みーるさんの映画レビュー・感想・評価

みーる

みーる

スコアは0.5刻みでつけてます。
記録用。
ジャンル問わずの雑食。

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.0

想像してたよりもかなりシリアスでびっくり、と思ったらリメイクなのね。主演の方あまりメインでは観たことなかったけど凄く引き込まれた。
ニコール・キッドマンとジュリア・ロバーツのキャスティングは合ってるけ
>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

2.0

ガイ・リッチーはハマるのとハマらないのがあるんだけど、これはあんまり好きじゃないかも…
しかしラストの巻き取り感とかカメラワークとか音楽とかはやはり良いし、出演者も豪華だった!

アウトバーン(2016年製作の映画)

1.5

設定がぶっ飛び過ぎてるし、色々浅過ぎて主人公に共感できず…
ベン・キングズレーとアンソニー・ホプキンスはいつも通り上手いけどなんだか勿体ない感じだった…
しかしベンツの加速は文句無しに良い。笑

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

3.5

テンポの良いやりとりで最後まで楽しめた。
もどかしさもあるけど応援したくなる2人の雰囲気が良くてサリーのコロコロ変わる表情が可愛い!
音楽も素敵だった。

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

2.5

史実としては興味深いけど、映画としては淡々とし過ぎてる感じ。
ただ、ナタリー・ポートマンの演技力は凄かった。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

このシリーズは思い入れがありすぎて…
やっぱりヒュー・ジャックマン以外のローガンなんて考えられないと改めて思わされる出来だった。
ボロボロになって戦う姿は切なさもあったけど…ローラを正しい方向へ、良い
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

今までのノーラン作品で一番ノーランっぽくない気がするけど、一番好きだった。
最後までぶれない世界観と、それぞれの場所で自らの役割を果たそうとする人たちに心打たれた。
あんまり多くを語らずに映像と音と表
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

アベンジャーズ観てなかった、という失敗はさておき…やっぱりジョン・ワッツ監督作品良いなぁと改めて!
途中少しだれるけど、最後までぶれない世界観とそれぞれのキャラが素敵…!(実際は低予算系の方が向いてる
>>続きを読む

ダム・キーパー(2013年製作の映画)

4.5

短編で尚且つセリフも無いけど、伝わるものが大きくて感動。
絵は可愛いけど内容は割と重たくて、序盤は観てるの辛かった。大人向けな感じだなぁ。
吹き替えで見たけど、ナレーションが少し聞き取りにくかった…
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還(1983年製作の映画)

2.5

またも終盤に来るまで観たことあるのに気付かなかった。
色々と解決し切ろうとしている感じが何だか…ついていけず…。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.5

本当にゴッホの絵が動いている感動。表情の変化とかもすごく細かくて、製作過程を想像しただけで気が遠くなりそう…
ストーリー自体も完全なフィクションでは無くて、ゴッホの死の真相に迫るミステリーっぽくて楽し
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.0

主題歌目当てで鑑賞。
空回りだけど全力な主人公を好きにならずにはいられない。
しんみりと笑いのバランスが絶妙。
レニー・ゼルウィガーの役作りすごいなぁ。というか、メインの3人ハマり役すぎる。

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

4.0

デンゼル・ワシントンの説得力…この人がやってこそ面白いって感じのキャスティング。
やっぱりフークア監督との相性最高に良い。
それだけに主人公の印象が薄れてしまった感。

脚本デヴィッド・エアーってのが
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

3.0

この題材に点数をつけるのもあれだけど、良くも悪くもスピルバーグらしさが詰まってるような感じ。
最初は金儲けのためだけだったシンドラーの考え方が次第に変化していって…っていう流れも、そうなんだろうけど。
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980年製作の映画)

3.0

普通に面白かった(褒めてる
凄い緻密な事をさらっとやってる感じが凄い。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

天才少女に普通の生活をさせたい叔父と、才能を伸ばしたい祖母。
どっちの考えも間違いではないから難しいけど、それに翻弄されるのも辛いし、口出しできない周りも複雑だろうな…
子役の子が上手いのなんの…クリ
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

4.0

ノクターナルアニマルズの前に。
トム・フォードの美的センスが素晴らしすぎる。
大切なものを失った1人の人間の、最期の1日。切なさと儚さを体現するコリン・ファースの演技力と色気に脱帽…マシュー・グードも
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977年製作の映画)

3.5

随分前に観てた気がする…けど覚えてない。笑
SFはそんなに好きじゃないし、色んな人が出てきて、これだけだと頭がついていけない…けど、よく練られてるし次が楽しみになる作りだった!
でも私は今の所はスタト
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.5

ワンシチュエーションものでこの長さだからずっと敬遠してたけど、そこまでの長さを感じずに観ることができた。
全員のキャラもしっかりあるから分かりやすいし、誰にも感情移入できないけど、第三者的な目線で楽し
>>続きを読む

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.0

でいんではーん、ハマりすぎ…美しくて、また鬱屈とした感じが合ってるんだよなぁ。
実話が元になってるのが驚きなんですが、文学の歴史として革命的なものを感じた…感情移入はできないけど、でいんではーんのキャ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

前作の内容うろ覚えだけど観てるうちにどんどん蘇ってきて大丈夫だった
最初から最後までブレることの無い完璧な世界観で、長さなんて全く感じなかったし、むしろどっぷり浸かっていたい気持ちに。
映像も音もすっ
>>続きを読む

G.I.ジョー(2009年製作の映画)

3.0

なんの予備知識も無かったんだけど、それなりに楽しめた。まさに娯楽作。
ツッコミどころ満載なのもここまで振り切れてると清々しい(笑)
そして何気に出演者が豪華!

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.5

人生迷うことも、上手くいかないこともあるけど、それでも生きていかなきゃならないし、周りと比べて焦ったり、もがきながら不器用でも進んでくフランシスの姿が素敵。良くも悪くも普通なのがまた。
最初はあんまり
>>続きを読む

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

プレミア試写会にて鑑賞。
これが実話なのが驚き。自らの危険を承知で言ってしまえば他人を匿い続けて何百人の命を救うなんて、希望がある。
ただゲットーの再現とかで言ってしまうと、ちょっと前に観た『戦場のピ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

前2作がそんなにハマらなかったけど、好きな人ばかりだし…と思って観に行ったら良い意味で裏切られた!
バランスがとれてて最後まで楽しめた。映像もとても綺麗で見応えあり。所々に小ネタが散りばめられてるのも
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.5

IMAX3Dで鑑賞。
前作から引き続き監督の作品愛がビシビシ伝わってきた。笑
全部のせって感じでなかなかお腹いっぱいになるし、突っ込みたい部分もあるけど、アクションも凄くて楽しかった。
最後が良い。

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.0

最初から最後まで計算され尽くしていて、何も考えずに楽しめるのに見事な伏線回収っぷりが気持ち良い。
一人一人のキャラづけもしっかりしてて楽しい。
ぜひ続編が観たい!

狼の死刑宣告(2007年製作の映画)

4.0

復讐は何も生まないという正論、それはそうだし色々と突っ込みどころが多いのだけど、それを凌駕するケヴィン・ベーコンの格好良さたるや…
フォロイングもそうだけど、こういう感じの役が似合うし、ほんとケヴィン
>>続きを読む

誰のせいでもない(2015年製作の映画)

1.0

期待して観たけど…うーん…
話の流れも登場人物の繋がりもしっくり来ない上にこのタイトル…どう頑張ってもモヤモヤが残りまくる。

オーシャンと十一人の仲間(1960年製作の映画)

2.5

元々リメイク版が大好きでこちらも。
折角メンバーがたくさんいるのに、個性があんまり出てなくて誰が誰だか分からないし、全体的に間延びしてる感じ。
正直ハマらなかったけど、リメイク版の良さを再認識できたし
>>続きを読む

母の残像(2015年製作の映画)

4.0

サスペンス的なのだと勝手に思ってたけど、1つの家族の再生の話って感じだった。
不器用だけどそれぞれ想い合って理解しようと模索する感じが良かった。
それぞれのパートのくっつけ方は、ん?となる部分もあった
>>続きを読む

ボヤージュ・オブ・タイム(2016年製作の映画)

3.0

ストーリー云々は全くないけど、美しいの一言。
大きなスクリーンで観たかった。
母なる大地、母なる星という言葉の意味がよく分かるなぁと。
ケイト・ブランシェットの包み込むようなナレーションも良かった。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

2.5

映像綺麗だし、扱ってる題材自体は好きなんだけど、あまりハマらなかったなぁ。本編後が一番好き。笑

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

勝つためには手段を選ばない、周りにこんな人いたら絶対嫌なことは確かなんだけど、ジェシカさんが演じると魅力的にも見えるのが流石。
点と点が線になる部分が多くて最後まで楽しめて爽快感もある。
何が彼女をそ
>>続きを読む

>|