ぶちょおファンクさんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

ぶちょおファンク

ぶちょおファンク

ソート鑑賞日順新しいが最新の評価とレビュー
感想と評価はセンスと知識と価値観と状況で変わる
★3が及第、合格ライン
★3.5からオススメするレベル
★4から大好きな作品♪
星の数はオレの好き度数なので
★1〜5までキッチリ分類!
文才ないので長文。。。

映画(588)
ドラマ(38)

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

4.0

序盤★4.5 中盤★2 終盤★4.5

美、時、夢、愛に関しての台詞、
映像表現のセンス抜群で素晴らしい!!

あと音楽もオシャレやし、下ネタも嫌いじゃない。(笑
ただおふざけの部分のセンスが合わず、
>>続きを読む

リアル 完全なる首長竜の日(2013年製作の映画)

2.5

序盤★3 終盤★2.5 終盤★2

監督が誰なのかも知らず、
タイトルの『リアル』ってのだけ見て観始めたら、
まずタイトル・クレジットで副題の『〜完全なる首長竜の日』
ってのを知り驚いた!
なんや首長
>>続きを読む

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

2.0

序盤★1.5 中盤★2.5 終盤★2

ツカミのフライヤーのシーンはなかなか面白く、
そこから最初の事件であまりのご都合主義のとんでもない知識からある推測を導き出し…嗚呼……っとなり、
よし!これはス
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

1.5

序盤★1 中盤★1 終盤★2

綾瀬はるかちゃんのファンだと言うと
「ああ、おっぱい星人なんだ!」
っと決め打ちするのやめて下さい。
もちろん顔でもありません。
ナイナイやさんま御殿等のバラエティー出
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

2.0

序盤★2 中盤★2 終盤★3

趣味が音楽なので期待しましたが、
バカみたいにズラーっと★4前後ばっかのスコアだろうが、
名だたる賞を獲っていようが、
音楽好きとして
このモノづくりを面白いとは感じな
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

3.0

序盤★3.5 中盤★2.5 終盤★3.5

基本観る、観たい映画の情報は排除
ないし忘れるようにしているので、
J.デップ以外は出ているのを知らなかった、
グウィネス・パルトロウ、
ユアン・マクレガー
>>続きを読む

間奏曲はパリで(2013年製作の映画)

2.5

序盤★3 中盤★2.5 終盤★2.5

久しぶりにスコアと感想に悩む。。。

退屈はしなかったし、
面白くない訳ではないけど、
火がつきそう、火がちょっとつくくらいなら微笑ましくて全然ありやけど、
>>続きを読む

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

4.0

序盤★4.5 中盤★3.5 終盤★3.5

オレはそんなに評価してないけど世間では好評の
『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離』が会話でふたりの距離を縮めるのに対し、
こちらは『音楽』で…っといった
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.5

序盤★3 中盤★3 終盤★4

「ダマされた、オンナが罪なんだ…」
by 『女囚701号 さそり』

途中までは普通に面白かってんけど、
観てて疑問に思う点が引っかかっていた。
ところが終盤に差し掛か
>>続きを読む

パーフェクト・メモリー(2015年製作の映画)

1.0

序盤★2 中盤★1 終盤★1

筆舌に尽くし難いほどの駄作で、
一言で表すなら…
平野ノラさん出てる?おったまげ〜!!(笑

物語が動き出すまではまだミステリとして観ていられるけど、
中盤からはただの
>>続きを読む

シューティング・フィッシュ(1997年製作の映画)

3.0

序盤★3 中盤★3 終盤★3.5

タイトルは英語のことわざ「樽の中の魚を撃つのは簡単」=「ダマすのはチョロい」という意味。

20年ちょい前は詐欺の手口にも使われた当時は絵空事、
夢のような技術も今
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

3.5

序盤★4 中盤★3 終盤★3.5

多部ちゃん可愛い😍&オモロー♪🤣

英国映画の佳作に『シューティング・フィッシュ(1997年/ケイト・ベッキンセイルとかが出てます)』というのがあり、
その作品で英
>>続きを読む

Every Day(2016年製作の映画)

3.0

序盤★3 中盤★3 終盤★2.5

小品で良い作品ではありますが、
惜しい、実に惜しい。。。
そのひと言が言えない、
言えなかった、
言わなかった悔恨の念は
生きていれば誰しもがある訳で…。😭😭😭
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.0

序盤★3.5 中盤★3.5 終盤★4.5

「クソ〜ひと足遅かったか…ルパンめまんまと盗みおって!」
「いいえ、あの方は何も盗らなかったわ。私のために戦って下さったんです」
「いや、奴はとんでもないも
>>続きを読む

ハードキャッシュ(2002年製作の映画)

2.5

序盤★2.5 中盤★2 終盤★2.5

正にB級クライム・サスペンスの鑑とも言える軽い展開に軽いドンデンでサクサク進む!
締めはウザいけどこれも軽すぎてココロに響かなくてどーでもいい。

脇を固めるあ
>>続きを読む

エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方(2015年製作の映画)

2.0

序盤★1.5 中盤★2 終盤★2

映画好きの知人の勧めで観ましたが、
NBAのスーパースター・レブロン・ジェイムスが出て来た時、
ちょい役程度かなと思ってたら意外と出番が多かったのに驚き!
後ベテラ
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.5

序盤★3.5 中盤★3 終盤★3.5

「何が違う 空想と現実 夢と記憶…
同じだよ ただのノイズだ」

『攻殻機動隊』はアニメ映画等を少し観ている程度の知識。

なので特に思入れもなく、
良い意味で
>>続きを読む

カットバンク(2014年製作の映画)

3.0

序盤★3.5 中盤★3.5 終盤★3

タイトルのbankから銀行がらみのクライム・サスペンスかと思っていたら、
モンタナ州にある田舎町の名前が『カットバンク』でした!😅

B.B.ソーントンやJ.マ
>>続きを読む

鮫肌男と桃尻女(1998年製作の映画)

2.5

序盤★3 中盤★2 終盤★3.5

『男はつらいよ』
『女囚701号さそり』
と観たので、3本目は
『鮫肌男と桃尻女』の流れ♪😎

1998年頃はこういうバイオレンスとスタイリッシュな映像の映画って流
>>続きを読む

女囚701号 さそり(1972年製作の映画)

3.5

序盤★4.5 中盤★3 終盤★3

「ダマされた、オンナが罪なんだ…」

『キル・ビル』での『修羅の花』の歌声に惚れ
梶芽衣子さんに興味を持ち、
初めて本作を観た時の衝撃はスゴかった!

特に序盤での
>>続きを読む

男はつらいよ 寅次郎夢枕(1972年製作の映画)

3.0

序盤★3 中盤★3 終盤★3.5

すぐに惚れちまうのがオトコ(オス)の性(さが)で、
すぐに惚れさせるのがオンナ(メス)の性。

オトコはオンナゴコロまでは理解できず鈍感で、
なのに恋はやめられない
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

1.5

序盤★2 中盤★1 終盤★2

冒頭でのそれぞれのペット(動物)の描き方、
結末でのそれぞれのペットと飼い主(ヒト)との関係性を描いた微笑ましいエピローグ、
そしてその感動のシーンでかかる
ビル・ウィ
>>続きを読む

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

4.0

序盤★4 中盤★4 終盤★3.5

動物と月と魔法(魔力)というオレの好きなテイストに、
イギリスらしいウィットに富んだブラックな笑いはやっぱオモロい♪🤣

普通ウサギって可愛いイメージやのに、
こう
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

2.0

序盤★2.5 中盤★1.5 終盤★2

字幕版にて鑑賞。

基本のテーマはええのに、
そのアプローチの仕方や演出がヒドく、
『夢と音楽』を免罪符にやりたい放題で、
ヒト(動物)を欺き、
電気や水泥棒等
>>続きを読む

雲のむこう、約束の場所(2004年製作の映画)

3.5

序盤★3.5 中盤★3 終盤★3.5

一番期待してなかった本作が今回観た新海作品で一番好み♪
新海作品は少し辛めの評価やったので本作は甘めに!(笑

日本が南北に分断された完全なSFの設定なので、
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

2.5

序盤★3.5 中盤★2.5 終盤★2.5

昨年ある韓国映画を再見した際、
ここのある奴がレビューにしれっと書いてたんだよね、
『君の名は。の元ネタか?』って!!
情報入れずに楽しみにしてたのによぉ〜
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

2.0

序盤★2 中盤★2.5 終盤★1.5

これは映像と物語を楽しむ『映画』ではなく、
映像と雰囲気を味わうイメージ作品で、
『秒速おセンチメンタル』の方が合ってる。(笑

そのイメージの元となっているの
>>続きを読む

ストレンジ・デイズ/1999年12月31日(1995年製作の映画)

3.5

序盤★3.5 中盤★3.5 終盤★4

「思い出は皆 褪せる
そういう摂理なのよ」

「今年は趣味のひとつである映画にチカラを入れて500本観るぞ!」
っという目標を掲げたものの、
キリよくなんとか3
>>続きを読む

人生スイッチ(2014年製作の映画)

2.0

序盤★3 中盤★1.5 終盤★2

基本映画を観る時ってほとんど情報は入れず、
監督や出演者やタイトルや雰囲気でチョイスし、
これは『群像劇』かな?程度で観始めました。

最初のパートで「もしや傑作か
>>続きを読む

恋する遺伝子(2001年製作の映画)

2.5

序盤★3 中盤★2.5 終盤★2.5

神が創りたもうた崇高な生命『人』としてその『心理』を深く推察よりも、
リチャード・ドーキンス著『利己的な遺伝子』や
デズモンド・モリス著『裸のサル』なんかの動物
>>続きを読む

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(2007年製作の映画)

2.5

序盤★2.5 中盤★3 終盤★3

『ドリームガールズ』の“ディーヴァ”ビヨンセを観てて思い出したのが、
マブいアリシア・キーズが出てる本作!

久しぶりに再見し、確かに映像や音楽はクールでカッコええ
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.0

序盤★3.5 中盤★2.5 終盤★3

ブロードウェイ・ミュージカルの映画化で、
設定の基本はモータウンとスプリームスやね♪

序盤はセリフと歌に隔たりがあり、
ミュージカルが苦手なオレも楽しかってん
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

2.5

序盤★2 中盤★1.5 終盤★3.5

以前序盤でその展開が受けつけず観るのをやめたので2回目の挑戦。

今回は脚本が比較的好きな古沢良太さんだというのを知ったので我慢して観ましたが、
前回同様に中盤
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

1.5

序盤★2 中盤★1.5 終盤★1.5

序盤は中野監督の過去作『チチを撮りに』同様の
『肝っ玉母ちゃん』とその娘の『乳バンド』(笑)
テイストが出てきて微笑ましかったんですが、
その後からは『悪趣味』
>>続きを読む

バッドサンタ(2003年製作の映画)

3.0

序盤★3 中盤★3 終盤★3

とてもじゃないけど子供には観せられない、
ブラックユーモアを笑えるオトナのためのクリスマスのちょっといい話と奇跡♪

日本では『イベント』と化してるクリスマスはやはり『
>>続きを読む

ダイ・ハード(1988年製作の映画)

5.0

序盤★4 中盤★5 終盤★5

もう何回も観ているので新しい発見はないけど、
つまらない冒頭も『嵐の前の静けさ』でしかなく、
ここでも後に意味のある伏線はいくつも張られていて、ニタニタしながら観てまし
>>続きを読む