ぼぶさんの映画レビュー・感想・評価

ぼぶ

ぼぶ

映画(151)
ドラマ(0)

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

4.0

原作を読んでから行ったのだけど、新田と尚美がより魅力的なキャラクターになってたと思う。主演二人、声が良い!とても!
この二人だけでなく、新田と能勢のバディ感もよかった。
キャストもセットもただただ豪華
>>続きを読む

海を駆ける(2018年製作の映画)

4.5

たくさん余白があって、それがいい感じな映画だった。ファンタジーのようなドキュメンタリーのような、爽やかな恋愛映画のような、何ともいえないかんじ。
ラウは、奪った命の分だけ他の命を救えるのかなぁと思った
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

アルマはレイノルズのミューズというか、理想のモデルとして愛していたのだと思ってたけれど、いつ・どこに恋をしたのだろう。二人の微妙な、ちょっとぞわっとするような距離感や歪んだ愛情に怖くもなったけれど、恋>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

4.5

一本の映画の中の曲が全部有名ってすごい。ドレミの歌やエーデルワイス以外も知ってる曲ばっかりでびっくりした。
歌が生活を豊かにしてくれたり、思いを吐露させてくれたり。音楽ってステキだね、と思わせてくれる
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

4.0

子供の中には、自分自身だけじゃなく親が生きてきた日々も刻まれてるんだね。誰もが誰かのヒビオルなんだ。
血のつながりはなかったとしても、一組の親子の、というか一人の男の子の健全な成長を見て、うん、正直す
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

親子とか幸せって何なんだろうって考えちゃった。誘拐自体はもちろん犯罪だけど、でも誘拐された子だったとしてもあんなふうに自分のためだけにビデオを作ってもらえて、あれほどのめりこめるものを見つけられた人生>>続きを読む

鉄コン筋クリート(2006年製作の映画)

4.0

シロが、クロの足りないネジを持ってるみたいなことを言っていたけれど、シロとクロって二人合わせて一人の人間というか、一人の人の中にある多面性みたいなことなのかなぁって思った。善と悪とか子供と大人とか。誰>>続きを読む

真田十勇士(2016年製作の映画)

4.5

おもしろかった!最初、違う映画観始めちゃったのかな?って焦ったけど笑、すごいおしゃれでわくわくする始まり方だった。
歴史、というか全ての出来事って、誰の立場で見るかによってほんとに変わってくるな。勝ち
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

5.0

いい映画!登場人物が少しずつクロスしていくようなお話も好きだし、なんだかんだやっぱりハッピーエンドがいいし、ほんとに観てよかった。ずっと気になってたけれど、この時期に観ようと思ってとっておいたのもよか>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

5.0

今まで観た映画の中で一番ハッピーだった。人って幸せな気持ちがMAXになると涙出てくるんだね。もうびっしょびしょ笑
人種も性別もコンプレックスも関係なく、生きとし生ける者は皆美しい。そんなメッセージを、
>>続きを読む

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

誰の目線から物語を見るかで、全然ストーリーが変わってきそうな感じ。
ブロンドがかっこよかったけど、とんだサイコ野郎だったな。かっこよかったけど笑

マリー・アントワネット(2006年製作の映画)

3.5

前に観た時は「可愛いものに囲まれて、こんな暮らしがしたいなぁ」とか無邪気に思っていたけれど、大人になってみるとそんなこと言えない笑
ドレスとか宮殿は最高だけど。
あの王族の生活になじめる人っているんだ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

この映画で原作に興味を持った人、読んでみてほしいなぁ。もっともっと胸を抉られるけれど、それを覚悟の上で。
登場人物の誰も、目をそらしたくなるくらい嫌なところがあるんだけど、それでも私に彼らを責める権利
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

どうしようもない奴らの、どうしようもない日常。
だけど、悔しいくらいおしゃれだった。あの生活の中には絶対入りたくないけど、ファッションもインテリアもすごくセンスが良くてちょっと憧れてしまって、それがな
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

5.0

もっとスーパーヒーローものな感じなのかと思ったら、めちゃくちゃ人間ドラマ。家族・夫婦・親子や会社の空気、インクレディボーイのオタクこじらせちゃった感じ、どこをとってもすごくリアル。
ダッシュのセリフで
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ良かった。というか、とんでもないものを見てしまったって感じ。
もう役者さんたちが誰一人役者に見えない。実在する、そこに生きている人たちにしか見えなくて、彼らと一緒に一喜一憂してしまった。深
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.5

クリスマスの奇跡な話って山ほどあるけれど、やっぱりいい。この映画も
好きになった。ドタバタで次から次にいろんなことが起きて、それがつながっていくのがすごく気持ちよかった。
家族はどうやってできていくの
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

青春!主人公二人が愛おしくなってくるし、どうにか救われてほしいと思ってしまう。いろんな思いを抱えながらも何かにまっすぐ向かって行く人は、やっぱりかっこいいな。
出てくる人たちがどんどんつながっていって
>>続きを読む

ムタフカズ(2016年製作の映画)

4.0

画と音楽がすごくおしゃれで楽しかった!特にアイスクリーム屋さんのトラックから流れるメロディーに音楽が重なるところ、カーチェイスと相まってめちゃくちゃかっこよかったし耳に残った。
主役3人とも声優上手だ
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.0

透明なひとだなぁって思った。
それはリョウがなのか松坂桃李がなのかはわからないけれど。
その透明な彼の目を通していろんな女性の姿を見せてもらったような感覚になった。
誰もが自分だけの欲望を持っている。
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.5

大人のためのファンタジーってかんじだった。展開はベタなラブストーリーだったけど、それが逆に夢があってよかった。そう、映画って夢を見させてくれるものだよなぁって改めて思えた。
この世界って、普段感じてい
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.0

やっぱり音楽ものの実写はいいな。マンガ読んでて頭の中になってた音がリアルに聴けるのがうれしい。
ストーリーは断然原作のほうがいいんだけど、セッションのシーンがすごく良かったから違和感なく観れた気がする
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

5.0

最高だった…。観ている間ずっと幸せだった。
ベンはずっと仕事一筋だったみたいに自分で言っていたけれど、絶対それ以外も充実させて生きてきた人だよね。それは、おしゃれなファッションや言葉選び、立ち振る舞い
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

想像してたのの200倍おもしろかった笑
冒頭からテーマソングをバックに学校まで向かうシーン、「物語のはじまりってこうであってほしい!」と思うようなわくわく感がぎっしり詰まっていて、すごく気持ちが高まっ
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

4.0

どんな感想を持ったらいいのか、この物語をどう咀嚼したらいいのか、すごく難しいなぁと思った。誰の気持ちに寄り添ってみても、わかるようなわからないような、何と形容したらいいのかわからない複雑な気持ちになる>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.0

この映画の中に住みたい。衣装にインテリア、どこをとっても好みど真ん中で、可愛すぎて死んでしまいそうだった。正直、話の内容あんまり頭に入ってこなかった笑

オデッセイ(2015年製作の映画)

5.0

おもしろかった!火星に一人残されるっていう恐ろしいシチュエーションなのに全く悲壮感ないばかりか、ちょっと楽しそうに見えるのがよかった(笑)
知識量・発想・行動力…宇宙飛行士もその周りで働いている人も、
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.5

もしもかぐや姫があのまま田舎で育っていたら、もしもあの家の子になっていなかったら…。いろんな”もしも”をつい想像してしまって、切なくなった。
なんていうか、男が愚かだよな、この物語。翁の浮足立ってる感
>>続きを読む