バルティゴさんの映画レビュー・感想・評価

バルティゴ

バルティゴ

2016鑑賞本数399作品。。。
2017は335。。。2018は358。
映画館は少なめ。でもほぼ毎日なにか観てます。
映画館かレンタルのみ。

ガッツリコメディ、ガチラブストーリー観ません。他はなんでも。

ブログ重視なのでこっちは寸評のみ。

映画(1019)
ドラマ(3)
  • List view
  • Grid view

ザ・アウトロー(2018年製作の映画)

3.3

手本はヒート。ただ敵と仲間の魅力が足りない…
男臭さは良いのだけど。

マーラ(2018年製作の映画)

2.5

金縛り物語。
エルム街っぽくなるのは仕方ないのか。
日本的なのちょっとあり、でも必要なし。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

2.5

全て予想通り。ハンデ必要ないでしょ。
粘着はあんなにずっと残りません。
かなり質の悪いダイハード。

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

3.2

そこそこ時代だけど、観ない。やっぱり観ない。
英語喋っちゃなぁ、変。

V.I.P. 修羅の獣たち(2017年製作の映画)

3.6

新しき世界が面白すぎたからなぁ…
熱くはあるけど、もっとドクドクしたものを期待したから。
ラストはスッとする。

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.5

ここまで強いとなんか納得。
漢の流儀ってやつ。
このまま何本でも作れそう…

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.8

まとめるの上手いなぁ。
こんなガチガチになりそうな物語を。
韓国警察がクソって言われる理由が分かる。
韓国革命。

リグレッション(2015年製作の映画)

3.0

雰囲気は良いんだけど…
ラストなにそれ?騙されたみたいな感じ。

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

2.8

予想よりB級度高め。
技術と内容がついてこない感じか…
レイド期待すると肩透かし。

惑星大戦争(1977年製作の映画)

3.0

安っぽい。
味方死んでもみんなクールすぎる…
敵の着ぐるみ感とボスのダサさ。
音楽はかなり良い。

ビッグ・リボウスキ(1998年製作の映画)

3.5

遺灰のとこね。
コメディではなくコミカルな人間ドラマ。

旧支配者のキャロル(2011年製作の映画)

1.8

わざわざ斜め上から観なきゃいけないみたいで…
身体を売る流れはどう考えてもおかしくない?違うのか、それは。
正味48分、でも体感時間は120分です。

失踪(1993年製作の映画)

2.8

怖くない。
ちょっと間抜けだし初老… 元じゃないとダメか。

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

3.2

凄いお話。
ただ映像が安っぽい、再現ドラマみたい。

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.2

スポーツ物だけどジャンルは人間ドラマ。
ラモーンズのTシャツ着てたなぁ。

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.5

刺さる人はかなりピンポイント。
後半までストレス、その後半も当たり前の上塗り。パーソナルすぎる。

ザ・インターセクションズ(2016年製作の映画)

2.8

パラレルワールドじゃない。
途中でそうなることも分かるし、所詮B級の中途半端な作品。
あれだけ金持っててあのチンピラにビビる必要も理由もない…

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.3

社会派サスペンスだし太いんだけど極太じゃあないんだよなぁ…
ちょっと時代遅れ、ラストのクサイ演出等、もう一歩足りず。
ED曲はこれじゃない感。

サスペクト 哀しき容疑者(2013年製作の映画)

3.3

シリアスな内容に派手なアクション、ラストのタバコ買ってくるってなんか観たことあるなぁ…

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

2.8

精神病院も逃亡劇もつまらない。
5歳の誕生日にチェーンソープレゼントなんてかなり素敵なのにそれを生かせず。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.0

ビックリ、ドッキリ系ホラーではなく、ヒリヒリ、ジワジワ手に汗をかく。
不穏な空気、不協和音、不安にさせるカット、ショット、怖いというより恐ろしい。
大人向け上質オカルトホラー。

アニー・イン・ザ・ターミナル(2018年製作の映画)

2.5

ラストはある意味ズルイが、そこへ行くまでが本当に退屈。
雰囲気はシンシティ。

リミット・オブ・アサシン(2017年製作の映画)

2.5

イーサンホークにこういう役は合わない。
ありふれたアクション映画。

>|