ササキハツミさんの映画レビュー・感想・評価

ササキハツミ

ササキハツミ

映画(375)
ドラマ(32)

長いより道(2018年製作の映画)

2.5

よく分からない
猟銃の音でビビる
KISSみたいなのは何?
って感じ

永遠に愛して(2016年製作の映画)

3.4

クロエたまの下位互換みたいな子
アルビノに意味があるのかは分からなかったけど、庭師っていう表現は最高に良い

ジュディット・ホテル(2018年製作の映画)

4.0

はぁ〜
長い映画みると体力使うしこんなにスッキリわかりやすいのってありがたいな
目も満足
メイドの制服と首のタトゥーがすき

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.7

視覚的にはチャーリーとチョコレート工場と、グランドブダペストホテルを足して割った感じ。
メンドルのシュークリーム出てきた()
にんじんお姉さんのメイクとネイルかわいい

ストローク(2017年製作の映画)

3.7

気持ち良いくらいの潔癖。
めちゃくちゃ手を洗いたくなる気持ちは分かる。
猫の撫で方まで規則的で笑った

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.7

好きなものは最後に残しておきたいタイプ、ゆっくり大事にみたかったやつ
かわいいパステルの世界で繰り広げられるとてつもなくカオスな人間模様
カオスって言っちゃいけないな、ユーモラス
あーいうパープルが好
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.5

元のタイトルCocoなのか
最後ミゲルの歌でめちゃくちゃ泣ける

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.8

これ公開2004年なんだすっげえ
フロゾンとエルサはたぶん親戚

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.5

なんで今までみてなかったんだろう!
じわっとくるほど切ない映画だとは思わなかった
エドワードの早歩きと、高まるとチョキチョキ動くハサミがかわいい
憎たらしいやつはどこまでも憎たらしい
クリスマスって最
>>続きを読む

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.2

鼻血流してぶっ倒れるシーン、これか!となった
ファビアンがちょーーーキュート

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.0

パッケージのチープなキラキラ感とジムキャリーの顔が苦手でなかなか手付かずだった映画
元鞘に戻る、というのをきれいに描いた映画

フィッシュマンの涙(2015年製作の映画)

3.5

首じゃなくてエラだったので、で吹いた
霧吹きのシュールさ、飲んでも飲んでも足りない水、邦題こんななのに、ずっとどこかコミカル
あのお葬式は、人間パクグとのお別れなんでしょう

ディープ・ブルー(2003年製作の映画)

3.5

小さい頃に親がみてて、光るクラゲのシーンだけなぜかめちゃくちゃ覚えてた。
改めてみたらすっごい。撮った方々すごい。
睡眠導入映画。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.5

やっぱりアナ雪すきだ〜
ドレスとかお城のデザインがとにかくかわいい
ストーリーは単純明快なだけじゃなくてわりとダークなのも面白かったし、音楽もインパクトは1に劣るとしても曲自体はとても好き。映像はきれ
>>続きを読む

私はゴースト(2012年製作の映画)

3.0

変な映画
棲んでるお家はきれいな洋館なのに、出てくる幽霊は黒髪ロングの白装束風でもう一方も呪怨的な雰囲気のヤツ。
いろいろ消化不良だし最後もすっきりしないし言ってること違うじゃん( ᵒ̴̶̷̥́ _
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.2

ここが何の会社なのか、住んでるのは寮なのか何なのか、どこなのか、ずっと暗くて不思議な空気が漂ってる
同じ顔に見えてる人とそうじゃない人がいる違いはなんなのだ

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

4.5

全部がわかったとき、悲しすぎてそれまでのシーンがぶわぁっとなる
見事な伏線回収、みおわってもっかいそのままみた。
お兄ちゃん役のジョージマッケイすき

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.9

同じ空間にいるのに、違う世界にいて、時間という概念のなさ、置いてけぼりにされる切なさにじんわり涙出た
長回しで動きの少ないシーンに響く音が印象的

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

こういう落ち着いた日常生活が理想となるんだろうな
犬がかわいい、歩き方がかわいい
エキセントリックってこういう人のことを言うのか

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.0

理解力の乏しさと詩的な映画はどうしても苦手なことに気が付いた。
テレビのチャンネルが変えられない、ジャマされる、消される、もどかしさはとても伝わった。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.8

雑な捜査に暴力的な尋問、やけにリアルで陰湿でグロテスクな現場、何と言っても胸糞

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

3.7

1:1の画角が、ぐっと広がって、また気付いたら狭くなっていた。また広がったり、狭くなったり。斬新
幸せな描写と不穏な音楽のシーンは、全く現実味がなくて苦しくなった。
あとダイアンたちの前では上手く話せ
>>続きを読む

The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ(2017年製作の映画)

2.8

ドロドロというほどでもないし、かといってこの男はまあまあに胸糞だし。
着ているドレス、エルファニングの美しさ、隔離された森で暮らす神秘さ、といったところ

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

4.0

ベーシストがえぐイケメン。
もっとこわいの想像してたけど、ホラーという括りは、グロ要素ということだったのか、そしてミュージカル映画とも知らなかった。
シルバーが、ミーテク好きすぎてかわいい。鱗剥がした
>>続きを読む

>|