Domonさんの映画レビュー・感想・評価

Domon

Domon

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

1.0

きっつ。
福田監督のノリ改めて苦手だと実感した。
今までの作品の中でも過去一酷いわ。
観てられない。

山田孝之、佐藤二朗、小栗旬使ってれば
客入るでしょって感じが凄いして好かん。

ミザリー(1990年製作の映画)

3.5

身近に潜む恐怖。
お化けとは違って、実際にに近く居そうなキャラだから観ていてずっとソワソワしていた。
好みでなかっただけで名作。
最後のオチが本当に忘れられない…

宇宙人ポール(2011年製作の映画)

3.2

なんか退屈。
もう少しおバカに振って欲しかった。

クルードさんちのあたらしい冒険(2020年製作の映画)

3.6

前作にはなかった歌あり、ド派手な戦闘ありで面白さに磨きがかかっていた。
登場する原始時代の動物たちも怖すぎww

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.2

愛がなんだ系映画でもハマらない方の映画だった。
ヒロインが嫌いに思えたから評価が低いだけで、同じような経験したことがある人にとっては凄い響くんじゃないかな。

加藤と友達たちの飲み会の会話がこの映画の
>>続きを読む

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

4.2

ストーリーは置いといて、
曲は最近のディズニーの中でもかなり群を抜いていた!
本当に全部いい。特にこれがってあげようと書いていたら4曲あったから結局ほぼ全てww

キャラクターも魅力的。
自分の推しは
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

これはネタバレされたらブチ切れる映画ダントツ1位だわ。
本当にファンの想いを大事にし過ぎだよ。
こんなの観せられたら次の作品への期待も更に高まってしまう…

そして今回3人のスパイダーマンを観て、改め
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

3.4

急展開でガンガン年老いてやばいって内容を
期待していたら、ジワジワ系で残念。
もうちょい怖い要素あっても良かった。
不思議な世界だな〜ってくらいにしか思わなかった。

スマーフ スマーフェットと秘密の大冒険(2017年製作の映画)

3.3

キャラクターが可愛い。
実写混じりの続編の予告を観たから、
この作品も実写&アニメ作品かと思ったら
終始アニメだけでよかった。

でもトローズの下位下位互換くらいレベルかな。

スペース・プレイヤーズ(2021年製作の映画)

3.6

NBAファンとしてはもう少しバスケ要素欲しいな。
色々詰め込みすぎてよく分からん。

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009年製作の映画)

3.9

1と比較してたら10倍は面白い。
大河ドラマの黒田官兵衛もそうだったけど、
戦において軍師にスポットライト当てた作品はバトルシーン以外にも、心理的要素で観てる側の気持ちを揺さぶるから最高。
あとこの作
>>続きを読む

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

3.5

パート1は2で本気出すための試合のアップ的作品だからそんなに面白くない。
でも2の評価爆上げ要素だから観るべき。

パペット 大騒査線 追憶の紫影(2018年製作の映画)

3.6

下品なパペット映画の期待を裏切らない作品。
世界観もエルモとかと違って差別満載でアメリカが作りましたってメッセージが凄い伝わった!

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.2

ゾンビ×ミュージカル
新感覚の映画でゾンビ世界で明るく歌っていた主人公のアホさ(いい意味)加減にすごい大きな期待をして鑑賞したが、あの予告に使われていたシーンがこの映画の1番の見どころであとはそこまで
>>続きを読む

ビー・ムービー(2007年製作の映画)

3.6

これもコウノトリと同じで発想が好き作品。
蜂と人間の共存をテーマにしているのが面白いし、すごい好き!
実際に鉢たちが巣の中で映画みたいな快適な生活を送っていると考えるとワクワクできるし、それ以上に蜂と
>>続きを読む

コウノトリ大作戦!(2016年製作の映画)

3.3

ポスターの赤ちゃんが可愛くて鑑賞したけど、この赤ちゃんはサブキャラなのね😅
もっとすごい暴れて、振り回されてをこのコウノトリと行うドタバタストーリーかと思いきや、また違う成長ストーリーだった。その点が
>>続きを読む

ロボッツ(2005年製作の映画)

3.6

普通に良作。
自分の子供を自分たちで組み立てるのはロボットらしくずっと印象に残っている。

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

3.6

カッコ良さ満点!
他の映画だと仲間って感じだけど、
この映画だとルパンと五右衛門はお互いを認め合ったライバルって感じがする!

ボー・ピープはどこに?(2020年製作の映画)

3.6

オモチャがこんなに自分の欲望のために行動するのはやっぱり嬉しくないというか、なんか残念な気持ちになる。
1.2.3のあくまで子供を楽しませるためにどうするか、自分にできることを探すオモチャ達だからこそ
>>続きを読む

グレッグのダメ日記(2021年製作の映画)

4.0

小学生の時にずっと読んでいた本の映画化だから本当に嬉しかった。
アニメになっても可愛さは一切変わらず、可愛いのに厳しいアメリカのスクールカーストをこれでもかッ!ってくらい教えてくれるギャップが、時が進
>>続きを読む

きつねと猟犬(1981年製作の映画)

3.6

やっぱり古いディズニー作品は教訓や考えさせられることが多い。

出会った時は何にも邪魔されず普通に仲の良かった2匹が、その後お互いを待つ運命や境遇によって相反する関係になるのは見ていて悲しく感じた。で
>>続きを読む

拷問男(2012年製作の映画)

2.3

ムカデ人間みたいにおバカにステータス振りしていれば面白かったろうが、悲しいシーンが多すぎて、アホさを楽しめなかった。

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.7

前作よりもパワーアップしていて面白かった!

良かった点
1モンスターの登場時間増加
(スリル感が増した。)
2子供達がたくましくなっていて、ホラー映画特有のイライラがない。
3物語の背景が分かり、興
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

3.0

一言で表すと重い、暗い。
この映画を観て自分はゾンビ映画が好きなのではなく、ギャグ系ゾンビ映画が好きだということに気がつけた。

良かったゾンビ映画
・アナと世界の終わり
・ゾンビランド
・ゾンビーワ
>>続きを読む

シンデレラ(2021年製作の映画)

3.7

さすがのカミラ。鑑賞してから歌が頭から離れない。
でも1番かっこよかったのは、Rhythm Nationのremix!
gleeでもカバーしていたから馴染み深いがこの映画バージョンも良かった。

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.6

情報を鵜呑みにした視聴者に襲われる恐怖以上に、生死をかけて仕事に取り組める主人公たちにカッコ良さを感じられるのが、この映画の1番の見どころかもしれない。

アルベルトの手紙(2021年製作の映画)

3.7

こっちの方が好き。
観ていて温かい気持ちになれる。

あといつ観てもお父さんのキャラが魔女宅のパン屋の旦那と被るw

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

3.7

可愛いに特化していたから十分癒された。
でもそれ以上に優れていた点があったかと言われたら…

ただ普通に良い作品だったの一言に尽きる。

スモールフット(2018年製作の映画)

3.5

字幕吹き替え両方観たけど、
吹き替えは宮野真守節が炸裂していて楽しめたし、字幕ならデカいイエティをNBAのKing🤴ことレブロンが声優を務めているからどちらも楽しめた。

でもそれ以上にこの映画の1番
>>続きを読む

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

3.4

オチが予想と違ったことが1番の驚きだが、それ以上に妊娠させてしまった彼氏の誤魔化しぶりがリアルかつイライラするw
でもそのイライラ以上に主人公の1人の女性として、母として妊娠中の生き方にかっこよさを感
>>続きを読む

新宿スワンII(2016年製作の映画)

3.4

馬鹿だけど真っ直ぐな漢の役を演じていた綾野剛を純粋に楽しめた1に比べて、続編だから仕方ないが色々と綾野剛を邪魔するキャラが際立ちすぎて評価が下がった。
それにしても浅野忠信の悪役が適任すぎる🥶

新宿スワン(2015年製作の映画)

3.7

漫画原作、日本のアングラ系映画にしては普通に面白かった。
でも自分が綾野剛が好きだからこの評価になっている感も否めない。

でもはっきり言えるのは、この前テレビでやっていた土竜の唄よりは確実にいい作品
>>続きを読む

>|