じゃんくショックさんの映画レビュー・感想・評価

じゃんくショック

じゃんくショック

いかにその映画を楽しめるタイミングで鑑賞するかに命を懸けたいと思う。

映画(641)
ドラマ(17)

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

5.0

いやぁ、暑苦しい男どもが血みどろになりながら殴りあってるのに新海誠よりエモいのはなんで、、、pixiesつよ、

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

歌舞伎町のTohoでみる幸せ!

西新宿の用事の後で上映時間ギリギリを急いでいたら、まさかの選挙イベントの人混みに引っ掛かって足止めを食らい、新宿を恨みまくったが、その状態でみるこの映画はマジで相性が
>>続きを読む

リング(1998年製作の映画)

3.3

外が暑いから窓を締め切ってクーラーガンガンにして、画面が暗いから部屋の電気を全部消して、リングを初体験する7月の真っ昼間。
やっと夏が来ました

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.5

いやあすごかった!

エンドゲームとスパイダーバースの後で心配してたんです。これ以上何をしてくれるんですかって。

既に3代目になるトムホのあざとすぎるキャラも、残り少ないヴィランも、原作とかけ離れた
>>続きを読む

ミトン(1967年製作の映画)

4.5

1番かわいいアニメを発見してしまった!!!!

しかもミトンの人形を子供の頃に買ってもらって以来持っていたという事実。
あなたミトンだったのね!?色んな意味で!!!
ありがとうママン!

ロング・ウェイ・ノース(2015年製作の映画)

4.2

このあいだ一夜限定の上映を見てきました。その後日本の配給が決まったとか何とか、、、よかったね。

このアニメまさにシンプル。
映像はベタ塗りで、選び抜かれた配色と考え抜かれた構図が全てのシーンで味わえ
>>続きを読む

宇宙戦争(2005年製作の映画)

3.8

何てことだ!平成版 毎日やってる映画ランキングNo.1(私調べ)の宇宙戦争を記録し忘れていたなんて!!!
当たり前すぎてもはやノーカン現象が起きていた!(ちなみにNo.2は少林サッカーです)

巷の放
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

4.3

こんな大人になりたいランキングNo.1

いくら楽しく遊んでても、いつかは終わりが来て寂しい気持ちでいっぱいになる。そうならないように毎年、ある時期にだけ全力で鬼ごっこをする。

そんなん憧れるに決ま
>>続きを読む

ドラえもん のび太の宇宙漂流記(1999年製作の映画)

4.0

映画ドラえもん20周年作品!
1999年時点で20周年とはドラえもん映画の歴史って長いんですね。

そういえばドラえもんも時代に会わせて変化しているような気もします。

初期のカオス具合としずかちゃん
>>続きを読む

ユーリー・ノルシュテイン《外套》をつくる(2019年製作の映画)

4.0

数年前にも外套についてのドキュメントを見た。

そのときも自分でグッズを売って資金を作ってたし、ソ連崩壊後いかに制作を続けることが困難かについても同じことを言ってた。

なんにも進まず、なんにも変わっ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

面白かった。

マーベルでは珍しく、描写もアクションもキャラも軽めでこれまでの密度の高い映画とは違いリラックスしてみれて、これはこれで楽しかった!

次回のエンドゲームへの息抜きと期待ができるんじゃな
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

なんて優しさに溢れた世界だろう!!

ふとパディントンを思い出した。
私の中で、みんなが幸せな世界ランキングNo.1はパディントンの世界だから。

そして気付いた。どっちも愛らしくて間抜けなクマが出て
>>続きを読む

スーパーサイズ・ミー(2004年製作の映画)

3.4

【検証】1ヶ月間マックだけ食べてみたww

検証系ドキュメント。
果して健康に影響はあるのか?!

ひたすら胃がムカムカしてみていてキツかった。1ヶ月マックはヤバイ。
日本の給食は最高
アメリカの学食
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.3

てんこ盛り過ぎてお腹一杯すぎ。そんないいって、、
特にあの父の仇、丸々要らなかったわ。
長すぎて3時間物だとおもった。

みんなが好きな物詰め込んで「どう?楽しいでしょっ!」って制作の笑顔が見える。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

高嶺の花に恋をして、口説くためにバンドを結成して歌を作る。
自分もバンドらしくおしゃれして、夢のために前へ進む。

そんなこと私にはできない
眩しすぎて泣く。
実際できなくて泣いた。

がんばろ、、、
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.5

IMAXのどでかい画面に、アリータのどでかい目!!最高の組み合わせを体験したった。

壮大でこだわり溢れるSFな世界設定を、それにみあった映像とアクションで魅せてくれる。感動!

原作もチェックしよっ
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.2

段ボールフェチの私はお母さんに怖いからみるなと言われてたけど、タイミングを計りにはかってやっとみてやった。




段ボール、、、、。

ドラえもん のび太のドラビアンナイト(1991年製作の映画)

3.8

しずかちゃんが入ってる絵本をのび太のママンがお炊き上げするホラー映画。

そんなしずかちゃんを助けるために現実世界からフィクションの世界にアクセスするという柔軟が過ぎる発想(ドラえもんだから許されるガ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.9

なんて素敵なオンラインの世界だろう!!!
ディズニーのオマージュや表現への追求は変態の所為。
だけど、最近のトレンドであるオールスター感謝祭と、2次創作的なプリンセスのアクション展開のノリはどうしても
>>続きを読む

大人のためのグリム童話 手を失くした少女(2016年製作の映画)

4.0

筆で描かれた自由な輪郭線が、カラーの背景の上を流れるように動くアニメーションはなんとも面白い!それに、自然な線から生まれる揺らぎが、キャラクターにリアルな鼓動を与えていて魅入ってしまいました…。

>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.7

JKシモンズの鬼教師ぶりにはほんとに衝撃。でもそれ以上にマイルズテラー演じる主人公ニーマンの野心と欲望のエグさに同じ人間としてショックをうけた。

「上出来だ」がNGワードであるこの世界では私は一瞬で
>>続きを読む

名犬ラッシー/家路(1943年製作の映画)

3.5

授業でビデオ見ることになって何かなーってワクワクしてたらまさかの名犬ラッシーが始まって、声を出して笑ってしまった。

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

4.2

ドレスだけでも映画になる、それがメットガラ。

そこに舞台裏のメイキングがついてたら面白いに決まってた。しかもドレスからセレブが生えてるっていうお得パック。
見ない理由が見つからねえなあ?!

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.5

めちゃくそ元気出た!!
ジムキャリーって現代人なんだな。
ってなぜか思った

ソウ(2004年製作の映画)

4.0

2018年で最後に見た映画だった。
最高だった。

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.6

薄くて狭い夢の中のような世界だった。

エンドロールで寝たせいか、なんだかうろ覚えで良い夢見たなーって思った。
そんくらい居心地がよくて、中身がない。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

ストーリーと演出が映画的すぎてそこまで感情移入できなかったのは グレーショー陣の悪い癖のおかげ。

だけど高評価なのは映画館がもはやライブ会場だから。
Queenの音楽を全身で感じられるのはやっぱり最
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

1作目はジョニデショック
2作目はエズラミショック

映像と世界観と没入感は満点でございます。
ジュードロウには感動。
ジョニデはまだ許せない。

なぜタイトルをファンタスティックビーストにしたんだ。
>>続きを読む

>|