ボンジョビさんの映画レビュー・感想・評価

ボンジョビ

ボンジョビ

シティーコップ 余命30日?!のヒーロー(2020年製作の映画)

3.5

どうせ割れると思って指でツンってシャボン玉にしたらガッチガチの個体だったみたいな物語!

ステップ(2020年製作の映画)

4.0

家族の絆系映画!
中川大志の使い方に感動した。
店から出てくるだけやけど何かそおいうさりげない所に人気若手を使う所すげぇセンス感じる。
朝寝違えて首を痛めて2、3日すれば治ると信じてまだ治らない時に観
>>続きを読む

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

4.1

モーツァルト
ドイツ語で「小さな夜の話」

頑張って登った山頂からの景色を写真を撮らないで記憶に保存するような物語

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

3.4

何となくコンビニに入ったものの、特に買うものがなくて1周回ってコンビニを出る時の感覚!

佐々木、イン、マイマイン(2020年製作の映画)

4.2

佐々木カッケェー!

高評価の映画を観てレビュー書く時みんな高評価ついてるからって自分が思ってるよりちょっと高く星つけちゃうそこの自分!
人は人。自分は自分。佐々木は佐々木。
っだろ!

羅生門(1950年製作の映画)

3.5

この映画は初めての体験ができる!

三船敏郎の滑舌が悪いのかテレビが悪いのか自分の耳を疑うぐらい何言うてるかわかりづらい。
日本映画で日本語やのに初めて字幕を付けて観た映画!
実におもしろい。

七人の侍(1954年製作の映画)

4.0

日本版アベンジャーズ
前半は百姓が七人の侍をスカウトする
後半は戦とちょっと恋愛
黒澤明の映画ってちょっと声聴きづらいよね

用心棒(1961年製作の映画)

4.5

ヤクザvs浪人、時代劇の主役って浪人率高い!
好きな三船敏郎のセリフ
「刺身にしてやる」

散り椿(2018年製作の映画)

4.2

愛しさと切なさと心強さ!篠原涼子を感じれるこの映画。
映像が美美美美美美美美

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.0

余命宣告された男二人が死ぬ前にやりたい事海に行く事。海に行くまで色々起こるハプニング&ハプニング!
ニキビの一つや九つどーでも良くなる!

十三人の刺客(2010年製作の映画)

3.8

松平斉韶(稲垣吾郎)めちゃくちゃすぎる。
あんなパワハラ上司には絶対ついていきたくない!いかに今が幸せか!良かったと思う。
ただ役所さん渋すぎる!

街の上で(2019年製作の映画)

4.2

幸せでもなければ不幸せでもないありきたりな日々を過ごしている若い男女が喫茶店の窓際の席で道行く人をぼんやりと睨みつけてるような感じの映画。下北沢で!

ドンテンタウン(2019年製作の映画)

3.1

記憶と現実、過去と現代、交差しすぎてフワフワ。私には限界!
だから曇天なんか!知らんけど

あべのハルカスが300メートルである理由を考える為にあべのハルカスを登るような!

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.5

普通のレジしかないと思っていたスーパーにセルフレジがあるのを発見したような感じになる映画

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

ダメージジーンズの穴に指を突っ込んで裂いちゃった時の気持ちい感じの映画

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

最後のDVパパの結末笑ってしまった!
もう一回観れる。横目ぐらいで流し見で観みたい

クルエラ(2021年製作の映画)

4.5

これから日常時にツートンの物に気を取られるようになる映画