ずーまさんの映画レビュー・感想・評価

ずーま

ずーま

映画(19)
ドラマ(0)

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

ショウとしては100点満点。ただストーリーがある程度予想しやすいからその点、ララランドの方が大人の映画かも。保険会社をクビになったところから世界一のサーカスになるまでのし上がるアメリカンドリームを体現>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.9

ある意味スタンドバイミーのような爽やかさを持ち合わせてる映画だった。ただビビリの自分としては終始顔を覆ってたレベル。笑 続編はみんなが大人になったころを扱うのかな? 楽しみです!

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.4

ノーラン好きとしては待ちに待った1作。やっぱり期待を裏切らない。今まで戦争映画は一歩引いた視点から見てることが多かったが、のめり込み過ぎてあっという間に終わってしまった気がする。バックで流れてるチクタ>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

大どんでん返し。ゲーム理論組み立てるの早いなと思ったけど、その分苦労の日々も長かったし、でも最後にちゃんと表舞台に帰ってくるナッシュがすごいかっこいい。ラッセル・クロウの統合失調症の演技が上手すぎてか>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.9

何回見ても好きな映画。色んな幸せの形があるっていいなと。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.1

怒涛の展開。最近でこんなに手に汗握る映画見たの久しぶりかも。なんだかんだ人間が一番狂気じみてると思う。人間分析であそこまで犯人に迫り、そして最後は最初からずっとしてたトレーニングで倒すところまでちゃん>>続きを読む

グリーンマイル(1999年製作の映画)

3.9

何回か見たことあったけど今回初めてちゃんと見れた気がする。正直見るのがきつくて、一回途中で止めてしまった。なんでか知らないけどスティーブンキング原作はバッドエンドのイメージ強い。今回もご多聞に漏れず、>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.1

安定のクリストファーノーラン。最初の?がしっかりと最後には!に変わるから流石。最後は現実であって欲しい、、

インターステラー(2014年製作の映画)

4.9

現状これ以上の映画に出会ったことはないと思う。映像の美しさ、音楽、ストーリーどれをとっても最高。愛って素晴らしい。そしてアン・ハサウェイは美人。

戦場のピアニスト(2002年製作の映画)

3.8

リアルすぎる描写に言葉を失ってしまう。特に老婦人が落とした食料をひったくりが食べるシーンはかなりショッキングで心に深く響いた。本当に戦争や差別はあってはならないし、きな臭くなってきたこの時代にぜひ見た>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.2

ずっと見たかった映画。冒頭からみんなタバコ吸ってて笑った。多感な思春期をどう過ごすかってその後の人生に大きく影響を与えると思うけど、どんなシーンでも心置けない友達って本当に大事。

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.0

シリアスな問題にユーモアを持って取り組むことはとても難しい。ドリスはぱっと見ただのヤンキーだけど、フィリップや弟しかり、人のことをしっかり見てるしちゃんと1人の人として扱ってる。理想の医療ってこうあり>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

未だに余韻に浸ってる。夢を追いかけるって本当に難しいことだが、それゆえに尊いことだと思う。演劇と音楽という2つのステージを愛でつなげている映画。劇中の音楽、色彩などのチョイスも最高でとにかくみなさんに>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに涙腺がゆるゆるになった映画。フォレスト・ガンプがまっすぐで不器用なんだけど、そこが人を惹きつける理由な気がする。オープニングとエンディングが似た構図になっているっていうのも、偶然なのか、運命>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.0

何回見ても好きな映画。ジュリア・ロバーツ可愛すぎだし、カール・ライナーが普段の気弱そうなおじいちゃんからの変貌がすごすぎ。そしてなんと言ってもラストの1人ずつ消えて行くシーンはいつ見てもジーンってなる>>続きを読む

幸せのちから(2006年製作の映画)

3.5

ウィルスミスの息子がとても可愛くてそれだけでも見る価値のある映画。父の強さを感じた。途中ちょいちょいウィルスミスがクズすぎてイライラすることもあったけど全然ブレない。やっぱ一本筋を通してる人ってかっこ>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.7

本当に名映画のひとつ。映画の時代感や音楽も含めて最高の映画だと思う。自分を信じて進むことのむずかしさ、尊さをひしひしと味わせてくれる。主演のマット・デイモンやロビン・ウィリアムズも去ることながら、ベン>>続きを読む