ボロロボさんの映画レビュー・感想・評価

ボロロボ

ボロロボ

「東映まんがまつり」世代。過去に観たものは観たことだけでも記録しつつ、フィルマークス始めてから観たものは感想を書きなぐってます。
緩く繋がる派なのであんまりコメント残しませんが、フォローいただいたらフォロバいたします。

映画(1362)
ドラマ(0)

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.6

前作のように翻弄される主人公がいないので、感情移入は今一つ。アメリカ-メキシコ国境はいまやカベ問題がホットなのでタイムリーなお話。

子供と鬼の邂逅。
マットは赤鬼、アレハンドロは青鬼か。
イザベラ、
>>続きを読む

エリック・クラプトン~12小節の人生~(2017年製作の映画)

3.8

ホイットニーに続いて、ミュージシャンのドキュメンタリー映画を観賞。

ある程度知っていたこともあるけれど、ほとんど知らなかったことが多く、何とも業の深いアーティストなんだなあと思いました。

ブルース
>>続きを読む

機動戦士ガンダムNT(2018年製作の映画)

3.7

「ガノタなら見てこい」
「ファーストとUCが好きなら見てこい」
いろんな同僚や部下たちから言われたのでやっと行ってきました。

正直【ナラティブ】という言葉にはさっぱりピンと来ませんが、お話全体で【ニ
>>続きを読む

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

3.5

大ヒット中の「ボヘミアン・ラプソディー」は事実に基づいた創作映画。こちらは実録映像で構成されたドキュメンタリー映画ですが、よくできていると思いました。

どストライク世代なので夫婦で観てきました。会場
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

3.2

主人公キレイ。
映像キレイ。
衣装キレイ。
役者の演技ステキ。
ブリキの兵隊とサーカステントロボには少年ゴコロをくすぐられた。
ネズミの王にはCGのスゴさを感じた。
バレエのシーンもステキでした。
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

チェック入れたままだったけどやっと観た。
お話もテンポも良く、PCの画面だけで破綻なく構成されていたのはサスガ。「わざわざPC画面じゃなくても?」と思えるシーンもありますけどね。
チャットやLINEで
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

-

カミさんに付き合って吹替版を観賞。違和感なし。

ただ、いろんなネタが詰め込まれていてハリポタに詳しくない私にはナンノコトヤラサッパリな箇所が多く・・・ついていけなくて半分くらい寝てしまいマシタ汗
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

CGスゲー、アクションすげー。
エンドクレジットが終わるまで席を立たないことをオススメします。
吹替版でしたが、私は違和感なく楽しめました。

愛情と同情にほだされるヴェノムはある意味ナイスガイか?w
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

3.4

何やらヘンな映画(ニコラス兄貴が血みどろで大暴れってww)を近場で上映してるのを発見し、“観たい”リストに入れておいた。
「ヴェノム」と迷ったが、おそらく上映期間が短くなりそうなこっちを観賞。

何だ
>>続きを読む

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第六章 回生篇(2018年製作の映画)

4.0

いやあ、何か、もう、すんごかった。
強引とも言えるけど、今までの章であちこちバラまきまくった伏線がしゅるしゅると収束していく様は圧巻。のっけから土方さんがカッコいいし(演出サイコー)、箸休めストーリー
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

世代的にはたまらん題材。
めっちゃ楽しみにしてました。

総じて期待を大きく裏切られることはなく楽しめました。
フレディーも頑張ってたけど、ブライアンもロジャーもジョンもよく似てた! あと、ボブ・ゲル
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.5

予告編観て気になっていたので観た。
復讐王道ハードボイルド with イーライ・ロス風味。

主役がブルース・ウィリスだけに、医者の格好似合わねーww 銃の扱いに不慣れなのも笑える。
全体的に漂うバッ
>>続きを読む

蜘蛛女(1993年製作の映画)

3.4

観賞済みであったことをシネフィルで見かけて思い出した。

モナの生きざまの凄み。
高らかに笑いながらジャックを殺そうとするモナの狂気。
我が青春時代における悪女のフォーマット。

死ねないジャックの無
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

SFシチュエーションスリラー。
マイケル・ベイが絡んでいるからなのかw、良く出来ているところとツッコミどころが混在していて、手放しでほめられない。
過剰に背景説明しない点はよかった反面、もう少し背景を
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

原作コミックスを読んだのは5年位前だったはず・・・当時は“ジャケ買い”ならぬ“カバー買い”という軽い気持ちで入手したのだけど、読んで衝撃を受けた記憶が。
まさかその「I Kill Giants」が映画
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.8

カミさんに付き合って観賞。

イーライ・ロス監督には「ノック・ノック」で肩透かし喰らったので期待せずに観てみたが、王道ではあるけれどオモシロ楽しい展開で楽しませてもらった。
子供向けと言えばそうなんだ
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.6

久方ぶりに朝からがっつりゲームしてたらさすがに疲れたので一休み。ちょうどCATVでこれが放送されていたので観た。

一見バラバラに進む群像劇が最後まとまるのは、ある意味見事。
だけど、伏線がキレイに回
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.8

吹替版を観賞。

いつになくマーベルロゴが登場するまでの前置きが長くて、「えっ、もう始まった?」とオドロキつつ何だかペースがつかめず、そのせいかスタートはダルく感じてしまいました(寝不足がたたってウト
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.2

カミさんに付き合って観賞。
お金かかってるだけあって意外にも普通に作ってあった。バカバカしいところもあるけど、低予算シャークものと比べると何か物足りない・・・(ヒネくれてますね、私)。でも仕方ないか、
>>続きを読む

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男(2017年製作の映画)

3.8

テニスはやったことありませんが、ボルグとマッケンロー、これにコナーズ、レンドル、イワニセビッチ、ベッカー、アガシが加わると思い出のテニススーパースターが勢揃いだと思うワタクシ。そんなオジサンにとって、>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.6

ミステリアスな展開を勝手に想像してしまっていたけど、思いの外、雪国ハードボイルドでした。

先住民への差別については抑制をきかせつつ、事件の根底にドロドロと流れているそれを感じさせる見せ方は押し付けが
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.8

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

結局のところ真実は闇の中、ということですが、映画としてはなかなかにスリリングな展開で楽しめた。

政権や体制、権力者に対して不利な報道が抱えるリスク、そし
>>続きを読む

ギヴァー 記憶を注ぐ者(2014年製作の映画)

3.0

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

管理社会に選ばれし者が管理社会を壊していく、という展開はもはやステレオタイプ。
最近だと「ハンガー・ゲーム」しかり「ダイバージェント」しかり。
当作はアク
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

騙し騙され、とか、ハプニングで危機一髪、といった部分は過去作より弱め、かな? その分安心して観ていられる。

過去作を彷彿とさせるシーンもあちこちに散りばめられていて楽しい。
あの人とあの人が出てて、
>>続きを読む

ボディクライム 誘惑する女(2006年製作の映画)

2.8

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

先日の「ノック・ノック」に続いて、ステキな女優のヌードを観られた分、レビュースコアに喜び加点。エマニュエル・ベアール、当時アラフォーで熟女ゾーン突入してま
>>続きを読む

1984(1984年製作の映画)

3.4

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。
そして、若かりし頃は途中で断念していた作品をやっと最後まで観ることができた。当時は洋楽かぶれだったのでユーリズミックスがサントラ担当しているという知識だけで
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.6

「インクレディブル・ファミリー」の前座ショートアニメ。
ファンタジーかと思いきや寓話で、なぁるほど、と納得。

子離れできないお母さん、反抗期からは照れがジャマして母親にひねくれた態度をとる息子。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

オープニングから原点回帰な雰囲気で、終盤までは騙し騙されの化かし合い。
アクションシーンもキレッキレでしたが、アクション偏重ではなく「スパイ大作戦」らしく楽しめました。

終盤の空中戦だけ、見せ場だし
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

随分と話題になっていたのに近場で上映されず我慢の日々でしたが、やっと観ることができました。

予備知識ほぼゼロで、序盤は所々に不自然さを感じつつ正直「何じゃコリャ?!」でしたが、中盤の仕込みを越えてか
>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

1.0

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

うーん、無理!!!
ただの違法建築!!
日本じゃあり得ない!!
停電頻発、水道出ないって、どんだけ考えてないんだ!
そもそもそんな建築物にしがみつく必要な
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

3.0

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

ロンドンに実在した双子のギャングのお話。
ロンドンのギャングストーリーを扱う映画を観るのは人生初かな。

ロンドンの描写が印象的。路地は狭く、家屋も狭い。
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

ホント、ごめんなさい。てっきりベタなラブストーリーと思い込んでました汗。でも、そんな甘ったるいだけのお話ではなかった。
平たく言っちゃえば、過去にしか戻れ
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.8

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

不老と恋愛と天文学と。
俳優陣の演技に支えられて安心して楽しめる。
ベタ過ぎずSF過ぎずファンタジー過ぎず、程よいバランス感。
ハリソン・フォードが出てき
>>続きを読む

完全なる報復(2009年製作の映画)

3.4

“録り溜めしてたのをやっと観た”シリーズ。

中盤まではグイグイとお話に引き込まれる分、終盤の失速が残念。

関係ない人を殺めたところからクライド(ジェラルド・バトラー)に感情移入てきなくなった。いく
>>続きを読む

>|