ぼぶさんの映画レビュー・感想・評価

ぼぶ

ぼぶ

映画(136)
ドラマ(0)

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

この映画で原作に興味を持った人、読んでみてほしいなぁ。もっともっと胸を抉られるけれど、それを覚悟の上で。
登場人物の誰も、目をそらしたくなるくらい嫌なところがあるんだけど、それでも私に彼らを責める権利
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5

どうしようもない奴らの、どうしようもない日常。
だけど、悔しいくらいおしゃれだった。あの生活の中には絶対入りたくないけど、ファッションもインテリアもすごくセンスが良くてちょっと憧れてしまって、それがな
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

5.0

もっとスーパーヒーローものな感じなのかと思ったら、めちゃくちゃ人間ドラマ。家族・夫婦・親子や会社の空気、インクレディボーイのオタクこじらせちゃった感じ、どこをとってもすごくリアル。
ダッシュのセリフで
>>続きを読む

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

5.0

めちゃくちゃ良かった。というか、とんでもないものを見てしまったって感じ。
もう役者さんたちが誰一人役者に見えない。実在する、そこに生きている人たちにしか見えなくて、彼らと一緒に一喜一憂してしまった。深
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.5

クリスマスの奇跡な話って山ほどあるけれど、やっぱりいい。この映画も
好きになった。ドタバタで次から次にいろんなことが起きて、それがつながっていくのがすごく気持ちよかった。
家族はどうやってできていくの
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

青春!主人公二人が愛おしくなってくるし、どうにか救われてほしいと思ってしまう。いろんな思いを抱えながらも何かにまっすぐ向かって行く人は、やっぱりかっこいいな。
出てくる人たちがどんどんつながっていって
>>続きを読む

ムタフカズ(2016年製作の映画)

4.0

画と音楽がすごくおしゃれで楽しかった!特にアイスクリーム屋さんのトラックから流れるメロディーに音楽が重なるところ、カーチェイスと相まってめちゃくちゃかっこよかったし耳に残った。
主役3人とも声優上手だ
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.0

透明なひとだなぁって思った。
それはリョウがなのか松坂桃李がなのかはわからないけれど。
その透明な彼の目を通していろんな女性の姿を見せてもらったような感覚になった。
誰もが自分だけの欲望を持っている。
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.5

大人のためのファンタジーってかんじだった。展開はベタなラブストーリーだったけど、それが逆に夢があってよかった。そう、映画って夢を見させてくれるものだよなぁって改めて思えた。
この世界って、普段感じてい
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

4.0

やっぱり音楽ものの実写はいいな。マンガ読んでて頭の中になってた音がリアルに聴けるのがうれしい。
ストーリーは断然原作のほうがいいんだけど、セッションのシーンがすごく良かったから違和感なく観れた気がする
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

5.0

最高だった…。観ている間ずっと幸せだった。
ベンはずっと仕事一筋だったみたいに自分で言っていたけれど、絶対それ以外も充実させて生きてきた人だよね。それは、おしゃれなファッションや言葉選び、立ち振る舞い
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.0

想像してたのの200倍おもしろかった笑
冒頭からテーマソングをバックに学校まで向かうシーン、「物語のはじまりってこうであってほしい!」と思うようなわくわく感がぎっしり詰まっていて、すごく気持ちが高まっ
>>続きを読む

(1954年製作の映画)

4.0

どんな感想を持ったらいいのか、この物語をどう咀嚼したらいいのか、すごく難しいなぁと思った。誰の気持ちに寄り添ってみても、わかるようなわからないような、何と形容したらいいのかわからない複雑な気持ちになる>>続きを読む

シェルブールの雨傘(1963年製作の映画)

4.0

この映画の中に住みたい。衣装にインテリア、どこをとっても好みど真ん中で、可愛すぎて死んでしまいそうだった。正直、話の内容あんまり頭に入ってこなかった笑

オデッセイ(2015年製作の映画)

5.0

おもしろかった!火星に一人残されるっていう恐ろしいシチュエーションなのに全く悲壮感ないばかりか、ちょっと楽しそうに見えるのがよかった(笑)
知識量・発想・行動力…宇宙飛行士もその周りで働いている人も、
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.5

もしもかぐや姫があのまま田舎で育っていたら、もしもあの家の子になっていなかったら…。いろんな”もしも”をつい想像してしまって、切なくなった。
なんていうか、男が愚かだよな、この物語。翁の浮足立ってる感
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.5

原作にあった重苦しさ、一瞬も気を抜けない空気がそのまま映像に。なかなかしんどかった。
"正義”って言葉はなんとなく独善的な感じがするからあまり使いたくないけど、でも人はみんな、自分の持つ正義や正しさを
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.5

大人になったらもう一度読みたいと思ってる小説がいくつかあるけど、この映画もその中に一緒にしまっておきたいな。
色彩感が、今まで観てきた映画の中でもかなり好きだった。目にまぶしい色たちと、どこを切り取っ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.0

最初はミゲルにかけられる”家族だから”という言葉がしんどくて、ディズニーにしては珍しく最後まで観れないかも…と思ったけれど、最後には”家族だから”に少し救われるような気持ちになれてよかった。
ミゲル役
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

いろいろ考えてしまう。いろいろ考えてしまうんだけど、一番思ったのは”自分なりの戦い方を見つけていく物語”なのかなってこと。
警察学校時代のジュディのエピソードもそうだし、正義感だけで突っ走ってたのがど
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.0

ネイディーンの、身体からはみ出してきちゃいそうなほどの自意識に悶えながら観た。
良くも悪くも世界が自分中心に回っている感じはすごく痛いけれど、表れ方は違えど私も持っていたものなんだろうなぁと思った。思
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.5

ひゃーわくわくした!ダニーとラスティが並んでるだけでもうわくわく感がすごい。というか、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットの2ショットがかっこよすぎる。
精鋭チームはいいなー。最後1人ずつ解散してい
>>続きを読む

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

4.0

観るの何回目かな?何度観ても、ハウルに恋をしてしまう。せざるをえない(笑)
かっこよくて優しくて繊細で、でもちょっとだけ、絶妙に残念で。その絶妙さがずるい。
キャラクターがみんな魅力的で大好き。

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

4.5

20年ぶりくらいにみたポケモン。見入ってしまうくらいおもしろかった。
ピカチュウが可愛すぎる。
すごくわかりやすいストーリーだけど、やっぱり子供が観ても大人が観てもいいなぁと思うものって普遍的なのかな
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

いろいろありすぎて心臓に悪かった。おもしろかったけどぐったり(笑)
非常事態って、本当に人間性が出るよねぇ。
最初娘に自分のことを第一に考えるように説いていた主人公の姿も、腹立たしいくらい自分優先に動
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

もっとサスペンスっぽいのかと思ったら、いろんな優しさに溢れていてよかった。
私はもうジャックみたいに世界を見ることはできないけれど、子供の頃、初めて見たものや経験することに対してどんな気持ちになってい
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.5

沢尻エリカすごいわ…。他にりりこを演じられる女優さんいないんじゃないかな。演技だけじゃなく、あのビジュアルを作り上げたのもすごいと思う。もともとの体型を知ってるわけじゃないけれど、全身整形っていう設定>>続きを読む

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

4.0

吃音を治してスピーチをするまでの物語じゃなくて、幼いころにかけられた呪いをひとつずつ解いていく物語だよね、これ。
子供の頃に受けた傷とかそれによってできた思考ってほんとに厄介で、過去をちゃんと過去にし
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

4.0

偶然見つけて観たんだけど、すごくよかった!
リアルとファンタジー半々って感じ、だけど江ノ島ならあれくらいの魔法や奇跡が存在しそうって思ってしまうのはなぜだろう(笑)
ラジオがもっと好きになった。最初の
>>続きを読む

>|