Jemさんの映画レビュー・感想・評価

Jem

Jem

キラキラした青春に弱い

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.6

巣鴨子供置き去り事件を題材にした作品。「子宮に沈める」と同じテーマで心苦しいけど終始穏やかな演出が救い。

新幹線大爆破(1975年製作の映画)

3.6

400本目!!

新幹線のスピードを80㌔以下に落とすと爆弾が爆発する仕掛け。まさか「スピード」に影響を与えていたとは今日まで知らなかった...!作品自体「無人在来線爆弾」(シン・ゴジラ)が話題の時に
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.3

オールナイトホラー映画祭り〜第二夜〜

通算6作品目は「グリーン・インフェルノ」。イーライ・ロスなので公開時に観に行く予定でしたかカニバリズムにビビって月日が立ち今日に至る。イーライ・ロスにしては面白
>>続きを読む

グレイヴ・エンカウンターズ(2011年製作の映画)

3.0

オールナイトホラー映画祭り〜第二夜〜

通算5作品目は「グレイヴ・エンカウンターズ」。少し前にSNS等で話題になりそのヴィジュアルが怖すぎて避けてましたが、せっかくのこういう企画なので勇気出しました。
>>続きを読む

着信アリ(2004年製作の映画)

3.0

オールナイトホラー映画祭り〜第二夜〜

通算4作品目は「着信アリ」。オチが意味分からなかったけど、こういう類の設定はいつまでも時代と共に受け継がれるのだろうなぁと改めて実感した。

主題歌:柴咲コウ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

切り取り切り取りのカメラワークでテンポの良いカーチェイスの後からのOPの長回しで心鷲掴みされた

運び屋としての"ベイビー"は抱える過去が過去なだけに終始無表情だけど、デボラと過ごす"ベイビー"は自然
>>続きを読む

地獄のバスターズ(1976年製作の映画)

3.6

「戦争のはらわた」や「特攻大作戦」の影響を受けた「地獄のバスターズ」(原題:The Inglorious Bastards)がタランティーノに影響を与えてこうして私達に影響を与えるかどうかは分からない>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.7

閉鎖的空間でのゾンビ物は緊迫感増してイイね!「ワールド・ウォーZ」みたいな津波ゾンビがイイ!。なんのスキルもない一般人が己の拳と身の回りの道具を使ってゾンビ撃退に覚える親近感!笑 この点は銃社会じゃな>>続きを読む

Lick the Star(1998年製作の映画)

-

ソフィア・コッポラの監督デビュー作。16mmフィルムを用いた全編白黒映画。4人組のハイスクール少女の思春期の様を描いた、ただのソフィア・コッポラらしいセンスの塊映画。「Lick the Star」とは>>続きを読む

チャイルド・プレイ 誕生の秘密(2013年製作の映画)

3.6

オールナイトホラー映画祭り〜第一夜〜

第一夜 3作目は「チャイルド・プレイ」シリーズ6作目の「チャイルド・プレイ/誕生の秘密」。

「チャイルド・プレイ」シリーズといえば4、5作目がエロコメディに
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

3.5

オールナイトホラー映画祭り〜第一夜〜

第一夜 2作目は大ヒットホラーゲームの映画化の「サイレントヒル」

処刑マジニより処刑マジニの名に相応しいじゃないかっていう三角頭が女性を引き裂くシーンは今後
>>続きを読む

らせん(1998年製作の映画)

3.0

オールナイトホラー映画祭り〜第一夜〜

記念すべき1作目は「リング」の正統な続編である「らせん」。「リング」での出来事の真相究明が描かれるということですが、何も究明されてないやん!と思ったのは気のせい
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

あまりの酷評で気になって観た。声優については頷ける物があったがストーリーに関しては何が駄目なのか分からなかった。むしろ、私はこういう作品が好きなんで!!

"IF"を形どったフィラメントの"もしもボー
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.6

乃木坂を全く知らなかったから顔面偏差値高すぎてビックリ

部活物の青春映画の醍醐味はやはり練習と試合シーンだと思うけど、大半をそれに使っていてお腹いっぱい。練習とは関係無いんじゃ?って動きがちゃんと活
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.6

ワンダーウーマン誕生の秘密と戦争を通してみる人間の脆さ

ストップモーションを活かした独特なアクションシーンに痺れる!時間の都合上I-MAXでワンダーウーマンのテーマを拝聴することができなかったのでジ
>>続きを読む

アズミ・ハルコは行方不明(2016年製作の映画)

3.0

狭い生活圏の中で退屈な人間関係と刺激のない毎日を送る若者たちの情景を、役者の自然体な演技力を引き出すことが得意な松居大悟監督によってリアルに描き出した作品。閉塞感を感じて行き詰まったのなら、幸せをつか>>続きを読む

ダイバージェント FINAL(2016年製作の映画)

3.0

「トワイライト」をレジェンドとして「ハンガーゲーム」「ダイバージェント」「メイズ・ランナー」をそれに続く三大YA小説物と勝手に呼んでたんだけど、そろそろ無理があると感じてきた...。次回作は興行収入等>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.8

日本の警察組織がどうこうとかいう話は置いておいて、エネルギッシュな脚本と演技力に圧倒された。それだけでも観る価値はあると思うし、悪人全員がカッコよく見えてしまう。まるでこっちがシャブやってるかのように>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

5.0

作られた美に負けた者もいるけどそれを上回る悪魔(デーモン)もいる

初レフンでした。映画という名の芸術作品。色彩、ビジュアル、カット割り、全てにおいてこだわりを感じる。エロい。モデル業界の裏側の嫉妬、
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

I-MAX 3D 字幕版

ありがとう、ソニーピクチャーズ。今も尚、スパイダーマンの権利はソニーピクチャーズにある訳だがこうしてマーベルスタジオに一時的かもしれないが"ホームカミング"して単独まではれ
>>続きを読む

ひゃくはち(2008年製作の映画)

4.3

「青春って、甲子園って、こんなに泣けたっけ。」じゃなくてこんなに泣けるのが青春の、甲子園のいい所じゃないですか?

甲子園を目指す野球部の裏側。特に普段目向きもされない補欠選手の努力。弱小校が勝ち進む
>>続きを読む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

I-MAX 3D 字幕版

・トランスフォームするシーンが少ない
・バンブルビーばらばら事件
・ミニダイナボットかわいい
・カーチェイスが良い
・メガトロンって生きてたの?
・寝落ちした為、ウィトウィ
>>続きを読む

仄暗い水の底から(2001年製作の映画)

3.6

初観のつもりだったんですけど小学生の時に観てますね。あのエレベーターが水浸しになるシーンがトラウマでトラウマで...。改めて観ると愛のある作品でトラウマが払拭された気がしました。

主題歌:スガ シカ
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.5

「運命なんかじゃないよ。出会おうという意思があって出会ったんだよ。」

とても幸せな空間が広がっていました。シリアスな部分でもパぁっと明るくなる"君"の笑顔。親友には心配かけたくない目の前に迫る死の現
>>続きを読む

>|