moさんの映画レビュー・感想・評価

mo

mo

  • List view
  • Grid view

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

4.5

岩崎君お勧めで観る。とてもよかった。
最初にビート板が読んでた小説に後からニヤリとさせられた。ラストの切れ味が素晴らしく思わず立ち上がって拍手したくなった。観終わった後幸せな気持ちになれる映画。

ノマドランド(2020年製作の映画)

3.0

日本では軽自動車を改造したキャンピングカーが人気らしい。北アメリカ大陸の広大さと豊かさを感じる映画だった。ノマドのコミュニティも魅力的だった。
主人公には困った時に大金を貸してくれる姉一家がいて、家族
>>続きを読む

パンケーキを毒見する(2021年製作の映画)

3.1

退屈はしなかった。目新しく衝撃的な事実や映像も無かった。時の政権を批判する映画が珍しいと感じる感覚が麻痺してる。選挙には必ず行く。テレビ番組で十分な内容の気がした。

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.1

よかった。アキ・カリウスマキの映画は初めて観た。予備知識まったなく、山田孝之が主演してて驚いた(嘘!)。シリア難民がフィンランドに来たことを理解するにも時間が掛かったが、わかりやすいストーリーでよかっ>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

村上春樹の原作を超えたと思わせる良い映画だった。表題の「ドライブ・マイ・カー」以外にも「女のいない男たち」の要素が入っている。「シェラザード」の空き巣に入る女子高生の話の結末を岡田将生から聞けるとは驚>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.6

感動した。内容にもアンソニーホプキンスの演技にも。過不足ない描写と完璧な演技。今の自分の問題に対して切実過ぎて泣けた。

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

彼らの深い絆の元は何だろう。最後の電話に出れなかった後悔?
高校時代の帰宅部の絆?城田優が確かソーラン節のことなどを「10年後も思い出すんだろうなぁ」とか言ってたが間違いなく彼は思い出さない、記憶がど
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

つまらなくはなかったが、共感するポイントが無くて、淡々と見終わった。映画も起伏のないストーリー。納屋が焼けて家族がバラバラになる危機が回避されたなら、おばあちゃんグッドジョブ👍

投稿してから、誰かの
>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.6

小説は読んだ時にミステリーにまだこんな手があったのかと驚愕した。
映画は小説と同じ部分、ゾンビの意外性には重きを置いておらず、3人のキャラクター重視。
色々ツッコミ所もあるが、浜辺美波が美形でそれだけ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よかった。ラストの容赦無い暴力は、不愉快でなくスッキリしたのは、実際の悲惨な事件を知っていてドキドキハラハラして最後を見ていて、タランティーノの願望を反映した、ある意味パラレルワールド的な結末に共感し>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.1

夏への扉は中学、高校時代に何度か繰り返し読んだ思い入れがある小説。今なぜ?映画化と言う疑問もあるけど、夏への扉が好きな人達が集まったのだろうか。
1956年、65年前!書かれたSF小説を基にしている
>>続きを読む

夏時間(2019年製作の映画)

3.5

こういう映画を見ると日本と韓国は似てる気がするから不思議。靴脱いで家上がるし。ご飯食べてる所と寝てるところのシーンがやたらと多かった。なんかアラ還には色々思い出したり、将来を思ったり切ない映画だった。>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

4.5

成田凌は今一番セクシーな俳優だと思う。清原果耶は美少女だけどなんか暗い表情がリアル。小泉孝太郎は本人そのものではないかと思うほど軽薄な役が似合ってた。進次郎の政治生命を脅かす程のリアルなダメっぷり。劇>>続きを読む

サンダーフォース ~正義のスーパーヒロインズ~(2021年製作の映画)

1.8

おばさんのヒーローものというワンアイデア。しょーむなかった。カニ男とのダンスシーンが意味なく長い。登場人物全てのキャラクターが類型的で薄っぺらい。ストーリーも何の捻りも無くテンプレート。

すばらしき世界(2021年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに映画館で映画を観た。もちろん西川美和の新作なので、情報を入れないように封切り後すぐに行く。
「ゆれる」はロードショーで観て感動した映画のオールタイムベスト5に入るほど心が動かせられた。以降は
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

5.0

大晦日に、録画して毎日観てる。最高!ヘップバーンの美貌と魅力。音楽、歌、俳優、セットの豪華さ、ストーリー。生涯ベスト5に入る映画。いい昔のハリウッド映画はいい、今は色々な表現に引っ掛かる人もいるだろう>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

3.8

ハートフルなファンタシー、実話に基づくと言われなければ絵空事。悪いことが起こらなくて安心して観ていられる。声を出して笑った場面もあり。貧困だけどガタイは良くて筋肉質、歯もキレイ、踊りも上手。アースウイ>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

1.0

久しぶりに酷い映画を観た。映画館で観なくてよかった。結構予告編は観て面白そうだったからAmazon primeで観たけどクソだった。

東京物語(1953年製作の映画)

3.8

朝早く起きて暇なのでネトフリで東京物語を観る、ってなんか凄いなぁ。大学生の頃は小津映画が観たくても観る手段が無かった。まだ子供は結婚してなくて家にいるがもう成人している。自分の事考えても親のことを全く>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

泣けた。主人公の声がいい。彼女が可愛い。ハッピーエンドが嬉しい。ビートルズの曲の素晴らしさを改めて認識した。緩くて突っ込み所もあるが基本いい人ばかり出てくる。そして何よりあの彼が生きてて良かった。
>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

3.6

気になっていた映画。昼間暇だったので観る。面白かった。泣けた。しかし主演があの2人だったらもう少しヒネリを効かせたビターな内容でも良かった。ちょっとベタで甘々な所が物足りない。大金持ちなのは世界旅行す>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.8

面白いと思ってだけど期待以上の面白さ。65型のテレビを買ってアマプラも観られて初めての映画鑑賞。画像がクッキリ過ぎて逆に違和感があったが買ってよかった。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.0

公開時に気になっていた映画。なんかチグハグな感じがしたが、途中でググって元が舞台と知って納得。舞台のリアリティと映画のリアリティ、説得力は違うと思う。大きい事も小さい事も同じレベルで描くと映画では気に>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

ラストをせつない、と感じるか、なんじゃそりゃ、身勝手でひどい女だ、と感じるかで評価が変わると思うけど、私は後者でした。今の家族にも自分の決断にも元彼にも失礼な妄想だと思ってしまう。それにしてもお互いに>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.5

本を読んでたのでストーリーは分かってた。俳優陣が豪華、佐藤健は屈折したプライドと過度の自己防御でダークサイドに落ちた内定取れそうにない若者を上手く演じてて感心した。自分をさらけ出した最後は思わず応援し>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

韓国の家族の絆の強さが印象的、でももっと上手く怪物を捕まえてられたのではと思いながら観てしまう。コロナとビールスの所は比べてしまう。女の子はかわいそうだった。韓国の社会問題や社会風刺の部分は分からなか>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

自宅待機、Amazon prime に感謝、本日2本目。見たことある様な話だったが面白かった。しかしながら、最後のギターの修理〜電車が人身事故で遅れてる〜走って〜交通事故〜走って間に合う、は訳わからな>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.6

自宅から出られないのでAmazon prime
TVでも観た事があるが、ストーリーを知っていても最後の演奏は興奮する。ワンステージで世界を変えた。ファンタシーの世界だが夢があって微笑ましくて勇気づけら
>>続きを読む

感染列島(2008年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

コロナ緊急事態宣言の今だから観た。医療崩壊、人工呼吸器不足、マーケットの買い溜めパニック、外出自粛とリアル。毎週木曜日に地上波で放送すべき、世界中で。看護婦のお母さんが死んじゃう必要はないでしょう、後>>続きを読む

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

4.0

面白かった。議論が礼儀正しく秩序を持って進んでいるのは東大だからか、編集の技か。卒業して地方公務員になった千人の中の大多数と比べるのもなんだが45歳で自決した三島は大きくて輝いてる。国語力は知性の源、>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

娘が借りてきたDVDを一緒に観る。ストーリーは単純だけど面白かった。観た後感想を述べ合って嬉しかった。

地獄の黙示録 ファイナル・カット(2019年製作の映画)

4.5

映画館で観る価値のある作品。あのような迫力のある映像はもう撮れないでしょう。マーロンブランドが出てからテンポが悪くなるのは何カットでも同じ。プレーボーイのヘリコプター不時着のシーンは残して欲しかった。>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.5

奥さんが若い八千草薫みたいでかわいかった。
前半の嘘のうまさと道徳心の無さというか罪悪感の無さは失うものの無い強みにも思えたが、家族の絆の強さはさすが韓国。
韓国映画は最後の最後まで描ききって、余韻と
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.5

娘とビデオで観る。
感想などを一緒に話せるのが嬉しい。
岩下志麻が美しい。
瓢箪が切ない。
杉村春子がいつもの感じで素晴らしい

>|