ぼぶさんの映画レビュー・感想・評価

ぼぶ

ぼぶ

  • 53Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

怖かった…。ゴジラがっていうか、もしもあんな大きな災害が起きたら、どうやって、何を信じて行動したらいいんだろう、って怖くなった。
政府の対応を信じて本当に大丈夫なのか。普段からいろんなことを知って、考
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

希望と絶望が何度も何度も襲ってきて、だけど素敵なラストでよかった。
ああいうファッションが今は普通になっているせいか、俳優さんたちがかっこいいせいか、囚人服がものすごくおしゃれに見えた。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.5

前篇がすごく良かっただけに、なんでこんなにいろいろ詰め込んじゃったんだろう、って感じ。
ひなちゃんのいじめのシーンはやっぱり泣いてしまった。

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

4.5

原作の大ファンですが、俳優さんたちがマンガと似すぎていてびっくり。特に島田役の佐々木蔵之介さんと後藤役の伊藤英明さんなんて、二次元から出てきちゃったのかなってくらい。
それぞれの棋士について丁寧に描か
>>続きを読む

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

3.5

不倫はやっぱりダメだし、結局だれも幸せにはなってないけれど、ほんの短い間でもあの時のあんずに卓巳がいて本当に良かったと思った。あの家族からのプレッシャーと不妊治療と、あんな中に一人でいたら死んでしまう>>続きを読む

もらとりあむタマ子(2013年製作の映画)

4.0

あっちゃん、ほんと良い女優さんだなぁ。最初から最後まで、タマ子にしか見えなかった。食べ方や表情やしゃべり方、どれもだらしなくてダメなんだけど、嫌な感じがしなくて可愛く思えてくるのがすごい。

メットガラ ドレスをまとった美術館(2016年製作の映画)

5.0

なんだかすごいものを見ちゃった。終わっても興奮が醒めなかった。
展示されている作品やセレブたちの衣装が素晴らしいのはもちろんなんだけど、アナ・ウィンターや錚々たるデザイナーの方々がたくさん出てきて、歴
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

大事なものができると人は弱くなるって残酷だよなぁ。レオンはもともと繊細な心を持ってる人だったと思うけど。
親子でも恋人でも相棒でもないような、でもどれにも当てはまるような2人の関係、どんどんお互いを信
>>続きを読む

ミニオンズ(2015年製作の映画)

5.0

おもしろかった!全編ほぼミニオン語で何言ってるかよくわかんないのに、なんとなく伝わってくるのがすごい(笑)
この映画でも彼らは安定のお下品さで、可愛くて最高でした。

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.5

アデルのどうしようもなく満たされない感じ、ずっと焦点の定まっていないような目や表情が印象的だった。食事のシーンが多かったけれど、そこだけ見てもアデルとエマが対照的で、いつか2人は離れていってしまうんだ>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

5.0

衣装目当てで観たんだけど、ストーリーが想像以上におもしろかった!というか、楽しくてあっという間に終わっちゃった。
ずっと惹かれ合っているはずなのに、いつまでも選手とコーチみたいな顔しちゃってる2人が不
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

4.0

ずーっと緊張感のある映画だった。何か危ないものを見てしまっているような。コウちゃんがひたすら美しくて。
そんな緊張感の中で、大友の存在にすごく助けられた。椿の木の下で3人の視線が交錯するシーン、夏芽の
>>続きを読む

聖の青春(2016年製作の映画)

4.5

作られたものじゃなく、ドキュメンタリーを観ているような感覚になった。松山さんのことを知らなければ「この人が村山聖です」と言われても信じてしまうだろうな、と思うくらいリアルだった。
結末はわかっていたけ
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.5

こんなに音楽の比率が高い映画を観たのは初めてだったので、びっくりした。
音楽を生業にしている人ってどうしてこうも孤独なんだろう。だからステキな歌を歌えるのかな?
華やかなステージのシーンよりも、ステー
>>続きを読む

シンデレラ(2015年製作の映画)

4.5

姉たちと継母が本当に嫌な奴なんだけど、衣装が死ぬほど可愛くて悔しい(笑)
フェアリーゴッドマザーのバタバタぶりも可愛いし、あの魔法のシーンで急にちょっとコメディみたいになるのが好き。
「勇気と優しさを
>>続きを読む

バーレスク(2010年製作の映画)

5.0

公開時ぶりに観たけど、やっぱり好き。
あのきらびやかでいかがわしい世界がすごく好きだし、衣装もステージも夢みたいにステキで、アリが憧れた気持ちがわかる。
アリに夢の掴み方を教えてもらったような気がする
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

青春!いやーうらやましい。
15・6歳の子たちの話だけど、すごく大人っぽく思えた。
モテたくてバンド…って世界共通なんだな、とちょっと笑ってしまったけれど、劇中の曲やMV、ライブシーンは「こんなバンド
>>続きを読む

怪盗グルーの月泥棒 3D(2010年製作の映画)

4.5

ミニオンズはほんと低俗で可愛い(笑)
コピー機でおしりコピーしてゲラゲラ笑ってるのが超可愛かった。
おもしろくてちょっとジーンとする、あったかい楽しいアニメですごく好き。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

5.0

どうして同性愛者じゃいけないの?
なんでゲイだと知られたら仕事をクビになるの?
夜の仕事してるってそんなにいけないことなの?
そして、ラスト…。
やりきれない思いでいっぱいになった。映画の舞台は79年
>>続きを読む

サンバ(2014年製作の映画)

3.5

ただ普通に暮らしていくことがどうしてこんなにも難しいのだろう、とずっしり重い気持ちになった。
大多数の人の”普通”がどんなものの上に成り立っているのかとか、誰もがもう少しずつでいいから生きやすくなるに
>>続きを読む

美女と野獣(1991年製作の映画)

5.0

実写版を観る前に、と子どもの頃ぶりに観てみた。いやーこんなに良かったっけ?大人になったからこそ良いと思えたのかも。
ディズニーのプリンセスものって姫と王子が一瞬で恋に落ちるストーリーが多いけれど、この
>>続きを読む

ネバーランド(2004年製作の映画)

5.0

気がついたら泣いてた。たぶん泣けるポイントじゃないと思うのだけど、劇中劇のピーターパンが素晴らしくて。あのシーンで、本当に夢の世界に連れて行ってもらったような気持ちになる。
ジェームスはそれが仕事でも
>>続きを読む

素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店(2015年製作の映画)

4.5

ブラックユーモアたっぷりでおもしろかった。
主人公の俳優さんの表情がとてもよかった。いろんな気持ちのこもった無表情というか、いろんな感情が読みとれるのに感情のない顔がすごく好きだった。そこにだんだんと
>>続きを読む

>|