ThatManさんの映画レビュー・感想・評価

ThatMan

ThatMan

いろいろと映画の感想書いてます。

映画(160)
ドラマ(0)

愛がなんだ(2018年製作の映画)

4.0

愛がなんだどころじゃないぞ。むしろ、愛よおそろしやの方が合ってる。

1人の男に依存してのめり込んでいく女を描いており、日々の生活が男に支配されていく姿は鳥肌もの。
さらに、ラストの一言にはこの映画の
>>続きを読む

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.4

さようなら前日譚X-MEN。なのにけっこう物足りない。

ニューカマーの暴走で幕を下ろす完結編。上映時間は従来よりもだいぶ短い。そのせいか、何かと話が薄っぺらい。登場人物の葛藤を描いているものの、共感
>>続きを読む

ウィーアーリトルゾンビーズ(2019年製作の映画)

4.5

親を亡くした子どもたちがバンドを組んで腐った世の中に向かって自分たちのバンド名を叫び続ける。

彼らはこの世に生きるゾンビたちに向かって叫び続ける。自分たちのバンド名をひたすら叫び続ける。スマホ使って
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

3.6

ペットたちの秘密の生活じゃなくて、ペットたちが大暴れ

3つのお話を同時進行させて、最後に全部くっつけてうまくまとめた感じ。

アクションはスケールアップ。ペットが車や電車を操ります。

マックスがい
>>続きを読む

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.0

リーアム兄さんそんなに戦ってねぇ!
ほとんどがグダグダした会話とワンパターン化の殺人シーン!

アクションに真新しさが無くてけっこう残念。

だけど、人が死んだときのお悔やみ画面は最高。
除雪車で轢き
>>続きを読む

町田くんの世界(2019年製作の映画)

4.1

町田くん、君は何て良い人なんだ!!

すっげー他人思いじゃないか!!

人はどれだけ優しくしていいのかを考えさせる良作でした。

ラスト15分で今まで観てたもの全部お空に吹っ飛びます。

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

3.6

ジャパンのトーホーが送る巨獣大乱闘インボストン

ゴジラさんたちの4体大乱闘はお見事。街の破壊描写もスペクタクル満載の見事なもので、怪獣の覚醒シーンではテンションが上がるほど。

ただ、脚本がいろんな
>>続きを読む

記者たち~衝撃と畏怖の真実~(2017年製作の映画)

3.7

ブッシュのドラ息子と極悪バイスチェイニーの嘘つき政権に立ち向かった勇敢な記者たちの物語。

嘘と権力にまみれた現代社会で真実をつかむために戦う記者たち。戦争の真実を暴き、市民に伝えようとする。彼らの姿
>>続きを読む

きみと、波にのれたら(2019年製作の映画)

3.5

あの呪文を唱えると、それは水の中に現れる・・・(ホラー風、大嘘です。)

死んだ恋人が水の中に蘇るというファンタジックなストーリーに、絶望からの再生という現実的なテーマを取り入れて上手くまとめた脚本は
>>続きを読む

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.4

世間から見放された地方である兄弟がサービスを始める。それは1時間で1万円を得ることができる、バ◯ラにケンカを売ったような高収入のものだった。

画面に映し出されるありとあらゆるシーンから熱がこみ上げて
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.8

このドラマシリーズを見ていて毎回トリックを暴こうとしたけど暴けなかった去年から1年たった今年、映画化されることを知って種暴きにリベンジできると思って観に行った結果・・・、

映画になっても種暴けねぇ!
>>続きを読む

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.9

偉そうなおじさんばかりが占めていた社会に立ち向かった勇敢な女性の物語

社会を変えようとたった一人で立ち上がったルースには本当に感動。

ルースみたいな人がたくさん社会進出できる社会になってほしいと思
>>続きを読む

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

ポケモン愛がすごすぎるハリウッド

まずはともかくピカチュウが可愛すぎる。中身がデッドプールなピカチュウが縦横無尽に大暴れ。見せ場もあってかわいいけどカッコいいおじさんでちゅう。
ピカチュウ以外のCG
>>続きを読む

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

今までほんとうにありがとう。
どんなときもいつも一緒だった仲間たち。
一緒に戦って、笑って、喧嘩しても仲良くなって、何度も地球を救ってくれた。

そんな彼らの物語が終わってしまう。

彼らが私たちに与
>>続きを読む

シャザム!(2019年製作の映画)

4.2

バットマンVSスーパーマンの常識をぶっ壊す超おちゃらけDC映画

おふざけ全開で爆笑連発な物語であると同時に両親の愛を失った2組の家族の物語だった。

何事があっても家族を大切にしよう。
優しき悪ガキ
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.7

物語は1人の脱走兵が軍服を手に入れる場面から始まる。彼は軍服を着て偉いやつになりすまし、出会った兵士たちを部下にして、次第に暴走していってしまう・・・。

最初は主人公がとんでもないクズだと思って観て
>>続きを読む

ハンターキラー 潜航せよ(2018年製作の映画)

4.0

潜水艦映画かと思ったらまさかの陸海空全部のせ映画。

潜水艦内の緊迫した空気から繰り広げられる深海大バトルはもちろん、魚雷でいろんなものが爆発するスペクタクルも盛りだくさん。
また、ネイビーシールズに
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

4.5

ハヌマーン信者のスーパーおじさんとしゃべれない女の子が親を探しに大冒険。

とっても優しくてハートフルでかなり考えさせられるすごい映画だった。

主に描かれるのはとっても優しいおじさんとしゃべれない女
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

4.2

共和党の極悪副大統領の物語は今の社会を風刺しているのかもしれない。

チェイニーからラムズフェルド、ブッシュやパウエルまで全員が激似。似過ぎのおじさんたちが繰り広げる風刺を過剰に盛り込んだ政治合戦がす
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

4.1

アナグマの顔した肥満の醜女女王とお気に入りになりたい美女2人が戦いを繰り広げる。

まず、メインキャスト3人の演技がすごい。愛を求め続けて喚き散らすオリヴィア女王、女王に仕え続けるドSなレイチェル姉さ
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

4.0

ほとんどが音だけの映画

この映画は観客の想像力を試す全く新しい作品だと思う。ヘッドホンから聞こえるのは被害者の女性の叫び声、犯人であろう男の声、降りしきる雨音、現場で調査する同僚の声などなど。
音や
>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.9

おばさんが草原を駆けていく。携えた弓矢で豪快に鉄塔を破壊する。すべては環境破壊を食い止めるために。

かなり面白いおばさん大暴れ映画
最初はこのおばさん何やってんの?と疑問に思うが、観ていくうちに次第
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

5.0

超絶怒涛の大傑作!!!!
現代社会に警鐘を連打し、予測不能の展開が待ち受ける衝撃の犯罪エンタメ!!

KKK 史上最悪の差別主義者による白人の白人による白人のための差別主義奨励団体。
そん
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.2

トランスフォーマー再始動
これこそがトラフォの原点!!

今までのゴリゴリのロボットがドッシャンガッシャン戦いまくる話ではなく、友情物語を描いているのが本作最大の特徴。それが今作の1番おもしろいところ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.7

スタンへの感謝の意で溢れたオープニングで幕を開けるマーベル最新作

エンドゲームの前置きとしてはお腹いっぱい楽しめた。ストーリーがけっこう良く出来ていて、予告とは違った展開に驚かされる。
また、コアな
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.7

ある夫婦に一報が届く。
−ノーベル文学賞を受賞した−
しかし、その一報は夫婦の運命を大きく狂わせていく・・・。

グレン・クローズが鬼気迫る演技で妻を体現する。最愛の夫がノーベル賞を受賞するが、それが
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.6

アール・ストーン 御年90歳
かつてはデイリリー農場が大繁盛していたが、現在では差押えられ、しがない老後人生を送っている。しかし、私は彼に全く共感できない。
なぜなら、彼は平気に麻薬の運び屋の仕事
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.7

進学校に通うごく普通の少年が突然スパイダーマンの力を手に入れ、個性豊かな仲間たちと共に敵と戦う中でヒーローとして成長していくよくある形の話だが、とても良く練られていてめちゃめちゃ面白い。

まず、スパ
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.4

瓦礫の中から拾われ、新たな身体に命を与えられた少女アリータ。彼女は普通の生活に慣れようとしていた。しかし、彼女を狙う敵が次々と襲いかかり、彼女は壮絶な戦いに巻き込まれる。

あらすじはともかく、映像が
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.1

埼玉
ださいたま、くさいたま等の劣悪な言葉を作り出すことができる悲しい県。そこに暮らす人々は通行手型が無いと東京に行くことができない、学校の完全差別化、そこらへんの草でも食わせておけば大丈夫などの扱い
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

友情は差別よりも強いことを教えてくれるおじさん2人の珍道中

舞台は1960年代のアメリカ。黒人に対する差別が濃かった時代である。ガサツな大食い用心棒のトニーと天才ピアニストのドクターシャーリーの2人
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

3.9

毎年恒例ぼくドラえもん

39作目に来ていつもの5人衆の友情を再確認できた!
たとえ誰に何があろうとも絶対に助ける。
どんなに危ない冒険になろうとも助けに行く。

だって友達は大切な仲間なんだから。
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

なんでだろう

人間をエゴに溢れた化け物に感じてしまうことなんて今までなかった気がする。

こんなに人間を醜い生き物だと思うことは初めて。

エゴは絶望につながる。
決して欲を剥き出しにするな。

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.4

月へ行く
それは命に関わること。
多くの命を失い兼ねない。
たとえ国のためなら仲間の命を犠牲にするのか。
地球に残した家族に心配を与えるのか。周囲の反発を気にせずにいるのか。
宇宙飛行士というものがど
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

4.2

DC映画
最近はユニバースの解散、コウモリの男と鋼の男の降板などのあまりよろしくない出来事が起こっているが、海からやってきた男は低迷期のDC映画に革命をもたらしそうだ。
一言で言うと、DC映画の概念を
>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

4.1

地獄絵図

この映画を一言で表すとそれしか言えない。
麻薬組織で溢れ返り荒れ果てた町で繰り広げられる戦い。
捜査官たちはどいつもこいつも行き過ぎた正義を抱えており、善悪の境界が分からない集団と化してい
>>続きを読む