Eeeさんの映画レビュー・感想・評価

Eee

Eee

レプリカントの独断と偏見

洋画中心・鑑賞時系列は恐ろしくバラバラです。

映画(269)
ドラマ(6)

ピースオブケイク(2015年製作の映画)

2.3

こんな都合良くて甘ったるい世界はいやだ。出てくる登場人物が総じて嫌いな人間すぎてびっくりした。庭のあるアパートはいいんだけど笑っちゃうくらい垣根低くてセキュリティガバガバ。連続殺人鬼じゃなくて綾野剛で>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.4

Maybe

若かりしブラッドリー格好いいなぁ。甘いマスクの具現。テレンススタンプが笑える。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.3

シリーズ中秘密の部屋だけ観てる回数が桁違いに多い理由は、自分でも分からない。

何かこのシリーズの中で、(映像・ストーリー・CG・特撮においての)調和が一番とれていると感じるのかもしれない。そしておそ
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

4.0

幼い頃に、ホリデーシーズンに旅行に置いていかれて、泥棒と戦うなんて絶対に嫌だ。
たのしい名作です。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

一作目を観て期待していた展開からちょっと外れてきて、残念。

魔法動物要素激減。
これからのシリーズ展開上止むを得ずかもしれないけれど、観たいのは魔法界どうなる!?バトルじゃなくて、本当の純血は誰だお
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

Queenの映画であって、決してQueenの映画ではない。フレディの映画でもない。

劇場で観ていなかったら評価できないかも。
ライブエイドに尺を残してたっぷり観せる構成は、良くも悪くも前半の中途半端
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

観たい!×6080397くらいなのに公開が遅すぎる。遅すぎる。今から言う。紛れも無い傑作。観てないけど。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

-

2005年の現代美術館でやってた大サーカス展、未だに鮮明に覚えてます。

ハウルは世界観と音楽が鳥肌モノの完成度で、キャラクターの振り幅に対してバラバラにならない凄さ、そしてここまでやって一切ダサくな
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.4

映画の良さを熟知してる、映画が大好きな人間たちが作ったであろう映画らしい映画。

時代設定とキャスト選びが秀逸すぎる。あの時代で永遠にリリージェームズを見ていたい。そんでもってJon Hammがかっこ
>>続きを読む

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

4.0

エルサが東京のOLに見えてくる。
氷の表現はアイスエイジのほうがすき。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.4

阿部ちゃんに限らず出てくる人みんな何処かしら不潔そうでものすごい嫌悪感でした。潔癖にはキツい。

(個人的に)松坂桃李が生理的に苦手だったから逆に良かった。おいしい役。そして本当に黒いクロサキに関して
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.7

ランスロットが出てくるのって、聖徳太子が出てくるのと同じ感覚なのかなぁ。

この映画の全部の演出がロビンウィリアムズのためのものに思えてきて、泣けて泣けてしょうがない。

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.8

人間の特性上こういうアドベンチャー映画で1作目を上回ることは殆ど無いから比べるのは野暮だと思う。比べちゃうけど。

木下大サーカスを幼い頃はじめて観た時はこんなに面白いものが存在するんだって大興奮して
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

2.8

タイヤマンじゃないの!?

ディズニーにしては取材が浅い。いろいろ。そして露骨に教育色が強い。

ジャングル・ブック(2015年製作の映画)

3.9

蛇の造形素晴らしかった。
劇場で観れば二割り増しになる一作。CGの可能性を観た。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.7

やさしいおまわりさんとぼくのたのしいおいかけっこドキュメンタリー

ではなく、誰を信頼するか、自分は何処にあるのか、お金で掴めるものは、とか 突き刺さるものは多い。
パパとママに裏切られたくない、なん
>>続きを読む

HICK ルリ13歳の旅(2011年製作の映画)

3.3

愚かでおばかで可愛さをひけらかす13歳クロエがとんでもなく可愛くなくてかわいい。周りの人間も最低で理解できないし、終始何が言いたのかわからない映画だけど、嫌いじゃない。

サイコパスアメリカボーイ演じ
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.5

映画のオタクがお届けする、映画のオタクのための映画。

ネットも携帯も無い、だからこそ途方もなく広くて、わくわくする世界。大人の目なんか気にしなくていい。好奇心だけでどこまでも旅をできる。

となりのトトロ(1988年製作の映画)

-

幼い頃ほんとうに苦手な映画だった。2度観たきりもうビデオを差し込まなかった。みんなすきだからくやしくて、最近また挑戦したけれど、やっぱりだめだった。なぜだろう。わたしは紅の豚が一番すきな子供だった。

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

-

おびただしい数の場所を見て、この映画の何処かに出てきた筈だ、と錯覚する。

散りばめられた退廃と懐古。

猥雑で品があるとは言えなかったかつての歓楽街も、忘れ去られて色褪せた暁には、凄く魅力的に見える
>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.2

エルがあんな綺麗な涙流してたらそりゃ一緒になって涙流すよねぇ。わかる。

列車事故(ドカン!がまぁ長い)の演出はやり過ぎでだんだん爆破ドッキリにみえてきます。

後半はもはや訳わからないけど、子役を
>>続きを読む

トゥモローランド(2015年製作の映画)

3.7

私はとても好きだった。
俳優陣と役どころがしっかり調和していて、世界観も、無機質なトゥモローランドの情景も非常に美しい。
人間とアンドロイドの感情の狭間の虚しさは、元祖ブレードランナーのそれと同じもの
>>続きを読む

シークレット・エスケープ パリへの逃避行(2017年製作の映画)

1.0

東京国際映画祭『W座からの招待状』の公開収録・ジャパンプレミア上映にて。

、、私史上ここまでつまらない映画はあるのかと。
どんな映画もそこそこ楽しめる自信はあるのですが、これに関しては一切のシーンに
>>続きを読む

脳男(2013年製作の映画)

3.7

ふつうに最後まで楽しんだ記憶。暴力描写も振り切ってあっていやらしさを感じない。

この映画の二階堂ふみは文句無しの凄味、、

劔岳 点の記(2008年製作の映画)

3.5

いつジェイソンステイサムがヘリコプターから降りてくるのかと期待して139分。
香川さん出てなかったらいよいよ苦痛だったかもしれない。

山の映像は力が入ってて、日本人的な山岳への美学というか、スケール
>>続きを読む

ソラニン(2010年製作の映画)

3.3

バンドやってたから、何も言えない。気持ちは解る。でも浅く感じる。

アジカンは好きです

ノルウェイの森(2010年製作の映画)

2.4

よく考えたら小説もピンとこなかったのに映画でピンとくる筈もなかったわけで。

空気感で誤魔化せる領域には限界がある。難しそうに見せるのは簡単な上に、比例して観る方はどんどん疲れる。映像だと尚更のこと。

I’M FLASH!(2012年製作の映画)

2.5

キャストでちょっと期待してみたけど、まぁ時間が勿体無かった以上の感覚が見つからなかった訳ですが、わたしは瞬間的だろうが記憶に張り付いてくる俳優柄本が好きです。藤原竜也にはいい加減穏やかでしっとりした味>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.1

気づけば2年に一度観てる、、そしていまだに持ってる記念ステッカー

>|