吉田ボブさんの映画レビュー・感想・評価

吉田ボブ

吉田ボブ

映画(152)
ドラマ(0)

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.9

できの悪いブラックミラー
特にラストが史上稀にみる雑さだった
個人的にスターウォーズのフィン役の人とベックが出てくるのが面白ポイントだった

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

ジメジメした気持ち悪さとサスペンスエンタメ感の割合がちょうどいいし、なによりわかりやすく伏線回収しないのがいい

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

デットプール3ではライアン・レイノルズがピカチュウやったことネタにされそう

ゴールデンスランバー(2017年製作の映画)

3.7

仙台がカンナムに置き換えられて韓国式超エンタメサスペンスになってた
もはやゴールデンスランバーってタイトルが邪魔

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.2

無条件にメカとアクションがいい映画はアガります、ポップコーンムービー、いやウィスキームービー
なんか前日にウィスキー死ぬほど飲んだのでより楽しかった

オール・アイズ・オン・ミー(2017年製作の映画)

3.5

アーティストの歴史を全部さらおうとしたらダメだった!てへ!って感じが伝わってきた
2pacがめちゃくちゃ2pacなのいいな
ストレイトアウタコンプトンとあわせて観ると映画でヒップホップ東西抗争がちょっ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.1

思った以上に事実改編がすごいのはさておき、ライヴ・エイドの演奏曲とフレディの人生を重ね合わせる構成が、クイーンの楽曲へのリスペクトが感じられて、それだけで泣けますね
ミュージシャンの伝記映画はだいたい
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.3

イレズミ、一部セルフでいれてるよな?
やっぱり伏線回収しない映画のほうがアレコレ考えて楽しめる
なんでみんな伏線回収最高!!!ってなるんだろ、東野圭吾の読みすぎかな

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

4.5

音楽がなきゃコメディ映画としてみれる
名刺バトルは普通にギャグだった
やっぱり伏線回収しない映画が好き

ダフト・パンク ドキュメンタリー UNCHAINED(2015年製作の映画)

3.9

ダフトパンクがロックバンドだった頃のアーティスト名が「ダーリン」らしいんだけど、どんな心境でつけたんだ
普通にある程度ダフトパンク知っていれば楽しめた

億男(2018年製作の映画)

1.0

設定とストーリーに必然性がないのすごいウケちゃったな
自己啓発本を映画にしてしまったらこうなるのか…
どうせならインベスターZくらいNews Picks映画にして振りきって欲しかった
高橋一生が落合陽
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

4.6

SF・ホラー映画あるあるを全部やってくれたし、変なメッセージ性とか感動シーンを排除してエンタメ性に振り切ってたのが最高だった
続編、アイアンマンみたいになりそうだな

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.5

前半のもったりした展開以外は最高のエンタメ映画!!!

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

4.0

吾郎ちゃんのナルシストっぷりと園子温の独特の美学がぴったりだなぁと
あと、なぜサイプレス上野が出てくるのか

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

「ブレア・ウィッチ」+「ラジオの時間」だったな!!!やはり!!!
全盛期の三谷幸喜のような、素敵な仕掛けとエンタメ性
俳優も三谷映画に出てそう

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.3

あと味悪くもあり、爽快でもある
結局天才のおっさんでも考えることはスケベ、みたいな話

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.7

酔っぱらいながら観たら最高にトリップしました
やはり映画界最強のオチ

ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

4.0

フィクションと現実の境目を園子温自身がわからなくなってるのではないかと心配した
かなり好きなタイプの園子温映画でした

マルクス・エンゲルス(2017年製作の映画)

3.5

普通に良質な青春映画だった
マルクスがチェスで負けてショットした末に吐くシーン、めちゃくちゃニコニコしてしまった
ただ、眼鏡忘れて半分くらい字幕見れなかったのでマイナス1
フランス語ドイツ語わからん

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

みたの2週間前なんですが、

スピルバーグ「ありがとう!20世紀カルチャー!さよなら!みんな僕の映画で遊んでくれてありがとう!」

というオールスター感謝祭的なものだった、やっぱり。「オアシス」には2
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

自意識アート、絵に引き込まれた
終ったあとに、ああこれ一晩のできごとなんだなと気づく

文化祭の委員長、オザケン意識してキャラデザしたらしいよ

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

SFカンフー!!
敵の倒しかたが一休さんのトンチみたいなのでいいのか?と思ったが、そこはドクターだからいいのか