みーるさんの映画レビュー・感想・評価

みーる

みーる

スコアは0.5刻みでつけてます。
記録用。
ジャンル問わずの雑食。

映画(693)
ドラマ(49)

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.0

アイルランドの神話がもとってことで、多くを語らないスタイルの作品になってるけど(笑)、いかにも神話らしい感じだった。
絵も音楽も幻想的で素敵だった。
少年目線で描かれてるから単純に成長ドラマとしても楽
>>続きを読む

ミスター・ガラス(2019年製作の映画)

4.0

そう持って行きたいなら、あそこはこうの方が良かったんじゃないの〜?って気持ちが素人目で出てきてしまった部分も散見したんだけど、あの締めくくりと言い、運びと言い、これこそシャマランって感じがして個人的に>>続きを読む

マン・ダウン 戦士の約束(2015年製作の映画)

4.0

シャイア・ラブーフ主演と、ポスターの情報しか持たないまま観て、終盤まで、ん? って感じだったんだけど…最終的に凄く心にくるものがあったし、目が離せなくなった。
あらすじからは想像できないくらい方向性に
>>続きを読む

クローズEXPLODE(エクスプロ―ド)(2013年製作の映画)

2.0

細かい事は気にせず見た上でも。全編通して突拍子が無くて、何を見てるか分からなくなった…笑
前二作のキャストと比べると、細い人が多くてあんまり強そうに見えなかったし、棒読み感が…。
柳楽さんは良い意味で
>>続きを読む

クローズZERO II(2009年製作の映画)

3.0

前作よりストーリー的にも好きだし、スピード感があって良かった。
校内の派閥争いより、学校同士の方がスケール大きいし、このキャストでやるから、前作以上の見応えがあった。
痛いのとか苦手だけど、ここまで吹
>>続きを読む

クローズZERO(2007年製作の映画)

2.5

3作目を観るために。
キャスト豪華だから見応えあったけど、もう少し短めが良い…
しかし小栗旬は何でもハマりますな…

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

2.5

原作が良かったから期待しすぎた。
ストーリーの再現率は高いけど、まさかこんなポップになっているとは…w中島監督の作品初鑑賞だけど、他もこんな感じなのかしら…
でも、中谷美紀がこんなに松子にハマるとは…
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

1の方が好きだけど、こっちも良かった。
インターネットの世界の完成度の高さが凄かった。
ガル・ガドット好きだから字幕版でも観てみたい。

あまくない砂糖の話(2015年製作の映画)

3.0

甘党だから、よりゾッとした…。
それにしても自分で試す勇気凄い。
ダイエットの後押しになりそうな作品。

スピリット(2002年製作の映画)

3.5

マットが主人公の馬の声をやってるってだけで鑑賞。と言っても、語りスタイルで馬が喋るわけでは無かったので、思ってたのとは違ったけどw
普通に良い話でホロリときた。
絵も綺麗だし、音楽もブライアン・アダム
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.5

安定の福田監督感。
振り切れたギャグだから最早清々しいけど、映画館で観ようとは思わないな。
しかし私の求めてるムロさんだった。笑

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.0

人の心って難しい。
誰かを失った時の、喪失感だけでは片付けられない複雑な心の揺れ。進みたくなくても明日は来てしまうから、より整理がつかなくなるんだろうなと。
正解が無いから難しい話だけど、ジェイク・ギ
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

4.5

名作は名作だった…ヒッチコック凄い。
若干の間延び感はあるものの続きが気になって仕方がない良質サスペンス。
カメラワークや演出にも工夫があって観てて面白かった。色遣いもお洒落。
落とし所も納得いきまし
>>続きを読む

消されたヘッドライン(2009年製作の映画)

4.0

トニー・ギルロイ好きとしては普通に楽しめたけど、もう少し捻りがあっても良かった気はする。
キャストが豪華でそれだけでも見応えあり。
ベンアフ、こういう役合ってて好き。

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.5

邦題からイメージしてた作品とは全然違ったけど、面白かった。
アメリカと聞いてすぐにはイメージできない裏側的な部分が、作品の中に上手く落とし込まれていた。
親子や兄弟、相棒との愛にぐっときました。
個人
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

4.5

テイラー・シェリダン凄い。取り上げる題材も良いし、作品に落とし込むのも上手い。
現代アメリカの闇が深すぎる問題。
シンプルに今起こっていることを描いている。強くないと生き残れない現実は観ていてもどかし
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.5

くだらないけど、大いに笑ったし、レナー様が格好良過ぎたw
これが実話を基に作られてるとか…w
でもこんな友達関係楽しいだろうな、と素直に羨ましくなったw
エンドロールも最高!

プリズナーズ(2013年製作の映画)

4.5

よく練られた脚本な上、やっぱりヴィルヌーヴ監督だからなのかな、長いけど、その長さを感じさせないし、なんならずっとその世界観に浸っていたいと思えてしまう不思議。
伏線の張り方も回収の仕方も秀逸だからなん
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

痛烈な風刺がきいてて、何とも言えぬ感じだったけど、映画館でやっても良いレベルの作品だと思った。見えない現実を見せつけられた感。
ジェイク・ギレンホールは何やらせても上手いことやってのける…!
翻訳は尊
>>続きを読む

チェ 28歳の革命(2008年製作の映画)

3.0

どうしてもドキュメンタリーっぽさが強くて、映画としてはどうなんだろうって所。
でも教科書での知識とは全然違った面がたくさんあって、そう言った点では最後まで飽きずに観れた。
た ベニチオ・デル・トロの役
>>続きを読む

スノーホワイト 氷の王国(2016年製作の映画)

2.0

前作があれだったし、私的地雷臭は感じてたんだけど、俳優陣が私得すぎて、ただただ推しを無心で眺める2時間だった…。
前作も、こっちも映像は凄く綺麗。

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

2.0

この手の作品によくある感じだったし、答えは全部途中で出される感じだし、うーん。
しかしアリシアちゃん可愛いし、オスカー・アイザックは名前見るまで全然気付かなかった…!凄いなぁ。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.5

デッドプールでネタにされてて気になってた作品。
何も考えずに楽しめるし、アクションが格好良かった。
ウィレム・デフォーのキャラがしっかりと活かされた使い方されてて良かった…!

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.0

2の方を先に観てしまったんだけど、こっちも最高に面白い。
映画館で観なかった事を深く後悔しました…特に終盤40分のハラハラ感がたまらない。
越えてはいけない一線って絶対あるとは思うけど、だんだんと分か
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

2.0

発想は面白いと思ったけど、誰にも共感できないし、何だかなぁ。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

王道なやり方だけど、何か吹っ切れた感があるし、カメラワークも音楽もストーリーもワクワクが止まらなかった。落とし所も最高。
もう、余計なことしないで、こういうの、これが良いんだと感じられる安心感。
出演
>>続きを読む

アイ・ソー・ザ・ライト(2015年製作の映画)

1.5

トムヒのプロモーションビデオ。
冒頭シーンなんて芸術かと…
いろんな表情が観れるので上手さも分かるけど、肝心のストーリーは、ドキュメンタリーかと思うほど淡々としてた。
一個人の意見だけど、本人知らない
>>続きを読む

劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~/リチャード二世(2015年製作の映画)

4.0

今までもベン・ウィショーの出演作は観たことあったけど、こんなに上手さが際立ってる作品は初めてな気がする。
圧倒的な存在感で目が離せなかった。
何言ってんだこいつ感を超える儚さみたいなものも感じられて、
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.5

話が進むにつれてどんどん引き込まれていって、ラストもまたそこで終わるのかという衝撃…
ジェットコースターのような映画では無いけど、一つの事件をきっかけに夫婦の不和がじわりじわりと大きくなっていく様の描
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

2.5

そもそものストーリーがあまり好きじゃないのだけど、ラッセル・クロウには惹きつけられた。

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

2.0

後半から面白くなってきたけど…やっぱりデルトロ合わないな…。
しかし、ジェシカさんのトムヒの演技には惹きつけられたし、映像と音楽も良かった。

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

2.5

ラムゼイさんがモデルという事で鑑賞。
料理は綺麗だけど、ストーリーとしては普通。
アリシアちゃんが可愛いからプラマイゼロ。

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

2.0

設定や音楽は良かったけど面白いとは思えなかった…やっぱりウディ・アレン合わないんだろうな…

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.0

映画そのものが一つのライブのようだった。
時系列とか違うみたいだけど、ドラマとして綺麗にまとめられていて良かった。
ラミ・マリックの役作りが素晴らしい。そのほかの3人も似てる…!ライブシーンは鳥肌モノ
>>続きを読む

>|