ぽんちょさんの映画レビュー・感想・評価

ぽんちょ

ぽんちょ

映画(267)
ドラマ(0)
アニメ(0)

殺さない彼と死なない彼女(2019年製作の映画)

2.5

うーーん。
すごく分かるよ好きだよ。
という部分がたくさんあるのに、
なんかこうしっくりとハマりはせず。
少し長いのかなあ。

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

-

ドキュメンタリーもドキュメンタリー風映画も苦手なのだけど、知らずに見てしまった。
大人になるって難しいよね、としみじみ。
私たちは絶対に生まれてくる事と生まれる場所は選べない。
子供たちというより、大
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに見たな、
こういう映画。

シンプルに面白かった!
最後の最後までクロと言ってた彼は、それを負けず嫌い精神で放ったのかがすごい気になった。

どんな仕事をするにも、自分の芯を曲げずに生きてい
>>続きを読む

燃ゆる女の肖像(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

本来の自分を押し殺して生きていくことは、誰かと共にいるよりも、孤独でいる方が断然楽な気がする。

悲しみとか辛さは比べることではないけれど、最後の2人の表情で、最後の別れからの経過が見えた気がした。
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

人の人生を壊す(した)人は、
壊される覚悟をしないといけない。
彼女には常に覚悟があった。
覚悟がある人と、無い人のお話。

法で裁けないことってクソほどあるよね、前に進めてる家族はすごいと思った。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.5

こういう子供たちって腐るほどいるんだろうな。
根は優しいとかで片付けないで、どうか壊れないで、と思う。
みんな良い子。

クールに憧れる彼らの気持ちは分からなくもないけど、子供が憧れるクールってなんで
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.5

ただただ忘れていくだけじゃない、
本当に壊れていってしまうような病気なんだなと思った。
見ているだけでも頭がおかしくなりそうで、混乱による恐怖が押し寄せてきた。
誰も悪くなくて、みんなに愛があるからこ
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.5

恋に溺れたのはどっちだったんだろうな、と思うわ。
こういうのってだいたい男の子が特別感出してて、唯一無二と思われがちだけど、違うと思ってる。
なんも特別じゃない、ただ恋に溺れた男の子が、特別のベールを
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.5

怖いの苦手でも見られる系ホラー(でもないけど)
こういうちょい怖系好きなんだよね。

ちょこっとB級感みたいなのあるとこもいい。
それぞれ救われるところもあって、平和と言えば平和な映画です。

浅田家!(2020年製作の映画)

3.0

家族っていいよなあ。
と思える作品。
私も唯一無二の家族作っていきたいな。

終わり方結構好き!

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.0

なんとも言えないなーーこれ。
難しいわ。

対等なんだよね、って思うと鹿野さんのことは苦手すぎて多分深く関わったとしても好きになれないのではないかと思う。
ただどうしたって事実として"障害者である彼"
>>続きを読む

ハーモニー 心をつなぐ歌(2010年製作の映画)

3.0

韓国映画久しぶりに見た〜
あり得ない設定も、おやおや?な演技も、
案外嫌いじゃない。

実話を元にとは言うものの、
どこからどこまでかは分からず。
この流れは本当にあり得るものなの?
ここまでの自由度
>>続きを読む

哀愁しんでれら(2021年製作の映画)

2.5

もちろんいきすぎてるし、極端な家族のお話ではある。それに良い悪いでの話は置いておいて。笑

この人たちの一部って誰にでもあることじゃないか?そんな狂ってるのかな。
軽く見たつもりだけど、話したいことが
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.5

人の印象って不思議だよなあ。
その人にはたくさんたくさん側面があるのに、私は人を基本的にに突き放す性格だからいけないな…と思ってしまった。

やっぱり優しさは優しさを産むんだと思うわ。
前向きに生きる
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2020年製作の映画)

2.0

実写版が大好きなのですが、
多分これは比べるものじゃない気がした。

自分が自分として生きる事からは、
どうやっても逃げられない。
ならば前向きに進むしかない…それを出来る2人はすごいよな。

展開に
>>続きを読む

宮本から君へ(2019年製作の映画)

3.0

宮本のような男も、靖子のような女もとても苦手なのにそんなにイライラはしないという不思議。
人のため(だと思ってる)の復讐って、結局目的を見失いがちだし、結果自分のためじゃないかそれ?ってなってしまうか
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

すっごく好きで胸がぎゅっとなるシーンと、いまいちな部分が混在している映画だった。
つまりは私の器が小さすぎるんだと思う。
大きい心で相手を丸め込みたいわ〜

夫婦って他人なのがすごいよね。
家族と呼ば
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ループ系久々鑑賞。
さくっと見られて後味も良く好き!

ループの中が少し良く感じ始めた矢先に抜け出す話されると、嫌になっちゃう気持ちが分かってしまう。
ずっと楽しい中から抜け出すのは勇気いるけど、人生
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

2.5

ほっこりファンタジ〜
ほっこりすぎてたまに幸せな眠りに誘われそうになる。

単純なお顔立ちなのに、喜怒哀楽がしっかり分かってよい感じ。
優しいみんなにこっちも穏やかな気持ちになる。
見た目ユルイのに芯
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(2021年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

例え叶わない夢でも、
夢を持つ大切さか。
叶わなければ意味がないという面も理解する派だけど、やっぱり夢を持つのっていいよね。と再確認できた。

この子たちの見た目全く興味なかったんだけど、ちょっと好き
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

うーーーーーん。
ずっと気になっててついに鑑賞してみたものの、ちらほら引っかかることがあり、いまいちハマらず…

根本の人格まで変わってませんか??
と思うタイムスリップ(ではないかも)感に戸惑う。
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

-

最後の最後まで、
ふむふむって感じて見ていたが。。
ラストが全力で無理すぎて星すら付けられなくなってしまった。

あまりにも無理すぎて、別の解釈があるのか調べてみたら…少し納得できるものも発見した。
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

2.5

うん、寝る前に見る映画ではなかったかな。
私はビビりだから、自分が殺されないようにするにはって考えすぎて見て疲れた。
いやでもどんなに考えても殺されるんだろうな…のループ。
そういうこと考える映画じゃ
>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.0

私、この主人公嫌いだわ。
自分の母親がいかに偉大かを分かってくれ。君に人様の親を羨ましがる資格は全くないぞ。

自分の人生どうこうの前に、
人としてってこと。
愛に飢えるにしては、最高な母親いるし、友
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりのサクッとドラマ感。

人生で1番大事なのは、
自分に満足してるかどうかなのかも。
なんでも手に入るよと言われて、迷いもなくきっぱり断れるロニーが1番かっこよかったわ。

バズ・ライトイヤー(2022年製作の映画)

3.5

バズはかっこよくて強くて優しくてかわいい。一言では無理。
自分の弱さや失敗、その経験があるからこそ、今の強さがある。
バズの良いところは、悲しい現実を突きつけられてもそこから必ず這い上がるところ。たっ
>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

4.0

コーダ見たら、見たくなってしまった。
劇場以来だったけど案外覚えているものだなあ。

比べてしまうとキリはないのだけど、
それぞれに良さがあると思う。
伝わる音楽には、どうしたって涙してしまう。
伝え
>>続きを読む

君に届け(2010年製作の映画)

3.0

昔に漫画を読んでて、
すごく好きだった事を思い出した。

伝えることの大切さ、思いやり、ピュアさ。
気になることがあるなら聞くしかない、本人に。誰かじゃなく、自分と相手のこと。
友情も恋愛も、どちらか
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.0

エールからのコーダ。

好きなんだよな、愛が勝つ映画。
私は耳が聞こえるけど、伝わらない音楽なんて腐るほどある。
綺麗事かもしれないけど、問題はきっとそこじゃないと思わせてくれる。
伝えることは、感じ
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.0

色々気になるところはあるものの、
結構楽しめた。

誰もが誰もになれる可能性を秘めてる怖さを、思い知った気がする。
人は見た目じゃ分からない。ね。

星の子(2020年製作の映画)

4.0

いやあ辛いわ。
とてもつらい。

確かにそこには愛があるから、
どうしたらいいものなのか。
信じたいものを信じたいよね、自分の人生だし。でもそれなら1人きりで、ただただ信じて生きてくれ…と思うわ。
>>続きを読む

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

2.0

びっみょーーーお。

このありきたりフィクション感満載の展開は、大好物でもないけど別に嫌いでもない。
問題は、登場人物のキャラクターだと思われる。それぞれお互い、そこまでのめり込む要素あったか?お互い
>>続きを読む

マジック・マイク(2012年製作の映画)

2.5

チャニングテイタムやはり好きだわ〜
ずっと見てられる身体とダンス。(お顔も)

若さ故のバカって、
いつになったら気付くのかなあ。
どこまでが実話の流れか知らんが、
とりあえずチャニングを見るためだっ
>>続きを読む

ハピエスト・ホリデー 私たちのカミングアウト(2020年製作の映画)

4.0

人は自分をよく見せる、
無意識にでもやってる事だと思う。
でも大切なものは絶対に見失っちゃいけないし傷つけたらいけない。大切なもの、ひとつじゃないし、難しいけどね。
イライラしてしまうのは、私がとんで
>>続きを読む

シンデレラ(2021年製作の映画)

3.0

良い意味で期待を裏切らない。
思った通りに進んでいくお話に身を任せる感じ。
本当にこうなればいいのになっていつも思うけど、世界を変えるのって想像以上に大変なはず。
ただこういう映画が増えてきてることも
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.5

孤独って怖いなあ。

愛を知らなかった彼が、
世界中に愛を与えている。
絶対に救ってくれる人が側にいる事を、見失わないでいてくれてよかった。

まさに、映画のような人生。
Your songってイント
>>続きを読む

>|