

現代に甦ったヒトラー。この作品をドイツが制作しているというのがすごい!
歴史的タブーをユーモアと風刺を込めてこんな映画を作れるとは!!
戦争映画もそうですが、過去の過ちとか誰もが語りたがらないものを表
>>続きを読む

エネミー・ライン(2001年製作の映画)

3.3

オーウェン・ウィルソンのアクションとか今となっては新鮮。ジーン・ハックマンの堅物上官っぷりも良い!
紛争地域に一人残された兵士設定ですが、もっと訓練の応用とかサバイバル要素あったらもっと楽しかったかな
>>続きを読む

キング・ホステージ(2017年製作の映画)

2.5

兄弟愛なんだけど…弟がカリスマに思うほどの兄じゃない時点で、う~ん。。むしろこんな兄じゃ縁切りそうw
アクションシーンでやたらスローモーション入れてくるけどあんまカッコ良くないしw ストーリーもかなり
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.6

宇宙空間で一人ぼっち。理由はどうあれ、宇宙で生涯終えるとか悪くないなって思ってしまった。ライフラインはすべて確保されてるし、なんなら贅沢空間だしねw でもやはり主人公と同じ葛藤には苦悩するのかな…。>>続きを読む

シシリアン・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

ホラーではないけど、ほんとは怖い童話的な恐怖感がある映画でした。
景色の美しさと少女の純粋さ、どこか不気味な雰囲気と音楽。突然失踪する少年。捜索を続けつつ夢の中で少年に近づいていく少女。夢と現実が絶妙
>>続きを読む

300 スリーハンドレッド 帝国の進撃(2014年製作の映画)

2.8

スパルタ兵300人の戦いの最中の別のエピソードなので、これは果たして300なのか…。筋肉要素も劣り、劇画っぽい雰囲気も薄れ、敵も女性の将軍ってことで…少数精鋭で神に戦いを挑むのが楽しかったのですが、全>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.1

圧倒的肉体美! 一体どんなトレーニングしたらあんな体になるのか! 古代の人間の逞しさは十分に再現されている。
300vs100万という無茶苦茶な戦いで、首がぽんぽん飛ぶので苦手な方はご注意をw
こうい
>>続きを読む

>|