Jemさんの映画レビュー・感想・評価

Jem

Jem

キラキラした青春に弱い

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.0

おっぱいとおっぱいと雄っぱいとおっぱいとダダリおっぱいとおっぱいと時々ハッセルホフ

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

2.5

ウンバルンバ並のキモかわのソーセージ型ヒトラーだし、スタン・リーでてくるし「Mr.タスク」観てないからか色々とむちゃくちゃだったけどリリー=ローズ・デップ可愛かった

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.3

最前列で観ました。

評判ではグロ抑えめと聞いていました。けど普通にグロかったです。恐らく、スクリーンで観たってのが効いてるのでしょう。何度も目を覆ってしまいました。スクリーンの偉大さを体感。ラストの
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

4.0

爆音映画祭in109シネマズ名古屋Vol.2

2013.1.29
なけなしのお小遣いで買った生まれて初めてのDVDが「キック・アス」だった。そうDVD!この直後に我が家にBlu-rayレコーダーが導
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

爆音映画祭in109シネマズ名古屋Vol.2

2015.8.19
機内鑑賞

マシュボンなので期待値振り切ってたけど機内の小さなディスプレイでの鑑賞と予告編でいい所見せすぎて良い印象無かったけど、今
>>続きを読む

ソウ ザ・ファイナル 3D(2010年製作の映画)

3.0

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2013.5.12
公衆の面前でゲームという暴挙。無駄な死の数々。ホフマンのやりたい放題。総伏線回収からの"真の後継者"。

>>続きを読む

ソウ6(2009年製作の映画)

3.0

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2013.3.23
駒として上司に動かされてきた部下達がゲームの犠牲者なるのはらしくない。全員が生き残る可能性があるのがジョンの
>>続きを読む

ソウ5(2008年製作の映画)

3.3

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2013.2.10
監督が変わって伏線回収がより丁寧になります。丁寧ですが直前での出来事なのでグッときません。ホフマン刑事とスト
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

初日初回I-MAX3D字幕版

「マイティ・ソー/ラグナロク」(原題)からの改題で物議を醸した作品。
監督は「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」のタイカ・ワイティティ監督。「シェアハウス〜」はギャグ
>>続きを読む

ソウ4(2007年製作の映画)

3.6

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2012.12.11
「3」鑑賞から7ヵ月も空いてるのは何があったのか分かりません。「4」からはだらだらと"後継者"とジョンの過
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

3.8

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2012.5.27
「3」以降、グロな描写のレベルが上がった印象。残虐だけど筋の通った"生"に対する哲学的なジョンの考え方がよく
>>続きを読む

ソウ2(2005年製作の映画)

4.5

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2012.2.12
前作鑑賞から2ヶ月経ってるのがトラウマ度の凄まじさ。ゲームのスケールがグーンとUP。個人的にシリーズ通して一
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

5.0

「『ジグソウ:ソウ・レガシー』公開直前勝手に!シリーズ復習企画!!」

2011.12.14
この日、私の人生は狂いました。「ソウ」を観てからスプラッター作品の大半(特にエログロ作品)はコメディにしか
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.0

「猿の惑星」前日譚三部作の完結編。オリジナルシリーズの人種差別問題に加え文明の発展に伴う問題が一枚噛んでくるのが新シリーズの見どころですが、今作はその色がより強くなっているしこの出来事がオリジナルシリ>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.6

スポ根物として十分良作だった。ガッキーを愛でるだけの作品かと思ってたけど脇が主役級ばかりの豪華俳優陣。だけどやっぱり広末涼子がNo.1。蒼井優の破壊力。

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

能力の事は分かったが登場人物の背景を描いて欲しい。感情移入どころではない。そもそもこの街で能力が芽生える原因はなんなのか?などと大きな事から小さな事まで矛盾点や疑問点が多すぎて見過ごせない...。後篇>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.8

「ヴィンセントが教えてくれたこと」が好きな人は絶対好きな作品。偏屈ジジィのイキすぎだけど筋の通った生き方が周りに認められた時と偏屈ジジィが心を開いていく様に涙。キスシーンにグッときた。恋愛パートをもっ>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

4.5

原題の「vvitch」について、現代英語でのWという文字はゲルマン語からもってきた二重音字「V V」でこの文字vvは16世紀を境に使われなくなったと教えていただきました。

前半は実態の掴めない"魔女
>>続きを読む

死霊館(2013年製作の映画)

3.3

ストーリーのあるホラー。じわじわ来る恐怖の実態を究明していくサスペンスにも感じた。ユニバース化してるから言えることだけど伏線を貼れるだけ貼った作品。反対に言うと不可解な点がいくつかあった。エンドロール>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.0

佐藤健は「るろうに剣心」でも魅せてくれたようにアクションが覚醒していた。もちろん脇を固める役者のアクションも。それ以上に変態チックな役の綾野剛の存在感の強さ。それらを煽るかのようなEDM音で心奪われた>>続きを読む

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.6

「私の寿命は長くて100年、短くて5秒。だから5秒だけキスして。」

身体障害者なクマと精神障害者なミツの"不完全"な2人のパーフェクトでレボリューションな"不完全"ラブストーリー。タイトルロールのP
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.8

「オオカミ少女と黒王子」や「PとJK」で個人的にアレだった廣木隆一監督作品ですが長回しを抑えていた。長回しを抑えさえすれば良い作品になるという証明された。これでも世間一般的には評価が低い...。
ナミ
>>続きを読む

スパイダー パニック!(2002年製作の映画)

3.5

モンスターパニック=B級映画かと思ってスルーしてたけどB級映画にしておくには勿体無いくらい面白かった。個性豊かなキャラクターとなんてったって可愛いく思えてくる巨大クモが魅力的。なんとクモが喋ってる!!>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.6

巣鴨子供置き去り事件を題材にした作品。「子宮に沈める」と同じテーマで心苦しいけど終始穏やかな演出が救い。

新幹線大爆破(1975年製作の映画)

3.6

400本目!!

新幹線のスピードを80㌔以下に落とすと爆弾が爆発する仕掛け。まさか「スピード」に影響を与えていたとは今日まで知らなかった...!作品自体「無人在来線爆弾」(シン・ゴジラ)が話題の時に
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.3

オールナイトホラー映画祭り〜第二夜〜

通算6作品目は「グリーン・インフェルノ」。イーライ・ロスなので公開時に観に行く予定でしたかカニバリズムにビビって月日が立ち今日に至る。イーライ・ロスにしては面白
>>続きを読む

>|