PIXY

PIXY

人がつまらないと思っても自分には面白いと思う映画がある。今まで興味がなくても何かのきっかけで発見する映画もある。今日も興味なのか義務なのか映画を見続けようと思う。

Love Letter(1995年製作の映画)

3.8

この頃の中山美穂好きでした。岩井俊二の映画は若い頃の私には退屈でしたが今は観れますね、自分に余裕ができたのかな?
図書カードあのくだりは映画らしくていいなあ。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

4.0

最新作観る前に観なくていいやって思ったけど見直しとけば良かった。
ブラックパールや黒ひげの剣のこと完全に忘れてた。
話はペネロぺ・クルスが出てるだけで満足、だからスコア甘め。
ブラックパールが全然でて
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

子供と観賞、子供は楽しかったみたい。
楽しめなかった訳ではないのだがファンタジー要素に期待し過ぎたのか夜間飛行や魔法の扱いが中途半端で消化出来ないまま話が足早にラストまで進んで行った印象を持った。
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

4.0

ジャックのパンツ、ギロチン、ブラックパールのとこは面白かった、まだまだ見たいキャラだなと改めて感じた。
オーランドとキーラはもったいないね、最後のあれは期待していいのかな?
毎回バルボッサがいいキャラ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

3.7

前にも観たんだろうけど覚えてない、話について行けなかった。
最新作観るための予習のつもりが忘れてることの多さに衝撃。
ラストの戦いは見応えあり、最新作に繋がる予習も何とか出来た、だがまだ一作あるな(;
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(2008年製作の映画)

3.8

久々過ぎてインディも歳には勝てんのかとどうしても感じてしまう、頑張ってはいるんだけどね。
軍隊蟻怖い、でもやっぱ冒険はこうでなくちゃ印象に一番残ったかも。
インディらしさは随所にあったんだけどラストが
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(1989年製作の映画)

4.0

高校生の頃に映画館に観に行って以来久々に観る。
ハリソン・フォードだけでなく若かりしインディにリバー・フェニックス、お父さんがショーン・コネリーと豪華で話も聖杯伝説で面白かった。
お父さんのおとぼけぶ
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.2

ヒトラーが現代のドイツに突然現れたから始まるコメディかと思いきや大真面目な作品。
思った以上に引き込まれた、あくまでも風刺としてなんだろうけどドイツの今の現実にヒトラーの思想が受け入れられてしまうかも
>>続きを読む

インナー・ワーキング(2016年製作の映画)

3.5

頭と身体、脳と心臓かな?の対立を面白く表現したお話。
余談ながらモアナと同時上映作品だけどモアナの試写会にはこれがなかったので悔しい思いをしました。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.3

実際に起きた飛行機事故の映像化、危機的状況でこんなにも冷静に対応できるものなのか、機長を始めクルーの冷静さ乗客もパニックを起こさず凄い。
沿岸警備隊や近くにたまたまいたフェリーの素早い救助がまた凄い。
>>続きを読む

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(1984年製作の映画)

4.0

アクション満載でこれぞインディ・ジョーンズ、トロッコのアクションはこの映画。
久々に観るとこんな内容だったの?と忘れてる所が多い、考古学者に憧れたけど冒険は無理だなと感じた作品。
中国系の子役の子懐か
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.3

原作有るのかな世界観は嫌いじゃない、出だしは期待出来た。
ただキャラはいつものジブリで目新しい魅力がない、デザインは宮崎さんと何が違うの?高畑さんの時はそこまで感じないけど米林さんの作品には監督として
>>続きを読む

スリーピング ビューティー 禁断の悦び(2011年製作の映画)

2.0

エミリー・ブラウニングこんな役やるんだ。
でもそれが似合ってしまう不思議な雰囲気を持ってる女優さん、何はともあれ綺麗です、ごちそうさまでした。
話は全くわかりませんでした、何が言いたいのか?中身はエミ
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.1

3作続けて観るとキャラも覚えて話もわかる。同じようなキャラが多くて忘れちゃうんだよね。

トーリンどうなっちゃうのという展開、最後は宿敵アゾグとの対決、最後まで気を抜いちゃダメだよ。
トーリンのオーケ
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

4.0

樽に乗った激流アトラクション、スピーディーでもうワンダーとしか言えない、レゴラスはさらに上を行く(笑)
ロードオブザリングの世界観は壮大で雄大、嗚呼あのお宝の山は最高。
そこに行って寝転がってみたい。
>>続きを読む

エアポート2014(2014年製作の映画)

2.3

飛行機物にディザスター題材は好物なのに合わせちゃ駄目なのもあるよね。
なぜ観ちゃったかなー安い作りのドラマ映画、もう少し映像的に何とかならんかったかな。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

4.0

意外と面白かった、話はわからないとこあるけどマンオブスティールからの流れはついてけれた。
映像もザックスナイダーらしさがあり個人的には好き。
バットマンではスーパーマンに敵わない所を上手く作ってる。
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

4.0

アクション満載だけどシリアスよりお笑いが多くインディジョーンズを思い出した。
フライングダッチマン号にデイヴィジョーンズ、クラーケンと新キャラも存在感たっぷり。
ジャックとブラックパール号がーと思いき
>>続きを読む

アナと雪の女王/エルサのサプライズ(2015年製作の映画)

3.8

やっぱオラフいいわー、ボウリングにされるところ。
エルサプレゼントあげすぎでしょ。
短編として歌に合わせて楽しい映像にしたのは良かった、まさかのハンスの今がわかって同情。

愛犬とごちそう(2014年製作の映画)

4.1

犬が可愛く食いっぷりと表情がいい。
ジャンクフード好きだったのにベジタリアン化され、だんだん見向きもされなくなってる間にご主人様が大変なことに・・・お肉の誘惑に負けずキューピッドとして大活躍偉い!
>>続きを読む

ミッキーのミニー救出大作戦(2013年製作の映画)

4.0

スクリーンの中は昔風?昔の映像?まさかのスクリーンからの飛び出しでCGに変わる。
立体化されたミッキー達の活躍をうまくスクリーンの内外を使いアニメーションとして成立させてる。
ボイスアクターがウォルト
>>続きを読む

紙ひこうき(2013年製作の映画)

4.5

女性の👄以外モノクロでシンプルに光と影で表現された綺麗な映像、手描き風だけどCGを使い違和感全くなし。
女性が魅力的で主人公の気持ちがよくわかる、それを応援した紙飛行機たちグッジョブ。

ネッシーのなみだ(2011年製作の映画)

3.5

まさかのネス湖の誕生秘話。
自分で作っちゃったんだ。

小さな時計(2010年製作の映画)

4.3

パンツを下げるオッサン人形が頭に付いてて時計店中からバカにされてる時計のお話。
体をはった活躍で可哀想なことになり泣けてくるいい話。
最後には他の時計達から認められ、ラストのどやポーズが様になってます
>>続きを読む

グーフィーのホームシアター(2007年製作の映画)

3.8

いいなーあんなホームシアターセット欲しいわ。
ハチャメチャさをレトロな映像演出で表現してグーフィーの待ちきれない所やわくわく感がわかる。

マッチ売りの少女(2006年製作の映画)

3.5

言わずと知れた物語、それを音楽と現代の映像だけで見せる。
音楽のメロディーが悲しい。

ロレンゾ(2004年製作の映画)

4.0

単純な絵だけど奥が深い。黒ベースに色々な単色で構成して背景とキャラがマッチしてる。
音楽と映像だけでスピーディーでわかりやすい、だんだん怖い方に行くがエンディングのキャラの挨拶が面白く救いがあった。

ジョン・ヘンリー(2000年製作の映画)

3.6

キャラの動きが滑らか、気になるほどではないけど線は原画が混ざってるのか当たりみたいなのがチラチラ。
パッチワーク風な絵柄や絵画調な背景が良かった。

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

4.2

公開当時に映画館で観賞、久々に見直す。
やっぱジャックスパロウはジョニー・デップのはまり役。
ウィルのオーランド・ブルーム、エリザベスのキーラ・ナイトレイも同じくはまり役、キーラは綺麗な女優さんだなあ
>>続きを読む

ギャラクシー・クエスト(1999年製作の映画)

4.0

冒頭からスタートレックのパロディ?ぐらいで見始めたのにシガニー・ウィーバーとアラン・リックマンが出てるのに驚き。
嘘から現実になる有り得ないような話、SFという所が面白かった。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.5

もっとハチャメチャなのかと思ったけど意外と話はまとも、それが裏目かな。
DC作品は色が暗いイメージであまり観てない、なんとなくザック・スナイダーテイストを感じて嫌いではないと思ったら製作総指揮。
ハー
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

4.0

ファンタジー好きにはたまらん設定、プロローグ部分は何度でも観たくなる。
ガンダルフかっけー、でも魔法使いの割りに魔法が地味だし意外と肉体派だよね、ロードオブザリングから気になってた。

男だらけでむさ
>>続きを読む

ライオン・キング2 シンバズ・プライド(1999年製作の映画)

3.5

ライオンキング観たことないのになぜか2を観る。
娘がなんかないかと言うからなぜか録画されてたこれ。
まさかのヌカに泣かされた自分なりに頑張ってたんだよな。
シンバと娘のキアラとのやり取りは動物も人も変
>>続きを読む

ターザン:REBORN(2016年製作の映画)

3.7

ターザンの過去を回想として上手く入れてその後の話にしてるが、ターザンとしての凄さがリアル過ぎなのか坦々としてる、ゴリラとの関係はわかったけど他の動物との関係性は?
主役のアレクサンダー・スカルスガルド
>>続きを読む

インサイド・ヘッド(2015年製作の映画)

4.0

人の頭のなかの感情や記憶をキャラクターとして登場させる発想は凄い。
記憶を玉にして思い出したり忘れていく所なんてよく考えてる。
前向きな喜びが早口で押し付けがましくザアメリカ的なキャラクターでちょっと
>>続きを読む