湊健一郎さんの映画レビュー・感想・評価

湊健一郎

湊健一郎

映画(381)
ドラマ(3)

望み(2020年製作の映画)

3.4




【あなたなら加害者か被害者どちらを望みますか?】


先日観た『星の子』とはまた違った切り口の「信じる」という事がテーマ。今作ではそれを『望み』という言い方をしている。

殺人容疑を掛けられてし
>>続きを読む

星の子(2020年製作の映画)

3.7



【信】

今年観た『MOTHER マザー』の公開も記憶に新しい大森立嗣監督作品。

なんといっても芦田愛菜ちゃんの演技がめちゃくちゃ良かった。わりと淡々とした展開の中間違いなく映画を引っ張っていた
>>続きを読む

浅田家!(2020年製作の映画)

3.4

【家族写真って大事だなぁ】


えげつないほど泣いた大好きな作品『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督作品。

コメディとシリアスを上手く両立させて期待を裏切ることなく家族を描いた温かくなる作品だっ
>>続きを読む

映像研には手を出すな!(2020年製作の映画)

3.1



【乃木坂ファンは観るべし】


コミック原作既読、ドラマ未視聴で挑みました。

相変わらずの英勉監督独特のエンタメ万歳のわちゃわちゃ進んでいく感じの作品でした。

『ぐらんぶる』しかり、『前田建設
>>続きを読む

ミッドナイトスワン(2020年製作の映画)

3.5

【蜂蜜の生姜焼き】


評価が恐ろしく高いので鑑賞してきました。

何よりも草彅剛の悲壮感と強さをまとった演技が素晴らしかった。最初はスマスマのコント?笑
にみえてしまうが段々と美しくみえてくるのは役
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.7



【映像革命が起きた瞬間に立ち会える作品】


みんな待ってたTENET!

変態クリストファーノーラン監督作品。
前日は早く寝てコンディション良好に挑む気持ちで観賞。

稀にみる三時間の映像体験。
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

2.5

【戦闘シーンはローランドエメリッヒ節。】


第二次世界大戦、ミッドウェイ海戦を描いた内容。監督は20年もリサーチをして本作を撮ったそうな。リサーチし過ぎやろ!と。笑

リサーチし過ぎが良くも悪くも、
>>続きを読む

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

-

【人生のオールタイムベスト映画 】


40分の追加シーンの完全版が存在すると言われて早20年。遂に公開された。

「船をおりるより、人生を降りることにした。」

10代の頃ティムロス扮する1900
>>続きを読む

僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46(2020年製作の映画)

-

【平手友梨奈という天才がもたらせたもの】


監督は高橋栄樹監督。
これまでAKBのドキュメンタリーを撮ってきた監督(あっちゃんが過呼吸なるやつ)

構成は時間と共に変化していくグループの姿がライブ映
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.4


【青くて痛くて脆い】

タイトル通りの作品でした。。

予告を観た時は青春サスペンスっぽくまさかこんな展開の映画だとは思っていなかったので、
ある意味驚愕でうまく裏切られました。

人間のダサい部分
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.9

【事故物件みたら事故物件だった件】


毎回期待を裏切られている笑、中田監督作品。
期待はせずに鑑賞。

売れない芸人が『事故物件』に住んでみた、、、

結論、全く怖くありませんでした。
今作ホラーで
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

3.7


【人は仕合わせとよびます。】


良い作品でした。


コロナで公開延期になっていてやっと公開。
劇時予告で20回以上は観たかも知れない。笑

中島みゆきの『糸』を映画化した作品。
何回か劇中で流れ
>>続きを読む

はりぼて(2020年製作の映画)

3.4

【リアル半沢直樹】


今年はドキュメンタリーが豊作な年。
ユーロスペースが連日満員御礼との事。

2016年富山市議会で起こった政務活動費不正使用を追ったドキュメンタリー。立て続けに14人が辞職。地
>>続きを読む

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.5

【ほんとうは鈍感な振りして敏感なのか、敏感な振りして鈍感なのか。】


又吉原作『劇場』が良かったので鑑賞。

完全に男性目線の恋愛作品でなかなかレアな映画体験でした。

友達以上恋人未満の構図が生々
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.6

【思わない、思われない、ふらないし、ふられない】


安定の三木監督作品でした。

少コミをチャラチャラした感じではなくしっかりとしたドラマ描いてくれる数少ない監督。

そして何より女の子を美しく撮る
>>続きを読む

ぐらんぶる(2019年製作の映画)

2.4

【なんだよバモスって!!】

乃木坂与田ちゃん目的で鑑賞。

【良かった所】

与田ちゃんかわいい。
小倉優香がエロが過ぎる。
朝比奈彩の色気やばい。
石川恋めちゃくちゃギャルからの変貌。

要するに
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の新恐竜(2020年製作の映画)

3.4

【さばかん!】


何年ぶりだろ?アニメ映画のドラえもんを劇場で観るのは?

ドラえもんの声が変わってから観ていないかもしれない。💧

今回は50周年記念作品と言う事、
ミスチルが主題歌を担当している
>>続きを読む

3年目のデビュー(2020年製作の映画)

-


【絆】

とにかく泣きました。

この歳になると涙もろくなる。
「チーム」「絆」とかそんなの最初から最後まで泣く。笑

欅坂発生当時から長濱ねる推しだったので、
欅坂に加入できず、ひとりでひらがなを
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.3

【アトラクション系映画】

多額の財産をめぐる透明人間を題材にしたサイコスリラー。

透明人間と聞くと何故かチープな感情を抱いてしまうのは自分だけですかね?
お風呂覗き見するシーンは出てきませんでした
>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.3



【75分間ギミックの勝利】


舞台は甲子園のアルプススタンドのはし。
人はいつから『しょうがない』とおもうようになってしまうんだろう。

や、人生しょうがない事ばかりである。

何かしら理由を付
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.4

【青春的青春映画】


『気が狂いそう』

圧倒的青春映画だった。
高校生にもどりたいなぁ。。

青春時代に感じた閉鎖感、どこにもやり場のない感情、行き詰まった時もう人生終わってしまうんではないか?と
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.6

【本物も偽物もない。信じれば其れが真実】


公開初日に。
以下ネタバレなし。

2時間あっという間!

今回も前作同様にまんまと騙されてしまいました。 。。まいりました!

どんでん返えされるの分か
>>続きを読む

ステップ(2020年製作の映画)

3.5

【人生にジャンプはない。】


妻を亡くしたシングルファーザー。
一人で育てることを決意し生きていく、10年間の記録のお話。

登場人物誰の立場に立って観ても
とても心温まる良い作品でした。

片親が
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.9

【松岡茉優無双】

Amazon primeにて鑑賞。
劇場公開日に無料配信とは太っ腹。

内容は、
演劇をやっていて大阪から上京し成功を夢見ている彼氏、女優を目指して東京に上京してきた彼女二人の7年
>>続きを読む

解放区(2014年製作の映画)

-

【現在は再開発や整備が進んでいる西成区】
(3.2点)


フェイクドキュメンタリー。

大阪の西成区(あいりん地区)の様子をリアルに映し出している。

そこは人が行く所の成れの果ての場所、日雇い労働
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.1

【音楽の初期衝動は計りしれない行動力となる。】


評判がめちゃくちゃ良いので鑑賞してきました。
70.80年代の時代背景や音楽好きにはささるだろうなと。まっすぐな青春音楽映画。

内容は
パキスタン
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.5

【近年稀にみる救いのない作品】


救いも希望もなく、共感もしなかった作品。


2014年3月、埼玉県川口市で17歳の少年が祖父母を殺害し金品を奪った実話。
母親が指示したか否かが裁判の論点となり、
>>続きを読む

野性の呼び声(2020年製作の映画)

-

【ハリソンとワンチャンのアウトドアムービー】
(3.4点)

ハリソンフォードとワンチャンとの大冒険!!
と思いきや、アウトドアレベルでした。笑
しかもワンチャン側のサクセスストーリー!

ハリソンフ
>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

3.8


【政治家を笑っているうちはこの国は絶対にかわらない】

めちゃくちゃ面白かった!!

一人の政治家「小川淳也」を17年にも渡り追い続けた監督のドキュメンタリー作品。

タイトルに唆られてずっと気にな
>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

4.0

【観賞後の余韻の深さ深海】



二時間半14歳の視点で描かれる。

付箋を何枚にも重ねていくような物語構成。

様々な事が何の説明や前触れもなく淡々と起きていく。

二時間半という長さ、しかも決して
>>続きを読む

Red(2020年製作の映画)

-

【人間どれだけ惚れて死んで行けるか。
と言われましても、、、】
(3.3点)


割とよくあるシンプルな不倫のお話でした。
映像と雰囲気で押し通しました的な印象。


幸薄い夏帆が美しさとかわいさを兼
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

-

【肝っ玉母ちゃん】
(3.4点)

家族のお話。

家族のごたごたに巻き込まれてやるのが
「家族」。

なるほどねー

白石監督らしいパンチの効いたずっしりとした作品かと思いきや意外にクスッと笑える部
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.2



【可愛いストーカーラブファンタジー】


『あの花』『ここ叫』の岡田麿里脚本。

元々、劇場公開される予定だったけどコロナでNetflixでの公開になったとの事。

作画がとても綺麗で是非劇場でみ
>>続きを読む

生理ちゃん(2019年製作の映画)

-

【男性も観ましょう】
(3.3点)

女性にしかわからない生理についていかに辛いものなのかが男性にも伝わるようにヒシヒシと語られているかと思いきや、女の子三人の人間関係に悩むサクッと観れるドラマだった
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.7

【自分らしく生きるということ。】

みんな大好き『若草物語』。

世界観、映像、音楽、衣装全てが良かった。
男性よりおそらく女性に共感される作品。

150年前の自伝的小説がいかに普遍的で今でも素
>>続きを読む

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

-

【ピアノの天才達の戯れ】
(3.5点)


言わずもがなですが音楽が素晴らしい。
時折鳥肌ものでした。

耳に優しい。

キャストのピアノを演奏する姿に圧巻。

ピアノコンクールが主な展開の軸ですが競
>>続きを読む

>|