ぶちょおファンクさんの映画レビュー・感想・評価

ぶちょおファンク

ぶちょおファンク

映画(1003)
ドラマ(109)

すべては海になる(2009年製作の映画)

2.0

序盤★3 中盤★2.5 終盤★2

大高さんチっておそらく
『呪怨(オリジナル版)』
と同じ家じゃねーかっ!?😲😱🤣

10年前の作品ですが
ミニシアター系大流行りの昨今、
今の時代にも合い、
受ける
>>続きを読む

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤★3 中盤★3 終盤★2.5

『四畳半神話大系』、
『夜は短かし歩けよ乙女』と同じ
原作者&脚本家による作品。

映像面は比較的シンプルに描かれたキャラ、
精細に描き込まれた背景でクオリティーは
>>続きを読む

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年製作の映画)

2.5

序盤★2.5 中盤★3 終盤★2

先日、五右ェ門(五ェ門)役の声優・井上真樹夫さんご逝去との訃報、
この4月にモンキー・パンチ先生ご逝去時の追悼放送録画分をチェック。

ついこないだ4DX版『カリオ
>>続きを読む

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤★2.5 中盤★2.5 終盤★2

突然の先天性の疾病により
95パーセントの視覚を失った青年の実話に基づく作品。

実話だろうとフィクションだろうと、
障害者だろうと健常者だろうと、
この映画を
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤★3 中盤★2.5 終盤★1.5

オープニング、JBのファンキーな音楽、
センス抜群のポップなクレジットと映像から本編への流れは秀逸で、
久しぶりに唸りワクワクし
期待の高まるサイコーの始まり♪
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤★4 中盤★3.5 終盤★2.5

ケン・ローチ監督&ポール・ラヴァーティ脚本によるコンビ作って
倫理観や価値観があまり合わないんですが(『天使の分け前』スコア★1)、
今作は社会制度やそれに関わ
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

2.5

序盤★2.5 中盤★3.5 終盤★2.5

今年劇場で観た『愛がなんだ』(スコア★4)が大変に良かったので気になりクリップしてた今作がアマプラ見放題に♪

ドラマ『日本ボロ宿紀行』を最近観ましたが、
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

1.5

序盤★2 中盤★1.5 終盤★1.5

[ええ声でディカプリオっぽい美男、
太眉でスタイル抜群の美女♪
そして脇を固める役者は豪華!!!]

2時間越えのSF大作、
監督誰やろぉ〜…???
ってベッソ
>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

3.0

序盤★2.5 中盤★3 終盤★3

「美は見る人の目に宿る」

1本前に観た
『アイ・フィール・プリティ!』(スコア★2)
が今作の設定を少しアレンジしたものだったので再見。


冒頭のナイトクラブで
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤★2.5 中盤★2.5 終盤★2

[気軽に観れてそこそこ笑えてそこそこいい話し]

ファレリー兄弟監督の良作
『愛しのローズマリー』
のような展開。

素材もテーマもいいし、
“応援”映画とでも
>>続きを読む

チャッピー(2015年製作の映画)

2.0

序盤★2.5 中盤★2.5 終盤★2

[特撮とチャッピーのキャラは良い!脇役が豪華♪]

『第9地区』と同じように
ドキュメンタリー、
モキュメンタリー風な始まりでの
世界観の説明は情報量が多く、
>>続きを読む

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

2.5

切なくも優しく、
雪降る寒いクリスマスの
ほっこり心温まる
おとなのためのおとぎ話。

2019年403本目

青天の霹靂(2013年製作の映画)

2.0

序盤★2.5 中盤★2 終盤★2

序盤での
“生きることの辛さ”を
描くのは好みで、
特に河川敷の出来事から
タイトルの入りは素晴らしい!

しかしその否定的人生から
肯定的人生観へと変わる展開が
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤★3.5 中盤★2.5 終盤★3.5

物語のツカミはサイコーにミステリアスで面白い!!!

大差ないいつもの日常から
動く列車内での謎のミッション、
そして動きを止めた列車への展開…
っと映画の
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

2.0

序盤★2 中盤★3 終盤★2

文学的物語やと思ってたら、
中盤から一変する怒涛の
劇画ちっく(原作は漫画らしい)な展開には
驚きつつも笑った笑った!🤣🤣🤣

これは完全に70年代
梶芽衣子様がお得意
>>続きを読む

Hello,My Love(2009年製作の映画)

1.5

序盤★2 中盤★1.5 終盤★1

オープニング・クレジットがセンスあるなぁ〜…♪
っと感心してたら
オープニング・エピソードがヒドかった!!!😱
犯罪に可愛いもクソもあるかーっ!(笑

監督はがんば
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

2.5

序盤★3.5 中盤★2.5 終盤★2.5

オープニングのオシャレさ、
現在でも通用するセンスや技法、
60年代だから通用したセンスや技法、
久しぶりに自分の感性の
普段くすぐられることのない部分を刺
>>続きを読む

ラーメン食いてぇ!(2018年製作の映画)

1.5

序盤★1.5 中盤★1 終盤★2

[ニーハイに燃えました!]

妻に先立たれ失意のラーメン屋店主(石橋蓮司)、
親友(葵わかな)に裏切られ彼氏も奪われた女子高生(中村ゆりか)、
海外の辺境で遭難した
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

2.5

英題が『マイ・ライフ・アズ・ア・ズッキーニ』、
おそらく原題もそういう意味っぽいけど、
ラッセ・ハルストレム監督作へのオマージュもあるのかな…???
イヌは出てこないけど母、初恋、性…等々の作品の類似
>>続きを読む

ソウルガールズ(2012年製作の映画)

2.0

序盤★3 中盤★2 終盤★2

実話を基にした作品。

知識不足でオーストラリア先住民族アボリジニに
こういう歴史があったのを初めて知りました…😅

歌声に魂が呼応し、
仲の悪い姉妹、いとこらが一致団
>>続きを読む

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.5

序盤★3 中盤★2.5 終盤★3

アマプラで少しあらすじを読むと

“5時から5時11分までの物語…”

みたいなことが書かれており、
映画として約80分は短いけど
その内容は11分!?
に惹かれる
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

1.5

序盤★2 中盤★1.5 終盤★1.5

マーティン・スコセッシが
製作総指揮なんでチェック!

タランティーノや
ガイ・リッチーらが
脚本書いて(手直し)撮ってたら
面白かったかもなぁ〜…
って雰囲気
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

2.0

序盤★3 中盤★2 終盤★2

かなりの登場人数での
群像劇ではありますが、
有名どころの俳優を多数
起用しているので混乱はなし。

フツーは省きますが
好きと嫌いなエピソードを箇条書き。

好き
>>続きを読む

ザ・スパイ シークレット・ライズ(2013年製作の映画)

1.0

序盤★2 中盤★1 終盤★0.5

コミカル・スパイ・アクションは
良く言えばジャッキー・チェン風ではありますが、
如何せん主演のソル・ギョングは
アクションスターではないので
カメラワークや編集等で
>>続きを読む

放課後ソーダ日和-特別版-(2018年製作の映画)

1.5

ひと夏の青春の想ひ出は
ソーダの泡のやうに…

ミニシアター系で話題になって
タイトルは知ってるけど観てない
『少女邂逅』のスピンオフ、
Webドラマとして配信していたものを再編集した作品なんだソーダ
>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

2.5

序盤★3 中盤★2.5 終盤★3

マドンナと結婚後の
パッとしない時期やったんで
スルーしていた
リッチー作品を鑑賞。
この2008年に
ふたりは離婚したようだ…!

オフビートなクライム・コメディ
>>続きを読む

ラテン・ジゴロになる方法(2017年製作の映画)

2.0

序盤★1.5 中盤★2.5 終盤★2

真面目な小学生の甥っ子パートは
微笑ましいけど、
メインである真面目に不誠実でゲスいおじさんジゴロのパートが笑いも展開もイマイチ。
特に冒頭の幼少期から青年期ま
>>続きを読む

乗り出し危険(1985年製作の映画)

-

『ミスター・ノーバディ』(オレのスコア★5、ベスト3映画!)から
ドルマル監督のハイセンスに魅了されファンになりましたが、
某動画サイトでその元ネタとなった
初期作品が観られるとのことで鑑賞。

字幕
>>続きを読む

リベリオン・ライズ(2017年製作の映画)

1.0

序盤★1.5 中盤★1 終盤★1.5

『リベリオン〜』とついたタイトルから
勝手にクリスチャン・ベイルの作品っぽい
近未来SFアクションを少し連想し観ましたが。。。

リベリオン、反逆、反乱等の意味
>>続きを読む

ミラージュ(2007年製作の映画)

2.0

序盤★3 中盤★2 終盤★2

チリの映画って初めてかも?
原題『ミラージュマン』

ヒーローとして
光と影がちゃんとあるし、
現実問題として
ヒーローが街に現れた時の
笑いやコミカルさもあり、
粗い
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

1.5

序盤★2 中盤★1.5 終盤★1.5

永井豪先生らによる
1970年代のアニメ(エンドロールにちゃんとクレジットがあったので著作権はクリアしてる(笑)
『鋼鉄ジーグ』の世界に浸る
精神を病んだ女性ア
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.0

序盤★2 中盤★2.5 終盤★3

邦画3連発その3!

『〜上の句』★3.5
『〜下の句』★2.5

全体の展開、構成はとてもよく出来ていて飽きなかった。

ただテレビ放送ゆえに
本編大幅カットで
>>続きを読む

リスタート:ランウェイ〜エピソード・ゼロ(2019年製作の映画)

3.0

邦画3連発その2!

1時間45分の作品だと思ってたら
45分の短編やった!!!

障害者を扱う作品において、
日本ではとかく湿っぽくなりがちですが、
今作はかなり笑えるシーンもあり、
健常者が勝手に
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤★1.5 中盤★1.5 終盤★1.5

邦画3連発その1!

舞台は大阪、
十和子(蒼井優)は関西弁なのに
その姉は標準語…?
水島(松坂桃李)の最初の衝動も「AVかよ!?」ってノリ…?
こどもの
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤★2 中盤★1.5 終盤★2

“マン”3連発その3!

A24製作って尖った作品が多く
そんなに期待してませんが、
今作もそんな尖りに尖った怪作、奇作なのは確か…!

ツカミのインパクトとバカさ
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

序盤★3.5 中盤★3.5 終盤★3

月に手を伸ばせ
たとえ届かなくても
by ジョー・ストラマー


“マン”3連発その2!

この手の史実に基づく宇宙ものにありがちな演出は極力抑え、
宇宙船の閉
>>続きを読む

>|