きらきらひかるさんの映画レビュー・感想・評価

きらきらひかる

きらきらひかる

映画(228)
ドラマ(10)

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

無意識に潜む気持ちに気づかない人に観てほしい。

わたしは小説も読んでたので、小説の絶望を少し好転させてくれたので安心した。

時系列でみると最初のうち、あまり理解のない夫に悲しくなった。
あなたは環
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

こちらもちょっと前に見たから…。

すごく壮大な試し行動のような気がして。
彼を心から愛してくれて愛せる人と出会って幸せな生活を送ってほしいと心から思った。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと前に見たからだいぶ記憶が薄れてしまったのだけど。

最後、自分の白髪を発見してホッとする表情がとってもよかった。

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ずっとハラハラしながら見ていた。
亡くなった人のことを話すのは難しい。
確かに時間が解決してくれるけれど、それとは別にちゃんと心の中も整理するために話が必要だと思う。

家族の問題、社会的な問題(マリ
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これに良い評価をつけるべきかは悩ましいけれど。

事実だからだからこそやるせない。
子どもと会いたい一心でできる限りのことをする母の姿はすごく素敵だった。

それとは対になる、警察の汚れた気持ちが悲し
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。
意味がわからない!って意見も多いけど、大体分かったし、大体で十分楽しめた。

結局主人公は何者?
これが一番知りたい。

長いアトラクションに乗ってる感じ。
一回でいいかなといあ気持ちと
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

単純に好き。
どちらも振り回し振り回されている

一番期待してみちゃったのは、大学時代の元カノとの修羅場。
ここでもどちらも選ばない(選べない?)残酷さが際立っていた。

今ヶ瀬はいつまで、待つことに
>>続きを読む

ぶあいそうな手紙(2019年製作の映画)

4.1

すき!の一言。

頑固なおじいちゃんと若い女性の掛け合いがいい感じ。
出てくる人は基本的にいい人で、それはおじいちゃんの人の良いところによるんだなあと分かってくる。

どうしても起こる別れとそれに反す
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

4.0

横になりながら見てたんだけど、終盤で起き上がった。

好きな感じだなあと思ってみてたら、やっぱりそうかー!
でも、もうひと展開あってもいいかもしれないし、この終わりでも良い気もするし
先を考えてしまう
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.4

小さい頃に冒険をしたことないからその道中のドキドキとかわたしにはわからない。
だけどその間に話される家の事情や自分の悩みは、その環境が違ってもあるもんだなあと思う。

子どもが大人になる過程を死体を見
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

わたしが実際にイスやウジンの気持ちを理解できるわけではないのだけれど、やるせなさとか本当にこの人だろうかという不安とかそういう気持ちがぐっと入ってきて辛い。

毎日違うのはわたしの方かもしれない
ウジ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ずっとドキドキしながら見てたけど、解剖は美しいし嫌な感じがしない。

サスペンスホラーらしい展開ではありながら、ルーン文字らしいものが見えてきてまさか…。

お父さんがいい人だったから復活できそうにな
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

4.1

ポスターはサスペンス感漂ってるけれど、内容は結構コメディ。

サスペンスだけど軽くて、楽しげな感じ・物事を重く捉えない感じがよかった。

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.8

曲がいい。
あと、さらっと気負わず見られるのが好き。

よっぽどハネムーンに行かせたくないのね。

頭脳戦というより、バトル感強い。

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.5

さらっと見れて、ちょっと笑えて、ロマンがある感じ。
個人的な理由ではなく、ちゃんと自分がいなくなったあとの未来を見据えた計画だった。

最後、よかったーー!!って思った。

ぼくを探しに(2013年製作の映画)

3.4

ええーー!
ってなりつつ、絵本のような世界観が楽しい。
プライムで一回見かけてやめている記録があったので、在宅勤務の続く中ながら見。

すごく感動する感じではなかったけれど、暖かさがじんわりくるような
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.0

タイトルがすごくわかりやすい。
この20分がすべて込められている。

長編よりも衝撃が走りすぎて後を引く。
負のループはどこまで続くだろう。

長編に似たようなシーンが出てくると、心臓つかまれたみたい
>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

この映画にどこまでを求めるかによって感想も評価も変わってくるように思う。

短編に引きずられて、本編始まった時に「待って。ちょっと一回休憩挟ませて」ってなった。

短編は、SKIN(肌の色)だけで人を
>>続きを読む

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.8

古いディズニーを思い出すような終わり。
ちゃんと物語が終わる。

ジャングルの掟
みんなが大事にしていることがわかって、ハラハラしても安心してみられる。

ジャングルブックを見たことがなかったから元の
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6

さっくりみれて好きでした。

過去の黄金時代、今を生きる人は行ってみたいと思うことがあるかもしれない。
わたしは生まれた時代を間違えたと思うことがあったけど、今だから生きていられるのかもしれないと思う
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

4.2

片手間に見てたのに、気づいたら見入ってた。

展開は予想がついてたけれど、嫌な登場人物が出てこないし見やすい。

誰かが同じ運命を辿るのかなあ。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

1と続けてみたら楽しさ倍増。

3もあるなら是非みたい。
ホラーというよりはサスペンス?SF?という感じ。
怖くは無いけど、痛い!

今とパラレルワールドどちらを選ぶ?
自分が全く知らない世界なら戻り
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.4

ながら見してたので、ちゃんとした感想では無いけれど。
少女を助けることで、自分が救済されていく。

レオンほど派手じゃ無いけど、近しいものを感じる。
2人は精神的な歳が近いのかなあ。

今日が明るいよ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.7

ホラーというよりは、サスペンスコメディの印象。

確かに怖いところやどきっとするところあるけれど、だんだん楽しくなってくるし画面が大体明るいので安心感がある。

主人公のことを応援したくなる映画。

>|