shadowさんの映画レビュー・感想・評価

shadow

shadow

映画(128)
ドラマ(0)

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.2

流石に三本目で前半はウトウト。ピアニスト役の俳優さんの努力には脱帽でした。
それにしてもピアニストの登竜門がこれほど過酷とは思いませんでした。
「ひと夜」に続いて、松岡茉優さんの演技に魅入ってしまいま
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

4.2

岩井俊二監督の映画は「スワロウテイル」「ラブレター」しか見てませんが、予告編の時から気になっていた作品。
手紙・図書館・フィルムカメラと現代からは懐かしくありつつのものを絡めながら、初恋の人に想いを馳
>>続きを読む

ナイト・オブ・シャドー 魔法拳(2019年製作の映画)

3.0

流石に以前ほどは動けないジャッキー・チェンの新作。CGを駆使して人間界と妖怪界の大乱闘を描きますが、核となるのはラブストーリー。あまり深く考えずに見れる映画。最後の格闘シーンは360度回転しながらで、>>続きを読む

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

3.5

鋼錬以来の山田涼介君の映画です。彼を忘れてしまった恋人の記憶を取り戻す苦しい旅。
そして、彼を支える大学のOBである佐々木蔵之介が演じる弁護士にも、ある想いがあります。
辛い経験をした被害者に寄り添う
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

悲しくて可愛い映画。マイティ・ソーの監督作品で監督もアドルフ役で出演してます。
ドイツに住む10歳の少年の半年間の出来事を通して、彼の成長と第二次世界大戦終焉近くの時代を描いています。
 オープニング
>>続きを読む

スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.2

42年間の歴史が幕を閉じました。
鑑賞後は、ランチしながら家族談議。
8がイマイチだった我が家では、今回は一つ一つ終わらせていった感があると思ってます。
でも、なんだかんだ言っても、スターウォーズシリ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.5

大好きなシリーズの3作目です。
本作では、主人公や彼を取り巻く仲間達の大きな成長を描いています。
少年の戸惑いから、みんなを率いる大人への彼とトゥースの物語。
子供にも大人にも見て欲しいアニメです。
>>続きを読む

THE INFORMER/三秒間の死角(2019年製作の映画)

4.0

好きな女優ロザムンド・パイクがFBIをその上司をクライブ・オーエンが演じています。
ヤクの売人役を頼まれた情報屋の主人公は、FBIとの作戦がおもわぬ方向にすすみ、逃げ出すタイミングを失い、刑務所に逆戻
>>続きを読む

HUMAN LOST 人間失格(2019年製作の映画)

3.0

予告編で気になり、鑑賞。
高田馬場で始まったのは驚きでした。
気になる題材ではありますが、アキラ・火の鳥ヤマト編など、既視感もありました。
映像は美しかったけど、近未来を描いた作品はやはり暗い。

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

4.3

タイトルに惹かれて応募したら、試写会に当選。
舞台に関わった方が脚本を担当して映画化された作品です。
 SFに出てくる未来が現実化する時代に、漫画の世界を実現するのも、そう遠くはないのかもしれません。
>>続きを読む

ロボット2.0(2018年製作の映画)

3.2

前作よりは本作の方が、私には面白かった。
敵キャラはこの世界に失望した鳥をこよなく愛する人物。
自然破壊とスマホに絡めとられた現代世界への警鐘とも、取れる作品でした。

タレンタイム〜優しい歌(2009年製作の映画)

4.2

タイトルは知ってました。10年経ってのアンコール上映。マレーシアについてに知識が乏しく、言語・宗教・民族がこんなに多種な国だとは知らなかった。高校生のイベントをきっかけに、彼らの家族の生活や夢を描いて>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あのターミネーター2の続編となる映画に、キャメロン監督がかかわるという事で、かなり期待してました。
シュワちゃんよりは、女性3人にフォーカスした物語。スローにしないアクションシーンの連続。
粗削りなカ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.0

突飛もないお話でした。ダニー・ボイル監督作品ですが、テイストは脚本家のリチャード・カーティスのテイストが強かったように思います。
ビートルズ世代ど真ん中ではないのですが、懐かしい曲がいっぱいで、もっと
>>続きを読む

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

3.6

試写会のお葉書をいただきました。
タイトルや原作の絵を見て、勝手にコメディかと思って、会場に向かいました。
淡い光に包まれた映像で、モキュメンタリーを見ているような映画。キュートな高校生達の初恋ものか
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

DCコミックでは、薬品タンクに落ちて風貌が変化していくジョーカーだが、今回は全く違う展開。貧困・虐待・病気と孤独が絶え間なく彼にヒタヒタと押し寄せてくる。
本作のジョーカーは、哀しみから始まる狂気の渦
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

3.8

題材としてはイタイ話です。父親に虐待され続けた子供達を守るために、母親はある決心をします。しかし、そのことによって、母親は刑務所へ、親戚の人に守られながらも、子供達には別種の試練が待っていました。
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.2

伊坂幸太郎原作という事で、見に行きました。
原作は未読ですが、タイトルに心惹かれました。
三浦春馬&多部未華子中心の物語と思いきや、各年代の登場人物が複雑に交錯します。
初恋中・同棲中・結婚中・離婚中
>>続きを読む

パリに見出されたピアニスト(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

少女漫画や韓国ドラマにありそうな物語。
音楽番スポ魂ものにも近い。
貧困・夫婦のすれ違い・彼女との出会い・弟の事故とエピソード多すぎですが、ピアノの音に包まれて、パリの街を歩いてる気分にさせてくれる映
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.5

前半は私でも名前くらいしか知らない俳優たちがいっぱい出てきます。テリー・サバラス、ディーン・マーチンくらいしかわからなかった。レオとブラピは出演を楽しんでるみたいでした。
あまりに古いハリウ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.5

ボヘミアン・ラプソディの最終監督の作品。正直な話、ボヘミアン〜の方が映画としては楽しく見れた。
ただ、エルトンの過ごしてきた時間、子供時代と成功した後の彼を取り巻いていた人々との関係は駆け足な
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

4.3

梅雨空の朝、「天気の子」を見に新宿の映画館へ。
レインボーブリッジにうつる水の揺らぎ、空を覆う雨雲、雨や水溜りの描写。
あらゆる天候の新宿の景色。雨の日に主人公たちと一緒に歩いている気分で見て
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

3.8

席が取れないので吹替版で鑑賞。字幕を読まないので、映像に集中出来ました。
オープニングから、そう来るかと。
エンドゲーム後の世界で、後を継ぐ者の苦悩と覚悟が描かれる。
MJ役のゼンデイヤとネッドの活躍
>>続きを読む

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

4.2

Netflixで大杉漣さんと千葉雄大さんが親子役のドラマがありました。
ツンデレ気味の千葉さん、静かな大杉さん親子よりは、映画版はコメディよりに感じましたが、最後はやはり泣かされます。
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.6

最初にXーMENを見たのは2000年、出演者で知っていたのは、パトリック・スチュアートとハル・ベリーだった。それから早19年とは。
今回のヒロイン、ジーン・グレイとサイクロプスは、前作のクール
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

4.0

原作を全く知らずに予告編を見ただけの知識で見ましたが、この作品、当たりでした。出所したてのチンピラを演じた柳楽君は最高。
安田さんは安定の旨さ、ヤー様役の向井理さんも不気味さを醸し出し、壊れて
>>続きを読む

空母いぶき(2019年製作の映画)

3.8

かわぐちかいじさんの原作は読んでませんが、面白かった。
国の領土に勝手に上陸する異国の人達。
ミサイルが飛んで来て、撃沈されそうになりながらも、自分達からは攻撃できないジレンマ。ギリギリまで戦争を回避
>>続きを読む

パリの家族たち(2018年製作の映画)

3.0

ゲストはフィフィさんでした。各年代の女性達が出てきます。人間関係を理解するまで、時間がかかりました。三人姉妹と母親のエピソードが一番切なかった。
全般に各人についての説明が少なめだったので、見終わった
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

TVシリーズは見てましたが、映画版もその延長だと思ってました。
が、TVシリーズのゲストをチョイ出ししながら、新たなゲストを向かえて更にパワーアップ。
恋する惑星・香港を舞台のラブストーリーかと眺めて
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.2

大友さんの「AKIRA」を見た時も驚きでしたが、今夜の「スパイダーバース」もまた、衝撃でした。
アメリカンコミックのページが、ひとりでに動き出したような感覚。
更に2Dなのに3Dに感じるようなシーンも
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.3

吹替版で鑑賞。俳優さんの吹替はあまり好きではないのですが、土屋太鳳さんも志尊淳さんも違和感なく良かった。
オープニングの闘いは、アニメのサイバトロンVSデストロンを思い出しました。
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

のっけから、御大へのオマージュ。否が応でもエンドゲームへと誘われます。
ヒロインはルームでの若き母親とはうってかわって、闘う飛行士。とんでもない事件に巻き込まれ、彼女の人生は一変します。
19
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

4.0

子供に「銃夢」の実写化をキャメロン監督が手がけると聞いてから、はや10年以上の月日が流れました。
満を持して、鑑賞、クオリティの高さにおののいてます。
主役のアリータはCG処理されているとはい
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

4.2

イーストウッドの鼻歌をBGMに気軽なドライブを楽しむ雰囲気でしたが、徐々にキナ臭い雰囲気に。
家族の問題・アメリカの麻薬売買と内容は重いのですが、サラッと見せてしまうのが凄いところ。
加えて小さな記事
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.7

小学生の頃見たジュリー・アンドリュースの「メリーポピンズ」。見る前からTVでは「チム・チム・チェリー」「お砂糖ひと匙で」や懸命に覚えた「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」のようには>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.5

4/05公開の映画VICEを見てきました。
ブッシュ(息子)大統領の時代、Vice Presidentを務めたチェイニー氏の物語。
演じたクリスチャン・ベール、スティーブ・カレル、エイミー・アダ
>>続きを読む

>|