BUSSANさんの映画レビュー・感想・評価

BUSSAN

BUSSAN

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

4.5

『デニーロをよしよししたくなる映画No.1』


11年ぶりの鑑賞。
やっぱ好きやなぁ、オープニングから脳が踊るし、展開分かってても身体中がゾクゾクしてまう。

良サントラが多いタラちゃん作品ですが、
>>続きを読む

インターンシップ(2013年製作の映画)

1.8

『コメディで笑えんのは致命的』


仕事帰りに、ふとテレビを付けてチャンネルを回していると、日テレの深夜枠、映画天国にてやっていたので鑑賞。

普段なら金出して見ることもないし、オンデマンドでも中々手
>>続きを読む

バード・ボックス(2018年製作の映画)

2.7

『月並みB級パニック映画』


この手の映画はよくある。

目が見えなくなる映画
→『ブラインドネス』(2008)

自殺しまくる映画
→『ハプニング』(2008)

音を出したら死ぬ映画
→『クワイ
>>続きを読む

泥棒成金(1954年製作の映画)

3.4

『話はそこまで面白くないです』


ヒッチコック監督作品 7/56本目の鑑賞。

ラブコメ要素多めで、これ見るぐらいならヒッチコック監督、同じケイリー・グラント主演の『北北西に進路を取れ』を見ることを
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.5

『正直に言います…』


劇場公開され始めた頃にタイトルに惹かれ、原作があることを知り、予習してから望む予定が、Netflixにて配信されてたので先走って見てみました。

正直に言いますと、マジで何も
>>続きを読む

めぐり逢えたら(1993年製作の映画)

3.4

『話は普通、それでも…』


トム・ハンクスとメグ・ライアンの共演といったらどうしても本作の5年後に同監督によって撮られた『ユー・ガット・メール』と比較されがちです。無論、あっちの方が僕もええと思うん
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

2.4

『ポリコレ動物園、開園!!』


本作は、SFをベースに、ポリコレと動物とバイブルを突っ込んで混ぜて出来たシェイクです。

しかしながら、色々混ぜてるので味(ストーリー)が濃いのかと思いきや、そうでも
>>続きを読む

最後の追跡(2016年製作の映画)

3.9

『シェリダン節炸裂!社会派モダンウエスタン』


いやー、相変わらずシェリダンは渋い脚本を書きますな!『ウインド・リバー』みたいに自身が監督していたらと思うと少し後悔しますが、それでも良かったです。
>>続きを読む

独裁者(1940年製作の映画)

4.5

【冗長さは否めないものの圧巻のラスト】


恥ずかしながらチャップリンは『街の灯』(1931)、『モダン・タイムス』(1936)と3作目の鑑賞ですが、やっぱり天才やなと思います。

鑑賞済みの2作品と
>>続きを読む

ワイルドライフ(2018年製作の映画)

3.6

『これは Wildlife ってより、どちらかと言うと』




















Wild wife

ラスト・アクション・ヒーロー(1993年製作の映画)

3.6

【わーん!シュワちゅわーん!ってなる映画】


子供の頃、幾度となく地上波で見たのを懐かしく思いながら鑑賞。

映画の中の映画ってシナリオの原点はどこにあるんやろうか。ウディ・アレンの『カイロの紫のバ
>>続きを読む

青い春(2001年製作の映画)

4.4

『安心、安定、マメ山田の存在感』


10年ぶり3回目の鑑賞。
2021年の1本目の鑑賞。

昨年は後半失速したけれども、ちょうど150本見れました。今年は100本見れたらええなぁと思います。

さて
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

4.1

『萩原聖人をブン殴りたくなる衝動を抑える映画』


いやー、ここ数年で見た映画の中で一番チビりかけましたわ。いや、ちょいチビったんちゃうかな?

部屋を真っ暗にして見た甲斐がありました。
そんじゃそこ
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.6

『何故か定期的に観たくなるやつ』


9年ぶり3回目の鑑賞。
なんやろ、特別に面白くはないのに無性にこの映画を見てしまう。

見返すと、「ああ、こんなんやったな」程度の感想しか沸いて来ないのに何故か定
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

2.2

『ニキータの水割り』


もうな、それ以上でも以下でもあらへん

2000年以降は嫌な予感がしてならないから気が向いたら鑑賞する程度にしてますが、まともな作品ありましたっけ?

『アンジェラ』だけ少し
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

4.3

【デザートイーグルが似合う女】


11年ぶり、3回目の鑑賞。

何度見ても粗い、粗すぎる、がそれがクセになるニキータが大好きなんですが、評価ひくぅー!!!

個人的には『レオン』よりも断然好みなんで
>>続きを読む

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)

5.0

【爽快!愉快!最高の冒険活劇!!】


黒澤映画7/30本目

いやー、ついに見ちまったでしかし!

いつ見ようかとずっと考えてたけども、ついに見ちまったでしかし!

半年ぶりの満点です!
めちゃめち
>>続きを読む

アイ・アム・レジェンド(2007年製作の映画)

2.5

【どうしてこうなったレジェンド】


公開当時、愛犬がビルに入ってしまうシーンは心臓が破裂しそうになるぐらいドキドキしたなぁと懐かしむように鑑賞。

まずCGのチープさに驚いた!
当時は全く違和感が無
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.4

【技巧派ノーランの新しい試み】


公開同時に劇場で見てから4ヶ月遅れての投稿ですが、鑑賞以来ずっと気になったことがあり、あれから取り憑かれた様に何度もあるシーンを妄想してしまうんです…

その内容は
>>続きを読む

ミュンヘン(2005年製作の映画)

3.8

【もうちょい評価されてええ映画】


本作は実在したパレスチナのテロリストによる「ミュンヘン五輪虐殺事件」に対するイルラエル側の報復を描いた作品でございやす。

10年ぶり2度目の鑑賞ということで、細
>>続きを読む

ターミネーター2(1991年製作の映画)

4.0

【SFマッチョの金字塔の続編】


1と2はマジで何回見てもおもろい。

シュワちゃんが「いっせーのーで、いち!」しながら溶鉱炉つっこむのはあまりにも有名なシーン。

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.0

【SFマッチョ映画の金字塔】


これまで数々のターミネーター商法に騙されましたが、やっぱりホンモノはこれと2だけやわ。

今見てもラストの鬼ごっこめっちゃハラハラするもん、やっぱすげぇよトッポ。

プロジェクト・パワー(2020年製作の映画)

2.0

【少年漫画以下の映画ってどうよ?】


飲めば誰でも5分間、超人的な力を手にすることが出来る薬。

その力は様々で、全身が硬化したり、透明になったり、はたまた炎を出したりと、設定だけ聞くと、少年ジャン
>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

3.0

【謎解き要素少なめ、お手軽ミステリ入門】


全てのネタばらしが済んだ時点で「あー!やられた!」とか「スッキリしたー!」とか、そういう心が揺れ動くこともなく幕引き。

お手軽ミステリって感じです。
>>続きを読む

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(2013年製作の映画)

4.0

【タイトルみて思わずあの曲を口ずさむ映画】


ザ シーウィード ウィズ オールウェイズ グリーナー

イン サンバーディエルスズ レイク

ユドゥリーム アバウ ゴーイングアップゼア

バット ダッ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

1.9

【お手本のような駄作】


今年に入って才能が枯れたと思ったのは、ジム・ジャームッシュと、ダニー・ボイルでした。

割と高評価なのは頷けます、「マイ・インターン」とか、「アバウト・タイム」とか、こうい
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

1.3

【とりあえずレディオヘッドに謝罪しようか】


一言で言えば、カスです。

話題になっていたので、原作は文庫化された当時に読み終えました。まぁ特別面白くもなかった記憶やけども、本作品と比べれば遥かにマ
>>続きを読む

残酷で異常(2014年製作の映画)

3.9

【残酷で異常やけれども…】


フォロワーさんが割と見てたので以前から気になりつつも、なかなか踏み出せてなかった作品。

このタイトル見て素通りはできまへんわ。

B級臭漂う独特な世界観に慣れてから、
>>続きを読む

ザ・テキサス・レンジャーズ​(2019年製作の映画)

3.0

【事実は小説より奇なりまへん】


8年前に「俺たちに明日はない」を鑑賞しましたが、まぁあれは事実に脚色しまくってるのを承知の上で楽しめましたが、こっちはあまりにも脚色しなさすぎやなかろうか。

事実
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

2.2

【作るな危険!リメイク作品!!】


実に41年ぶりのリメイクなんですが、まぁ大声では言えんけど、控え目に言うて…


くそ…





お、も、ん、な、い♡ (おもてなしのリズム)



頭抱えるほ
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.7

【ジェシカ・ハーパーを愛でる映画】


「決してひとりでは見ないで下さい」っていう有名なキャッチコピーがあるんやけど、そんなん言われたら1人で見るに決まってるやないかい!!

怖いかどうかと聞かれれば
>>続きを読む

アップグレード(2018年製作の映画)

3.1

【アマプラで配信されているから見る映画】

またまた期間が空いてしまいました。
2020年上半期はかなりのペースで見れていたのですが、夏以降ガクッと落ちまして年間150本ぐらいの鑑賞で落ち着きそうです
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

1.6

【惜しくもラジー賞を逃したハリウッド映画の黒歴史】

評価が割れてますが、今回も毒舌でいかせてもらいます。(好きな方ごめんなさいね)

地上波で放送していたのを英語音声で鑑賞。

よくもまぁこのクオリ
>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

1.4

【これは莫大に金掛けたお遊戯です】


いやー、よかった。よかった。

『ルパン三世』『テラフォーマーズ』『亜人』と比べると、ほんのちょっとだけ面白いわ。(スコア1.0〜1.1です)


これが日本の
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

1.7

【全登場人物理解不能】


この手のパニック系映画はアホが居らんと成立しないのは分かりきっているけども、何も全員アホにする必要ないやろうに…

久々に毒舌でいかせてもらいます(笑)

ゆるーいネタバレ
>>続きを読む

ケス(1969年製作の映画)

4.6

【ケン・ローチが突き付ける現実はいつも痛々しいが、僅かな光が差し込む】

ちょっとバタバタしてて更新サボってましたが徐々に再開していきます。

デビューから2作目でこのクオリティの作品を世に送り出した
>>続きを読む

>|