thurさんの映画レビュー・感想・評価

thur

thur

映画(171)
ドラマ(5)

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.8

『名探偵ピカチュウ』は、かつてポケモンが好きだった少年が父のパートナーであるピカチュウとともに、父の死の謎とその裏に隠された大きな秘密を暴く物語。一貫してピカチュウとポケモンたちが可愛い。なによりピカ>>続きを読む

スキン~あなたに触らせて~(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『スキン あなたに触らせて』は、口の位置に肛門がある少女や眼のない娼婦などの奇形の人々と、奇形に憧れる青年、奇形しか愛せない男性といった精神的な闇を抱えた人々を、計算されたパステルカラーな世界観で描く>>続きを読む

西北西(2015年製作の映画)

3.5

『西北西』は、国境や性別などカオティックなボーダーで揺れる女性たちの物語。磁場の強い部屋では方位磁石でさえも狂う。それは愛が遠ざかり渇いてゆく感覚や、社会に身の置き場のなさを抱える現代人の体感に重なる>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.3

自由を追い求める異星人の少女と、彼女に恋をした少年。二人に残された時間はたったの48時間。タイトルからは想像もつかない、パンクとSF、そして神話を織り込んだボーイミーツガール。初恋は永遠に続く。

おかえり、ブルゴーニュへ(2017年製作の映画)

3.8

父への不信から故郷を離れた男が、父の危篤の報せに故郷へ戻り、葡萄ワイン家業を継いだ妹弟と10年越しに再会する物語。単調になりがちな農耕の様子をスタイリッシュな音楽で見せ、言葉足らずな人々の分を、芳醇な>>続きを読む

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

3.3

太宰治の『晩年』を巡る事件が、祖母の人知れぬ恋の秘密へと繋がっていくビブリオミステリ。作家然とした東出昌大が最高で、夏帆との切ない不倫の恋は純文学的なシーンばかり。純文学好きの心をくすぐる。成田凌は登>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.7

『BPM』エイズが死の病だった頃のパリで製薬会社や政府を相手取り、理解の普及と感染拡大防止、早急な新薬開発を訴えに挑んだ実在の団体「ACT UP」の若者たちの話。心臓の拍動の間隔に似て断続的に挿入され>>続きを読む

映画チーズ・イン・ザ・トラップ(2018年製作の映画)

3.2

甘々恋愛ドラマを期待していたら、まさかの暴力とストーカー、婦女暴行犯の登場に萎えた。韓国映画はバイオレンスに走りがち。

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

4.5

離婚した男性とAIが恋に落ちる物語、『her/世界でひとつの彼女』は、遠距離恋愛の人に観て欲しい。“声”を通して触れる相手の存在はまるで隣に居るようだけれど、“肉体”はそこにない。ほかの恋人たちのよう>>続きを読む