ウォンカさんさんの映画レビュー・感想・評価

ウォンカさん

ウォンカさん

映画のこのセットの中に入った想像をしてわくわくするのが好きです。
美しいのが好きです。
レビューは基本勢いで書いちゃってます

一気に投稿するかも、ごめんなさい。

映画(279)
ドラマ(41)

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

十和子が黒崎さんの夢をみて、買ってきた弁当も辞めて外に出る件から地下鉄のシーンまでが濃密な色んな愛情ありすぎて、ここで私の心はこの映画にもう持ってかれた。
最後の回想シーンはずるいなぁ。メダカはずるい
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

たしかに美しかった、かっこよかった。人間味溢れてつらかった。
そして本人は意図しなくとも暴動やガヤの中心にいて。
私は隣に座っていた超乗り気の外人が怖い、今年のハロウィンが怖い。

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どちらかというとどなたかのドキュメンタリーを見ているようだった。
共感部分もあるけど、あまり深くは浸透してこなくって、きっと見るタイミングが違うんだろうなとは思いました。
うん、すごいカヨ側の自分で今
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

最初から気分悪い
だがしかし音楽と映像の使い方で見れている。
このセンスの塊の映画、深く知っていけば、5点も行く名作なんだろうと納得もするが、もう一度見ようとはやっぱりなれない。
彼の第九は、私にとっ
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

いききってる人カッコよし。

こっちもスクリーンへ全力でムカつき、泣いた。
持ってるハンカチ何度投げつけたくなったことか。

でも個人的に写真はエンドロールの薔薇もつ宮本が好き

全員が全力であっただ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

こりゃあ事件のことちゃんと知ってから見るべきだな!
元にしてるってことも知らず、面白いって聞いたから〜っとぷらぷら。
なんかほんと、その時代のリアリティが凄くて、のんびりしてた前半で、2人がとてもかっ
>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

4.0

是枝監督の描き方がさいこう。
一番日常を見ている気がした。
だがしかし、つらい。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

-

予告を見てたから、よし何も考えずに見れそうだぞ!って気分の時に見た。
開始30分して思う。
あれ、なんか違いすぎてる…。

日常テンポで進んでいく。
見ながらあー依存しすぎてるなぁ今無くなったらやばい
>>続きを読む

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.2

名作ですな。言葉が出ない。

何よりも、ナタリーポートマンが芸術すぎだと感じた。

はあ、マチルダ、これから頑張れぇ。

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

だーーーーから親子ネタには弱いんだってば。
後半涙止まらんす。
積み重なってく愛情って、もう戻ったってどうしようもないんだよね。すきなんだもんね。

1日1日を大切に生きよう、うーん。
私達は繰り返せ
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2015「フランケンシュタイン」(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

初めてntliveを見たときばりの衝撃でした。
博士→怪物の観劇。

まとめたくないので、思ったことそのままつらつら書いてこうと思います。

ミラーさんの怪物は、本当に赤ちゃんだと感じた。見え方もそう
>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.0

三船敏郎のかっこよさ

はないちもんめ状態爆笑した笑

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.0

リベンジ黒澤明したらめちゃくちゃおもろいやないですかッッッ!
やっぱり途中寝てしまったけども、惜しすぎるのでもっかい見る。見ます。

ハラハラがすごい。
若い頃の皆さん出てるのは分かるんだけど若すぎで
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

君の名はとやはり比べてしまうが、前作よりは好きだった。
前作の映像は、なんだか無駄に光が多すぎて、どの風景も奇跡の一枚に見えるという印象でして。
今回ももちろん光の入り方が凄かったのだが、天気の話であ
>>続きを読む

星を追う子ども(2011年製作の映画)

-

ジブリ色…
急展開な感じが続いて途中で見るのを諦めてしまた。
絵はこのころの方が好き。でもやっぱり何その光のとこはあるよね

兵隊やくざ(1965年製作の映画)

-

途中までだけど。
面白いんだけど、どうしても暴力描写が苦手。

愛と青春の旅だち(1982年製作の映画)

3.0

軍事教令がヒィヒィってなる。
教官すきちゃん
親友つらちゃん

パッチギ!(2004年製作の映画)

3.5

ここ最近見た中で一番好きかもしれん…。
表現の自由や。
音楽からでも映像からでもいい。
世界平和になってほしいの。

焼肉ドラゴン(2018年製作の映画)

3.5

アボジ、オモニ……

戦争は二度としちゃあかんのや。
別角度から見れる作品。
こっちも大重要なのだよ。

インターステラー(2014年製作の映画)

-

おバカには全くついていけなかったが、映像と芝居と音楽の魅せ方がすごい。
これは映画館で見たかった!!

アラジン(1992年製作の映画)

-

歌は知ってたけど初めてみた…。
ディズニーシーにあるあの建物たち、見たことある物ばかりで、逆に夢の国に連れてってもらった気分。
トラが今以上に愛しくなるだろおうがあ……可愛かった……………………

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

誰だよこれ面白いって勧めてきたやつ!!!!!!
家で見終わったあと叫んでましたごめんなさい。

たしかに親友へのお手紙の時はホロリとしたけど、あのいやおい、、、、。

アニメなら許せていたんだと思う。
>>続きを読む

踊る大捜査線 THE MOVIE 湾岸署史上最悪の3日間!(1998年製作の映画)

3.5

いかりや長介……いかりや長介さん……(胸に刻む)


現場で戦う男三人がかっこよすぎる。

海よりもまだ深く(2016年製作の映画)

4.0

やはり良い映画はあるのだ、
さすが是枝監督…さすが樹木希林…さすが小林聡美…さすが真木よう子…。

名言ばかりで、なんだかこう言っちゃうのも違うと思うけど、人生の先生だなあと思った。

作品とはあまり
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

2.8

あ、元ゲームなんですね
なんだこの元の台本をめちゃくちゃにカットしまくったけど、これでもまあ伝わるよね?みたいな脚本は!!って思っとりました。

ただ日本の作品が海を渡り、またこっちに帰ってきてくれる
>>続きを読む

名探偵コナン 紺青の拳(2019年製作の映画)

-

去年の流れでなんとなく見てみた。
ちょっとしたこの場面の切り替えの工夫が、何故かコナンだからか、なんでもじわじわきてしまう笑
もうアクション映画のギャグなんだが去年よりは好きでした!!

でも!!月の
>>続きを読む

死体が消えた夜(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

眠気に負けて二度に渡る鑑賞
初の韓国映画だったんだけど、何この終わり方!!!!!
なんかこういう方が、この後の話自分の中で膨らんで楽しい。
すごい見事に振り回されたのだけど、主人公が薬物やってたオチ?
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2019 リア王(2018年製作の映画)

5.0

圧巻
イアンマッケラン。
泣いたエドガー。

勉強していない事に後悔する事が多いのだけど、そのまま知らぬ間に私は歳を取っているのだなと。
ま、知識以外にも大事な事を学びてーな!

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

-

原作読んでない人はこれについていけたのかが疑問。
ああ。実写化するってことは、ここまでやりきらなきゃいけないんだなと思わされた。
自然な演技…なんてものは超えていかなきゃ未体験のグロさを表現しきれない
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

あの、生中継までは割と好きだったんだけどなあ、みんな上手いんだけどなあ。
もう途中からさめまくっちゃった。
そして好きな人にはごめんなさい、エンドロールでもう耳を塞いだ…。
美しいかのようで全くで、も
>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

今の私じゃないですか……
なので見終わった後もモヤモヤ。
お友達とも離れればいいのに、って思うのに、なんの執着なんだろう。
離れられた時が一歩成長できる時なんだろう。

演出がとにかく好みでした。
>>続きを読む

>|