IruAudenさんの映画レビュー・感想・評価

IruAuden

IruAuden

セイント・モード/狂信(2019年製作の映画)

4.5

まるでクラシックホラーのような、上品で洗練されたルック。そして夜の街に響くストリートミュージシャンのドラムのリズムと、狂気を加速させる主人公のモノローグに彷彿とさせる『タクシードライバー』の匂い!もし>>続きを読む

聖地X(2021年製作の映画)

3.0

明らかに映像化に向いているとは言い難い題材(舞台が原作であり、そのテーマは観念的であり複雑性を伴う)ではあるが、そのわけのわからない状況のなかで人物たちがドタバタと右往左往する様は率直に楽しい。特にク>>続きを読む

レッド・ノーティス(2021年製作の映画)

3.0

ほぼほぼルパン三世。ドウェインとライアンのいつもの掛け合い。すごくライト。

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.0

アルジェントやジャーロはもちろんのこと、ウェス・クレイヴン作品、そして『バスケット・ケース』『ザ・ブルード/怒りのメタファー』『グーニーズ』『リバーシブルマン』などなど。これらのタイトルにピンときた方>>続きを読む

皮膚を売った男(2020年製作の映画)

3.5

難民問題と絡めて描かれるのは、芸術という名の皮を被った容赦なきビジネスによって残酷に搾取される人権。政治性を絶妙にバランス良い寓話性でコーティングした佳作。みちょぱ似のヒロインが美しい。

アンテベラム(2020年製作の映画)

3.5

案外ストレートな社会派スリラーだが、レイシストのケレン味ある死にっぷり(ジェナ・マローン!)など、ジャンル映画的強みも充分。きれいな伏線回収。主演モネイが美しい。

ヘル・フィールド ナチスの戦城(2020年製作の映画)

2.5

うーん、面白くないし怖くないなぁ。『オーヴァーロード』のような勢いもないし、退屈だなぁ、なんて思っていたら…まさかの展開に「へ?」(目が点)となった。全体に漂う安っぽさにノれず。「変な映画」であること>>続きを読む

ザ・ハーダー・ゼイ・フォール 報復の荒野(2021年製作の映画)

3.0

お行儀の良いタランティーノ(ジャンゴ)風。悪党首領は引っぱりだこイドリス・エルバ。サクッと見れるNetflix製ブラックウエスタン。

モーリタニアン 黒塗りの記録(2021年製作の映画)

3.0

社会派エンタメ作品としては無難な出来。例えば、これをスピルバーグが撮ったなら?と想像すると、事実が題材とはいえ、もっと面白く出来たのではないかと思わなくもない。人権派弁護士=ジョディ・フォスターという>>続きを読む

ハロウィン KILLS(2021年製作の映画)

3.0

ウルトラバイオレンスな殺害方法の連続で飽きないで観られる。個人的にお気に入りなシーンは、デザートイーグルで自身の頭を吹っ飛ばして死ぬ女性。あの場面はその呆気なさが妙にリアルだった。暴徒の場面は厭な怖さ>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

2.5

「映画のベスト尺は90分」論の押し売りに辟易(これがまたけっこういるんだ、こういう連中が)。長かろうが短かろうが、面白いものは面白いし、つまらないものはつまらない。ただそれだけ。それぞれの映画に、それ>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.5

稀代の職人監督にして鬼才、そして早撮り王であるリドリー・スコットが『テルマ&ルイーズ』に続いてまたしてもフェミニズム映画の傑作(と言って良いだろう)を撮った。決闘裁判をする主役男二人が最低な奴らなのは>>続きを読む

クラッシュ 4K無修正版(1996年製作の映画)

4.5

グレイン嫌いで知られるクローネンバーグによる変態的傑作が4K無修正版で登場。Blu-ray購入を機に久々の鑑賞。「おまえ一人で先にやったな!(ズルい!)」「しかもちゃんと犬まで用意してるじゃないか!」>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.0

オリジナル版は俳優の顔が見慣れないぶん、よりリアルに感じることができたが、リメイクの主演はギレンホール。それも含めて、やはりオリジナル版ほどの緊張感と空気感には及ばないが、そこは職人監督フークア。舞台>>続きを読む

屋敷女 ノーカット 完全版(2007年製作の映画)

4.5

『マーターズ』に並ぶフレンチホラーの傑作がノーカット完全版で登場。初見の衝撃を久々に堪能。どぎついシーンの連続だが、そこには不思議と美しさと崇高さがあり、暴力と狂気が美として昇華されている。恐ろしいが>>続きを読む

プリズナーズ・オブ・ゴーストランド(2021年製作の映画)

2.0

撃沈。最近の園子温の衰退ぶりは言うまでもないが、念願のハリウッドデビュー作も安定の堕ち方を見せてくれた。ニコラス・ケイジを引っぱってきてこの様子では、もちろんこの先の雲行きも怪しい。ニコラスのキンタマ>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

4.5

『ヒート』×『アウトポスト』×『イコライザー』×S・C・ザラー×N.W.レフンなどと表現すればてんこ盛りだが、それを良い塩梅に抑えていいとこ取りした渋めの良作。流れるような「静」の前半と苛烈な「動」の>>続きを読む

ラン・ハイド・ファイト(2020年製作の映画)

1.5

まずは犯人像に首を傾げる。スクールシューティングを起こした彼ら、特にリーダー格の男の「映画の悪役」然とした態度をはじめとして、その他大いに疑問である。果たして彼は「ナード」として描かれているのだろうか>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

2.5

IMAXレーザー鑑賞。冒頭のアクションシーンから話が進むにつれて、どんどん盛り下がってゆく気がしたのは自分だけだろうか…?その他アクションシーンも目新しさはないし、ひたすらドンパチ。個人的にドンパチは>>続きを読む

殺人鬼から逃げる夜(2020年製作の映画)

3.0

この手の韓国産ジャンル映画にありがちな、ほぼほぼ力技。長い追跡劇は傑作『チェイサー』を彷彿とさせるが、ありきたりな犯人像などその他諸々、もちろんそれには遠く及ばず。類似作で言えば『見えない目撃者』(こ>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.5

『ヒメアノ〜ル』『愛しのアイリーン』などで吐き気を催すほどの人間の業を見つめてきた吉田恵輔監督の最新作は、これまたトコトンまでエグく、「ナマ」の人間たちをまざまざと見せつける。漫画原作である先の二作と>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.5

個人的にタイムループものが得意ではないので避けてきた本作だが、テンポ良くサクサク見れて面白かった。『ゼイリブ』のポスター、『めまい』オマージュ。続編でタイムループの理由が明らかになっているらしいのでそ>>続きを読む

鬼哭 KIKOKU(2003年製作の映画)

3.5

A work directed by Takashi Miike, which was effective in restraint. He is a true craftsman.

スイング・ステート(2020年製作の映画)

3.5

候補者そっちのけで勝利の執念を燃やす選挙参謀たち。確かに米国の選挙戦は日本のそれと比べて格段に「面白い」のは確かだが、その「面白さ」とは、この映画で描かれているように下品で滑稽な策略と足の引っ張り合い>>続きを読む

クラシック・ホラー・ストーリー(2021年製作の映画)

2.5

タイトルを逆手に取った変化球ものだが、扱っている映画的小ネタは案外ミーハーであるし、メタものとしては少しの軽薄さを感じる。『キャビン』もしくは最近だと皆大好きな『ミッドサマー』※ネットで盛んな本作のネ>>続きを読む

FULL METAL 極道(1997年製作の映画)

4.0

Sex. violence. The polar region of nonsense. The heyday of Takashi Miike.

スイートガール(2021年製作の映画)

3.0

これはマ・ドンソクやドウェイン・ジョンソン主演作にも同様に言えることだが、主役がジェイソン・モモアとくれば否応なしに「主人公が殺(や)られるわけがない」という絶大な安心感が生まれるわけで、逆にそれはあ>>続きを読む

ケイト(2021年製作の映画)

2.0

文字通り「スタイリッシュ」な映像と豪華な出演陣。もちろん見栄えは大事だが、あくまでそれは「それっぽさ」に他ならず、それ以外の何でもない。本作は一貫してそんな「それっぽさ」に終始しており、その域を出ない>>続きを読む

モンタナの目撃者(2021年製作の映画)

3.0

肝心の主人公(アンジェリーナ・ジョリー演じる森林消防隊員)の影は薄く、むしろ劇中で猛威を振るう山火事それ自体が主役と言えようか。西部劇ばりの活躍を見せる妊婦や冷酷な暗殺者コンビなどの脇を固めるキャラク>>続きを読む

人肉村(2020年製作の映画)

1.0

こんなにも語ることがない作品も珍しい。「人が一番怒るのは浮気だ。2番目は殺し。おかしくないか」というような台詞だけは良かった。

オールド(2021年製作の映画)

3.5

病気の扱い方(シャマランユニバースにおける虐待の被害者の扱い方もそうだが)はなかなか難しいものだと思うが、どうなのだろう。受け付けない人は全く受け付けないかもしれない。そして案の定、例の奴には「でしょ>>続きを読む

実録 私設銀座警察(1973年製作の映画)

4.5

Without beautifying Japan's post-defeat yakuza conflict, it is portrayed thoroughly and horribly. T>>続きを読む

沖縄やくざ戦争(1976年製作の映画)

4.0

「追悼・千葉真一」逆立ち絶命するサニー千葉。チ○コ切断される室田日出男。小悪党の成田三樹夫。芸能界ステゴロNo. 1渡瀬恒彦。叩け叩け尾藤イサオ。辰兄&松方弘樹。たっくるせい!!

ウィッチサマー(2020年製作の映画)

2.0

よくあるジュブナイルホラーの類で、特筆すべき点はない。肝心の「魔女」も体を「バキバキ鳴らす系」の既視感あるものだが、もったいぶるわりにビジュアルインパクトが薄い。作品としてのバランスも非常に中途半端で>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.0

作り手の映画愛がストレートに伝わってくる愛おしい作品。愛嬌と少々のヒネり、そして登場人物の魅力が詰まっている青春映画の良作だ。本当に「胸キュン」映画と本作を2本立て上映したら面白いかもね。

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

4.5

たとえモブキャラだとしても、この物語の主人公はお前だ。人生という名のゲームをおまえ自身の手でクリアしろ!って臭いことを言ってみたくもなる良作である。役立たずだって、非生産的だって関係ない。生きているだ>>続きを読む

>|