yumiさんの映画レビュー・感想・評価

yumi

yumi

映画(153)
ドラマ(0)

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

美しい映画なのだろうと思う、深い映画なのだろうと思う。ただ、私の知識不足で、長く感じてしまうし、まだまだ難しい。

人間とは何か。何が人間らしくするのか、を考えさせられた作品でした。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

ずっと昔に見たやつ。ホラーと言うより、ファンタジーだったイメージ。

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.6

ちゃんと意識して歌詞聞いたことなかったけれど、ビートルズって凄いなって単純に思ってしまったよね。

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

終わりゆく未来を知っているとしても、「今」を楽しみたい。そんな主人公の気持ちが切なかった。私も今を精一杯生きて一瞬一瞬を楽しみたい。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.5

昔の映画感がやっぱり否めなかった(同僚の女性が泥まみれになるシーンとか)けど、純粋にこうして何度でも恋に落としてくれる素敵な人と出会いたいなってキュンとした。

天気の子(2019年製作の映画)

3.0

映像美や音楽に感動したりはするのだけれど、どうしても内容を愛せない。男性目線の物語だなと感じるからかもしれない。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.6

不覚にも泣いてしまった
大切な人(特にパートナー)とみに行って欲しい映画。前作と同じキャラ達が出て来る興奮も良し。
2作品目って、前作の方が良かった〜なんて言われがちだけれど、これに至っては「パート2
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

4.1

もっと劇場広げても良いぐらいに好きな映画だった。ループものちょっと苦手だったけど、これはとっても好き

アス(2019年製作の映画)

3.7

映画としては割と好きなんだけど、どうしても辻褄を合わせようと考え込んだりする自分がいた。

監督は人種差別とかを意識したわけではない、と言及しているけど、自然にこういう構造が成り立ったのだとしたら世界
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.2

大好きな映画の1つ。音楽ひとつ取ってもストーリーしかりキャラの多様性しかりギャグセンスしかり、大好き。リミックスには及ばないけど。

シャザム!(2019年製作の映画)

3.8

子供の頃なら結構楽しめたかな?と言った具合のシュールネタアリ。「アジアンヒーロー画期的じゃね?」のセリフに笑いました。なんだかんだ2出来たら見に行きます

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

3.7

ピカチュウライアンレイノルズかわゆす!デッドプール想像しちゃうけどね。実写の中では割と好き。因みにポケモンは全く知らない

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

邦画嫌いを普段発動するが、楽しんじゃった。謎のBL。千葉出身の身としてとても楽しかったです。

アントマン(2015年製作の映画)

4.4

アントマン&ワスプを見てからの鑑賞。好きすぎですテンポ感。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

正直なこと言いはじめたらどうしようもないけどさ、やっぱ好きなの。好きなんだマーベル。好きなのよ。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

ふと鑑賞したことを思い出した。
あんまり記憶に残ってないんだけど、不満だった覚えもない。劇中の夫婦が現実の世界でも夫婦である事は覚えてる。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.9

クイーンは世代じゃない。
でも、誰しもが1度は耳にしたことのある曲を生み出していて、私も例外なく耳にしていた。

これは、実話を元にしているけれど、フレディ彼自身の人生としても、映画としても、凄まじす
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

何故か3度見てしまった。ハリーポッター前作を見返したくなる映画。CG技術も、そんなCGの中でイメージし演技する役者も、制作さん監督さん、ストーリーも、こんなに長期に渡って人々を魅了し続けるハリーポッタ>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.0

映画の広告を見た時から期待はしてなかったのだけど、街中に撒き散らされた「シャロウ」や、ゴールデングローブ賞にノミネートされたと言う情報につられて鑑賞。

リメイク版であることも手伝い、ありがちなチープ
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

3.8

20年前の映画だから、脚本や演出の仕方に古さ(時代)を感じてしまうのだけど、それでもやっぱりコンセプトが素敵なので、ほっこりする映画。主人公の天才ぶりや振る舞い方をみて、「きっと上手くいく」も思い出し>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

遅ればせながら。マーケティングの方法として、ブラックボックス展をなんとなく思い出した。あれとは違って中身は豊富だけどね。てかみんな演技上手くないか?

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

4.0

ふと思い出した。今側にいる人を大切にしてあげよう、と愛が大きくなりそうな映画。

バケモノの子(2015年製作の映画)

3.8

未来のミライ見た後に鑑賞したけど、ほんまに同じ監督なんですかwっていうぐらい好きくなった!

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.0

未来のミライ、案外未来のミライちゃん出てくるの少ないよね

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.3

いやもう良い歳だけど全然好きよこのアニメ。シワとか良い感じに表現されてるし、テンポ感も良いね