ぶるぶるさんの映画レビュー・感想・評価

ぶるぶる

ぶるぶる

映画(155)
ドラマ(0)

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0


音楽は本当に不思議だ

脳が、心が、体が、全てが反応する

だから自然のものなんだろうと思うが、自然のものではない

体全てが反応しているということは原子レベルで音の振動に共鳴していて、それに心地よ
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.8

ありえそうな未来をありそうでなかった未来感で表現していてありえそう

レスラー(2008年製作の映画)

4.0

おっさんの金髪ロングはロックでイカす



人はそれぞれ自分の行場があり、そこで命の限りをつくさなければならない。
学生には学生の、教師には教師の、医者には医者の行場がある。
自分の行場を精神的に、も
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

2.8


ベンの新しい環境に足を踏み入れて世界が広がるわくわく感好き 

マッドマックス2(1981年製作の映画)

3.0

マックスが美味しそうに缶詰を食べるからツナ缶をたべた

ツナ缶を食べたら米が食べたくなってご飯をたべた

腹が満たされると甘いものが欲しくなりカルピスを飲んだ


マッドマックス、恐ろしい映画だ

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

ジブリは何度見ても何度でもいい

ジブリに評価はつけれない。
星100個だ
ということで星4!

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

2.3

映画を止めた

最後までみたら面白いらしい

いつか挑戦しようと思う

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

2.9

私のおじいさんがくれた初めてのキャンディー、
それはヴェルタースオリジナルで私は4歳でした
その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーを貰える私は
きっと特別な存在なのだと感じまし
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.8

ラスベガスを思い出してドキドキする

ベラッジオに泊まったから、ベラッジオがオージャンズ11の舞台ってことに気づいてから更に好きになった

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.6

貧さはどこから

お金がないからか
愛がないからか
愛は必要条件で、お金は十分条件か

人間はなぜ考える脳があるのか
人間には愛がないと人間として生きていけない
そこを理解できれば全てのものに心があっ
>>続きを読む

TAXi(1998年製作の映画)

3.8

車を見るよりマリオン・コティヤールを見ていたら映画がおわっていた

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.2

この世の仕組みについて抽象的に理解できるだろう

全てでも完全でもないが



この映画でいうところの野蛮人種は、自分が野蛮人種であることを気づけないし、高等人種を理解できない

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

中高生時代の恋愛は未だ見ぬ世界への期待もあってかすごく楽しい


大人になるにつれて少しずつ色あせるのはなぜだろう
世の中の全体像が想像できるからか

常に日々を楽しく生きるには毎日新しいことをすれば
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

4.0

絵が綺麗だからDVD買った思い出

中学校の頃の恋愛ってこんな気持ちになる
思い出しても

なんでだろう

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

5.0

近代の有名芸術家にパリの街で交流できるなんて本当に素敵だ。
ちょうどダリの書いた本とルノワールについての本を読んでいたので、この世界がとても輝いて見えた。

サロンで作品について色々と意見し合っている
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.5

カリスマ性はこういうところにある。

人間ができているかできていないか、正義か正義じゃないかはまた別であり、人を惹きつける強い魅力は筋が通っているか、いないかだ。
我々の考える倫理観は社会生活の中で身
>>続きを読む

キャスト・アウェイ(2000年製作の映画)

2.8

keep breathingな映画

仲間にフォレストガンプがいる


現実の方がkeep breathingなので、ドキュメンタリーとかじゃないとパッとしない



調べたら同じ監督だった
トムハン
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.8

実際ヤクザも含め、何かしらのトップはこんな感じの性格の人が本当に多い。
喜怒哀楽が全部極端だから情にくる。
人間は情の生き物なので、人の幸福をのぞめないと、すぐにくすんで汚れた情になる。



演技が
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

3.7

過去に行って現在に戻って未来に行って現在に戻って過去に行っていや、過去に戻って現在に戻って過去に行ったのか
ん?過去に戻って現在に行くのか?ん??
んアァァァアアァァァアアァァァァああああああああああ
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011年製作の映画)

3.6

慰めの報酬復習したけどなんも意味なかった


夜中こっそり観てたのに歌い出したところでふつうに笑った

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

3.6

気休めの報酬をみるために復習

ボンドはヴェスパーのために復讐

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.3

芸術は美しい

人が魅力を感じるのは極まった美、そこに至る血の滲む努力を想像できるから?

きれいな花を美しいと思うのはなぜだろうと考えた。
花も、種の存続のために、虫を魅力しようと精一杯、遺伝の度に
>>続きを読む