ばずさんの映画レビュー・感想・評価

ばず

ばず

映画(808)
ドラマ(0)
アニメ(0)
  • 808Marks
  • 3Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

日本の黒い夏 冤罪(2000年製作の映画)

3.4

松本サリン事件をテーマに、日本のマスコミの報道姿勢の是非に迫った映画。
多少の脚色はあると思いますが、冤罪が作られた経緯が分かるし、マスコミの報道姿勢や情報の取捨選択、懐疑的に物事を見ることの大切さを
>>続きを読む

ザ・ドライバー(1978年製作の映画)

3.3

犯罪者を逃亡させる男と、それを追う刑事が強盗と取引をして追い詰めようとするアクションサスペンス。
70年代の車がたくさん出てくるので観ていて楽しく、市街で車をぶつけまくるカーチェイスは見応えがあります
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.5

偶然道を尋ねられたイケメンが気になって後を付けたら家業に巻き込まれ、椅子に変えられたイケメンを元に戻す旅をする中で、前向きに生きる事を選択するお話。
出てくる登場人物がみんな良い人で、家出少女相手にハ
>>続きを読む

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.5

オペラ歌手ポール・ポッツ誕生の実話。
幼少期からイジメを受け、歌の才能はあったが中々芽が出ない中でも応援してくれる家族、同僚、奥さんに支えられながら成功するまでのサクセスストーリーなのですが、出てくる
>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.0

父親殺しの罪に問われた被害者の息子マイクを弁護するサスペンス。
証言は息子に不利な事ばかり、犯人と断定される寸前で予想していなかった証言がマイク自信から飛び出して、どんな展開になるのか!?と思いきや、
>>続きを読む

ザ・ファーム/法律事務所(1993年製作の映画)

3.5

法律事務所に就職した若い弁護士が、マフィアのマネーロンダリングに巻き込まれるサスペンス。
詰んだ状態からどんな反撃に出るか!?がこの映画の見所なのですが、事務所とFBIを違う目線に引き付けておいて、裏
>>続きを読む

のぼうの城(2012年製作の映画)

3.1

史実をベースにコミカルに脚色された内容なので、好き嫌いは別れると思います。
のぼうの、でくの坊であり村人から慕われるキャラクターは野村萬斎のイメージ通りなのですが、怠け性の知恵者ではなくカリスマ性だけ
>>続きを読む

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.6

世間には言えない機密や闇金が保管されている銀行に強盗に入るクライムサスペンス。
銀行地下の貸金庫まで穴を掘って盗んだ物が、金銀財宝ではなく警察や政府高官のスキャンダルばかり。強盗品の写真を巡ってテリー
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

ピエロが出てくるホラーかと思ったら、アノニマスのようなハッカー集団のサスペンススリラーでした。
ベンヤミンが警察に事の経緯を供述し保護を求めるところから話が始まり、少しずつハッカー集団、MRXについて
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.0

同名漫画の実写映画。
原作は少し知っている位ですが、キャラクターと雰囲気の再現度の高さに驚きました。フランス映画に良くある下ネタや間抜けなコメディと原作の世界観がうまく合わさっていてちゃんとシティハン
>>続きを読む

レッドクリフ Part II ―未来への最終決戦―(2009年製作の映画)

3.5

合戦シーンは前作以上に見応えがあり、今作でも槍や矢が刺さって人がバタバタ倒れます笑
疫病に罹った死体を送りつける非道な曹操は、前作で尊敬の念を込めて関羽を見逃した人物とは思えない程。また、孔明が敵軍を
>>続きを読む

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

3.5

三国志には疎いのですが、最初に簡単な解説をしてくれるので助かります。それでもちんぷんかんぷんでしたが・・・
みんな同じような顔で誰が誰だか・・・人物わ覚えるのが大変。

赤壁の戦いに繋がる前哨戦的な内
>>続きを読む

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.7

テレポーテーション時にハエが混ざり、その影響でハエ人間が誕生する話。
テレポーテーションすると分子レベルに身体が分解されて転送、構築される話はこんな昔から映画化までされていたのかと感心しました。
単な
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

3.3

ボーンシリーズは観るのが初めてです。
序盤の逃走シーンで、ロジック立てでボーンを追い詰めていく様子が中々面白く、CIA視点で話が進んでいたのもヘザーの有能さが表れていて良かったと思います。
アクション
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.3

話はシンプルで分かりやすいですが、軍に追われて逃げる展開が続き、ヒーローというより化物扱い。冒頭でハルクについて簡単な説明がありますが、もう少し詳しくても良かったと思います。(それだけで1本映画が出来>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.9

久しぶりに観たら所々のシーンで泣いてしまいました笑
栄おばあちゃんが電話で色んな人を励ますシーンと、夏希の窮地に世界中からアカウントを使ってくださいと協力してくれるシーン。
どうも絆とかそういう類に弱
>>続きを読む

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

3.5

王子が婚約者を探しにニューヨークへ旅に出るロマンスコメディ。
全編に渡り登場人物がほぼ黒人だったのが気になりましたが、お調子者のアキームだけでなく世話役のセミもしっかりしてるようでやらかす憎めないキャ
>>続きを読む

ゾンビーバー(2014年製作の映画)

2.9

ヤりまくりのお盛んなバカップル達が、ゾンビ化したビーバーに襲われる話。
足切断とかアレを食いちぎられたりとグロ多めですが、モグラ叩きならぬゾンビーバー叩き、人間がゾンビーバー化するコメディ要素もあって
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.5

狂気を感じるパッケージ、緑掛かった背景に映える赤い衣装から一見してホラーかと思いました。でも変わった女のロマンスコメディ(イタズラ)ですので、見方によってはホラーですね。
opやedの凝ったエフェクト
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.2

超は観てませんが、ブロリーの設定が少し変わっているのですね。境遇が丁寧に描かれたのは良かったと思います。
しかし、悟空とベジータがフュージョンしないと倒せない無茶苦茶な強さな割に、映画全体が緩い雰囲気
>>続きを読む

激突!(1971年製作の映画)

4.1

見知らぬタンクローリーに命を狙われ続けるサスペンス。
舞台は70年代。携帯もドラレコもない時代にこんな奴に追い回されたら逃げるか戦うしか無いのですが、顔は分からないし、車格が違うので殺す気なら簡単に出
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

死ぬまでの余命数ヶ月を悔いなく過ごす。コールの財産あっての内容ですが、自分らしく生きようとする姿はカッコよくて羨ましくもあります。
諦めす治療に専念してほしい家族の葛藤もあり、その人がどういった最期を
>>続きを読む

さよなら銀河鉄道999 -アンドロメダ終着駅-(1981年製作の映画)

3.0

前作を観ていないと話の内容が分かりませんね。(仕方ないですが)
星を巡って様々な人と出会う少年の冒険譚という印象ですが、ポイントはメーテルとの別れと自立でしょうか。
昔の映画なのに緻密で綺麗な映像も目
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

異星人に意思、感情があるのか?地球にきた目的は?と、ロジックに沿って意思疎通を図る様子は正に異文化交流。未知との遭遇、誤訳に混乱し各国との情報共有も切断され一触即発の常態、これからどんな展開になるのか>>続きを読む

アウトバーン(2016年製作の映画)

3.1

原題が『COLLIDE』だったので派手なカーアクションなのかと思いきや、アウトバーンを500万ユーロ持って高級車を乗り換えて走るサスペンスアクションでした。
大筋がシンプルなので話が分かりやすく気楽に
>>続きを読む

ゾンビーズ(2018年製作の映画)

3.8

単なるゾンビ映画かと思いきや『ハイスクール・ミュージカル』のようなノリでビックリ。そして主人公ゼッドの活発ながら華奢な見た目の主人公像に、今のアメリカってこういうのが流行ってるのかと2度ビックリ。ひ弱>>続きを読む

シャークトパスVSプテラクーダ(2014年製作の映画)

2.1

蘇るゴールデンサメ劇場の録画で鑑賞。
『シャークトパス』の続編で、今度はプテラノドン×バラクーダをかけ合わせてできた生物兵器プテラクーダと戦います。
気持ちいいくらいに人は食べられるし、生首バレー、彼
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.8

ドイツの暗号装置エニグマ解読に至る、数学者アラン・チューリングの半生を描いた映画。
機械には機械で対抗するしかないと暗号解読機の製作に奮闘するだけでなく、アラン・チューリングという人物の掘り下げ、終戦
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.9

ブルース・ウィリス主演で家族が襲われたとなれば先の展開は予想出来ますが、予想通りで面白かったです笑
オーソドックスな復讐劇でご都合主義なところはありますが、テンポ良く進むので飽きずに観ることが出来まし
>>続きを読む

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(2008年製作の映画)

3.5

邦題であまり観る気になりませんでしたが、意外と良かったです。
一組の夫婦とともに歩んだ犬の一生。車から前足だけ出して歩いたり、何でもかんでも食べちゃったり、手のかかる子ほど可愛いと言いますが、邪魔者扱
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.3

政府がベトナム戦争の事実を欺く中、ワシントン・ポストは機密文書を入手。ジャーナリストとして言論の自由を取るか、国家反逆罪を取るかの葛藤が描かれています。アメリカは自由の国なんて言われていますが、国家の>>続きを読む

火天の城(2009年製作の映画)

3.1

信長から安土城建設の無理難題を押し付けられ、総棟梁として3年で築城するために奮闘する話。
敵地に檜を取りに行ったり、仲間割れ、戦の招集、周囲の環境に振り回されて窮地に立たされますが、妻や仲間たちに支え
>>続きを読む

ダークマン(1990年製作の映画)

3.4

何となく観ましたが、まさかリーアム・ニーソン主演だったとは・・・
この頃から現在に通ずる凶暴さ、復讐の似合う男は健在でしたね。

瀕死の重傷の影響で超人となり、全身やけどの手術の影響で痛みを感じず、更
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.0

観終わったあとに、良い読後感に包まれました。
片田舎で姉妹と知的障害のある弟、過食症の母と5人暮らし、家の床も抜けそうで万が一の備えも無く、すべてを抱え込んで過ごすギルバートの姿が不憫で、彼の孤独や閉
>>続きを読む

オールウェイズ(1989年製作の映画)

3.9

空中消火作業中に死んだ男性が守護霊となって恋人を見守り続ける話。
シンプルながらも引き込まれる内容で互いの気持ちが伝わるし、演出の距離感も絶妙、何とも切ない映画でした。
原題がALWAYSなのもグッと
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.9

内容は単純明快、人気キャラが次々と出てきて戦い合うお祭りの様相は正にスタンピード。
個人的には、最悪の世代が連携で戦うシーンが好きです。
圧倒的な力の差にみんなが破れていきますが、最後は力を合わせて撃
>>続きを読む

>|