ヨシイコウタさんの映画レビュー・感想・評価

ヨシイコウタ

ヨシイコウタ

メモ書きみたいなものしか書けそうにありません、一貫性に欠けていたらごめんなさい。でも映画はほんとうにすきです

映画(91)
ドラマ(0)

娼年(2018年製作の映画)

2.5

かなり前に原作を読んだことがあったので、この際だからと観ました。

うーん、という感じ。原作にあった、あたたかい厚みみたいなものが見事に平べったく、演技くさくなってた。こういうこと言わないほうがいいの
>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.5

こぢんまりしたとても小さな上映室で、観てきました。まあまあ面白かったです。

一見したところ、ろくでなしだし、何を考えているのやらと思うところもあるけれど、どこか格好良く見えるのは何なんだろう。「死ん
>>続きを読む

バグダッド・カフェ(1987年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

見終わったあと、これはぜったいに裏があるに違いないと思ってレビューをいくつか読んでみたけれど、その期待していた裏みたいなものは特に見つからなくて、なんだか置いてかれたような、よく分からない感じになっち>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

ミュージカルものは正直あまり得意ではないんですが、これは特に気にならずに最後まで見れました。リアルとミュージカルのくっつけ方というか、その境目のぼかし方というか、混ぜ方というか、とにかくなんかそういう>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

3.8

自分に兄弟がいるからか、ときどき重ねてみてしまったりして、切なくなったりやりきれなくなったりしたんだけれど、不思議と鑑賞後にぐったりくることはなかった。どこかでほとんど無意識に、何かしらポジティブなも>>続きを読む

メゾン・ド・ヒミコ(2005年製作の映画)

3.7

オダギリジョーが美しい。それは「映画のなかで生きている」感じというか、観ているとある種のリアリティみたいなものを欠いているような気すらしてくるんだけど、たまにめちゃくちゃ人間臭いところが見えたりしてと>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃクールでキレッキレだけど、時にダークで考えさせられてしまう。破滅的な青春を衝動的に生きていて最高にカッコよかった。ちなみに憧れたりはしない。

レントン(ユアン・マクレガー)の笑い方が妙に
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.7

冒頭の写真を乾かしているシーンで、この映画がどんな進み方をするのかがわかる。噂に違わずとても面白かったです。

逆再生をするとこういう見え方になるのかと、その緻密に練られたストーリーの芸術性に純粋に驚
>>続きを読む

テイク・ディス・ワルツ(2011年製作の映画)

3.9

漠然と予想していたのよりも面白かった。性別も年齢も関係なくいろんな人が楽しめる作品だと思いました。もちろんある程度の年齢と経験は必要だと思いますが。

面白かったのは、ルーだけではなくマーゴに共感でき
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

2.0

最新作を観る前に今までの作品を観ておくともっと楽しめると友だちに言われたので、借りてみました。

ただ残念なことに、まず小説の地の文をそのまま読み上げているようなナレーションやセリフがどうしても受けつ
>>続きを読む

アスファルト(2015年製作の映画)

3.9

とても面白かったです。評価が高いのも頷けます。映画において描かれる「空」が好きな人は、序盤でぐっと入り込めるはず。

まず「宇宙と団地」という、ある意味対極に位置するような舞台の構図がとてもユニークで
>>続きを読む

グッバイ、サマー(2015年製作の映画)

3.0

うーん……期待していたものには届かず、個人的にはイマイチでした。

なんというか、ストーリー全体に深みがなく浅い。いろいろな物事の表皮をきりとって、それをつぎはぎみたいに繋ぎ合せてるような印象。ところ
>>続きを読む

反撥(1964年製作の映画)

3.6

いい意味で、マネキンみたいなカトリーヌ・ドヌーヴがこの作品における味を出していると思います。服を手で払ったり顔をこすったり、衝動的な所作をゆらめく煙みたいに儚げな彼女がやるとなぜか際立って狂気的に見え>>続きを読む

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

3.5

呪われた映画として知られている作品。その詳細を収めた、ドキュメンタリーみたいな特典映像もついていてそこまで楽しめます。

ただ、これはかなり堪える作品でした。純粋な意味でいえばあんまり楽しくはない。こ
>>続きを読む

汚れた血(1986年製作の映画)

3.8

けっこう前に『ボーイ・ミーツ・ガール』を観たので、こちらも手に取りました。

今作でもやはり、ドニ・ラヴァンの顔が頭にこべりつきます。あんな、特徴的要素の塊みたいな顔した人他にはあまりいないんじゃない
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.8

多少身構えていたんですが、予想していたよりも見やすかったです。同じ印象を持つ方もけっこういるんじゃないかなと思います。

あるポイントまでのふたりの恋愛模様が想像していたのよりもずっとたどたどしく、そ
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.5

とても興味深い作品でした。初めてのゴダール作品、そこそこに楽しめました。

撮影技法や時代的背景、比喩的表現などについての知識をこれっぽっちも持ち合わせていないので、ただ目の前に提示される映像や音声や
>>続きを読む

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.8

とても面白かったです。本編のみならず収録されている特典映像まで全部面白いので、借りられたらそちらもぜひ観てほしいです。

まず監督も言っていましたが、キャスティングが非常にユニークでした。彼らが画面に
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.8

なんとなくまた書いてみようかなという気になったので、一時的に再開してみます。

最初のシーン、主人公はひたすらぐるぐると周回を続ける。エンジンをふかす音が遠ざかっては近づいて、また遠ざかる。考えてみれ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.6

3週間ほど日本を離れていたのでしばらく映画を観れていませんでしたが、昨日帰国して今日はオフだったので早速観に行ってきました。

『リリーのすべて』という作品名ですが、主人公はゲルダも含めた2人であるよ
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.7

アートワークを一目見たときから気になっていた作品、早速借りてみました。ディスクの淡いブルーが印象的。

あまり湿っぽくなく、どちらかと言えばさらりとした手触りの作品でした。

「どうしてそういうことし
>>続きを読む

パンとスープとネコ日和(2013年製作の映画)

4.0

この前バイトしてるときにTVドラマのコーナーにこれを見つけ、それがちょうど原作を読み終わった頃だったので「運命だ」と思い借りてみました。

最近観た「オン・ザ・ロード」は映画化してしっちゃかめっちゃか
>>続きを読む

プリシラ(1994年製作の映画)

3.5

さっきはアメリカを横断しましたが、今度は所変わってオーストラリアが舞台。

理解ある人々はもちろんいるけれど、簡単に心ない行為をはたらいたり傷付く言葉を放ったりする人も確かにいるという事実を突きつけら
>>続きを読む

オン・ザ・ロード(2012年製作の映画)

2.8

最近小説のほうを読み終わり、読み始めたころから「読み終わったら映画を観てみよう」と思っていたのでさっそく借りてみました。

評価が分かれていますが、ぼくは先に書いたように小説から入ったので、やはりあま
>>続きを読む

みんなビッチ(2014年製作の映画)

3.8

とにかくすんごい笑えました。

6分もない短編ですが、めちゃくちゃ面白くてとにかくサイコー。まず題名と画像でフフッて笑うし、中身を観てまた笑います。なんかもういろいろめちゃくちゃです。

これも観れば
>>続きを読む

僕のウルフガール(2015年製作の映画)

3.8

かわいらしい作品。最初に聞こえてくるエレキギターの音で、僕はぐっと引き込まれました。

バイト中(?)ガキんちょにリンチされるようなひょろひょろの青年セバスチャンの、全身からなんとかひねり出す彼女への
>>続きを読む

ボーイ・ミーツ・ガール(1983年製作の映画)

3.2

シュルレアリスティックな世界観と、濃密な影が印象的な作品でした。

うまくまとまりませんが僕は、皆結局は孤独であるということを言いたいんじゃないかと感じました。感じたことをそのまま羅列すると、人は皆孤
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6

ウディ・アレンは好き嫌いが別れる、みたいなことをどこかで読んだので、自分はどうなんだろうと思ってちょっとドキドキしていましたがけっこう面白かったです。

主演は「ダージリン急行」で長男役だったオーウェ
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.3

良かった。まだ一回観ただけだから細かいところについて深く考えることはできないけれど、後味がとても良いです。エンドロールが流れきって、メニューに戻ったとき、そこで繰り返し流れる音楽が浮遊感のある余韻に好>>続きを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年製作の映画)

4.3

冗談を織り交ぜた軽快な商売トークでしっかり心を掴まれると、今度はスローモーションの逃走シーン。強く引き込まれるあまり、口が開きっぱなしになってました。
そして、こんなにもオーシャンカラーシーンがカッコ
>>続きを読む

サラの夏(2015年製作の映画)

3.7

「恋は盲目」だと言います。大の大人でさえも恋には振り回されるのだから、まだ幼さが残るような女の子ならなおさらそうなんだろうなという気がします。

偶然出会って、惹かれあって、恋に落ちて、嬉しくて、少し
>>続きを読む

男 女を求む(2015年製作の映画)

3.5

とても愛らしくて、例えるなら、インテリアとして部屋に飾っておきたくなるような作品(?)でした。

結婚相談所に行くまでの道を、額で縁取った演出がとても素敵でした。それまで部屋にこもりっきりで書いていた
>>続きを読む

ダイ・ヤング(2014年製作の映画)

3.8

青山シアターで鑑賞しました。無料で観れるだなんて嬉しいですね。

親と子の関係というのは、言うまでもないけれど友達との関係とは全く違う。どれほどその関係を切りたいと強く思ったとしても、だいたいはそれと
>>続きを読む

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション(2010年製作の映画)

3.0

まず声と字幕があまりにもずれまくってて戸惑いました……ハナから合わせる気なんかなかったんだろうなと思うくらいのずれ方なので、物語が始まってすぐになんかわけわかんない不気味な世界に入っちゃった……と思い>>続きを読む

アンノウン(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

誰が録ったのか録画リストに入っていたので観ました。

最初のほうは観ていて「どういう風に展開していくのかな」と興味をそそられました。が、半分くらいまで進んだところでまだ何も謎が解けていなくて、なんだか
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

試写会に当たったので昨日観てきました。ちなみに今回、生まれて初めての試写会でした。ちょっと特別な感じがしてよかったです。

この作品に対して、鑑賞するまではなんとなくパンフレットのケイト・ブランシェッ
>>続きを読む

>|