ぼぶさんの映画レビュー・感想・評価

ぼぶ

ぼぶ

映画(87)
ドラマ(0)

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.0

親子関係って難しい。よその家庭のことって案外知る機会がない気がするし、なんだかうまくいかないと思っても、子供であればあるほど他に行ける場所がなかったりするし。でも、ぶつかりながらかたちを変えて、より”>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

うーん、なかなか胸を抉られる映画だった。特に最後の、2人が出会ったところからの「もしも」のシーン、あれはなぁ…。2人が結ばれていたら、きっと今の幸せや夢は手に入らなかっただろうからな。なんとも切なかっ>>続きを読む

At the terrace テラスにて(2016年製作の映画)

4.0

劇を映画化したもの、というより完全に舞台。
生でお芝居を観ているみたいでおもしろかった。この何てことない会話が最後どう着地するんだろうと気になって、わくわくしながら観てた。
女性陣2人、最高だったなー
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

4.5

指とか、恋とか、歌とか、息子とか。
大切なものを失うってものすごく痛い。
だけど、それらを何らかのかたちで取り戻した時、世界は前より美しいものに変わってる。そんなことを感じさせてくれた。
特にエピソー
>>続きを読む

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

4.0

耳と目が喜ぶ映画だった!音楽とファッションが最高におしゃれ!
クラシックなミュージカル映画は初めて観たけど、夢が詰まってたなぁ。
まさに音楽とダンスのように軽快に生きている登場人物たちが、なんだかうら
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

私は本当に、何も知らないんだな。この国の過去も、その時代を生きていた人たちのことも、原爆ドームの本来の姿も、生きるための衣食住の知恵も、私は何も知らなかった。そのことを悔しく恥ずかしく思った。
前半す
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

4.5

恋は魔法。ステキだったー。
”嘘”っていうとなんとなく悪みたいな感じがしてしまうけれど、やっぱり良い嘘とか夢とか幻想って人生の中に必要で。
ずっとそういうものの中にいることはできないけれど、少しくらい
>>続きを読む

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス(2014年製作の映画)

4.0

平和の定義って何なんだろう?とずっと考えながら観てた。
やっぱり狡噛と常守朱のコンビが好きだなぁ。

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

5.0

いろんな感情がぎゅっと詰まっていて、心を揺さぶられる物語だった。
楽しくて悲しくて、ほっとしたと思ったら寂しくなって、何も考えずに笑えて切なくなって。だけどそうやってぐいぐい引っ張られる感じが気持ち良
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

5.0

すごく好きな空気を纏った映画だった。
リンコさんみたいな女性になりたいなぁっていうのと、子供の頃とか生きていくのがしんどい時にあんな人がいる逃げ場があったなら、ってことを考えながら観ていた。お洋服もイ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

素晴らしかった。2時間ちょっと、夢の世界に連れていってもらったような気分。
実写化されたところでフィクションであることに変わりはないんだけど、ずっとアニメで観てきたあの世界は本当にあったんだ!と思わせ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.5

すっげーおもしろかった!すげー映画だった。
原作が良いのか映画が自分にハマったのかわからないけど、とてもおもしろかった。
東郷の残念っぷりが好きだったんだけど、あの家で育ったらそりゃ性格歪むわ…。政治
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

4.0

この人の幸せはいったいどこにあるんだろう、と思った。例えばまたお金持ちと結婚して元の生活水準に戻れたとしても、きっと満たされないんじゃないかなって。
わがままで見栄っ張りで情緒不安定で、決していい人で
>>続きを読む

フラワーショウ!(2014年製作の映画)

5.0

偶然出会えてよかったステキな映画!
意志のある人のところにはちゃんと人が集まってきて、道が拓けるんだね。
メアリーの姿にこれからこうなっていきたいと思う生き方が重なって、勇気と夢を持てた。それに、あん
>>続きを読む

結婚(2017年製作の映画)

3.0

外国の映画を観ているようで、日本の街の景色のはずなんだけど異国の香りがしてくる映像がなんだか不思議だった。
内容というより画面の色合いや雰囲気、衣装が好みで楽しめた。

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

4.0

人生のほんの一瞬だけ、偶然に重なった二人の恋。ラストはなんとなく想像ついていたけれど、やっぱり切ないような気持ちよく前に進めるような。
下世話な言い方だけど、ジェームズ死ぬほどモテるんだろうなぁ…。優
>>続きを読む

シカゴ(2002年製作の映画)

4.5

開始30秒で好きな映画だって確信。
ブロードウェイのミュージカルを最前列で観ているような気分になった。言うまでもないけれど音楽がとっても良くて、舞台でもう一回観てみたくなる。
女って強くてしたたかで、
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

小説版を先に読んでいてストーリーは知っていたけれど、音楽がつくとすごく印象が変わるなぁと思った。RADWIMPSの曲と画のキレイさがとても合っていた。
2人が入れ替わる高校生活の場面をもっと観たかった
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.0

切ない…。
最初はエドワードの純粋さがただただ可愛くて微笑ましくて、町の人たちにも好奇の目を向けられるだけじゃなく、少しずつごく自然に受け入れられていくのがうれしかった。だけど、後半の手の平の返しよう
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

4.0

ストーリーがどうとかそういうのは置いといて、とにかく「映画って夢を見させてくれるものなんだ」ってことを強く感じた映画だった。こんな経験は初めて。
ホリーに共感できるところって正直あんまりないんだけど、
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

4.5

ティム・バートンの世界が大好きだし、この映画はやっぱり音楽が好き。悪口ばっかり言ってるけど(笑)
もう何度も観ているけど、今日改めて観直してみて、この物語ってウィリー・ウォンカが大人になるまでの話だっ
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

4.0

エイミー・ワインハウスと聞いて「あのお騒がせセレブの人か…」と、それ以上のことを知ろうとしなかった自分を恥ずかしく思った。”セレブ”と呼ばれる生活に一番戸惑っていたのは彼女だったのか。本当のエイミーは>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

4.0

27歳。もうそれほど若くない。何をやってもうまくいかない。
最初の方は走って転んでを繰り返してるフランシスが微笑ましくクスッと笑ってしまったけれど、だんだんと痛々しさというか、どん詰まり感が自分のこと
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

怖かった…。ゴジラがっていうか、もしもあんな大きな災害が起きたら、どうやって、何を信じて行動したらいいんだろう、って怖くなった。
政府の対応を信じて本当に大丈夫なのか。普段からいろんなことを知って、考
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

希望と絶望が何度も何度も襲ってきて、だけど素敵なラストでよかった。
ああいうファッションが今は普通になっているせいか、俳優さんたちがかっこいいせいか、囚人服がものすごくおしゃれに見えた。

>|